初めまして。色々調べてみましたが今イチ分からないので質問させて下さい。

2階建延床230m2の住宅なんですが、1階と2階が吹抜けで繋がっており吹抜けに居室が面している場合
2階の平均天井高は吹抜け部分に床があると想定して計算するという説明をどこかのサイトで見ましたが
そのようにするのが一般的なのでしょうか。
また、床があると想定して計算しない場合でも吹抜けにある窓を
排煙の計算に使用して良いのでしょうか。
もう一つ、出床でない出窓の窓もやはり平均天井高から800の位置で計算しないといけないのでしょうか。

ちなみに吹抜けの部分を入れても入れなくても天井高さは3m以下です。

どなたか教えてくださいっ。。。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

追記します。


平均天井高さが3m以下の場合は、天井面から下方800mmが排煙有効範囲となります。
途中に垂壁がある場合には、垂壁の高さ分が減じられる事となります。
出窓の部分については、窓の高さで計算する事となります。
また、吹き抜けに隣接した部屋でその部屋が外気に面している場合には、吹き抜けの部分とは別にして計算しなければなりません。
外気に面していない時は、壁を開放していなければ、計算に含める事が出来ません。
ご参考まで
    • good
    • 3

吹き抜けのある部屋は、平均天井高さを求めて計算します。


平均天井高さが3mを超える場合
2.1mかつ平均天井高さの1/2から平均天井高さまでが排煙有効となります。

一般天井の高さが2.5mとし吹き抜け部が5mで各々の面積が同じとすれば
平均天井高さ=(2.5+5)/2=3.75m
天井高さが3mを超えているので、有効排煙範囲は、FLから2.1mから平均天井高さの3.75mの範囲にある開口できる窓が排煙計算対象ということとなります。
ご参考まで
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築確認 排煙

皆さんにお聞きしたいんです。 
木造2階の家を建てています、一階が仕事場で、2階が住居です。 
1階では、お菓子をガスを使ってで作っています。  
仕事場は20帖ありまして、側面の一番上の方に換気扇を四つ付ける予定です。 
しかし、排煙確認の時に、排煙用の窓を付けないとだめだと言われました。 
お金がプラス掛かるので、考えてます!! 
窓をつけなくては、だめなんでしょうか? 
ガスの量は、家庭用のガスコンロ2つぐらいです!! 
 
宜しくお願いします!! 

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
>排煙確認の時に、排煙用の窓を付けないとだめだと言われました。
現在建築確認審査申請中でしょうか?
併用住宅の木造の場合、建築基準法の決まりで仕事場には、緩和処置が無く仕事場に排煙規制が掛かります。
なので排煙窓を天井近くの外壁面に必要です。
仕事場の床面積が20帖(66m2)なら、床面積の1/50以上の有効排煙面積と1/20以上の有効採光面積がないと、基準法の規定により木造では建てられなくなります。

仕事場の面積から計算すると窓大きさ800*600の排煙窓が4窓必要ですね。
予算的には、5~6万円見れば付けられるでしょう。

それにしても無知な設計屋さんに依頼したんですね。
仕事場に排煙規制が掛かるのは、設計屋さんの常識だよ。

ご参考まで

Q区分所有法で共用部分の持分割合は専有部分の床面積の

 区分所有法で責任の割合についてですが、共用部分の持ち分の割合は専有部分の床面積で決められると思いますが、問題によって責任の割合が、共用部分の持ち分の割合と専有部分の床面積の割合があるのですが、どうちがうのですか? 割合として同一ではないのですか?
 今年マンション管理士を受験します。

Aベストアンサー

共用部分の持分割合は原則として専有部分の床面積の割合ですが(区分所有法14条)、同条4項で規約によって変更が求められているので、現実には違う場合もあります。
責任問題は、共用部分の持分割合で決まります。(専有部分の床面積の割合ではないです。)
もっとも、これも規約で変更できます。(同法19条)

Q排煙計画ってなんでっか?

2世帯住宅を計画しています。工務店とも間取りの打ち合わせ契約も終了し、設計事務所で確認申請の図面を作ってもらっています。
先日工務店より、大きな家なので排煙設備が必要ですと言われ、リビングの天井に手動式のトップライトをつける必要がありますと言われちょっと困惑しています。工務店は排煙設備のことは良く知らず、設計事務所から言われたことをそのまま言ってきているみたいです。
1階が親世帯35坪 2階が35坪 床面積が70坪 地下ガレージがが約11坪です。世帯別で考えるとそんなに大きな家ではありません。
そこで質問ですが
1・排煙設備は必要なのでしょうか?
2・トップライト以外の排煙設備はないのでしょうか?
リビングは吹き抜けになっており、手動式のトップライトをつけられても5mぐらい上なので開閉できません。排煙計画と聞いているので煙突が必要なのでしょうか?
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>1・排煙設備は必要なのでしょうか?
◆200m2を超える住宅は必要です
 (各居室に必要で、窓でいいです)
>2・トップライト以外の排煙設備はないのでしょうか?
◆取り付けられる外壁があれば、
内倒し窓、外倒し窓、硝子ルーバー窓、引違い窓などでもいいです
>リビングは吹き抜けになっており~5mぐらい上~煙突が必要なのでしょうか?
◆操作ハンドルを下方に取り付ければ、開閉できます
但し、高所なので内倒し窓は網戸の脱着が難しい、
外倒し窓は開けっ放しにしておくと雨の降込みに注意が必要です
煙突は必要ありません
(大建築物で機械排煙の場合は排煙風洞を設けます)
◆排煙の有効開口面積は対象居室床面積の1/50以上必要です
その有効部分は天井から80cmの高さまでです
(3m以上の場合は特例あり-後述参照)
例えば、天井から50cmの所についている引違い窓が
w1.6m×h1.0mとすると
排煙有効部分の面積は1.6×1/2×0.3=0.24(m2)です
(これは0.24×50=12.00(m2)の部屋までなら有効です)
リビングの天井に勾配があると、まず平均天井高さを
計算します(部屋の容積を床面積で割る)
仮に4mとすると
天井高3mを超える場合の排煙有効部分は床から
2.1m以上かつ天井高の1/2以上の部分なので
リビングは2.1~5mの範囲になります

>1・排煙設備は必要なのでしょうか?
◆200m2を超える住宅は必要です
 (各居室に必要で、窓でいいです)
>2・トップライト以外の排煙設備はないのでしょうか?
◆取り付けられる外壁があれば、
内倒し窓、外倒し窓、硝子ルーバー窓、引違い窓などでもいいです
>リビングは吹き抜けになっており~5mぐらい上~煙突が必要なのでしょうか?
◆操作ハンドルを下方に取り付ければ、開閉できます
但し、高所なので内倒し窓は網戸の脱着が難しい、
外倒し窓は開けっ放しにしておくと雨の降込みに注意が必...続きを読む

Q建築 排煙開口計算について

1階~3階の廊下がホ-ル(1F~3Fまで)吹抜けを介して繋がっています。
この場合、必要排煙開口面積は廊下全て足した面積とするのでしょうか。
また吹抜け部分の2F、3Fの面積はどうするのでしょうか。


教えて下さい

Aベストアンサー

吹抜けのある部屋は、平均天井高さで計算する事となります。
天井高さが3mを超える場合
FL+2.1mかつ平均天井高さの1/2以上の部分が排煙有効範囲となります。
平均天井高さ以上の部分は、排煙有効範囲外となるので、計算の際は注意しましょう。
廊下は、垂壁などで仕切られていない場合、当該面積に含めて計算する事となります。
ご参考まで

Q小規模 特殊建築物の廊下の排煙について

山形県の設計士です。

久しぶりの特殊建築物でちょっと混乱しているので、どなたかお力を貸してください。

以前、地区の公民館を設計した際に、確認申請時、廊下の排煙計算1/50も必要と言われ
居室以外で、廊下の排煙検討をした事がありました。
建物の規模は木造平屋建で約130m2の建物でした。
その時にその必要となる根拠がなんなのか、聞くことなく済ませてしまった為、今になって
混乱してしまっています。

今回計画している建物は、木造二階建て 1階220m2、2階50m2の児童福祉施設等 寄宿舎です。

この建物の場合各居室のみ1/50の排煙無窓の検討をクリアすれば問題ないと思うのですが、
やはり、廊下の排煙検討も必要になるのでしょうか。

必要であればその根拠も知りたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。しつこいようで申し訳ありませんが再回答(先の回答の補足)をさせていただきます。
#3様がご指摘の法35条を良くお読み下さい。いわく、
「別表第一(い)欄(一)項から(四)項までに掲げる用途に供する特殊建築物、(中略)建築物については、廊下、階段、出入口その他の避難施設、消火栓、スプリンクラー、貯水槽その他の消火設備、排煙設備、非常用の照明装置及び進入口並びに敷地内の避難上及び消火上必要な通路は、政令で定める技術的基準に従つて、避難上及び消火上支障がないようにしなければならない。」
ですね。
ここで読み飛ばしてはいけないのは「政令で定める技術的基準に従つて」という一言です。すなわち、ここで「避難上及び消火上支障がないようにしなければならない。」と言っている具体的規定は「基準法施行令」に従え、ということです。
(余談ですが、一般に「基準法」では原則だけが述べられており、具体的規定は「政令に従って」と書かれていることが少なくありません。その場合は必ず「施行令」の規定を指しているのであり、施行令の中に、法のその条文に対応する条項が存在しています。したがってその場合「法」だけまたは「令」だけを読んでも意味がありません。両方を一体に解釈する必要があります。)
そこで施行令を見れば、その「技術的基準」とは「第五章 避難施設等」であり、令116条の2(無窓の居室)~「第二節 廊下、避難階段及び出入口」~「第三節 排煙設備」(ここに126条の2がありますね。)という構成になっています。
これらの法~令までを一体に読めば、特殊建築物といえども無制限に「廊下を避難上及び消火上支障が無いものにしなければなりません。」と言っているわけではないのです。
そして、施行令規定に従えば、ご質問の物件は排煙規定の範囲外となるのです。

もちろん私は「特殊建築物」(この場合、老人施設?)の安全対策を最小限で済ませてしまえ、と言っているわけでもありません。
「特建は4号物件と違い、健康な生活以上に安全に避難できることが重要です。」。このことに異議はありません。しかし、質問はあくまでも法体系のなかでの規定根拠を問うている物と思いますので、それにお答えしているのです。
先の回答にも書きましたが「超法規的指導」もありえるし、設計者自身が法規定以上の設備を設けることもあるでしょう。それはそれで非常に結構なことです。
なお、私はあくまでも「排煙設備」に限って回答しておりますので、他の規定(非常照明やら消火設備等)については一切検討しておりません。(何しろ建物自体が何であるか明記無いのですから。)。
その他の条文については質問者様が検討済みと考えておりますので、あしからずご了承下さい。

#2です。しつこいようで申し訳ありませんが再回答(先の回答の補足)をさせていただきます。
#3様がご指摘の法35条を良くお読み下さい。いわく、
「別表第一(い)欄(一)項から(四)項までに掲げる用途に供する特殊建築物、(中略)建築物については、廊下、階段、出入口その他の避難施設、消火栓、スプリンクラー、貯水槽その他の消火設備、排煙設備、非常用の照明装置及び進入口並びに敷地内の避難上及び消火上必要な通路は、政令で定める技術的基準に従つて、避難上及び消火上支障がないようにしなければなら...続きを読む

Qマンション上階の住戸の床

自宅マンションの寝室床はカーペットです。最近知ったのですが、上の住戸は購入時に売主に依頼してフローリングに変更したらしいのです。確かにそれらしい音がするときがあります。分譲マンションの場合、床の仕様を変更する時は下の住戸の承諾が必要と聞いたことがあります。売主にも責任があると思いますが、どのようなアクションをとれば良いのかお教えください。ちなみに購入5年目で、転勤の為自分自身は数年間住んでいませんでした。

Aベストアンサー

日本にマンションを持っていますが(分譲)、そのマンションの規約書を現在こちらに持参していないので、はっきりしないのですが、規約には床を変える場合は、左右上下・・・・とその隣だったか、確か6軒の同意が必要と有ったと思います(もちろん、使用する部材の防音性能も規定されていました)。

日本の現在の共同住宅の法律はわかりませんが、そのマンションに対する規約書をごらんになってはいかがでしょう。

または、管理会社に聞かれると良いでしょう。
しっかりした管理会社だと対応してくれます。(管理会社自体の格付けも有ります)もし、対応しないなら、理事会に話して管理会社自体を変えてしまうのも一つの手です。

蛇足:
ちなみに、日本以外では共同住宅の歴史が深いので、かなり細かく規定されていますので、一階のAPT(日本で言うマンション)でも問題ないのですが・・・・・、日本では夏暑いとか冬寒いのですが、次の機会には最上階がお勧めです。

Q機械排煙設備について教えて下さい。 「新・排煙設備技術指導」で、排煙機の設置場所は原則として最上部の

機械排煙設備について教えて下さい。
「新・排煙設備技術指導」で、排煙機の設置場所は原則として最上部の排煙口よりも高い位置にする。とありますが、何故 高い位置にするのですか?

Aベストアンサー

排煙機が停止した場合にも煙突効果によって多少の排煙を可能にするため。
のようです。
逆に排煙機が下にあったり逆鳥居の場合には、排煙機が停止すると、煙は火災階の上階の排煙口から漏れ出し火災被害を拡大する恐れがある。
とのこと。
http://www.setsubi-forum.jp/cgi-bin/c-board/data/design/log/tree_647.htm

Q神奈川県在住者ですが、横須賀方面にヘリコプターが低空飛行しております。 2階に住んでますが、床が揺れ

神奈川県在住者ですが、横須賀方面にヘリコプターが低空飛行しております。
2階に住んでますが、床が揺れます。
なんのミッションで住宅地の上を飛ぶのでしょうか?
それとも、特定秘密なのですか?

Aベストアンサー

まぁまぁ田舎もいいですよ!

Q増築時で延べ面積200m2超えの排煙計算緩和の有無

4号物件の増築です。既設は190m2くらいで新設は60m2くらいです。既設の190m2の中に既設改修部約50m2もあります。
指定確認検査機関からは合計延べ面積が200m2を超えますので排煙計算は既設も含めて必要だと言われます。
増築で条件を満たす事で換気や構造の緩和規定があるのに排煙の緩和規定が無いのは納得いかないです。
どなたか詳しい方お見えでしたら、ご教授願えないでしょうか。

Aベストアンサー

>増築で条件を満たす事で換気や構造の緩和規定があるのに排煙の緩和規定が無いのは納得いかないです。

納得いかないって言ってもしょうがないでしょう。指定確認検査機関が決めているわけでは無いのですから。根拠条文を聞いてそこをつっこんでいくしかどうしようもないです。

増築の場合、開口部のない準耐火構造の壁もしくは床又は遮煙性能を有する特定防火設備で区画すれば、独立部分とみなされますので、これでうまいこといきませんか?根拠条文 令137条の14 3号

Qマンションで住んでいない階の共有部分について

同じマンション(賃貸)の子供の騒音トラブルで悩んでいます。

私の住んでいるマンションは、1~3階がビルで、4~10階が、
住居マンションになっています。
毎朝、上の階(おそらく8階)の小学生の子供と母親が、
私の部屋の前(4階エレベーター前)からエレベーターに乗り、
下へ降りるため、非常階段を駆け下りてきて、騒いだり…
うるさいので、困っています。

何度か注意をしたのですが、
「共有部分なんだから…」の一点張りです。

同じ階の人なら、まぁ仕方ないかと諦めもつきますが、
他の階からきて、騒ぐなんて、なんて非常識だろうと思います。

マンションの共有部分といっても、住んでいない所の階の共有部分も、
法律的には、有効なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

共有部分でも住民に迷惑がかかっているなら問題です。
管理会社に連絡し、廊下で騒がないなど、周知徹底を図るのが一番です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング