中小企業の働き方改革をサポート>>

塩化ガリウムを1Nの塩酸に溶かした液体を調べたところ、ガリウムと同じオーダーのナトリウムが入っていることが解りました。
ちなみにGaCl3は1N塩酸1ccあたり0.4mg溶かしており、成分を調べたのは上記のGaCl3-塩酸溶液を200pl程度サファイア基板上に滴下して乾燥させたものになります。
溶液作成時に通常の使用のビーカーやメスシリンダー、プラスチックの注射器、ボロシリケートのキャピラリーなどを用いています。
溶液からNaを取り除く方法として、上記の器具をNaフリーのものにする、溶媒をHClではなく水やアルコールにするなど考えていますが、科学に関して素人ですので以下の点について教えていただきたいと思います。

1、器具中の金属元素の溶解力が水と1N塩酸でとれくらい違うのか。
2、GaCl3を溶かして、純粋な溶液をつくるのに最も適当な溶媒、器具の材質の組み合わせは?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

熱を使わない実験なら、精度は落ちますが、ポリ瓶やプラスチックスの試験管などの実験器具を使われてはいかがでしょう?


きちんとした実験器具もありますが、相当高かった記憶が。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。かなり高額ということでまずは溶媒を純水にして見ようと思います。

お礼日時:2009/07/04 11:30

>1、器具中の金属元素の溶解力が水と1N塩酸でとれくらい違うのか。


素人様には「無茶苦茶違う」と言っておきます。
>GaCl3を溶かして、純粋な溶液をつくるのに最も適当な溶媒、器具の材質の組み合わせは?
溶媒は溶けるなら超純水、溶けないなら機器分析用高純度塩酸ないし同硝酸。
器具はできるなら、白金と熔融石英。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。素人目でも塩酸は明らかにアクティブですもんね。まずは溶媒を純水にして見ようと思います。

お礼日時:2009/07/04 11:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング