外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

個人信用情報って…
・信用会社
・金融機関
・本人
開示者によって情報が違いますか?

A 回答 (2件)

かつで『個人信用情報機関』の1つである『CIC』の『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。



> 個人信用情報って…
> ・信用会社
> ・金融機関
> ・本人
> 開示者によって情報が違いますか?

現在、日本には4つの『個人信用情報機関』があります(今年の4月1日をもちまして、「テラネット」と「全国信用情報センター連合会」は合併して「日本信用情報機構(JIC)」になりました)。

「信用会社」というのは「何」でしょうか?
『個人信用情報機関』のことでしょうか?
金融機関が利用する「保証会社」のことでしょうか?

『個人信用情報機関』は、自身が保有している情報を提供する訳ですから、「開示」をすることはありません。

「保証会社」であれば、「金融機関」とは別の『個人信用情報機関』に加盟していることが多いです。
加盟している『個人信用情報機関』が違えば、得られる情報も違ってきます。

・同じ『個人信用情報機関』に対して、本人が開示した場合と金融機関が照会した場合
・同じ『個人信用情報機関』に対して、本人が開示した場合と保証会社が照会した場合

この違いならば、いずれも原則は「本人が開示しようが加盟会員が照会しようが同じ」です。
照会情報が記載される期間が、本人が開示した場合の方が長かったりはしますけれど、申込情報や契約情報は同じです。

『個人信用情報機関』同士の情報は、一部を除いて共有されていません。
『個人信用情報機関』に登録されている『個人信用情報』には、『個人信用情報機関』が独自に収集した情報、それぞれの加盟会員が登録した情報、本人申告情報がありますが、『個人信用情報機関』ごとに加盟会員が違っていますから、当然に登録されている情報は違います。
    • good
    • 0

共用されていますから情報は同じです。

ご自分の情報を調査されてみればわかります。

(株)CIC
(株)CCB
(株)テラネット
全国信用情報センター連合会
全国銀行個人信用情報センター
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング