中小企業の働き方改革をサポート>>

大学1年生です。
物理なんですが、夏休みに読もうと思うので、お勧めの本紹介していただけますか?感想もあわせてだとありがたいです。

A 回答 (2件)

こんばんは。

理系のおっさんです。

読書アレルギーの私でさえ、最後まで飽きずに読めた1冊を紹介します。

「光と物質のふしぎな理論~私の量子電磁力学」
R.P.ファインマン著

これは、ファインマン先生の4回に渡る講演の内容が書かれた本です。
この本を読むと、私達が周囲で目にする現象の8割方が
どういうメカニズムで起きているかを直感的に理解できます。

はっきり言いまして、私が若い頃にこの本を読んでいれば、
高校から大学まで、悩むことなく物理の本質をつかめていたはずだと思います。
ぜひお読みになってください。


以上、ご参考になりましたら。
    • good
    • 0

・「物理学とは何だろうか上・下」朝永振一郎著 (岩波新書)


・1.「科学と方法」(吉田洋一訳)  :(岩波文庫)
・2.「科学の価値」(吉田洋一訳)  :(岩波文庫)
・3.「科学と仮説」(河野伊三郎訳) :(岩波文庫)(3.は絶版かも・・・?)(1,2,3共)H.ポアンカレ著
・「相対性理論」 A.アインシュタイン著(内山龍雄訳) :(岩波文庫)
・「(新版)電子と原子核の発見」S・ワインバーグ著(本間三郎訳):ちくま学芸文庫

・・・辺りは如何でしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング