単刀直入に質問させてもらいます。

なんで、DVという恐ろしいことが起こりうるのでしょうか?

私は、大好きな人(大切な人)に暴力を振るうという行動のすべてが理解不能です。むしろ、最低最悪の行為だと思います。

なんで、このようなことが起こるの?

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

この種の質問に大変多く回答している、自身もDV加害者の男性です。

(→私のハンドルネームをクリックして過去の回答の中から関連Q&Aを探してご覧くだされば、もっと多くの情報に触れることができます。)

1)DVとは何か? どうして起こるのか?

DVは病気ではなく、
・自己中心的な性格
・ジェンダー・バイアス(女性を男性の格下と捉える性的偏見)
・暴力を肯定する気持ち
などが原因で、妻を支配・コントロールすることから発生する
家庭内暴力(配偶者の他、内縁の者や親しい関係の者に対する暴力も含む)の総称
・体への暴力
・物に対する暴力(物を投げる、壊す、ドアをバタンと閉めるなど)
・言葉の暴力(どなる、けなす、相手の欠点をあげつらったり否定する、自分の価値観を押しつけるなど)
・精神的暴力(こわがらせる、束縛、無視など)
・性的暴力(セックスを迫る、避妊に応じないなど)
・経済的暴力(生活費を出さない、仕事をやめさせるなど)
などです。

2)なぜ愛する相手にDVを働いてしまうのか?

本来「愛」は相手のパートナーに向かうものの筈ですが、本当に相手のことを思う「愛」を実践するためには相当の自制心を必要とすると思います。しかし・・・

・カップルの中には、相手を理解したり、尊重したりする心がけが不足している人がいます。
・相手の人生や生活の快適性を追求するよりも、自分自身の快適性を優先する人がいます。
(例えば、相手がいくら疲れていても家事や育児を分担しないとか、仕事で疲れたからといって相手の困り事の相談にも耳を傾けないとか、相手が具合が悪いのに看病をせず勝手に遊びに行ってしまうというように、結婚の目的が、そもそも相手を愛することよりも、自分自身の快適性や生活の便利さを目的にしているのではないかと思われる人もいます。)
・又、自分に甘く人に厳しい性格の人は、結婚によって、更にその性格が身内に対して増幅し、相手のちょっとした言動を大変厳しく非難すると同時に、自分の過ちに対して相手が非難することについては過剰に「被害者意識」を抱いたり、反発したりすることもあります。
・「女性は男性に従属し、意見や反発はしないのがいい。」などと未だに考えている男性も多く、又、結婚すれば夫婦は「一心同体」で同じ価値観を共有すべきだという、誤った考えのカップルも多いと思います。(実際は、たとえ結婚しようと、個人個人の価値観は尊重されるべきであり、意見が違うだけで非難されるべきではありませんが、結婚するととかく自分の価値観を相手に押し付けようとしがちです。)
・結婚すると、相手を理想化し、「こうあるべし」と期待することがあります。しかし、自分の思い描いた通りにならないと、自分の考えを押し付け、相手を責めることにもつながります。
・「釣った魚に餌はやらない」というたとえ通り、一旦結婚すると、相手が「自分のもの」になったと錯覚し、いくら理不尽なことをしても許される、という甘えや相手に対する配慮の欠如が出てきます。
この「相手を所有し、従属させているのだから、相手に何をしても許されるべき」という「力と支配」の感覚がDVを発生させる元凶です。

3)DV被害者の陥りやすいワナとは?

・DV加害者は往々にして、普段は優しかったり、社会生活の面でも立派な社会人であることも多く、被害者は、そうした加害者の「外面」と現実とのギャップに戸惑い、自分が悪いのではないかと思ったり、又元の良い人に戻ってくれるのではないかと期待し勝ちです。
・DVを振るうのは男女比で言うと圧倒的に(90%以上)男性の方が多いようです。確かに女性の中にも相手に対して汚い言葉などを吐く人もあり、それは「ヒステリー」だとか「言葉の暴力」だとか指摘する向きもあるようですが、体力的には断然男性が女性を上回っており、一旦暴力が発生した時の脅威(怖さ・威圧感・破壊力)は男性の方が圧倒的なことは、どなたも否定できないと思います。
・自分のDVを「正当化」したり、「おまえも悪い」と相手のせいにしたがる「責任転嫁癖」はDVの大きな特徴です。「悪いのは100%暴力をふるった方だ。」・・・これだけは、よく覚えておいて下さい。
・相手の言動を刺激したことが怒らせる原因になるという人もいますが、仮に刺激しないように、怒らせないように、そっと気を使ってやりたい放題にさせておいたらどうなるでしょう。相手が暴発しないように、いつも気を使ってビクビクしていたら、それこそ疲れ果ててしまうことでしょう。「言いたいことがいつでも言える関係」でないと夫婦は疲れてしまいます。
・飲酒やストレスはDVのきっかけにはなっても原因ではありません。DVの原因はあくまで、その人の思考・行動選択であり、ここで「暴力をふるってもいい」と自分自身にゴーサインを与えてしまう所にあります。幼少期に、親や同級生などに暴力を振るわれたとかいじめられたという生育歴も影響を与えることがありますが、同じ生育歴でも、暴力を振るわない人もいます。

4)DVは治るか?治るとすればどうやって治すか?
DVは育ってきた家庭環境や社会環境などから学んできてしまった誤った考え方などが原因であることが多く、独力では決して改めることはできないので、速やかに専門家に相談する必要があります。
DV加害者の更生プログラムを実施している団体などに通えば、彼が変わる可能性はゼロではありません。ただ彼がそのようなプログラムに通うかどうかは彼次第ですし、通ったとしても果たして本当に彼が改心するかどうかの保証はありません。被害者は、大の大人が変わることはそれほど難しいのだということを知っておく必要があると思います。

いずれにしても、被害者や周りの人に出来ることは、こういった団体を彼に紹介し、行ってもらうように働きかけること、並行して、被害者もDV被害者向けの相談機関に気軽に相談してみることだと思います。精神科の医師やカウンセラーに相談することも一つの方法でしょうが、その場合はDVのことを正しくとらえている人に相談しないと埒があかないことがありますので注意して下さい。

【DV加害者向更生プログラムの例】
(よいDV加害者プログラムかどうか見分ける方法http://aware.exblog.jp/i36/を参考にして、内容をよく見極めてから受講して下さい。)
(1)アウェア(山口のり子) http://aware.exblog.jp/(英語で「気づき」という意味でアメリカのDV加害者プログラムを取り入れたカリキュラムと加害者同士のミーティングを通じて自分のDVの実態に気付き、更生を目指す団体)
(2) セルフヘルプルーム“気づき”http://www.kiduki.org/(アウェアDV行動変革プログラムを受講した男性たちによる自助グループ)
(3) 特定非営利活動法人RRP研究会http://www.rrpken.jp/              
(カナダのブリティッシュ・コロンビア州の基準となっている、'Respectful Relationship Program'をモデルに、認知行動療法などを取り入れた心理教育の手法によるDV加害者プログラムを実施。) 
(4) メンタルサービスセンター(草柳和之)http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/(自助グループ形式の「言いっぱなし、聞きっぱなし」というスタイルのミーティングを通して、自分の誤りに気づかせる。又個人面接や合宿形式のワークショップもある。)
(5) 日本家族再生センター(味沢道明)(被害者向けも扱う)http://homepage1.nifty.com/ajikun/

【DV被害者向相談機関の例】
(1)内閣府 配偶者からの暴力被害者支援情報(相談機関一覧)
http://www.gender.go.jp/e-vaw/soudankikan/index. …
(配偶者暴力相談支援センター、女性センター、全国共通DVホットライン、警察、弁護士など一通りの相談場所が網羅されています。)
(2)レジリエンスhttp://resilience.exblog.jp/
(英語で「力」(回復力、復元力、元気、快活、弾力、反発など)を意味し、DV被害などどのような逆境に置かれても、そこから脱してよい方向にもっていこうとする力を養う民間団体)
(3) 原宿カウンセリングセンター(信田さよ子)http://www.hcc-web.co.jp/
(DVに限らず、AC(アダルトチルドレン)や他の悩み事に関する加害者・被害者・第三者からの相談を受け付けている。)
(4)その他各地の民間支援団体、NPO団体や関連サイトなど:ネットで検索するほか、上記のサイトのリンクページからも多くの団体のサイトなどへアクセス出来ます。例えば下記の先・・・
・ウィメンズネット・こうべhttp://homepage1.nifty.com/womens-net-kobe/
・NPO法人女性のスペース「結」http://www.k2.dion.ne.jp/~yui-yui/
・HERE&NOW今ここにhttp://here-now.gonna.jp/
・First Step(ファースト ステップ)http://first-step.cside.com/

なお、この「メンタルヘルス」カテゴリーは、お礼も締め切りもしない質問の建て逃げが特に多いように思います。このサイトは質問と回答で成り立っていますので、よろしくお願いします。
    • good
    • 23
この回答へのお礼

最後の一行を拝見しました!

なるほど・・・・。このように長文でしっかりとした回答が得られるなんてほんとうにありがとうございます。

ごめんなさい。でも、自分にはやはりDVは悪いことだと思ってしまいます。悪いことというより、そういうことをする人やなによりもされる人のことを怖くて怖くてとてもじゃありませんが見られません。以前、フジテレビ系列で「ラスト・フレンズ」というDVがひとつのテーマと取り上げられているドラマをみました。(所詮、ドラマですから実情の1.5倍の大きさに話を膨らましているのかもしれませんが・・・)私はそこではじめてDVというものを知りました。ですから、あれは、自分のなかでは怖いドラマでした。

お礼日時:2009/07/09 06:16

DVや暴力を振るうという行為の一つは、表現の一つとなっていることがあります。

その方は、人生の中で、自分の伝えたいことが上手く伝わらなかったとき、暴力を振るうことで、自分の伝えたいことが伝わった成功体験を満たれているのではないでしょうか? そのために、自分の伝えたいことや思いが言葉で表現できない時に、暴力という形で表現することを覚えたのかもしれません。暴力でなくても、その方の思いや考えを言葉で表現する練習が必要です。最初から上手く行かなくても、大切な人を傷つけない覚悟と決心が必要です。また、DVの対象になってしまった方にも、そんなことをされるのが嫌だと!しっかり拒否を示す必要もあります。決して私が悪い!と決めつけると、あなたも相手も本当に不幸が始まります。大切だからこそ、お互いを尊重して上げてください。
    • good
    • 2

専門家紹介

専門家プロファイル_丸本敏久

職業:心理カウンセラー

マクドナルドの現場で 様々なお客様 スタッフと対応組織をまとめ 育て 成長させていくノウハウだけでなく、カウンセラーとしての知識経験が更に人を成長させる!プライベートでも 仕事でも人に関わることのご相談や現場対応を行っております。

詳しくはこちら

専門家

自分を不安にさせることや自分の思い通りにならないことなどを許さない


という気持ちがあれば,不安や思い通りにならないことなどがあれば
どうにかしようとします。
それを力によって解決しようとすることがDVに発展していくのでは
ないかと思います。

不安や思い通りにならないことを避けるために予防線をはることも有効です。
そうすると常に誰かが失敗をしたり間違ったりしないように監視をする
必要性を感じるようになり些細なことにも反応を強めていくことに
なると思います。
それが高じて人を支配したい気持ちも強まっていくのです。
そうやって間違った方向に自分を連れて行ってしまうのでしょう。

育った環境や教育や社会などと様々な原因が考えられるでしょうが、
自分の心の成長を自分でするということを知らないことではないかと
思います。

不安や思い通りにならないことなどの存在を許せるようになれば解消する
必要性を感じなくてすむでしょう。
そうすれば失敗や間違いに寛容でいられるようになり、誰かの監視役に
ならずにすむはずです。
自分を成長させるのには時間がかかります。
柔軟な発想が出来るようになるにも時間がかかると思います。
結果をすぐに求める習慣を持っていれば治すこと困難なことになるでしょう。
    • good
    • 10

暴力を振るう側は男女どちらもありえる事ですが、質問者さんの場合はDVをするのが“男性”だというイメージが主にあるのでしょうか…。




DV(暴力)を振るう側が男女どちらであったにせよ、暴力を振るう側の原因になるものは、例えるなら小さな子供が何か気に入らない事があったり理解してもらえなかったり気持ちを受け止めてもらえなかったり或いは怒らせる事をされたり言われたりした事による…いわゆる小さな子がカンシャクを起こして物を投げたり壊したりする破壊行動や相手を叩いたり蹴ったりする攻撃行動と同じものだと思います。


ただDVの場合は特に、他の回答者さん方に見られるように“暴力を直接的に振るった側”だけに原因があるように思われている事も多く、暴力を振るってしまった側だけが多くの非難を浴びる傾向にあるようですが、DVにおいてよく見落とされる原因には、
『ちっちゃな子がなぜカンシャクを起こして破壊行動や攻撃行動をとるのか?』というそもそもの原因が母親の未熟性や、他の家族を含めたその家族生活において生み出されている何らかの不充足にあったりするように…
パートナー側の言葉や思考や態度行動や理解不足といったものがDVを導き出してしまっているそもそもの原因や引き金になってしまっている事も多いようです。


よくカンシャクを起こす子供に、ただ愛情不足だった部分を埋めてあげるだけで、或いはよく話を聞いてあげる事や“悪い子だ”と決め付けて敵方になるのでなくて、むしろ肯定する側の味方になってあげるだけでそのカンシャクを起こした破壊攻撃行動がピタっと止む事があるように…
暴力を振るってしまう人の“相手の側(パートナーの方)”の思考行動スタイルが変わったり、或いは、再婚して別の人がパートナーとなった事でそれまでの暴力行動がピタリと止んだりする事も多いからです。


もちろん、飲酒や何かのストレスといった他の事が起因していたり、或いは支配欲が強すぎるという性格的なものや自分の気に入らない事があったり不機嫌になるととにかく短絡的に暴力を用いて解決を図るという“暴力を振るう側だけに”原因がある場合も確かに多いようですが…、
中には、例えばそのパートナー側が女性の場合…些細な諍いが起こった際にその中で自分を守ろう(負けたくない)という思いから力や理屈では夫には敵わないからと、言葉や言葉にならない態度や反応で実は逆に執拗に旦那側に不快を与えている(攻撃している)場合もあったりしますので、一概にどちらが原因か、ナニが原因であるかを限定しきれない事も多かったりするのです。


例えばですが…DVとは言い切れない事に対し“それはDVだ!”と思い込んだり過剰に反応すると同時に“こちらが弱者・被害者で正義である”という立場を取ってしまい自らの態度・行動を硬化させてしまったりそれを言葉に出してしまう事で相手を悪者にして責める(攻撃する)事となってしまい…藪から蛇のごとくわざわざ相手から本当のDVを導きださせてしまっている、そんな事もよくあるのです…。


イジメ問題においても時折り耳に入るかと思いますが中にはその原因が“イジメる側”だけでなく“イジメられる側”にも多少の原因があったと思われる事もままあるように、DVにおいてもケースケースによってそこにある事情がご家庭それぞれ様々に異なるため、一概に『片方だけが悪い、コレが原因だ』とかが言い切れなかったりするのです。
    • good
    • 11

失礼いたしますね。


最近、雑誌やテレビなどで拝見しますが「心の病気」「ストレス」と片付けられない事かと思います。(確かに、そういう事も考えられます)

暴力をふるわれた方は、心の傷は残りますよね。恐怖心や不安感、不眠症等、予想されますし、さぞお辛いでしょうね。

No.1、No.2の方々が書かれておりますが、その事も大いに考えられますが、わたくしは、付け加えて、家庭環境、育ち方(躾を含めて)も、有るかと思います。
如何でしょうか。
難しい問題ですが、最近とても増えてらっしゃる様なので、わたくしも不可解に思っています。
お互いに、加害者にも被害者にも、なりたくないですよね。
    • good
    • 3

精神的に問題のある人が、親しい人に甘えているのだと思います。

    • good
    • 28

相手を自分のコントロ-ル下に置こうとする「支配」が原因です。




http://www.geocities.jp/naduna2000/ndv2.html
    • good
    • 9

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDVは、被害者救出より、加害者糾弾を優先すべきではないか。

DVは、被害者の救出より先に、まず暴力を振るう加害者の糾弾が優先されるべきなのに、なぜ被害者ばかりが逃げ回り、加害者がのうのうと暮らしていられるのか?

Aベストアンサー

調べて見ればちゃんとありますよ。

http://www.geocities.jp/www_aware_cn/

Q人間以外の動物にも、精神疾患は起こるのですか? 鬱病やパニック障害とか…

人間以外の動物にも、精神疾患は起こるのですか?
鬱病やパニック障害とか…

Aベストアンサー

鬱病やパニック障害が起こる、分子細胞学レベルでの原因・機徐は解明されていないので、動物全部に該当するかどうかは解らない。

少なくとも、脊椎動物の哺乳類は大脳皮質を持っているので起きる。

爬虫類は大脳皮質がほんの少し、両生類・魚類は大脳皮質が無い。
これで起きるかどうかは解らない。

鳥類の脳は特殊だから起きるかどうかは解らない。

昆虫の脳らしきものは未だ未解明だから不明。

QDV加害者の弁明の機会って必要なの?

今日の参議院の法務委員会で、共産党議員が、DV加害者の弁明機会がないと質疑していました。

これだけ世の中にDV(昔の亭主関白)が増えているのに、加害者に大して弁明の機会を、裁判以外で容易するのは必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

電車などの痴漢告発の中に冤罪だったケースがあったのをヒントに、やはり冤罪の可能性を排除するためでしょうね。
 離婚などの条件を有利にするという動機があれば、でっち上げの可能性はやや高いのではないでしょうか。
 ちなみに、男性→女性に危害だけでなく、逆もあるかと。

Q予期不安の解消法について。 1か月前ほどに学校で初めて 動悸が起こりました。 自分なりに心当たりはあ

予期不安の解消法について。

1か月前ほどに学校で初めて
動悸が起こりました。
自分なりに心当たりはあります
( 話すと長くなるのでやめます )

動悸というのは初めてだったので
その時の胸が締め付けられる感覚を
体が覚えてしまって
ここ1か月、不安な時とかに起こります。

そして、症状が起きていない時でも
常に頭の中に不安があり、
楽しい時も頭の片隅に
不安があるので辛いです。
不安が大きくなると胸がざわざわして
動悸が起こります…

多分、不安が消えれば動悸や
胸の圧迫感も治ると思うんです。
予期不安ってどうやったら
良くなっていくのですか?
良くなった方いますか?
時間が経てば多少は良くなりますか?

精神科などは、親に反対されているのと
私自身も行きたくないので
かかりたくないです。
他でアドバイス頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

>回答者さまは現在
発作の方は大丈夫ですか?

私の兄も10代後半にパニック障害になり、私は30歳頃です。
兄の時は、パニック障害自体が日本の医学界で認知されていなかったので、予期不安という言葉も無かったし、ちゃんと見てくれる医師もいなくてね。
私は中学生だったんだけど、その兄が私に向かって「俺はもうダメだ」と、本当に棒きれが倒れるようにバタンと倒れたり、入院しても医師から酷いことを言われたり、凄く強い薬を飲まされて寝たきりになったこともあったの。
だから、私が初めてパニック発作を起こした時は、「あ、兄貴と一緒だ」と思ったし、物凄く辛かったのは確かだけど、すぐに「兄貴も死ななかったんだから大丈夫」と自分に言い聞かせました。

また、兄のその時期に、祖母がバスに轢かれて他界して、母が精神的におかしくなった時期でもあるので、部活が始まると過換気発作を起こすようになったの。
でも、当時は部活を休めばビンタだったし、そんな母に相談することもできなかったから過換気発作の間だけは体育倉庫に一人で隠れていました。

そういう経験もあったから、パニック障害でどんなに辛くても会社には行きました(行くことが出来ました)。

ただ、パニック障害になってからの丸18年通院していて、服薬もしています。
転居等もあって、今の医師が4人目で、この医師のおかげで発作は殆ど起こらなくなりました。
本来なら、もう減薬をして、いつかは薬を飲まずになるのを目標にすべきなんでしょうけど、30代後半に再婚しても、継子を引き取ったり、母が自殺の疑いのある死に方をしたりと、本当に色々あって、減薬にチャレンジする機会を逃してきた面もあるし、諦めというか、開き直りの心境ですね。
「薬を飲んでいても普通の生活ができるならそっちの方がいいや」という感じです。

私はいつからなのかは分かりませんが、不妊症で、妊娠することも一度も無かったので、薬を止めなければいけないということも無かったんですけどね。
(軽い安定剤を服薬しながら元気な赤ちゃんを産んでいる女性も沢山いますよ)

>回答者さまは現在
発作の方は大丈夫ですか?

私の兄も10代後半にパニック障害になり、私は30歳頃です。
兄の時は、パニック障害自体が日本の医学界で認知されていなかったので、予期不安という言葉も無かったし、ちゃんと見てくれる医師もいなくてね。
私は中学生だったんだけど、その兄が私に向かって「俺はもうダメだ」と、本当に棒きれが倒れるようにバタンと倒れたり、入院しても医師から酷いことを言われたり、凄く強い薬を飲まされて寝たきりになったこともあったの。
だから、私が初めてパニック発作を...続きを読む

QDV加害者更生プログラム

旦那にDV加害者更生プログラムを受けていただきたいと思っております。
旦那に話したところ受けてもいいと言っております。
DV加害者更生プログラムを受講するにはどこに電話したり相談すればよいですか?

Aベストアンサー

携帯とかパソコン持っているなら検索すると調べ物は簡単ですよ。

DV加害者更正と調べると以下の記事がでます。これを読むと横浜のNPOがやっているので、連絡先をしらべて、電話してみたら良いと思います。あなたがどこにお住まいか分かりませんが、お近くで受講出来るところを紹介してくれるかもしれません。

http://mainichi.jp/select/news/20140508k0000m040165000c.html

それから、他者に自分の配偶者について話す時、「受けていただく」なんて敬語を使ってはいけません。「受講してもらう」「受けてもらう」が日本語として正しいです。余計な事だけど、夫に暴力ふるわれて怖くて普段も敬語で接しているのかしら?なんて思っちゃいました。ご免ね、そんな印象。まあ、とにかく、記事を読んで連絡してみて下さい。
気が変わらないうちに。幸せな結婚生活が送れる様に頑張ってね!

Q躁鬱の人と関わった方へ訴訟を起こしたがるとか被害者意識高過ぎな経験ありますか?

躁鬱の人と関わった方へ
訴訟を起こしたがるとか被害者意識高過ぎな経験ありますか?

Aベストアンサー

躁鬱の本人で、現在は寛解(適切な治療により落ち着いている状態)です。

躁の時の特徴として、たしかに過剰に騒ぐ(大声で騒ぐ、という意味ではなく、ことを大きくする)のはあると思います。
そういう意味で、訴訟を起こそうとする人もいるかもしれません。

被害者意識、は、私の場合はそうでもありませんでしたが、
自分(私)を諭そう、正そう、直そう、とする相手には、かなりカチンと来ました。被害者的に「ひどい…」と思うのではなく、「なにおーーー」みたいな。

他にも、躁の時の特徴はいくつかあります。
寛解になると、ほとんどが消えます。
躁鬱の方と接するのでしたら、接する方もとても大変なはずですが、病気の特徴を理解して接すると、少しは違うと思います。
加藤忠史ドクターの著書に入門的な本もたくさんありますので、よろしければ読んでみてください。

QDV加害者

DVをどう思いますか?
モラハラも含むらしいのですがどうなんでしょう?
DV加害者を更生することは可能ですか?


※質問者は無関係です。

Aベストアンサー

DVは人間のすることでは無いと思います。

DV加害者を更生することは不可能でしょうね。
もうそれが、自分の体の一部のような存在になってしまっているので、本人には悪意が無く、無意識のような状態でやっているのではないでしょうか。人間ではなく、獣ですね。

Q明日、受験あります。 高2からパニック障害になってから、勉強よりも、 パニック発作が起こるんじゃない

明日、受験あります。
高2からパニック障害になってから、勉強よりも、
パニック発作が起こるんじゃないかと、不安に思っていました。
親は人の気持ちが分からない、ところがあるので、分かってもらえません。
この受験に合格すれば、親から離れられるというと思うと
とても緊張します。

Aベストアンサー

オリンピックや相撲、野球選手のインタビューを聞いて、失敗が許されない勝負に挑む心意気に、感動することがあります。
その中で、「とにかく練習します。練習中に出来たことなら出来るはずだと自信がつくまで繰り返します」と言う言葉が私には一番心に響きました。
今、自分に出来る精一杯で望んでください。
練習中に出来たことなら、きっと大丈夫です!
がんばれー!

QDV加害者、別居中の男です。

 結婚して9年目の男30歳です。子供は8歳、4歳共に女の子です。
別居して1ヶ月が経ちます。
その原因は自分のDVにあると理解しているつもりです。
2週間程前にふとしたきっかけで自分はDVの加害者(犯罪者)だということに気がつき、被害者の心理、加害者の更生についての書物を読みあさり勉強しました(現在も)
 妻は近くの実家に住んでいて、2回程あって話をしました。話の中で
お互いに離婚という言葉は出てこない状況ですが、少し冷却期間をおいたところで修復しても、またある一定のサイクルで喧嘩になり手がでるのではないか、信用できないので戻れないといっています。DVを勉強
した今、言っている事が理解でき私のほうから事態を好転させようということはあまり考えていません。
 DVの加害者が更生する確立は限りなくゼロに近いそうで、自分の人生にはこの先光が見えません。 それでも東京の加害者プログラムを調べて、これなら少しは救いがあるのではと思いました。
 ですが、仕事面(管理職)、東京まで移動距離400km、週1回最低1年間のプログラム、経済面から考えて、なかなか踏み切れません。
仕事をやめて、近いところに引越し(もちろん単身)するか、このまま
ただ反省する日々を送るか、悩んでいます。
どちらにしても妻、子供は愛してますが、取り戻そうと躍起になっているわけではないと自分では思っています。
 アドバイスをいただけますでしょうか。お願いいたします。

 結婚して9年目の男30歳です。子供は8歳、4歳共に女の子です。
別居して1ヶ月が経ちます。
その原因は自分のDVにあると理解しているつもりです。
2週間程前にふとしたきっかけで自分はDVの加害者(犯罪者)だということに気がつき、被害者の心理、加害者の更生についての書物を読みあさり勉強しました(現在も)
 妻は近くの実家に住んでいて、2回程あって話をしました。話の中で
お互いに離婚という言葉は出てこない状況ですが、少し冷却期間をおいたところで修復しても、またある一定のサイクルで喧...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは。私は障害児と一緒の仕事をしている男性です。里親をやっていたり、子どもと子どもの育ちについて、関心をもち学んでいます。妻の実父は、連れ合い(妻の母)にはDV、実の娘になる私の妻には殴る蹴るの身体的虐待と性虐待(近親姦)をしました。
 『09071021』さんは、すでに勉強されたかと思いますが、DVは加害者自身の生育に問題・課題をかかえているケースがほとんどです。
『09071021』さんが本当に不可能に近い更正に取り組もうとされるなら、相手から了承が得られるまでは決して近づこうとされないことです。また、自分の更正と、これからの奥さん子どもたちとの生活の問題は別けて考えるべきだろうと思います。

 今のまま、一人で生きていかれるか、別の方と再婚されるか、あるいは奥さんと再び生活するか、いづれを歩むにしても、あなたはご自分の『DV加害体質』と向き合わなければ、生きていけないのではないですか?
だとすると、転職してでも、そのことに向き合われることが、これからをよく生きることにつながるだろうと、私は思います。

 あなたは、「いえ、あなたの奥さんのおとうさんのように、子どもには手を出していません。」と言われるかもしれません。しかし、子どもにとっては、目の前で母親にDVを振るわれる、母親を苦しめられるということ自体が、虐待を受けていることなのです。
『子どものトラウマ(講談社現代新書)西澤哲著 756円』という本をお勧めします。他人事ではなく、ご自身のトラウマに向き合う覚悟でお読みください。




 

 こんばんは。私は障害児と一緒の仕事をしている男性です。里親をやっていたり、子どもと子どもの育ちについて、関心をもち学んでいます。妻の実父は、連れ合い(妻の母)にはDV、実の娘になる私の妻には殴る蹴るの身体的虐待と性虐待(近親姦)をしました。
 『09071021』さんは、すでに勉強されたかと思いますが、DVは加害者自身の生育に問題・課題をかかえているケースがほとんどです。
『09071021』さんが本当に不可能に近い更正に取り組もうとされるなら、相手から了承が得られるまでは決して近づこうと...続きを読む

Qパニック障害です。体育の授業にものすごく恐怖心があり、体育の授業に行くだけで発作が起こります。吐き気

パニック障害です。体育の授業にものすごく恐怖心があり、体育の授業に行くだけで発作が起こります。吐き気が止まらず、唾が大量に出てきます。薬は飲んでいますが、体育では効きません。こらから先生と相談して見学ばかりすると思いますが、いつかは治さなければなりません。どうしたら治るでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして。当方もパニック障害で四年前から治療中です。前の方が言われた通りパニック障害は発作を起こす原因を突き止めなければなりません。お薬を服用されていらっしゃる様ですから病院へ通院されておられますよね?Dr.にどんな時にパニック発作が起こるのかどんな症状が出るのかありのまま話してみましょう。パニック障害はナカナカ治りませんが一緒に頑張りましょうね。絶対に克服しようね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報