初めての店舗開業を成功させよう>>

2歳7ヶ月の男児の母です。うちの子は3ヶ月前くらいには、おしっこ、ウンチ、どちらもほぼ完璧におトイレで出来ていたのですが、3週間ほど前に便秘→下痢になってしまい、その際お尻が切れたり、肛門の周辺が真っ赤になってしまったりと、つらい思い思いをしてしまいました。そのせいか、今では、「トイレでウンチをするとお尻が痛くなる」と言って、パンツの中でウンチをするようになってしまいました。その度に痛くならないよ、とは言っているのですが、本人の思い込みはとても強く、どうにもなりません。同じような経験のある方、良い方法がありましたら、アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

8歳の娘の母親です。


娘も、2歳~4歳ごろまで便秘に悩んだ体質でした。
便秘とトイレトレーニングの関係って、ものすごく微妙なものだと思います。
便秘ほど、排便が苦痛になるものはないので、
トイレに恐怖感を持つお子さんの気持ち、よくわかります。
まずは便秘と痔のほうは完治していますか?
うちは便秘も1年半ほど慢性化していましたので、
まずは排便時の苦痛をなくすために、便秘を治すことに専念しました。
お子さんは、ウンチがトイレで出来ていた経験があるので、
排便の感覚は身についているものと思われます。
なので、ウンチがしたくなったら、教えてもらって、
紙オムツに履き替えさせ、紙オムツで出たら、思い切りほめるようにすればいいと思います。
トイレで出来なくなったと言って、焦ることはありません。
そういう状態で、排便の快感を味わえば、恐怖感がなくなっていくので、
また、トイレでやってみよう!と促すと聞き入れやすくなると思います。
今は、まず、快適な排便をさせてやり、排便の恐怖を取り除くことが大事だと思います。
そのうえで、3か月ほどうまくいったら、
トイレでできたらごほうび方式を取り入れて、成功体験を味わわせればよいと思います。
もちろん、すんなりトイレで出来るようになることもあると思いますので、
とにかく焦らないで現在の排便方法を実践させてみてください。
私の実感ですが、おもらししても、便秘の時のことを考えれば、
うんち出るだけで、幸せだと思えました。
排便は生理的なものだけに、恐怖感は、一度味わったらなかなかとれません。
(8歳の娘の最も幼い記憶は、3歳ごろ、「うんちが出ない~」と、
暖房機の陰できばっていたことだと本人言います。
小3の今でも、親が喜ぶと思って「うんち出たよ!」と報告してきます。
よほどトラウマになっていたのでしょう。かわいそうなことをしました。。。)
そんなこんなで、右往左往しましたが、3歳後半までには、ちゃんとトイレでできるようになりました。
便秘経験のある子のトイレトレーニングは、3歩進んで2歩下がるの心構えを、
忘れてはいけないと思いますよ。
今は、回復途上期だと思って、排便の恐怖感を取り除くことに専念した方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
便秘・痔のほうは完治しています。今はウンチをするとパンツ替えて~と言ってきます。私も最初は便秘するよりも・・・と思っていたのですが、何度もとなると、ついイライラしてしまい、子供の排便に対する恐怖心を考えてあげなかったようです。もっとじっくり構えなければ、と反省です。子供のつらさを思い出させてくださって、本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/07/05 10:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング