こんにちは。閲覧ありがとうございます!!
私は今トランペット暦2年で、高校3年です。
マウスピースは、いろいろあってフリューゲルの14F4を
使っているのですが、その時紙を巻いてトランペットに
差し込んでいます。
そうすると時々管の中に紙が溜まっていったりと
あんまり好ましくありません・・・。
トランペットでいう14F4(ヤマハ)のマウスピースとは
どれくらいの大きさですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どうしてもフリューゲルホルンのマウスピースで


トランペットを吹きたいようでしたら、
アダプターを検討されてはいかがでしょうか。
外見としては参考URLの画像のようなもので、
アダプターにフリューゲルホルンのマウスピースをさしてから、
アダプターごとトランペットに差し込みます。

ただし、楽器とマウスピースの型番を楽器屋さんに相談しないと
寸法が合わないかもしれません。
また、トランペット用マウスピースの方が安いかもしれません。

参考URL:http://www.shires.co.jp/Tp/TpAccssry/BobReevesSh …
    • good
    • 0

マウスピースの仕様や特性はヤマハのHPを参照下さい。


http://www.yamaha.co.jp/product/wind/instruments …

フリューゲルホルン用を使う意味が分かりませんし、トランペット用マウスピースに替えるべきだとは思いますが、、、

一般論としては、紙が濡れてしまって困るのであれば、耐水性のある素材に代えれば良いだけです。
化学実験なんかでは、配管接続部の密閉性向上にはテフロン製のシールテープというものをよく使いますし、ビニールテープを巻いて差し込むだけでも結構いい具合にすき間が埋まったりすることもあります。
金管楽器でそれやるとどんなトラブルが起こるか判りませんし、トランペット用マウスピース買うよりも高く付くかも知れませんので充分ご注意を。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音楽史の中で金管楽器がガンガン鳴らす交響楽が登場したのは、いつ頃?

交響楽でトランペット、ホルン、トロンボーンといった金管楽器が
ガンガン鳴る交響楽としては、私にはブルックナーやレスピーギの
作品が思い浮かびます。
しかし、音楽史の中で交響曲が誕生したばかりの時代の作品では、
金管楽器は和音の一部を担うのみで、優しい音で鳴らしていたと
思います。

金管楽器が主役としてガンガン鳴る交響曲は、
いつ頃から登場したのでしょう。
(作曲家の名前や作品名も挙げていただけますと幸いです。)

音楽史や固有名詞に疎い私のために、どなたか教えてくださいませ。

Aベストアンサー

>しかし、音楽史の中で交響曲が誕生したばかりの時代の作品では、
金管楽器は和音の一部を担うのみで、優しい音で鳴らしていたと
思います。

優しい音で「鳴らしていた」というより、優しい音しか「鳴らなかった」のです。

お分かりだと思いますが、金管楽器の構造は「自然倍音列」によって音が出るようになっています。ホルンのバルブや、トランペットのピストン、トロンボーンでは7つのポジションを駆使することによって管の長さを変えて基本の音を変えているのです。基本となる管の長さが数種類あればそれぞれの倍音によって理論上すべての半音が吹奏可能になります。これが金管楽器の仕組みですね。

しかしホルンやトランペットにおいてこの機能が開発されたのは19世紀に入ってからで、それまでは金管楽器は1つの管しか持たず自然倍音しか出せなかったので、オーケストラの中では旋律を担当することができなかったのです。旋律をふけないので、必然的にティンパニーの補強や和声の補強に回らざるを得なくなり、調性により楽器自体を変えなくてはいけなかったのです。
もっとも、それ以外の音が出なかったわけではありませんが、(ホルンに手を突っ込んだり口の形で調節するなどして半音程度調節する)そうして作られた音は不安定で汚く、独奏楽器としては使えてもオーケストラの中で鳴る音としてはとても使えませんでした。
(しかし、その時代に今のように自由に音を出せるトランペットがあればハイドンやモーツァルトは間違いなく旋律を吹かせていたでしょう。)
一方、こんな不便な金管楽器ですがバッハのブランデンブルグ協奏曲やハイドンのトランペット協奏曲、モーツァルトのホルン協奏曲など、独奏楽器としては用いられました。しかしこうした独奏として用いられる場合のトランペットは、高音域を自由に吹けるように、極端に長い管(管が長い=基音が低いほど、高音域が自由に吹けるという理屈はわかりますね?)を使ったり楽器に細かい穴が空けられたりして大変吹きにくいものであったり、ホルンで半音階を吹き分けることなどは、至難の技を要しました。

金管楽器が今の形に移る過渡期に当たるのがベートーヴェンからベルリオーズ、シューマン、ブラームスにかけてでしょうか。
例えば早くも、ベートーヴェンの交響曲第3番では金管楽器を単なる和音の補強として用いる古典的な管弦楽法が曲の内容においついていない箇所が見られ(フルトヴェングラーなど往年の巨匠は暗黙の了解で金管楽器を中心にオーケストレーションの改変を行った)、第九交響曲に至ってはすでに限界を示しています(tuttiにおける金管楽器の不自然な旋律など)。

こうした後にベルリオーズの幻想交響曲というロマン派の開幕を告げる革新的な作品が作られましたが、金管楽器のオーケストレーションはベートーヴェンの第九よりは安全路線といえます。

バルブやピストンのついた金管楽器の用法が楽譜上に現れたのはシューマンやブラームスの交響曲からといえるでしょう。しかしまだ調によって持ち替える指示などが見られ、まだ不完全でしょう。

やはり完全に「1本の金管楽器がガンガン音を鳴らしまくる」音楽ができたのはマーラーやチャイコフスキーになってからでしょうか。この辺になると、金管楽器は完全に独立した旋律楽器として機能しており主役級の役割が与えられています。

おもしろいのは、この時代に自由に金管楽器を用いたマーラーなどとは対照的にワーグナーは、自然倍音だけで奏される素朴な金管楽器の音色を好んでいたようで、楽譜上で、使い分けを意図したとされるパッセージなどが見受けられることです。

新旧の楽器を全く違う楽器とみればそのそれぞれの個性には興味深いものがあるので研究の対象になったり、今でも好んで古楽器を演奏する人もいます。
自然倍音列による歴史的な楽器を今日では「ナチュラル・トランペット」「ナチュラル・ホルン」と呼んでいます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%AE%A1%E6%A5%BD%E5%99%A8

>しかし、音楽史の中で交響曲が誕生したばかりの時代の作品では、
金管楽器は和音の一部を担うのみで、優しい音で鳴らしていたと
思います。

優しい音で「鳴らしていた」というより、優しい音しか「鳴らなかった」のです。

お分かりだと思いますが、金管楽器の構造は「自然倍音列」によって音が出るようになっています。ホルンのバルブや、トランペットのピストン、トロンボーンでは7つのポジションを駆使することによって管の長さを変えて基本の音を変えているのです。基本となる管の長さが数種類あれば...続きを読む

Qトランペットの楽譜の版について

大学の募集要項の欄に、ARIA CON VARIAZIONI(Belwin/Mills版)とありまして、BelwinMills社の楽譜という事なのでしょうか…
それとも、Belwin社か、Mills社のどちらかということなのでしょうか。
実は、先日、Belwin社と書かれた奴を買ってしまいまして、既にやってしまった感しか無いのですが、教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

下記ご参照
http://www.oto-note.jp/sheetmusic/102667.html

出版社:Belwin Mills  とあります。

Q金管楽器と木管楽器の音の出る仕組みは同じですか?

金管楽器と木管楽器の音の出る仕組みは同じですか?

合っているのか分かりませんが、私が知っているのは…

金管楽器はマウスピースから息を吹き込む。
         ↓(バルブで音程を変える)
     ベルから音を出す。 ということです。

この金管楽器の音の出る仕組みと木管楽器の音の出る仕組みは同じですか?
調べたところ、説明を見てもよくわかりませんでした。

できるだけ分かりやすく詳しく説明してもらえればいいなと思います。
よかったら答えてください。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%AE%A1%E6%A5%BD%E5%99%A8
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E7%AE%A1%E6%A5%BD%E5%99%A8

と、いうわけで、金管楽器は演奏者の唇の振動が音の元ですが、木管楽器はリードの振動か、空気の流れが音の元になります。

Q安いトランペットより高い奴のほうが素人でもいい音が

メーカーは同じヤマハとして、5万円のと20万円以上のとで聞いていて気持ちのいいプロのような音色を出そうとするとき、より練習量が少なくてコツをつかみやすいのは高いほうでしょうか?
関係ないですか?
音楽の先生は、茶色になってる学校の備品のラッパでもすごくきれいな音が出せてるんですが、初心者が扱う場合、金があるなら高いほうにしといたほうがいい音は出やすいでしょうか?
それとも関係ありませんか?
価格の違いは利用者が初心者レベルの場合音の違いに影響が出るのかどうなのか、教えてください。

Aベストアンサー

高い楽器、安い楽器それぞれに設計の意図が異なります。

格安クラスの楽器については、初心者向けというよりは学校の備品としての需要が大きいです。金管バンドなどで小学生も使用しますので、音色よりは耐久性・扱いやすさ、というものが重視されます。具体的には砂埃等が入っても壊れにくいようにピストンとシャーシの径に余裕をとっていたり、各部の強度を保ちつつ楽器を軽くしたり、吹奏抵抗を低めにとったりしています。もちろん、価格を抑えるため、トリガー等機能が削られている部分もあります。

かえって高価な楽器では、機能的にはもちろん良いものになりますが、音については音楽に対する嗜好をかなり反映したものになります。どういう音が欲しいか、主にどういったジャンルで演奏するのか、等です。同じ値段帯でも様々な目的がありますので、自分が目的とする音と違う楽器を選ぶとかえって苦労するかもしれません。

他の回答者さんがおっしゃっている弘法は筆を選ばずみたいなところもありますが、狭い室内でパラパラっと音を出すだけならともかく、技巧的なフレーズをホールの隅々まで響かせようとすると、鳴りの限界の違いや精密なバルブの動きというものが重要になってきます。とはいえ、初心者のうちは、あまり高級な楽器を使わない方がアラが見えて逆に上達しやすい、という考え方もあります。このあたりは、指導者の考え方もありますので、先生に相談するのが良いでしょう。

高い楽器、安い楽器それぞれに設計の意図が異なります。

格安クラスの楽器については、初心者向けというよりは学校の備品としての需要が大きいです。金管バンドなどで小学生も使用しますので、音色よりは耐久性・扱いやすさ、というものが重視されます。具体的には砂埃等が入っても壊れにくいようにピストンとシャーシの径に余裕をとっていたり、各部の強度を保ちつつ楽器を軽くしたり、吹奏抵抗を低めにとったりしています。もちろん、価格を抑えるため、トリガー等機能が削られている部分もあります。

かえっ...続きを読む

Q木管楽器から金管楽器に移るとき、大変なことは何ですか?

木管楽器から金管楽器に移るとき、大変なことは何ですか?

こんにちは。中1です。
私は、吹奏楽部でファゴットを吹いています。
ファゴットの暖かい素朴な音色が大好きなので、高校に入ってもファゴットを続けたいと思っているのですが、最近ユーフォニアムにも興味があります。
高校でファゴットを担当できなかったらユーフォニアムを担当したいと考えているのですが、木管楽器から金管楽器に移るのは、やはり色々大変ですか?
大変な点を、具体的に教えてください。

Aベストアンサー

高校時代、吹奏楽部でホルンを吹いていました。
木管楽器はリコーダーしか経験がないので(汗)、移る大変さというのは推測でしか言えませんが・・・

一番の違いはやはり、音の出し方、ではないでしょうか。
金管楽器は、マウスピースに息を吹き込む際、唇を振動させることで音が出ます。
木管楽器は、おそらく息を吹き込んだ時にリードが振動することで音が出ているのだと思いますが、
その辺りの感覚的な違い(唇の使い方等)に慣れるまでは少し大変かもしれません。

また、音程の変え方も違います。
金管楽器は、3つか4つぐらいしかないバルブを指で押さえる組み合わせによって音を変えますが、
同じ押さえ方でも、唇の使い方や息の吹き込み方によって音の高さを変えることも必要になってきます。
こちらも木管楽器とはまた違った苦労があるかもしれませんね。

ただ、それまでの楽器経験があれば音感もついているでしょうし、習得は早いと思いますよ。
高校に入ったらということですので、今からそう身構えず、今はファゴットを頑張れば良いと思います。
機会があれば、練習の合間にでも金管の友達の楽器を借りて、少し感覚を試してみるくらいは良いかもしれません。
でもまずはファゴットですね。

部活頑張ってください^-^

高校時代、吹奏楽部でホルンを吹いていました。
木管楽器はリコーダーしか経験がないので(汗)、移る大変さというのは推測でしか言えませんが・・・

一番の違いはやはり、音の出し方、ではないでしょうか。
金管楽器は、マウスピースに息を吹き込む際、唇を振動させることで音が出ます。
木管楽器は、おそらく息を吹き込んだ時にリードが振動することで音が出ているのだと思いますが、
その辺りの感覚的な違い(唇の使い方等)に慣れるまでは少し大変かもしれません。

また、音程の変え方も違います。
金管楽器...続きを読む

Qヤマハ防音室とアップライトピアノをそろえたいのですが......。

引越しの予定でピアノの防音を考えています。
カタログを検索しただけでは「防音室」、良く
わかりません。
「防音室」を買われた方、体験談をお聞かせ
ください!
大きさ、お値段、使い心地などを。

デジタルピアノでは実感に乏しく、やはり本物
のアップライトピアノを買います。
ピアノはわかりますが防音カプセル?はわかり
ません。
ピアノの先生には現在めったに習っていない
こともあって、まだ相談していません。

以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あんまり広くなく、
落ち着く狭さという感じです。
お値段はかなりしたとおもいます…

防音室が置いてあるYAMAHAさんは
最近増えてきましたので
実際に行ってみると、中に入れさせて
もらえたり、どのくらい防音になるのか
など、体験させてもらえますよ。

それと、防音室以外の方法でしたら、

ピアノの裏側に入れる防音板のような
ものです。

YAMAHAで取り扱っているところと
無いところがありますが、

防音板をピアノの裏側に置くと
響きは若干わるくなりますが、
音が押さえられます。

それと、これはあまりオススメ
出来ないのですが、
ピアノの中に機械が入っているやつです。

本物のピアノの中に機械が入っているので
お値段がちょっと上がるのですが、

ヘッドフォンをつないで練習することが
出来ます。

あとは、機械で音を調整することも
可能です。
フロッピーディスクを入れて
自動演奏を聴くことも出来ます。

ですが、やはり機械が入っているので
普通のピアノとは、
ちょっっっと…感覚が違います。

思いっきり練習したい場合は
やはり防音室ですね。
大きいYAMAHAセンターだと
防音室が実際に置いてあるところが
あるので、行ってみると良いですよ。

あんまり広くなく、
落ち着く狭さという感じです。
お値段はかなりしたとおもいます…

防音室が置いてあるYAMAHAさんは
最近増えてきましたので
実際に行ってみると、中に入れさせて
もらえたり、どのくらい防音になるのか
など、体験させてもらえますよ。

それと、防音室以外の方法でしたら、

ピアノの裏側に入れる防音板のような
ものです。

YAMAHAで取り扱っているところと
無いところがありますが、

防音板をピアノの裏側に置くと
響きは若干わるくなりますが、
音が押さえられます。...続きを読む

Qバルブが2個しかない金管楽器の演奏方法?

ビューグルという名前の金管楽器があるのですが、ピストン(バルブ)が2個しかついていないようです。金管楽器というと、トランペットなどでも3個、多いものでは4個のバルブがついているのですが、バルブ2個でも演奏に支障はないのでしょうか?
検索してみるとマーチング用のホルンなどでも2バルブのものがあるようです。
バルブ2個で出せる音だけを使った編曲がされているとか、でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
>ビューグルという名前の金管楽器があるのですが、ピストン(バルブ)が2個しかついていないようです。
>金管楽器というと、トランペットなどでも3個、多いものでは4個のバルブがついているのですが、バルブ2個>でも演奏に支障はないのでしょうか?
 ビューグルは「信号ラッパ」としてG管(げーかん)が軍隊で使われます。
 そのため単純な無弁が一般的ですがアメリカで軍隊が行進する際に自然倍音だけでは応用範囲が狭いということで最初に全音下がるピストンの1弁式が作られ、その後半音下がるピストンを加えた2弁式ビューグルが作られたそうです(ちなみに1ピストン1ロータリーバルブという2弁式もあります)。
 最終的には3本ピストン付きG管ビューグルになって現在のドラム・アンド・ビューグル・コー用G管ビューグルになったとか…
 その時々に楽器に合わせて演奏に支障の無い楽譜が作られて演奏されたのでしょう。
 3本ピストン化は、現代のウケ線音楽を取り入れようとすれば自然な成り行きですね。

 日本の軍隊では過去にピストンを取り入れた記録は探せませんでしたがG管ラッパの他に大ラッパというB管(べーかん)と小ラッパというF管(えふかん)が作られたようで、この3本を組み合わせると楽に西洋音階を演奏出来ます(まるで古典派時代のオケ曲の金管楽器の扱いのよう)。

>バルブ2個で出せる音だけを使った編曲がされているとか、でしょうか?
 現在のG管ビューグルは3本ピストンなのでアメリカの古い軍隊(軍楽隊ではなくドラム・アンド・ビューグル・コー)用楽譜を探せば可能性は高いです。

こんにちは
>ビューグルという名前の金管楽器があるのですが、ピストン(バルブ)が2個しかついていないようです。
>金管楽器というと、トランペットなどでも3個、多いものでは4個のバルブがついているのですが、バルブ2個>でも演奏に支障はないのでしょうか?
 ビューグルは「信号ラッパ」としてG管(げーかん)が軍隊で使われます。
 そのため単純な無弁が一般的ですがアメリカで軍隊が行進する際に自然倍音だけでは応用範囲が狭いということで最初に全音下がるピストンの1弁式が作られ、その後半音下がるピ...続きを読む

Q模造紙を塗るのに適した画材は?

(大至急お願いします!!)
文化祭のポスターを友人に頼まれたのですが、
渡された紙が薄めの模造紙でした。

背景を描くために水彩絵の具を使用したいと思いましたが、
紙が水を吸ってしまうと聞き、他の画材の使用を考えています。

そこで質問です!
学生なのでそこまでお金は掛けられません。
あまり高い画材は用意出来ないのですが、
水彩絵の具以外の画材なら、何が良いでしょうか?
また、工夫次第で水彩絵の具が使えたりしないでしょうか?
回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

返事が無いうちにまた書くのも、何なのですが。

模造紙でも破れはしないと思うけど濡らした状態で強いとは言えない紙なので、描いているうちに表面が荒れる可能性はありますね。

水彩紙を奨めなかったのは、値段が高いのと、吸い込みが良いので水彩画には良いけどポスターにはどうかなと思ったので。ちょっともったいない気もします。

などと書いているうちに思いましたが、いきなり水張りと言われてもたぶんうまく行かないから今回はイラストボードを買ってきて描くと良いと思います(パネル買うよりたぶん安いし)。失敗した時の予備も買っといた方が良いです。(両面に同じ紙が貼ってあるのがあります。それなら裏にも描ける。→両面シリウス、両面ケント)

Q金管楽器でブランクありありなときって、何すれば、いいのですか!?

金管楽器でブランクありありなときって、何すれば、いいのですか!?

Aベストアンサー

金管楽器だと、唇の形や息の入れ方などが忘れてたりしますので、
最初はマウスピースだけで慣らした後に、楽器をつけて大丈夫なレベルであれば、
ロングトーンやスケール、リップスラーなどから感覚を戻していくと良いでしょう。
楽器にマウスピースを付けて音を出すのが厳しいというのであれば、
マウスピースだけで唇の形など前の感覚を思い出していきましょう。

もし、前に使っていた教則本などがあればそちらを使いつつ、
短い曲などをやってみるのも良いかと思います。

また、昔演奏していた時よりも唇が疲れやすくなっているかと思われますので、
こまめに休憩を取りながら少しずつ演奏できる時間を戻していくと良いでしょう。

Q【美術芸術・絵画】画用紙に紙を何で貼り付けているか分からないように貼る画材を教えてください。 糊付け

【美術芸術・絵画】画用紙に紙を何で貼り付けているか分からないように貼る画材を教えてください。

糊付けではなく全面に薄い接着するものを付けて固定したいです。

両面テープもそこ以外は浮くのでダメです。

膨らみも出ますし。

何か良い方法はありませんか?

Aベストアンサー

スプレーのりもダメですか? 乾いてから接着すると、はがしたりできるのがありますが・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報