初めての店舗開業を成功させよう>>

いつもお世話になっております。
 
黒鯛を対象魚としたウキフカセ釣りを楽しんでおります。
ここ最近通っている釣り場にて二枚潮に苦戦しています。
毎回自分なりに考えて仕掛けを変えたりしていますが、
表層の潮が早すぎてとても難しいです。

その場所では、ライン修正が多いので仕掛けが浮かない様に
重めの仕掛け(3B)と水中ウキを使っています。
重めなのはエサ取りの層を早くかわしたい意味もあります。
それでも表層が早いときは仕掛けが浮きます。
もっと重い仕掛けも考えますが、
仕掛けが立ってしまいコマセと付けエサの同調は更に難しくなります。

私の仕掛けは、
円錐ウキ+水中ウキ(共に2Bから3B)
ハリスジンタン1か2個
ウキ止め有り(水深より深くセット)
表層の潮が無いときは、全遊動

水深5m前後で狙うポイントは、40~50メートルの遠投。
表層の潮がとても早い場所で、
底付近に付けエサを留めたい。
コマセの同調方法と仕掛けなど、
皆さんはどう攻めますか。
アドバイスお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ラインの太さやタイプが分からないので何とも言えませんが


それだけの重さで上潮が速いと入らないというのはまずラインが太いか
上潮の流れに対しての水面上のラインの置き方が悪いということが考えられますね。

実際に現場を見ているわけではないので実際にどの程度の二枚潮なのか
分かりませんが、ラインも細くて(チヌなら1.5号がベスト)
それだけの負荷を掛けていれば上下で反対の激流が流れる訳ではありませんから
普通なら仕掛けは入ると思いますけどね。

私の行く磯で川のような激流が流れて、離れがそばにいくつもあるので潮が巻かれて
表面が鏡の湧き潮になって非常に釣りにくい場所があります。
慣れない人は全く対応出来なくて釣りにならずすぐに瀬替わりしますが
私はこんな場所の方が大好きですね。

私はこんな場所では道糸は常に1.5号なんですが、ウキは00かー00、ハリスは
あえて1.75号にして道糸より重量を重くしてやりハリも沈め探り用の
太軸にジンタンの2号、3号の段打ちぐらいで3、40m先の水深15m
ぐらいまで探りアタリは穂先で取ります。(ウキ止めなし、ウキ穴経3mm)

上潮がもし極端に速いのなら仕掛けを重くすることを考えますが、重い
仕掛けのウキ自体はそれだけの大きさ、浮力があるわけですから水面にあれば
どうしても潮の影響を受けてしまいます。
ウキごと沈めて全遊動で探るのが一番簡単ですが、確か前回の質問で
ロッドはインターラインだったと記憶していますから、インターラインだと
この仕掛けのラインの送り出しがちょっとやりにくいですね。

もしインターラインなら鵜沢式(元は山元式ですが)キザクラの2段ウキ
仕掛けでアタリウキを小さく、水中を大きくすると上潮の影響を受けにくく
しっかりタナをホールド出来るようになりますね。
それでもラインが細いのは絶対条件ですけど。
http://www.kz-kizakura.com/modules/pico/index.ph …

ラインもそんな場所ならフロートタイプなどは最悪ですね。
やはりサスペンドタイプがオールラウンドに一番使い安いです。
サンラインのサスペンドマリオ(私はこれを使用)、グランブルーなどが使いやすいですね。
http://www.sunline.co.jp/catalog/mitiito/top_mit …
テクニシャンは軽いので潮の影響を受けやすいのでそんな場所には不向きです。

しかし40~50mの遠投ってすごいですね(・o・)
ルアーも相当長くやってますのでキャスティングには自信もありますが
Lサイズのウキでも30m行けばいいぐらいでしょうね。
この時期なぎさフカセのチヌ釣りもしますので浜からマキエの届く範囲で
釣りますが、遠投用を2袋配合して固めに練って遠投用小型柄杓でどんな
打ち方をしても20mちょい行ってるかなってぐらいですねぇ。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございました。

道糸は、前回のアドバイスを参考に1.75号と細くしました。
タイプは、全層用セミフロートを使っております。
ハリス1.5又は1.2号です。
ラインは、潮上(表層の潮上)に置いて居ます。
こまめにライン修正を繰り返して仕掛けはタナまで入って居ますが、
大潮の時や、風のある時(その場所では少しの風でも影響を受ける)
更に表層が早すぎて修正が追いつきません。
そんな場合、仕掛けが浮いてしまいます。

ロッドは、最近アウトガイドロッドを購入したので次の釣行で初使用します。
インターラインロッドで出来なかったロッド先端を水面下に付け、
ラインを沈め表層をかわすイメージでやってみます。
ラインは全層セミフロートでは無く、サスペンドマリオに変更します。
こちらの釣具店では、サスペンドマリオを置いてあるお店がなかったので、
上記ラインを使用しておりました。
サスペンドマリオ、是非注文して使用することにします。

沈め釣りも一時期何度かやってみましたが、
ウキを見てアタリを取る方が、自分には合っていると思い
(体感ショックより、目で見るアタリのほうが楽しいと思った為)
全遊動又は半遊動で釣っています。

>私はこんな場所では道糸は常に1.5号なんですが(以下省略)

ハリスを道糸より太くする点と、沈め釣り用の太軸ハリの使用は、
読んでいて「なるほど」と思いました。

>鵜沢式(元は山元式ですが)キザクラの2段ウキ(以下省略)

この仕掛けも使用を考えましたが、
アタリウキが小さいと遠投の際視認性が悪いと思い使っておりませんでした。
しかし、アタリウキを小さくするのは確かにおっしゃるとおり効果的ですね。
一度使用してみることにします。

>私の行く磯で川のような激流が流れて(以下省略)

本格的な磯が沢山ある様で大変羨ましいです。



遠投に関してですが、

遠投用のコマセとしては、
遠投ができて尚且つバラケ易いコマセをブレンドしています。

シャクは、がまかつのまきーな マスターモデルTi 75センチを使っています。
ダイワのロングキャスターチタン75センチからの変更ですが、
がまかつの方がバランスが良く遠投が容易です。
グリップ部分にテニスのラケット用ラバーグリップを巻いているので
グリップ性も飛躍的に向上しました。
最近では、湯川シャクが気になっております。

大変参考になりました。

補足日時:2009/07/03 20:50
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング