はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

こんばんは。

かつて双子は畜生腹として忌まれ、双子の片割れは殺されたり
里子に出されたと聞いたことがあります。

日本において双子がこのように忌まれるようになったのは
いつごろからと考えられますか。

またその理由を教えて下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「いつごろから」というのは、なかなか難問ですね。


『日本民俗大辞典』(吉川弘文館)で調べてみましたが、「いつごろから」については書いてなかったです。

私なりに「いつごろから」を推測してみました。
双子を忌む理由としては次の三つがあるようです。
1.高貴な層における双子は世継ぎ問題に直結する。
2.ヒトは子を一人だけ産むものだという考えが「常識」であった。そこで、双子を異常な誕生としてその霊力を恐れた。地域によっては「畜生腹」と蔑称で呼んだ。
3.男女の双子は心中者の生まれかわり。

三つの内の、どの理由かによって、「いつごろから」は異なると思います。
例えば、上記3の心中者の生まれかわりが理由であれば、近松の「心中もの」の影響があると思いますから、「江戸時代の18世紀以降から」ということになるのではないでしょうか。
江戸時代、心中は大罪で、心底忌まわしきものと世間は認識していましたから。

しかし、上記1や2の理由であれば、もっと早い時期からでしょう。
例えば、双子であったかも知れない結城秀康(徳川家康次男)と永見貞愛(知立神社神職)の例をみれば、すでに戦国時代には、双子を忌むという習俗が生まれていたと考えることができますが、戦国時代から始まったとは言えないと思います。
双子を忌む理由が将来の世継ぎ問題であるとすれば、公家や有力武将の間には戦国時代よりもっと前からこの習俗があったかも知れません。
では、「もっと前から」とはいつごろか、ということになります。

そこで、「忌む」という強烈な思いは、やはり佛教の六道輪廻の「畜生道」の観念からきていると推定したのですが…。
「畜生道」という言葉は、14世紀前に成立した『源平盛衰記』に出てきますが、この言葉が使われていたとしても、「畜生腹」に即つながるわけではありませんし…。
ところが、仏教には、「畜生にも菩提心」という教えがありますね。
また、佛教とは無関係だと思いますが、一方では「犬畜生」と言いながら、戌の日に腹帯を巻くという習俗も古くからありますね。
結局、「いつごろから」を推定するのは、私には難題でお手上げです。
どなたか詳しい方の回答を待っています。

なお、『日本民俗大辞典』に、ご参考になるような記述がありました。 次の2点です。

1.近世の文献資料には双子や四つ子を忌みながら三つ子の誕生をめでたいといって手当てを与えたという記事がある。
2.男女の双子は心中の生まれかわりなどといって忌まれた。しかし、三重、福岡、宮崎、鹿児島などから男女の双子を夫婦子(ミョウトゴ)と呼んで喜ぶという報告もある。

1に関連しては、仙台藩では、明和2(1765)年からは、双子を生んだ母親に米五石、三つ子の場合は七石五斗を与えることを決めています。
仙台・観心院年子
http://www.mni.ne.jp/~t.iwata/miyagi/miyagi02.html 
 
参考URLは東京女子医科大のもので、現代にも双子を忌むという民間伝承が
続いていることを調査しています。
http://ir.twmu.ac.jp/dspace/bitstream/10470/8808 …
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ムカデと毘沙門天の質問に回答くださったgoo-par1732さんですね!
たびたびありがとうございます!

わざわざ調べて下さったとのこと、恐縮でございます~。

>1. 高貴な層における双子は世継ぎ問題に直結する。
>2. ヒトは子を一人だけ産むものだという考えが「常識」であった。そこで、双子を異常な誕生としてその霊力を恐れた。地域によっては「畜生腹」と蔑称で呼んだ。
>3. 男女の双子は心中者の生まれかわり。

>三つの内の、どの理由かによって、「いつごろから」は異なると思います。

うーむ、さすがに明晰な考え方ですね。
参考になります。

>仏教には、「畜生にも菩提心」という教えがありますね。

なるほど、仏教では六道のひとつに畜生道があるなどという考え方もあり
そこから生じた信仰だとも考えられますね。

とすると、相当古そうですね。
六道という考え方がいつ日本に伝わったのかわかりませんが
平安時代にはあったんじゃないでしょうか?
(まちがってたら御指摘をお願いします。)

双子はおめでたいものだとする信仰もあったのですね。
pokoperopoさん、胸をはりましょう♪

東京女子医科大の資料、読みたいのですが
私は英語はまったくダメでして・・・

本当にいろいろありがとうございます。
大変参考になりました!

お礼日時:2009/07/06 18:37

民俗学に詳しい訳ではないのですが、質問の前提


「日本では双子がかつて忌まわしいものとされていた」
というのは、例えば何かの本に書いてあるのですか?
書いてあるとすれば、その本の例を教えて下さい。

何故かと言うと、私の歴史知識ではそういう話は記憶にないもので。
歴史上の著名人で、双子の片割れと言う例を聞いたことがないのは確かにその通りですが、それには合理的理由が考えられます。
今のように産婦人科医療が発達している時代ならいざ知らず、自然分娩しか出来なかった時代、母親が双子を無事に産み、生まれた双子が無事に育つことの方が珍しかったと思われるからです。

はっきりしたことは申せませんが、双子を懐胎した妊婦のほとんどは
「母子とも死亡」
になったのではないでしょうか。江戸時代、いや戦前でも、産婆の仕事は
「妊婦が自然分娩するのを助けること」
のみでした。医科大学で産科学を修めた医師であっても、妊婦や新生児に出来ることは今よりずっと限られました。

以前、「産科での受け入れ拒否」という、一見この質問とは関係なさそうな質問がありました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4525284.html

No6で私が回答しておりますが、
「『周産期死亡率』が、既に医療技術が相当に発達していた1975年(昭和50年)を基準にしても
1975年 出生1000あたり 16.0
2005年 同上 3.3
と目覚しく低下しているわけです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E7%94%A3% …
という事実があります。

実際のデータを示すことは出来ませんが、江戸時代の日本の周産期死亡率は、同じように計算したら
「出生1000あたり200」
といったものだったのではないでしょうか。

そして、双子を懐胎する確率は現在と基本的に同じだったと思われますが、そうした「不幸な妊婦と胎児」は、多くが「200」の方に入ってしまったと思われます。

「双子が忌まわしいものとされた」というより「ウチの嫁は双子なんか孕まなければ無事だったのに」という発想が、
「双子を孕んで嫁が死んでしまうのは、因果応報によるものだ」
とか
「あの家は先祖が悪いことしたから (悪どい商売をしているから) 嫁が双子を孕んで死んだんだろ」
とかいう発想になったのではないでしょうか?

以上、推測ばかりで申し訳ありませんが
「かつて双子は畜生腹として忌まれていた」
という質問者さんの前提そのものを見直す必要はないでしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

せっかく回答くださったのに返事が遅くなって申し訳ありません。

>というのは、例えば何かの本に書いてあるのですか?
書いてあるとすれば、その本の例を教えて下さい。

本を読んだわけではないのですが
このサイトを読んでそういった俗信があったことを知りました。
「双子」「歴史」などのキーワードをいれて検索するとたくさんでてきます。

>双子を懐胎した妊婦のほとんどは
「母子とも死亡」
になったのではないでしょうか。

たしかに、今に比べてかなり珍しい存在であったと思います。
それゆえ双子に対する俗信が生じたという側面もあるのではないかと思います。

記紀神話や聖書などにも双子と思われる人物の記述があるのですよ。
ですから、相当珍しかったとはいえ、存在していたと私は思うのです。

また双子が存在していなかったとしたら「畜生腹」という言葉はどこから生じたのか、という疑問も生じます。
外国の俗信が伝わってそんな言葉だけ生じたと考えられなくもないですが。

>「双子が忌まわしいものとされた」というより「ウチの嫁は双子なんか孕まなければ無事だったのに」という発想が、
「双子を孕んで嫁が死んでしまうのは、因果応報によるものだ」
とか
「あの家は先祖が悪いことしたから (悪どい商売をしているから) 嫁が双子を孕んで死んだんだろ」
とかいう発想になったのではないでしょうか?

俗信というのはいろいろな考え方や感情が重なって生じたものだと思いますが、そういう一面もあると思います。

参考になりました。ありがとうございます♪

お礼日時:2009/07/06 18:19

#1です。

早速のご返礼をいただきありがとうございます。

 ご質問の趣旨は理解しております。純粋に歴史的な探究をされていることも承知しております。過去にも似た質問があり、それを読んだり、他を調べても、いつから双子が忌まれたのかは、まるでわからなかったのです。

 しかし、私自身が双子ですので、他人事とも思えずに、詳しいことはわからないくせに、ご質問に回答をしてしまいました。もし、ご迷惑でしたらお詫び申し上げます。ご質問文には、誤解を招くような記述がないことをお伝えしたくて、再度の回答をした次第です。とんだ失礼をいたしました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度の回答をありがとうございます。

そういうことでしたか。
てっきり私の質問で嫌な思いをさせてしまったのかと思いました。
そうでなかったのなら、よかったです。

確かに、双子さんならよけいに双子の歴史を知りたいですよね。

>過去にも似た質問があり、それを読んだり、他を調べても、いつから双子が忌まれたのかは、まるでわからなかったのです。

そうなんですよね。だから推測するしかないと思うのですが
どなたか私たちのためにヒント下さらないでしょうか~。

>ご迷惑でしたらお詫び申し上げます。

いや、いや、そんなことないですよ。
回答くださって嬉しいです♪

お礼日時:2009/07/03 19:40

私自身が双子です。

昔は畜生腹などと忌んだようですね。もちろん、私はそんなふうには言われませんでした。

 価値観が変わったのはいつ頃かは、詳しくはわかりません。おそらく、明治中期くらいまでは、予定外に二人も生まれると食うに困ったのでしょう。所詮、跡継ぎは一人ですから。

 現在においても実際には、双子が歓迎されるのかは、私が尋ねたいくらいです。回答になっていなくて申し訳ありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
質問の仕方に少し配慮が足りなかったでしょうか。
申し訳ありません。

私の従兄弟にも双子がいて、二人ともかわいくて
私は双子が大好きです。

双子のまなかなちゃんとか、ピーナッツ(古い?)とかも大好きです。
だって同じ声ではもれるんですから。

この質問をたてたのは純粋な歴史的興味からです。

価値観が変ったのはpokoperopoさんがおっしゃるとおりだと思います。
昭和天皇の妹君が双子だという噂もありますし。

私が知りたいのは、いつから双子が忌まれるようになったのか、です。
ある人は戦国時代からだと言います。
またある人は奈良時代には双子を忌むということはなかった、
なぜならば記紀神話に双子の神が登場するから、と言います。

お礼日時:2009/07/03 18:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔双子は不吉とされた?

日本のことでも外国のことでもよいですが、昔、双子で生まれるとあまりよくないと言われていたと聞いたことがあります。
詳しいことを教えてください。
ふたごで生まれると、一人は捨てられてたりしたのでしょうか?

Aベストアンサー

過去に似たような質問に回答したことがありますので、そちらの文章をコピペさせていただきます。

・畜生腹という説
コピペ
----------------------------------
男女の双子については、質問者さんのおっしゃることが確かに言われていたようです。
そのほかに「畜生腹」といって、双子以上生まれることを忌み嫌っていたみたいですね。
なぜかというと、万物の霊長である人間は一回の出産につき一人であるべきで、2-3人は畜生と同じだ、という、今考えればなんて非人道的な、と思う俗信があったようです。なんと戦前まで!一部上流階級や農村部に根強かったようですね。
で、双子を産んだ母親は「畜生腹」(使いたくないなぁ、この言葉)といって蔑視されたので、
・双子栗や二股大根をたべない。
・畳の合わせ目に寝ることを避けた。
なんてことが、大真面目に行われていたみたいです。
<中略>

・「男女のカップルは前世は添い遂げられなかった男女の生まれ変わり」という説
以下再びコピペ
-----------------------------------
男女の双子は、前の回答者がおっしゃるとおりで、同じ双子でも男女の方は、より忌み嫌われたようです。
このあたりのことは、以下の本に詳しいです。

「昭和天皇の妹君」  河原敏明著

兵庫県のある地方では、彼ら(男女の双子)を一緒にすべきという俗信まであったそうです。
なんだか、現代の感覚ではひぇ~という感じですよね。私もこの本を読むまで、そんな迷信みたいなものがあったなんて知らなかったのでびっくりしました。

ちなみに、昭和天皇の弟君でいらっしゃる三笠宮殿下と、尼僧になられた方が男女の双子であったということです。その尼僧さんは京都のお寺の住職をなさっているようですね。お花の先生みたいです。

この昭和天皇の母后に当たられる貞明皇后は大変迷信深い方だったようで、ご聡明であったようですが一方では迷信や俗習、巫易占トのことにも執心されていたようでした。
皇后陛下といえば、上流も上流のお方であるのに、信じる人は信じていたんでしょうか。ん~。
もっとも、この件については真偽のほどはよくわからないです。
でも、当時上流と云われた方々がどのように育ってきたのか、昭和、戦前の風習など面白いことが書いてありました。

以上手抜きな回答でごめんなさい。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1078776.html

過去に似たような質問に回答したことがありますので、そちらの文章をコピペさせていただきます。

・畜生腹という説
コピペ
----------------------------------
男女の双子については、質問者さんのおっしゃることが確かに言われていたようです。
そのほかに「畜生腹」といって、双子以上生まれることを忌み嫌っていたみたいですね。
なぜかというと、万物の霊長である人間は一回の出産につき一人であるべきで、2-3人は畜生と同じだ、という、今考えればなんて非人...続きを読む

Q双子の歴史について

「生物学」のカテで質問したのですが、回答者様より「歴史」のカテで質問した方が良いとのことで同文を載せます。
現在、双子が生まれても珍しくありませんが、江戸時代や、その前の戦国時代及び平安時代に双子が官・民・武に関わらず生まれた(存在した)という事を私の知る限り聞いた事がありません。
長寿の双子姉妹で有名な、きんさん・ぎんさんも出生年は江戸後期~明治初期の頃と記憶しています。それ以前の双子の記録・文献は存在しているんでしょうか?
歴史上の人物の身内に双子がいたという記録・文献があってもおかしくはないと思うのですが・・・
例えば、徳川吉宗には双子の弟がいたが、幼くして死んだとか、風貌はそっくりだが、兄に似ず凡庸だったとか・・
それとも、双子は忌み嫌われていて(不吉の前兆)片方を抹殺して、記録に残さなかったとか・・・(つのだじろうの漫画にそんな回があった)
はたまた、きんさん・ぎんさんの年代では双子が生まれるのは、極まれでその頃の日本の食文化では、生まれる土壌では無かったとか(女性の子宮が適していない)
以上、あくまでも私の想像ですし、国内に限っての質問です。
外国の双子の記録・文献も含め、ご存知の方がおられましたら教えて下さい。

「生物学」のカテで質問したのですが、回答者様より「歴史」のカテで質問した方が良いとのことで同文を載せます。
現在、双子が生まれても珍しくありませんが、江戸時代や、その前の戦国時代及び平安時代に双子が官・民・武に関わらず生まれた(存在した)という事を私の知る限り聞いた事がありません。
長寿の双子姉妹で有名な、きんさん・ぎんさんも出生年は江戸後期~明治初期の頃と記憶しています。それ以前の双子の記録・文献は存在しているんでしょうか?
歴史上の人物の身内に双子がいたという記録・文...続きを読む

Aベストアンサー

海外のことは知りませんが、日本についてだけ少々。

まず、史料から日本の記録を参照するに当たってその誕生日を把握することが困難なことはご存じでしょうか。
瓦解前は所謂「数え年」と言われる方法を採用していたため、1月に生まれようが12月に生まれようが、次の年の正月に2歳(0歳という観念もない)になります。
さらに、父親が同じでも母親が別な場合、同い年の兄弟というのも出てきます。
しかしながら、母親は不明な場合がかなり多いため(天皇の息子であっても、母親がはっきりしない場合さえあります。母親がわからない著名人は多いです)、同母であるか、異母であるかの判断は極めて困難です。

そんな中で、どの兄弟が双子か、というのを判断するのはかなり難しい問題となるため、また、別の回答者様がおっしゃるように、双子というもの自体が前近代にひじょうに忌み嫌われた存在であったことから、史料に残りにくくはなっています。

でも記憶する限り、確か百人一首にも歌のある藤原敦忠は双子じゃなかったかな…?記憶違いかも知れないですが、揃って同日に死亡した、とかなんとか説話で読んだ気がします。
あと、記紀をひもとくと双子はたまに見かけますね。佐保姫・佐保彦も双子じゃなかったですっけ。


まぁ、今と違い、出産の年齢がひじょうに早く、また、医療の進んでなかった時代のことですから、双子は現在よりもずっと出生率が低かったのではないかと思いますよ。なので、食文化の問題以前のことかもしれませんね。医療に詳しくないのでこれは憶測ですが。

海外のことは知りませんが、日本についてだけ少々。

まず、史料から日本の記録を参照するに当たってその誕生日を把握することが困難なことはご存じでしょうか。
瓦解前は所謂「数え年」と言われる方法を採用していたため、1月に生まれようが12月に生まれようが、次の年の正月に2歳(0歳という観念もない)になります。
さらに、父親が同じでも母親が別な場合、同い年の兄弟というのも出てきます。
しかしながら、母親は不明な場合がかなり多いため(天皇の息子であっても、母親がはっきりしない場合さ...続きを読む

Q双子の話を教えてください

私は双子じゃないのですが、すごく神秘的に感じています。

そこで、双子にまつわる歴史とかエピソードを教えて欲しいのです。

といっても、兄が転んだとき弟も別の場所で転んだ、とか同じ歌を口ずさんだとか、そういう経験談でなく・・・

どちらかというと、過去の・・・なんというか歴史的に残ってる話とか、そういう意味で知りたいのです。
話題は世界各国、伝説、言い伝え問いません。

昔は双子は不吉だったとか、何かでちらっと聞いたのですが・・・その辺もどうだったんでしょうね?

Aベストアンサー

こんにちは。

男女の双子の母ですが、そう言った俗信は結構聞かされましたねぇ・・・
「なんなのよそれ~!!」と言うことで調べてみると、双子の不吉の謂れの一つに「畜生腹」があるようです。
仏教で言えば六道のうちの畜生道は、生前に悪行の限りを尽くした人間が、犬畜生と生まれかわって苦しむと言う教えなのですが、普通は一人を出産するはずの人が「動物のように」数名の子供を産む事で、「犬畜生と同列」と見做されたせいで、「不吉」とされたようです。

あと、男女の双子は「汚らわしい」とも言われましたね。これも調べると、男女の双子とは生前に添い遂げられずに心中した男女が、この母親の腹を借りて思いを遂げた・・・とされているそうで、通りすがりのお年寄りからあからさまに嫌な顔をされて、「汚らわしくいやらしい!連れ歩くな!」まで言われた事があります。信じられなーい!と思うけど、今でも根強く残ってるようですね。公然の秘密となっているようですが、三笠宮も男女の双子で生まれたけれど、そう言った言い伝えにより、女の子は生まれてすぐに尼寺に預けられたそうです。あと、以前読んだ本によると(書名を忘れましたが)先の心中の考えに基づいて、生まれてすぐに離された後、成人したら夫婦にさせられたそうですよ。
ここらへんはもう、コメントしようがないですね・・・

ついで言うと、中国では男女の双子は「龍鳳胎」と言って、とてもおめでたいそうですよ。龍は皇帝、鳳は鳳凰で皇后を表し、それが一度に訪れる「奇跡」は幸運を呼ぶと言われているんだそうですよ。近所の中華料理屋のご夫婦が「良かったね~!おめでたいね~!」と言ってくれて、ちょっと救われました♪

こういった感じで語られているようです。
ご参考になれば幸いです。

こんにちは。

男女の双子の母ですが、そう言った俗信は結構聞かされましたねぇ・・・
「なんなのよそれ~!!」と言うことで調べてみると、双子の不吉の謂れの一つに「畜生腹」があるようです。
仏教で言えば六道のうちの畜生道は、生前に悪行の限りを尽くした人間が、犬畜生と生まれかわって苦しむと言う教えなのですが、普通は一人を出産するはずの人が「動物のように」数名の子供を産む事で、「犬畜生と同列」と見做されたせいで、「不吉」とされたようです。

あと、男女の双子は「汚らわしい」とも言...続きを読む

Q男と女の双子について

 誰かから、大分前に聞いたのですが、こんな話を聞いたことがある方教えてください。

男女の双子は前世で一緒になれずに、心中したカップルが、次の世ではずっと一緒にいられるように、生まれかわった・・・・。

 単なる言い伝えでしょうが、興味があったのでこんな話を聞いたことがある方、詳しく教えてください。

Aベストアンサー

男女の双子については、質問者さんのおっしゃることが確かに言われていたようです。
そのほかに「畜生腹」といって、双子以上生まれることを忌み嫌っていたみたいですね。
なぜかというと、万物の霊長である人間は一回の出産につき一人であるべきで、2-3人は畜生と同じだ、という、今考えればなんて非人道的な、と思う俗信があったようです。なんと戦前まで!一部上流階級や農村部に根強かったようですね。
で、双子を産んだ母親は「畜生腹」(使いたくないなぁ、この言葉)といって蔑視されたので、
・双子栗や二股大根をたべない。
・畳の合わせ目に寝ることを避けた。
なんてことが、大真面目に行われていたみたいです。

男女の双子は、前の回答者がおっしゃるとおりで、同じ双子でも男女の方は、より忌み嫌われたようです。
sophia35さん、ごめんなさい。。。
このあたりのことは、以下の本に詳しいです。

「昭和天皇の妹君」  河原敏明著

兵庫県のある地方では、彼ら(男女の双子)を一緒にすべきという俗信まであったそうです。
なんだか、現代の感覚ではひぇ~という感じですよね。私もこの本を読むまで、そんな迷信みたいなものがあったなんて知らなかったのでびっくりしました。

ちなみに、昭和天皇の弟君でいらっしゃる三笠宮殿下と、尼僧になられた方が男女の双子であったということです。その尼僧さんは京都のお寺の住職をなさっているようですね。お花の先生みたいです。

この昭和天皇の母后に当たられる貞明皇后は大変迷信深い方だったようで、ご聡明であったようですが一方では迷信や俗習、巫易占トのことにも執心されていたようでした。
皇后陛下といえば、上流も上流のお方であるのに、信じる人は信じていたんでしょうか。ん~。
もっとも、この件については真偽のほどはよくわからないです。
でも、当時上流と云われた方々がどのように育ってきたのか、昭和、戦前の風習など面白いことが書いてありました。

で、思うんですけど。

>男女の双子は前世で一緒になれずに、心中したカップルが、次の世ではずっと一緒にいられるように、生まれかわった・・・・。

でも、双子では恋愛も結婚もできないし、お互いにそれぞれ結婚しちゃったら、「ずっと一緒」ではいられないですよね。もしそんな生まれ変わりだったら、この世でも愛し合って一緒に生きられるアカの他人に生まれたい、と思うんですけど、ね。どうでしょう。。。

男女の双子については、質問者さんのおっしゃることが確かに言われていたようです。
そのほかに「畜生腹」といって、双子以上生まれることを忌み嫌っていたみたいですね。
なぜかというと、万物の霊長である人間は一回の出産につき一人であるべきで、2-3人は畜生と同じだ、という、今考えればなんて非人道的な、と思う俗信があったようです。なんと戦前まで!一部上流階級や農村部に根強かったようですね。
で、双子を産んだ母親は「畜生腹」(使いたくないなぁ、この言葉)といって蔑視されたので、
・双...続きを読む

Q飛鳥時代~室町時代の歴史上の人物で双子はいますか。

まいど、お世話になっております。
ペンペン太郎です。

飛鳥時代~室町時代の歴史上の人物で双子はいますか。
いれば名前を教えてください。

また、双子だと考えられる人物がいましたら
名前と双子だと考えられる理由を教えて下さい。

よろしくおねがいします。ぺこり。

Aベストアンサー

武田信玄の先祖で甲斐武田氏の初代当主である武田信義は一卵性双生児とみられています。

1128年8月15日に兄の逸見光長は巳刻に、武田信義は午刻に生まれたとされています。

ただし、武田信義と逸見光長は双子ではなく異母兄弟だという説もあります。

Q歴史上有名な双子以上の人物

タイトル通りです。洋の東西を問わず、歴史に名を残した双子(或いは三つ子、四つ子、それ以上)って、誰でしょう?ちょっと考えたけど、全く思いつきませんでした。ご存じの方、教えて下さいm(__)m

Aベストアンサー

有名な人がほとんどいない理由は、双子、双生児といったものが東西とわず忌避される対象であったからです。

日本では戦前まで双子は同じ服にしないとだめとかという迷信はもとより、どちらかは隠すということが一般的だったようです。つまりどちらか一方を外の世界に出すが、どちらか一方は幽閉か、生まれてすぐ殺害するという風習がありました。
特に男女の双生児の場合は畜生腹とか畜生孕みなどと称され前世の心中の名残などといわれました。

西洋でも特に領主層は神聖性の欠陥などと揶揄されるのを非常に嫌い、どちらかは城に一生閉じ込めるか殺すかの処置を多くとり、そしてもう一人を単生児として処理するといったことを行ったのです。
もともとは世継ぎ(両方男のばあいどちらが継ぐのかという争いが起こりやすい)等の問題が理由らしいのですが、いつのまにか宗教(キリスト教は性などに対して非常に過敏な宗教ですので・・)なども絡んできたようです。

貴賎とわずこういった風習は見られ、有名人が多い上級階級ではその性質はさらに強かったようです。よって双子の人物の記録は残りにくいのです

有名な人がほとんどいない理由は、双子、双生児といったものが東西とわず忌避される対象であったからです。

日本では戦前まで双子は同じ服にしないとだめとかという迷信はもとより、どちらかは隠すということが一般的だったようです。つまりどちらか一方を外の世界に出すが、どちらか一方は幽閉か、生まれてすぐ殺害するという風習がありました。
特に男女の双生児の場合は畜生腹とか畜生孕みなどと称され前世の心中の名残などといわれました。

西洋でも特に領主層は神聖性の欠陥などと揶揄されるのを非常...続きを読む

Q双子の武将

ふと思ったのですが、歴史上の人物の中で、あまり双子の存在を耳にしたことがありません。戦国武将や幕末の志士などに、双子、三つ子などのがいたという話はあったのでしょうか?

Aベストアンサー

平安後期の武将、逸見光長と武田信義は双子です。同日の光長は巳の刻、信義は午の刻生まれです。尊卑分脈などに書かれています。
「後から生まれた子の方が腹の中で上にいたので兄とされた」という話を聞いたことがありますが、太郎を称する光長が長男となっています。

Q「かしこみかしこみ申す」ってどういう意味ですか?

始めまして。日本語に趣味がある外国人です。
この前本を読んでいたら、本の中で神主みたいな人が、
「かしこみかしこみ申す」
という場面がありました。
なんか呪文みたいなものなんだろうと思いましたが、具体的にこれはどういう意味なんですか?
教えていただければ嬉しいです。
では、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「謹んで申しあげます」、「おそれながら、以上のことを申しあげます」という意味で拝むときのお題目。

「かしこみかしこみ申す」の「かしこみ」は、手紙の結びの「かしこ」と同じ意味とか。

参考URL:http://72.14.235.104/search?q=cache:wcP-4ktmCtMJ:www38.tok2.com/home/shinichi0320/sun_moon/123_10_water/water_10_276.htm

Q安野モヨコさん「脂肪と言う名の服を着て」のラスト教えてください

以前、安野モヨコさんの「脂肪と言う名の服を着て」を購入したのですが、その数年後、ラストを加えた完全版が発売されました。
買いなおすのももったいないので、追加されたラストがどんなものなのか教えてください。

私が持っているものは、
激ヤセした半年後、主人公は偶然元エステ店の人と再会する。元エステティシャンは言う。「たぶん繰り返すわね 身体じゃないもの 心がデブなんだもの」。
主人公が大量のコンビニフードを食べながら「食べなくちゃ 食べて力をつけるんだ 力をつけるんだわ」というモノローグでラストです。
その後の内容についてお願いします。

Aベストアンサー

モヨコさんのファンなので買って頂きたいものです…(>o<;)
細かいトコは書きませんが超簡単にその後です↓

のこは痩せれば変わる!とまた30キロ減。マスコミを賑わすマユミは「のこを失った斎藤」に用は無く捨てる。社内で更に風当たりが強くなるのこは心身壊れ始め、身を守るため食べ、摂食嘔吐が進む。斎藤、のこに似た女と結婚。のこ倒れ入院→退院。

34ページもあるエピローグ(表紙込)。
これがあってこそ、あのお話は一層ズシンと来ます。摂食障害の怖さもですが「痩せる事への意識」や「依存性の関係の先にある結末」…機会があればぜひ読まれる事をお勧めします!

Qなぜ双子を妊娠したのかわかりません

現在、二卵性の双子妊娠6か月目の妊婦です。
今回の妊娠が初めてで、現在28歳、夫27歳、結婚してすぐ自然妊娠しました。
7週目に入り双子を妊娠した事を知り大変驚きました。
最初は不安が大きかったのですが、今は無事生まれてきて欲しいと主人と楽しみにしています。

ただ、なぜ自分が双子を妊娠したのが不思議です。
私の家系に双子はいませんが、夫の祖母の弟の子供が双子だそうです。
でも二卵性なので夫の遺伝は関係あるのでしょうか?
病院の先生に聞いたら、「ありますよ、二つの卵子と二つの精子が
受精するわけですから。」と、
助産師さんは、「卵が二つ排卵されることはありますよ。もともと卵はたくさんあって、だれでも双子を妊娠する可能性もあります」
と、説明もよくわかりませんでした・・。

私がもともと多排卵体質なのか、今回たまたま2つ排卵したのか?
普通は、月ごとに左右の卵巣から交互に1つの卵を排卵するものだと思っていました。不思議です。
次妊娠したらまた双子なのでしょうか。
双子を産むということは、確率も低い珍しいことなので
こうなった理由を知りたいと思って質問させていただきました。
長くなり申し訳ございません。

現在、二卵性の双子妊娠6か月目の妊婦です。
今回の妊娠が初めてで、現在28歳、夫27歳、結婚してすぐ自然妊娠しました。
7週目に入り双子を妊娠した事を知り大変驚きました。
最初は不安が大きかったのですが、今は無事生まれてきて欲しいと主人と楽しみにしています。

ただ、なぜ自分が双子を妊娠したのが不思議です。
私の家系に双子はいませんが、夫の祖母の弟の子供が双子だそうです。
でも二卵性なので夫の遺伝は関係あるのでしょうか?
病院の先生に聞いたら、「ありますよ、二つの卵子と二つの...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

二卵性なのですよね。
極稀に両方から1個づつ排卵する事もありますよ。
私は普段はどちらか片方自己排卵をしていましたが、
両方で3~5日差で両方1個づつ排卵した事があります^^。受精は無かったですが。
(卵胞checkにて確か)

momotan16さんは治療もされて居なくて、自然2個~複数排卵したのだと思います。
ですが、片方から2個~複数排卵されたのか両方1個づつされたのか
或いは両方から複数されたのかは判りません。

排卵される予定の卵子は片方卵巣で毎周12個ほどあり、その中で一番成長が優秀な物が1個だけ排卵されます。
が、場合によっては2個以上排卵される稀なケースもあります。

遺伝性ではなく、貴女の排卵の過程がその周は珍しい事が起きたと言う感じですね。

珍しいと言えば珍しいですが、ありえないほど珍しい事では無いですよ。
7~8個排卵したって、1個も受精する事も無いと言う事もありますし、
そういう意味では自然2個以上排卵の2個受精は珍しいとも言えますが。
決して、オカルトな話でも不思議な話でも無いのですよ。

おめでとうございます^^御無事に双子ちゃん生まれますように。

こんにちは。

二卵性なのですよね。
極稀に両方から1個づつ排卵する事もありますよ。
私は普段はどちらか片方自己排卵をしていましたが、
両方で3~5日差で両方1個づつ排卵した事があります^^。受精は無かったですが。
(卵胞checkにて確か)

momotan16さんは治療もされて居なくて、自然2個~複数排卵したのだと思います。
ですが、片方から2個~複数排卵されたのか両方1個づつされたのか
或いは両方から複数されたのかは判りません。

排卵される予定の卵子は片方卵巣で毎周12個ほどあり、その中...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング