出産前後の痔にはご注意!

今度法人のリースで車を購入を考えています。
リースはディーラーの関連会社のもので、5年後に車を引き渡すことになりますが、任意保険で車両新価保険特約をつけるかどうか考えています。
素人目には、どうせ最後はディーラーに引き渡すんだから、つけてもつけなくても同じように思えるのですが、いかがでしょうか?
詳しい方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

結論から申しますと、車両新価保険特約は付保された方が良いと思います。



仮定の話をしますと、購入対象の車種が不明のため、車両協定金額(車両付保額)は不明のため正確には分かりませんが、付保額が300万円として、あなたにまったく過失の無い0:100事故(追突される等)が起こったとして、自車の修理費が150万円掛かったとします。

その場合問題は、150万円を掛けて修理した車を乗りたいかと思うかです。

私は正直乗りたいと思いません。もちろん修理技法が向上している最近では、十分に機能と美観を回復した修理は可能です。しかし、可能性としてその後の不具合が完全に出ない、というわけではありません。
また、リースの契約内容がさまざまありますが、原則事故落ち(格落ち)の無い状態での返却が前提と思われます。
それを考慮すると、その際にも減額や、追加費用の支払いの可能性が考えられます。もちろん損害額によりますが、(仮定の)150万円の修理費の場合、車の骨格部に著しい損傷を受けていると思われますので、格落ち請求は可能と思われます。しかしこれも相手保険会社との交渉であり、時間と気力を必要とします。

上記の状態は特約が無い場合なので、付保していれば、自分の保険を使う不利益(等級が下がる)はありますが、それ以上に同型の新車がもう一度買える費用(上記の場合損害150万円で300万円)が下りますので、かなり良いと思われます。

また毎年の保険料も正確には分かりませんが、よほど高額の車両でないかぎり、月々数百円変わるかの話だと思います。

新価特約は金銭的にも非常にお得です。

長くなっていますが、保険は安心を買うものです。いざ事故が起こった時に考えるのは車のことだけでなく、身体の心配があります。
特約があれば、車は不満無く処理でき、身体のことを考えれらます。

以上からも特約の加入を強くお勧めします。

最後になりますが、あくまで仮定の話で、1個人の考えですので、よく考えて判断下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご回答をありがとうございました。
車の値段もかなりするため迷っていましたが、つける方向で考えたいと思います。

お礼日時:2009/07/06 16:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカーリースについて

検索をしたのですが、あまり良く分からなかったので質問させていただきます。今、車を変えようと検討中です。カーリースは支払いが楽など良いことばかり聞きますが、本当に良いことばかりならそうされる方が多いはずなのに実際リースされている方はあまり聞きません。
実際のところ、何がよくて何に注意したらよいのでしょうか?事故などしたら支払いがあるとか、走行距離オーバーはよくないなどは分かるのですが、実際リースされているかた、経験のある方に体験談を伺いたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今現在、個人リースを利用してますので、経験者としました。

以下は、一般的なローンとリースの総額の内訳を示したものです。

・ローン 車両価格+登録時諸費用+金利
・リース 車両価格+登録時諸費用+リース期間中の自動車税+金利-残価
(リースでは基本的に点検整備・事故修理・車検費用・保険料は別途自腹になりますが、これらはそれぞれ任意でリース契約に組み込むことも出来ます。また、リースでは車両保険への加入が必須になるはずです。)

リースの支払が安いと言われるのは、残価を設定しているからですね。(残価有りローンについてはよく知らないので省略させていただきます。)

リースで注意するべきは、契約終了時のことです。
 ・車両返却
車両の査定を行い、残価より査定額が高ければ差額分は返却され、低い場合は差額を支払わねばなりません。
また、返却する場合は、貸したときと同じ状態でないといけないので、改造してると×です。自腹で原状回復、すなわち純正品装備の状態にしないといけません。タイヤとかは交換したままでもいいと思いますけど。
車両の査定方法及び残価の精算方法については、契約前によくよく確認しないと、トラブることになります。

 ・再リース 
残価と自動車税を元本として再度リース契約です。普通は1年契約ですが2年契約のこともあるみたいです。

 ・買取
残価一括支払で所有権を自分名義にできます。ただ買取条件はリース会社毎に異なると思います。
会社によっては、残価と査定額の高い方の金額で買取、ということもあるようです。

また、リースは、期間拘束のある(自由に解約ができない)賃貸借契約です。中途解約するためには、解約金が必要です。
解約金は、解約時残リース料+残価-解約時車両査定価格です。期間未経過分の自動車税は通常は返還されます。

このように、リースは、当初の契約期間が終わってから手間が発生しやすいのです。なぜならば、リースは、買取をしない限り所有権がリース会社に残りつづける契約だからです。
また、借りるといってもレンタルのように気軽な契約でもありません。

月々の支払は安くなりますが、残価部分の支払を後回しにするか、月々支払うか、
もしくはクルマを売却したときの売却代金をもらえるか、もらえないか、の違いといってもいいかもしれません。(大雑把すぎるかな・・・)

短期間(3年以下)で次々とクルマを乗り換える場合、リースだと常に残価部分を払わなくていいので、月々の支払は楽です。
ひとつのクルマを長くのる場合(リース、ローンとも5年契約で、通算7年同じクルマに乗るような場合)、リースとローンの支払総額はそれほど差が出ないでしょう。

個人がリースを組むメリットとしては、とりあえず月々の支払が安くなること、自動車税の納付手間がかからない(リース会社が払いますので)こと、くらいでしょうかね。(法人ならば、話は別です。いろいろなメリットが発生します。)

クルマをどのように乗り継いでいくのかによって、リースとローンを使い分けることが重要と思います。
長くなり恐縮ですが、疑問点などあればわかる範囲で補足します。

今現在、個人リースを利用してますので、経験者としました。

以下は、一般的なローンとリースの総額の内訳を示したものです。

・ローン 車両価格+登録時諸費用+金利
・リース 車両価格+登録時諸費用+リース期間中の自動車税+金利-残価
(リースでは基本的に点検整備・事故修理・車検費用・保険料は別途自腹になりますが、これらはそれぞれ任意でリース契約に組み込むことも出来ます。また、リースでは車両保険への加入が必須になるはずです。)

リースの支払が安いと言われるのは、残価を設定してい...続きを読む

Q法人名義の車なのですが、自動車保険は個人名義でも大丈夫なのでしょうか?

最近、自分でやっている小さなお店を法人化しました。
そして法人名義で車を購入しようとしているのですが、
自動車保険を法人名義で加入すると、新規扱いとなる為、
等級が低く、かなり保険料がかさんでしまいます。

現在までは、個人名義のオンボロ車に個人で保険に加入しており、そちらは11等級です。

設立したばかりの為、様々な出費がかさみ、出来るだけ保険料はおさえたいのですが、このまま個人の等級を活かす方法はないでしょうか??所有者が会社名義だとやはり会社名義の保険でないとマズイのでしょうか??

保険についてまったくの無知なため、どなたか御教え下さい。

Aベストアンサー

個人名義で契約をしていても法人で経費処理するのは可能だと聞いています。実態的に会社で使用所有管理をしていれば大丈夫だと聞いています。(断言で無くごめんなさい)

「所有者 ローン会社 使用者 法人名」となる自動車は、保険上では法人の所有となります。自動車保険の契約時には契約者が誰であろうと車両所有者を書き入れることになります。この車両所有者が最初の回答に書いた扱いになります。同じく被保険者も一定の範囲で無いと、等級の継承ができません。
この先もその法人を経営し、自動車購入も法人でとお考えでしたら、この際新規契約で正しくやっておくのが最善ですね。
またその際個人の保険の等級はそのまま保留状態で保存しておくことができます。10年間保存しておくことができ、新たに個人で契約するときに今の等級で契約できます。

Q2台目の自動車、等級はなぜ下がるのでしょう?

2台目の自動車の保険に加入したら(家には2台あるという
意味です)、同じ保険会社の同じ保険商品で、同じ運転者
(夫婦のみ)であるにもかかわらず、等級が1台目のときの
18等級から7F等級になると言われました(2台目のみ)。

素朴な質問として、せめて同じ等級であって、むしろ
複数台契約割引があってもおかしくないように思うのですが、
どういう根拠があって等級が下がってしまうのでしょうか?

加えまして、皆様のなかで、うちの保険会社では等級が
変わらなかったよとか、こういう保険商品だと等級が
変わらないで済むといった周辺情報がありましたら
教えてください。
(ちなみに、当方加入の保険会社は、東○海○・・・になります)

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 自動車保険は新規加入だと6等級からのスタートです。たとえ2台目の保険であったとしても、1台目の等級はその車が無事故だったがゆえに築き上げてきたものですから、その等級を無条件で2台目にも適応することはできません。
 ですが、同じ加入者の契約なんだからということで複数台割引ということになり、本来は6等級からのスタートが今回のように7等級からのスタートとなります。ご質問にある「複数台契約割引」になりますね。

 企業などで何十台と車を所有している場合は、フリート契約にしていることが多いので保険料の計算は別になります。

>加えまして、皆様のなかで、うちの保険会社では等級が
変わらなかったよとか、こういう保険商品だと等級が
変わらないで済むといった周辺情報がありましたら
教えてください。

 国内ではこういう契約をしている保険会社はないですね。

Q自動車名義人と保険の契約者は同一人物でないといけないのか?

この度、車を購入しようかと考えているのですが、今使用しているのが私自身の名義の車で保険も私名義です。これから購入予定の車の名義を主人の名前にしたいのですが、保険は私の名義のままでも大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

夫婦間なので、現契約での車両入替処理は出来ます。
問題ありません。

自動車保険では次の3つの名義を設定します。

1.契約者・・・契約を交わす人です。誰でも(赤の他人でも)OKです。

2.記名被保険者・・・主にその車を使う人であり、等級の継承者です。
名義の中では最も重要で、これが実態と異なる場合は、約款の規定により契約が解除されることがあります。
解除された場合は、事故が起こっても保険金が支払われません。
記名被保険者は、同居の親族間に限って変更することができます。(夫婦に限っては別居でもOK)

3.車両所有者・・・その車を実態上所有する人。
車検証上の所有者と同一でなくてもかまいません。

Q自動車損害保険を未払いで解除になった場合は?

自動車損害保険を未払いで解除になった場合は新しい自動車損害保険会社にすると前の未払いがわかり契約できなくなりますか?
分割での支払いになります。
また、等級なんかもわからないのでそのあたりはどうなりますか?

Aベストアンサー

新規で自動車保険の申し込みする場合、他社等で解約・解除されたことが
あるかという告知欄がどの会社にもあります。
告知しなくても、後ではっきり分かりますので正直に話したほうが良いでしょうし、
告知義務違反で、再度、解除となる可能性が出てきます。

この情報交換制度は判明するまで何週間か掛かる場合がありますので、
新しく保険に入ったはいいけど、すぐに事故を起こして、後でばれた場合、
保険が使えなくなる可能性も大いにあります。

引き受けるかどうかは保険会社によって判断が分かれるでしょうし、
通販などの保険会社は安い代わりに引き受けが厳しいはずです。

等級も、はっきりと分かりますので、自分で元の保険会社へ電話して
調べてから加入しないと遡って解除等のトラブルになります。

保険が成り立っている理由が分かりますか。
みんなから集めた保険料から事故があれば支払っているのです。
保険料未払いは、質問者さんが考えているほど軽いことではありませんよ。


人気Q&Aランキング