中小企業の働き方改革をサポート>>

スペクトラムアナライザを操作していてコネクタを交換するときは、白色光を必ずOFFにしないといけないと聞いたのですが、なぜ白色光をOFFにしなければならないのですか?

白色光を目に入れてはいけないためにOFFにしなければならないのだったら、蛍光灯も危険ということになるので、困っています。
スペアナのコネクタを交換するときは白色光を必ずOFFにしなければならない理由をご存知の方がおられましたら、教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

このスペアナとは、利用分野は何ですか? 光の分布の測定器? ならば、何で人間の目に影響があるの?


測定器の過入力防止ではないのですか? 取説はないのですか?

この回答への補足

回答ありがとうございます。
スペクトラムアナライザを用いて、WDMカプラの分光特性を見ているのですが、コネクタを繋ぎかえるときに白色光をOFFにしないといけないと聞き、その理由を知りたくて質問を書かせていただきました。

取説や本を見ても、その理由は載っていませんでした。パソコンやTVゲームをしていて遊び終わったときに、コンセントを最初に抜くのではなく、電源をOFFにしてからコンセントを抜くという手順みたいに、白色光を見ても目に害はないけど、安全上?の理由でOFFにしないといけないのかもしれません。

補足日時:2009/07/04 10:58
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング