今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

今日、赤色LEDの製作に世界初、成功のニュースを見ました。藤原康文・大阪大教授らが30日発表した件です。
しかしウィキペディアの記事を見ると、赤色LEDは1980年代に既に作られているそうです。いったいどういうわけなんでしょうか?

http://74.125.153.132/search?q=cache:koAAyOCTnmE …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

先のお二方が述べられた通り、窒化ガリウムを用いたLEDとしては世界初で、同一基板上に3原色が揃えられる、ということですが、今までのフラットパネルでは、


 * 液晶は自ら光ることができない(バックライトが別に必要です)
 * プラズマやブラウン管は高電圧が必要で小型化も難しい
 * 有機ELはまだ高価な上、寿命などの点で課題が残っている
これが「自ら原色の光を発する小さな画素」が可能になる、ということで、携帯電話や小型テレビなどの小型化・薄型化やコストダウン、画質の改善、消費電力低減などが可能になるかも知れない、ということで、世界中の科学者やメーカーが競って開発に取り組んでいたものです。

日本発の技術がまた一つ、世界に広まるといいですね。
    • good
    • 0

“窒化ガリウム”を材料とした赤色LEDということです。

光の三原色のうち青と緑は既に開発されてましたが、赤は初めてです。
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/research/2 …
    • good
    • 0

原料が違うようです。


窒化ガリウムが原料で「インジウムやヒ素を用いない赤色LED」としては世界初、従来の赤色LEDよりは暗いけれど改良可能とか。
赤、青、緑が同じ基板上に設置できると小型化できるため、携帯電話などへの応用が期待されるそうですよ。
http://kankyomedia.jp/news/20090701_2824.html
http://www.asahi.com/digital/nikkanko/NKK2009070 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング