王義之・初唐の三大家・顔真卿を一通り勉強しました。かなも高野切・寸松庵・元永本を勉強しました。今後、連綿・線質の多様性を追求したいので、何かお勧めの古典がありましたら教えてください。現代の書家でも構いません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

個人の好みによりますが、連綿・線質の多様性という事でしたら


漢字は王鐸、
かなは『一条摂政集』をおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
王鐸は高度だとお見受けしております。宋の四大家や草書系の臨書をもう少しした後、ぜひ挑戦したいと考えております!
おおっ!一条摂政集ですね!!古典を拝見して今後に活かせそうなら、さっそく取り組んでみようと思います。

お礼日時:2009/07/05 11:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校3年生です。古典の勉強法教えてください。 古典の勉強法がわかりません。 単語はほとんど覚えている

高校3年生です。古典の勉強法教えてください。

古典の勉強法がわかりません。
単語はほとんど覚えているのにマーク模試になったらバツばっかりで古典が足を引っ張っています。
毎回毎回文法問題しか合いません。

お願いします。

Aベストアンサー

原因分析をしっかりやって下さい。
模試で正解できなかったのは、それでも単語が原因なのか、それとも単語以外に原因があるのか、どちらでしょう。
当たり前ですが、単語だけ知っていれば文章が読めるなら、辞書片手に古文も英文もスラスラ読めなくてはおかしいです。
つまり、辞書の引き方だけ教えて貰えば、古文や外国語の勉強は終了、ということになります。文章はそれでスラスラ読める。
そうなってましたっけ?
マルでしたバツでした以前に、文章の読解がどれだけできるんですか?
単語と文法ができていれば文章が読めるなら、法則の適用には強い理系の人間は、それをやれば古文も外国語も満点近く取るはずです。
でも大概、英語の専門家みたいな奴に全然敵わないわけで。

単語や文法は基礎で、本格的にやるのであれば、スラスラできてなければなりませんが、だからといってそれだけで読解ができるわけではありません。
文章を読んだら正確に訳せるのか、意味がちゃんと取れるのか、というところを、普段の勉強、学校の授業の予復習などから、きちんと見ていって下さい。
特にセンター本番は、模試以上に大意が取れるかどうかを問われるでしょう。
単語と文法しかやってないような人は、大概弾き飛ばされるでしょう。
まぁ、学習段階として、単語と文法を先に片付けるというのはありですから、まずそこをしっかり固めて、それと平行して読解をちゃんとやっていくべきでしょう。

いいや、そんな一般論では納得できない、ということでしたら、古文か古典の模試の偏差値とその正確な模試名を、いくつか挙げて、
また、普段古文をどう勉強をしているのか、何の教材を使って何をして、どれだけできたのか、をきちんと書いて下さい。
私では答えられないと思いますが、誰か答えられるでしょう。

原因分析をしっかりやって下さい。
模試で正解できなかったのは、それでも単語が原因なのか、それとも単語以外に原因があるのか、どちらでしょう。
当たり前ですが、単語だけ知っていれば文章が読めるなら、辞書片手に古文も英文もスラスラ読めなくてはおかしいです。
つまり、辞書の引き方だけ教えて貰えば、古文や外国語の勉強は終了、ということになります。文章はそれでスラスラ読める。
そうなってましたっけ?
マルでしたバツでした以前に、文章の読解がどれだけできるんですか?
単語と文法ができていれば...続きを読む

Q書家

こんにちは。書家の人の作品を見て、書道ってすごいなって思いました。
そこで、いろんな人の作品を見てみたいと思っています。
ただ、初心者なので、どれから見ていけばいいのかわからず、
できれば、書道に大きな影響を与えた方、もしくは昔々の書家の
方の作品から勉強したいというか、見て行きたいなって思っています。
お勧めの方がいましたら、教えてください。
できれば、作品集として販売されているものがあれば、それも
教えていただければありがたいです。ありがとうございます。

Aベストアンサー

『選(え)りぬき 一日一書』 石川九楊著・・・入門書
 http://book.asahi.com/paperback/TKY201002090239.html?ref=chiezou
  日本では良寛、空海、小野道風、藤原佐理、藤原行成ほか
  副島種臣、大久保利通の書にも及び、中国では欧陽詢、
  虞世南、王羲之、蘇軾など

日本の古典は所蔵がばらばらで、Web掲載もそれぞれ、
まとめて掲載のサイトが見当たりません。
お住まい界隈の美術館のコレクションを調べるのも手です。
例えば、東京駅近くの出光美術館も良いものがあります。

日本の現代書家のWebは沢山あって、画像も多く掲載しています。
書家”で検索すると沢山ありますが、例えばの一例です。
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitayama-naotaka/sakuhinn-bekkann.htm

*以下中国です・・・中国サイトは一般に開くのに時間がかかります。
『すぐわかる中国の書―古代~清時代の名筆』入門書・・・網羅的に紹介
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%99%E3%81%90%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E6%9B%B8%E2%80%95%E5%8F%A4%E4%BB%A3~%E6%B8%85%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E5%90%8D%E7%AD%86-%E5%8F%AF%E6%88%90%E5%B1%8B/dp/4808708019

中国古代九大書法名家+若干
 http://tieba.baidu.com/f?kz=188911249
 http://webbbs1.oeeee.com/bin/content.asp?aid=45,,5245485,0
 http://bbs.hefei.cc/viewthread.php?tid=2622374
   3つのURL内容重複ありますが、見やすいのでご覧ください。
  王羲之(蘭亭之序)
  王献之(中秋帖)
  顔真卿書法
  張旭書法
  鄭板橋
  劉 ?
  唐伯虎
  蘇軾=蘇東坡
  趙 佶
   九大名家と言われるのは以上9名。

著名書家作品
 http://www.yhsf.org/html/89/0/378/1.htm
  右欄の 相関欄目 のアルファベットで人名が出ます。
  人名から作品が出ます。

現代中国の書家の作品
 http://www.yhsf.org/photo/
  書の写真か右欄に列挙されている書家名をクリック。

*中国語サイトは、IEなどブラウザーの上部に表示される翻訳ボタンで
  日本語文字にすれば、名詞や人名はおおむね理解できるはずです。
以上雑駁になりましたがご参考まで。

『選(え)りぬき 一日一書』 石川九楊著・・・入門書
 http://book.asahi.com/paperback/TKY201002090239.html?ref=chiezou
  日本では良寛、空海、小野道風、藤原佐理、藤原行成ほか
  副島種臣、大久保利通の書にも及び、中国では欧陽詢、
  虞世南、王羲之、蘇軾など

日本の古典は所蔵がばらばらで、Web掲載もそれぞれ、
まとめて掲載のサイトが見当たりません。
お住まい界隈の美術館のコレクションを調べるのも手です。
例えば、東京駅近くの出光美術館も良いものがあります。

日本の現代書家のW...続きを読む

Q古典の勉強法・参考書教えてください

古典を0から勉強してるんですけど、さっぱりです。
今、「富井の古典文法をはじめからていねいに」を使ってるのですが、、、

何かいい参考書とか勉強法ありますか?

Aベストアンサー

【参考書】

「古文解釈 はじめの一歩」(駿台受験シリーズ・関谷浩著)

私の学生時代には、上記書籍は存在しませんでしたが、私は上記著者から古文を習いました。
本当に、「目からウロコ」の講義でした。彼のおかげで、どんなにハイレベルな試験を受けても、古文で失点することはなくなりました。つまり、いつでも満点を取ることができるようになりました。

【勉強法】

1.古文を「しょせん日本語だ」とタカをくくらないようにしよう
「しょせん日本語」と思ってしまうと、現代の日本語を基準にして想像できることを「正解」だと思ってしまう危険があります。
確かに、古文は「日本語」ではありますが、「昔の」日本語です。私たちは「現代人」なので、「現代語」から古文を推測・想像してはいけません。
あくまで、「新しい言葉をイチから学ぶ」という姿勢で臨みましょう。

2.とはいえ、「同じ日本語」である利点を活用しよう
1.の主張と矛盾するようですが、やはり「根っこは今の日本語と同じ」です。英語をはじめとする欧米言語とは質が違います。
具体的に言うと、英語は日本語と語順からして異なりますが、古文は、現代日本語と同じ語順・構造でできています。
そこで、まず、古文を単語レベルに分解して、現代日本語と「1対1対応」になるように「逐語訳」してみましょう。助詞や助動詞も、1つとして省くことなく、「完璧に訳しきる」のです。
そうすると、現代の日本語としては通用しないような「現代語訳」ができあがります。しかし、それがまさに、私たちの祖先が使っていた言葉なのです。
たとえば、ここに、私(身分が最も下)、総理大臣(身分が上)、天皇(最上位の身分)がいたとします。
話し手は私で、「総理大臣が天皇に○×と言った」ということを表現したとします。その場合、「総理大臣が天皇に○×とおっしゃった」と言うと、私から見て、総理大臣には敬意を表していることになりますが、語りかけられた天皇にはひとつも敬意を表していないわけです。
一方、「総理大臣が天皇に○×と申し上げた」と言うと、私から見て、天皇には敬意を表した(総理大臣を低めることによって)ことにはなりますが、総理大臣に対しては何一つ敬意を表していないことになります。
古文では、この場合、私から見て総理大臣にも天皇にも敬意を表した表現をしなければならないと考えます。その結果、「総理大臣は天皇に○×と『申し上げ』(天皇に対する敬意)『なさった』(総理大臣に対する敬意)」という表現方法をとるのです。
古典文法では、これを二重敬語などというようです。

古文は、現代日本語と同様に(いやそれ以上に)、主語が省かれるなどしています。しかし、助詞や助動詞、敬語表現などを正確に写し取っていくと、漠然と読んでいたときにはわからなかった登場人物の関係などが、「必然的に」見えてくるようになります。「このような敬語の使い方をしている以上、話し手は総理大臣で、聞き手は天皇しかあり得ない」という論理関係が見えてくるのです。
……とはいえ、初心者には、古文を品詞分解すること自体が大変でしょう。その点、上記書籍は、それにしたがって勉強できるように書かれてあります。
あるいは、学校の教科書を読みたいのであれば、教科書レーダー(虎の巻)を買ってくればよいでしょう。品詞分解が載っているはずです。
それにしたがって、1語1語ていねいに訳語をあてはめてみるのです。
古文学習で最もまずいパターンは、「漠然と意味がわかる」という状態です。それは、古文として読んでいるのではなく、古文を現代語レベルで勝手に(根拠もなく)曲解している状態なのです。
それでは、古文がわかるようになるはずがありません。
ともあれ、「だまされた」と思って、上記書籍を1ページ目から読み進めてみてください。たかだか100ページちょっとのテキストです。
きっと「だまされてなかった」と思ってもらえるはずです。

【参考書】

「古文解釈 はじめの一歩」(駿台受験シリーズ・関谷浩著)

私の学生時代には、上記書籍は存在しませんでしたが、私は上記著者から古文を習いました。
本当に、「目からウロコ」の講義でした。彼のおかげで、どんなにハイレベルな試験を受けても、古文で失点することはなくなりました。つまり、いつでも満点を取ることができるようになりました。

【勉強法】

1.古文を「しょせん日本語だ」とタカをくくらないようにしよう
「しょせん日本語」と思ってしまうと、現代の日本語を基準にし...続きを読む

Qこの書家を知りませんか?

家にある掛け軸に書かれている名前(らしきもの)の主を
探しています。

ですがちょっと厄介なことがありまして。
中国人の名前なので、検索をしようにも
文字化けをおこしてしまって困っています。
その名前は『劉○松』です。(○のところが化けてしまう)
○のところは、土へんの右側に川、です。

最近、中国の産業の話題などで新聞で目にする『しんせん』=深○のせんの字です。


いつの時代の人なのか、存命なのか、流派とか門派など、ご存知の方がいらしたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

結論から言ってわまりません。

すみません。


私、書道を学んでいますが、
この人の名前は聞いたことがありません。

ですから、有名な書家ではない確率は非常に高いです。

中国では書家ばかりが活躍するわけではなく、
地位の高い人(政治家など)が書をよくしますから、
もしかするとそういう人の書かもしれません。

あるいは中国では、偽作が多く作られているので、
そういったものかもしれません。


とりあえず、有名な書家ではない可能性は高いと
言えると思います。

Q古典ってどう勉強すればいいのでしょうか。 オススメの勉強法など、教えて下さい(´;ω;`)

古典ってどう勉強すればいいのでしょうか。
オススメの勉強法など、教えて下さい(´;ω;`)

Aベストアンサー

文法は一応知っておいた方がいいです。センター試験を始め入試頻出ですから。私は河合塾が出版している書き込み式のノートを使ってました(名前が出てこなくてスミマセン)。
あと...邪道ですが、私はあんちょこ(現代語訳集)も使ってました。原文読んだあとに現代語訳を読む感じですね。源氏物語・枕草子・徒然草・大鏡など。
漢文も似たような感じで、書き込み式のノート(ゼミノートだっけかな...)と、あんちょこは十八史略を同じように原文読んで現代語訳を読んでました。
単なる読書と変わらないので毎日15分、少しずつという感じです。入試に出てくる古文や漢文の内容はだいたい同じなので、マーク式ならこの方法でなんとかなりました(^^;)

Q女流書家になる道は・・・

現在書道を習っています。


夢は大きく「女流書家」なのですが、(^_^;)
いまいち、どこに作品を出品していいのか、よくわかりません(ーー;)。

県展や市展などに出品をし、何回入選しても、それは女流書家にはなれないと聞きました。
やはり順序というか、そちらへ行きたかったら、
それなりの段階があるそうです。

詳しい方教えていただけますか?
ヨロシクお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

私は26歳で女流書家の卵(一応)です。

書道をただ習うだけでは書家にはなれません。
全国規模(読売、毎日、日展等)の書道展へ出品して、入選→入賞→役員へ昇格します。
また、所属する会派でも相当の地位にならなければなりません。
会派の大きさや力によってもそれが変わってきます。

一般的にはこのような感じですが、自己表現の場として、
個展を中心に活動する人もいます。

他の職業でいて書家でいてもいいし、書道教室を開いて
それを基に活動しても書家です。
自分がどうやって書と関わるかを考えて楽しめていけたらいいですね。

ちなみに「日本の女流書展」が来週(26日~8/1)文化庁の主催で始まります。
東京展は東京銀座画廊美術館(メルサ内)です。

Q古典の勉強法

古典は 参考書の本文を写して 解答を見ながら訳し 何度も読み、問題を解いてゆくケースで勉強をしています。
単語は ある程度ゴロゴでほとんど覚えました。
これでは 不安です。改善すべきところがあれば おしえてください。また、 あなたがしていた古典の勉強法を教えてください。
ちなみに古典は苦手で 問題には あんまり正解しません。(泣)

Aベストアンサー

もと国語教師です(今は、言語学研究)。直感なのですが、正解しないのは、助動詞の解釈が間違っているからかな?と思いました。
メインの単語が分かっていても、助動詞一つで文の内容が大逆転しますし、それをねらって出題することも少なくありません。
意味を聞いているふりをして、実は文法を試しているというのが、実は古文・漢文の出題です。
推測した意味で回答していると、足下をすくわれます。実は聞きたいのは、「らむ」をちゃんと訳出できているかだったり、係り結びや反語を訳出しているかだったりするのです。
問題集をするときは選択問題でも自分で逐語訳をしてから回答するようにしてみて下さい。感覚で答えるとたぶん確実に不正解になります(そういう風に問題作るんですもん、私たち)

不正解だった問題の見直し、弱点を見つけて強化するということはされていますでしょうか。

本当は、古文や漢文を好きになってくれれば一番ありがたいのですが、受験の時は難しいですね。
外国語だと思って、(同じ音でも違う意味が山ほどありますし、そういうのをまた出題するのですから)、頑張って下さい!
本当は楽しいものなんですけど。

音読と逐語訳・逐語文法解釈は忘れずに!

もと国語教師です(今は、言語学研究)。直感なのですが、正解しないのは、助動詞の解釈が間違っているからかな?と思いました。
メインの単語が分かっていても、助動詞一つで文の内容が大逆転しますし、それをねらって出題することも少なくありません。
意味を聞いているふりをして、実は文法を試しているというのが、実は古文・漢文の出題です。
推測した意味で回答していると、足下をすくわれます。実は聞きたいのは、「らむ」をちゃんと訳出できているかだったり、係り結びや反語を訳出しているかだったりす...続きを読む

Q集王義之書般若心経のお手本が欲しいのですが・・・。

「集王義之書般若心経」(別名「習字聖教序)」のお手本を安価で手にいtれたいのですが、どうしたらいいでしょうか?大きな本屋さんで、調べてもらったのですが、出版、発売されたことはあるのですが、廃番になって、普通の本屋さんでは、手に入らないようなのです。どうしたら、比較的簡単に安価に手に入れることができるでしょうか?

Aベストアンサー

「集字聖教序」のことですね?
お手本とは、原典の載った本でいいのですか。

二玄社の「中国法書選」シリーズの16
「臨書を楽しむ」シリーズの5
先日、同社からカタログが来たばかりですが、在庫ありますよ。
あと芸術新聞社発行「古典渉猟」の6集に、石飛博光氏の書き起こした臨書があります。
夫々千数百円です。ネットか電話で郵送してくれます。

それとも半紙とか半切の原寸大手本でしょうか。
二玄社からほかのものと15枚セットで、聖教序も2枚入った原寸半切手本セットがありますが、一万円しますね。

参考URL:http://nigensha.co.jp

Q古典・漢文の勉強法&教材について

私は高校2年生です。
現代文は得意なんですが、古典・漢文が苦手で、
模試で頑張って現代文で稼いでもその2つが悪いので、なかなか点数があがらないといった始末です。

なのでどういった勉強法をすればいいのでしょうか?
勉強法がまったくわからず、効率の悪い勉強の仕方をしていると思うので・・・
あと、今度参考書などを買いに行くので、いい教材があれば教えて下さい!!

Aベストアンサー

現代文がお得意でしたら、
古文・漢文の成績はすぐに伸びると思います。

古文も漢文も「外国語と思って学べ」とは
よく言われることですが、私はそうは思いません。
ひとはいつの時代も、同じようなことを考えながら
生きているものです。
古文は、まず古語をたくさん暗記なさってください。
ことばの意味さえ分かれば、
古文は現代文とそう変わりません。
古文文法も、現代文法の知識がしっかりあれば
対応できると思います。
漢文は、書き下し文を頭の中でぱっと作れるように
しておかれるとよいと思います。
漢文の書き下したものは、
古文以上に私達の現在使う文章に近く、易しいです。


勉強法としては、毎日何個と決めて古語を暗記し、
並行して漢文・古文両方の長文問題を
一題ずつ解いていかれると
よいのではないかと思います。
参考書は合う合わないがあるので
一概にこれ、とは申し上げられませんが、
個人的には、長文問題のテキストは
とにかく薄くて文字が見やすいものをお勧めします。
薄いと、一ヶ月もあれば一冊終わってしまうので、
達成感もありますし、「次はどれをやってやろう」
というやる気も沸いてきます。
単語帳も、見やすいことが第一ですが、
あまり収録語数が少ないと、もう一冊追加で
買う羽目になってしまうので、
お受けになる予定の大学の赤本などに
たいてい「この程度の単語数が必要」と
書かれていますから、それを参考に
選ばれるとよいかと思います。

また、「源氏物語を七日で制覇する」
「枕草子と徒然草を七日で制覇する」
(どちらも板野博行著・ダイヤモンド社)は、
どちらもとても面白く読めたので、
よろしければご参考になさってください。

現代文がお得意でしたら、
古文・漢文の成績はすぐに伸びると思います。

古文も漢文も「外国語と思って学べ」とは
よく言われることですが、私はそうは思いません。
ひとはいつの時代も、同じようなことを考えながら
生きているものです。
古文は、まず古語をたくさん暗記なさってください。
ことばの意味さえ分かれば、
古文は現代文とそう変わりません。
古文文法も、現代文法の知識がしっかりあれば
対応できると思います。
漢文は、書き下し文を頭の中でぱっと作れるように
しておかれるとよい...続きを読む

Q久々の手習い 王義之の「蘭亭序(叙)」のお手本の選び方を教えてください

皆様はじめまして。書道を自習のはじめたいと思います。今は先生も回りに見当たらず、定番と言われております王義之の「蘭亭序」の臨書をしたいと思います。アマゾンで検索したところ出版の種類も多くて、
何を選べば良いのか分かりかねております。
どなたか、どのお手本を選べば良いのかご示唆ください。
小さな時にはお習字に通っておりましたが、また初心から始めたいと思っております。ですので、比較的気軽に購入できる最低限の要素が揃っている内容からと考えております。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

現代書家が臨書したものを臨書しても「臨書」にならないでしょう。
勿論、解説書としてみるのは意義があると思いますが、結局は拓本等を見て書く作業が必要になります。
そして拓本は、採られた時代や臨書者などにより「定武本」、「神竜半印本」、「張金界奴本」など多くの種類が出回っていますが、ご自分の気に入るものを選べばいいのではないでしょうか。
私は、二玄社の書跡名品叢集の「蘭亭序七種」というものを持っていますが、蘭亭序のさまざまな模本と拓本が見比べられるのでとても勉強になります。
「定武本」がもっとも由緒正しい?といわれるものですが、拓本が繰り返されたためか見にくく、最初に学ぶには敷居が高いかもしれません。一方「神竜半印本」は、拓本がとてもきれいで学びやすいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報