【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

7月にドイツ、スイス、フランスのツアー旅行に参加します。
そこで経験者の方にお聞きしたいのですが、服装や持ち物はどんな感じでしたか?
スイスでは少しハイキングがあるのでスニーカーは必要だと思っているのですが、他の町ではどのような靴が良いのか迷っています。
スニーカー一足(おしゃれスニーカーではなくランニングシューズ)だと当然服装もジーンズとTシャツなど、上着はパーカーやネルシャツなどのスポーティーな感じになってしまいそうなのですが、せっかくパリなどの町歩きをするのにちょっと雰囲気が出ない気がします。
日本の夏ではほとんどサンダルやミュールなのですが、ヨーロッパで素足では寒いのか、また歩きにくいのでしょうか?
あまり荷物も増やしたくないですし、今から買って慣れないのも嫌なので既存のものでと思っています。
スニーカーともう一足、
(1)後ろストラップの2WAYタイプの楽なサンダル(素足)
(2)かかと部分のないヒールのある靴(パンツをはくと前から革靴のようにみえるもので靴下は履ける。着脱は楽)
(3)ストラップのあるバレエシューズのようなローヒール(パンプス用の靴下?しかはけないためあまり歩くと痛くなる)
どれがましでしょうか?

帽子もあったほうが良いとされてますが、それは普通の綿のハットかニット帽のほうが良いか迷っています。(個人的には秋~春はニット帽をよくかぶっています)
また皆さんがどのような服装、靴、持ち物で行かれたかぜひ教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちは、何度かヨーロッパに行っているので一部体験談で。



夏のヨーロッパって意外に暑いですよ。9月に行った時でも半そででも暑い日がありましたから。特に今年のドイツは現地在住の友達によると既にかなり暑いとのことですので、寒さ対策は、念のためはおるものを用意しておけば良いかと思います。ただ、確かに雨や曇りの日に急に寒いということもありますので、月並みですが重ね着できて脱ぎきしやすい恰好がいいと思います。もちろん山間部などはこの限りではありませんので、心配ならネットなどで現地の平均気温か現在気温を確認なさるのを一つの方法かと思います。

帽子は日よけも兼ねて綿のハットが良いと思います。No1の方と意見が相反して申し訳ありませんが、日傘はやめた方がいいと思います。もちろん雨用の折りたたみの傘はあった方がいいと思うのですが、あちらでは日傘をさすのは一般的でないんじゃないかと・・・。一度ツアーで、イタリアに行った時、同じツアーの方が数人日傘をさしていて、他の国の人々に”なぜ、雨が降っていないのに?”と指をさされたり、実際質問もされましたから・・・。地域によって違ってたら申し訳ないですが、他の国に行った時にも見た記憶はありません。
ただ日差しが強いのは事実ですので、綿のハット、日焼け止め、サングラス、があればよいかと。

靴についてはこれは個人差が多いと思うのですが、アドバイスできるとすればヨーロッパの街は歩道がほとんど石畳だと思った方がいいということですね。どの靴が一番、長時間石畳を自分は歩きやすいか??それを考えてみると答えが出るかなと思います。
”これがいいです”と言いきれなくてすみません。

荷物はまあ、割と何でも買えちゃうので、雑貨的なものは最低限のものでいいと思います。服装はちょっとしたレストランで食事を・・・と考えているならば、しわにならないようなワンピースを一枚持っていくといいと思います。ヨーロッパだと着替えてディナーが普通なので。ドレスコードがあるところもありますから、すでに行きたいお店が決まっているなら、一応、確認しておいた方がいいと思います。(ツアーならあらかじめ決まっているんですかね?)

あまり回答になっていませんが、1か所でも参考になれば幸いです。
良い旅行になるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
帰国後振り返ってみてもとても的を得たアドバイスであったと思います。
日傘に関してはハットorストールで代用できました。(ツアーだと時間がない上写真を撮るときなどに邪魔と言う理由も)

お礼日時:2009/08/04 13:12

ヨーロッパ在です。


もうご出発されてしまったかもしれませんが…

気候は、変化が激しく30℃以上の夏日の翌日は雨で、20℃くらいに落ちたり、朝晩は冷えることもありますのでカーデガンやストールなど調整できるモノは必須です。最近は結構寒いです。ネットで天気予報チェックして下さい。
靴ですが、生活してる者としてはハイヒールは普段敬遠します。石畳にはまり歩きにくいのもありますが、すぐにヒールの底が壊れて靴が勿体なので(笑)
疲れるかどうかはツアーでどれだけ「歩く」時間(徒歩観光、自由時間)があるかによると思いますよ。普通、あんまりないですよね。
ただし、疲れてしまったらせっかくの旅が台無しなので個人的には歩きやすい靴の方がいいとは思いますが、服装が自分の気に入らないと気分に影響しますし、写真も残るので、あまり歩く日程でない日はサンダルで好きな格好すればいいんじゃないですか?ただし3)のような痛くなるのはやめた方がいいと思います。あと私は冷え性ですが、昼間は素足で問題ありません。
ちなみに現地人は皆が思うほどお洒落でもありません。スニーカー、多いです。

夏にニット帽は、残念ながら現地人から「?」の目で見られると思います。それに帽子をかぶっているとすぐ日本人だとわかります。どうして、みんな判を押したように海外でだけ帽子かぶるんんだろう、と不思議だったのですがそうやって旅行会社がアドバイスするからですね。普段日本でかぶってないのなら、ハイキング以外では別にいらないんじゃないかと思いますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

現地からのご回答ありがとうございました。
確かに海外での日本人の服装と言うのはわかりやすいですねー。
しかし最近は国内でも大変日差しが強く、各地での熱中症が毎日のように話題にのぼり、お出かけの際の帽子は必需品となりつつあります。
現地の方は直射日光にも動じることなく頭&肌を露出できて強いなあと思います。(そのかわり日本人はサングラスいらずで目が強いかもしれませんね)

お礼日時:2009/08/04 13:29

今、パリにおります。

日差しが強くて日焼けしてしまいましたが、寒い日も多いです(今年は異常に雨が多く「体調不良者が続出している」と、どこに行っても聞きます)。
晴れると暑いけれど、雨になると一気に気温が下がります。夜は冷蔵庫なみの寒さ。
私は昨日も一日中、冬用肌着を着ていました。
miu2008さんが寒がりなら、冬物を一着持ってこられたほうがいいですよ。

「現地の人がノースリーブだから自分もノースリーブ」という考えは×です。無理して寒い格好をすると、病気になりますよ。
こっちでは、寒い国出身はノースリーブ・暑い国出身は長袖かと、服装で出身地域をうかがっております。

先日、スイス横断しましたが、本当に雨の多い国だなと思いました。100円均一のレインポンチョがあればいいと思います。

>(1)後ろストラップの2WAYタイプの楽なサンダル
>(2)かかと部分のないヒールのある靴
このどちらかが良いと思います。あとは、どちらが持っていく服装に合わせやすいかかと。

帽子は、ニット帽だと暑いと思います。日よけになる綿ハットが良いですよ。

日傘に関してですが、普通の通りで持っている人は見たことがないのですが、観光船では見たことがあります。屋根なしの観光船だと、直射日光の下で30分以上座っていなければならないので、流石にここでは傘(日傘?)をさしている人を見ました。

手がとても乾燥するので、ハンドクリームを持ってくれば良かったと後悔しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現地からのご回答ありがとうございました。
幸い私たちが行った時は24度ぐらいと絶妙。数日前は30度越え、数日後からは20度切るかもとのことでした。
異常気象ですね。
日除けにはハットorストールで十分で、靴は結局ローヒールのものが一番ラクだと思いました。

お礼日時:2009/08/04 12:52

すみません、間違えました。



>良いご良好を。

ご旅行です、もちろん。
良好ならいいですけどね(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おかげさまで良好となりました(笑)

お礼日時:2009/08/04 12:36

買うつもりはないとのことですが、考え方のご参考までに。


「欧米旅行で歩きやすくレストランにも入れる靴」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4547654.html

6月(もう夏です)のヨーロッパ旅行経験はありますが、ロンドン、ヘルシンキ、バルセロナなどです。
都会ばっかりですね。
仮に日本人には涼しいとしても、現地の女子たちはタンクトップだのキャミソールだの着ています。
と思うと隣の人は上着を着ていたりして、けっこう滅茶苦茶です(笑)
白人さんたちは体感温度(あるいは体温)が違うようなので、私はあまり彼らの服装を信用しておりません。

時間帯では変えるほうがベターみたいですけど。
ディナーは行くお店次第では、少しお洒落するとか。
カジュアルな服装でOKのお店もたくさんありますけどね。

ヨーロッパも広くて、地域により気候が異なります。
脱ぎ着して調節できる服装が良いと思います。

良いご良好を。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
サイトからいろんな情報が広がりましたので今後の参考にさせていただきたいと思います。
現地の方の体感温度、ほんと不思議ですよね~(^_^.)

お礼日時:2009/08/04 12:34

No1です。


 靴についてが抜けていました。よく石畳が・・・、と言われますが、私は気になりませんでした。石畳をジョギングしたり、マラソンに出場するわけじゃないので、気にせず普段のサンダル。ストラップありで通しました。ヒールの高さは5センチ位。ただし、ピンヒールはキツイかなあと思って、かかとはそこそこしっかりしたヒール。牛皮の普段履いているサンダルです。
 観光用に馬車が街中を走らせているところもあります。石畳云々もですが、それなりに“落し物”もあったかな~。って感じです。馬にも生理現象はあるんですよね。当たり前ですが。
 もし、気にされるのでしたら、やっぱりぺったんこの靴はNGかも。
そこそこヒールがある靴も良いですよ。

 では、楽しんできてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度ご回答ありがとうございました。
石畳は細いヒールは単に疲れると言うだけでなく溝にはまってしまったりひっかかったりしやすいからNGということがよくわかりました。
お城周辺はスニーカーが重宝しました。

お礼日時:2009/08/04 12:29

昨年7月にオーストリア&ドイツに行っていました。

一部だけの回答になりますが。
 日本の酷暑の服装は度外視して普段の夏のカジュアルスタイルでOKではないでしょうか。<ヨーロッパでの素足は寒い>との書き込みですが、朝食後日没までで、街中でこのような経験はありません。高山鉄道とかは別ですよ。ウィーンでは市内の中央公園などで、トップレスの女性がひなたぼっこしているのが普通ですから、御想像下さい。寒いはずは無いですよ(日本人の感覚として)
 持ち物としては、折りたたみの日傘(晴雨兼用をもって行きました)はお持ちになると良いと思いますよ。、まあ、コレについては日本で日傘を差さずに颯爽と歩かれているなら不要でしょう。
 私は、荷物は少なく軽く!というのがモットーですので、帽子は持っていきませんでした。日本でもかぶりませんから。日傘に帽子も持っていかれるならどうぞ。
 
 普段の日本の生活で使っている物で十分だと思いますけど・・・。どちらにお住まいかわかりませんが、普段の生活のスタイルか、せいぜいプラス一枚羽織る程度を御想像されればOKだと思います。まさか、真冬のアラスカやシベリアじゃないしね。
 経験談より。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。
スイス以外は夏の服装+日除けも兼ねてストールで十分でした。(かといってやはりノースリーブと言うほどではなく現地の方との肌感覚の違いを感じました)
晴雨兼用傘は雨の時に合羽との兼用で使用しました。

お礼日時:2009/08/04 12:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q8月のヨーロッパ旅行の服装

8月に、ヨーロッパ周遊旅行を計画しています。訪れる場所は、

フランス:パリ、モンサンミシェル
ベルギー:ブリュッセル、ブルージュ
オランダ:アムステルダム
ドイツ:フランクフルト、ロマンチック街道
スイス
イタリア:ベニス、フィレンツェ、ローマ、カプリ

上記全てを訪れるかはわかりませんが、上記のフランス、パリと
ドイツロマンチック街道、そしてスイスは絶対に行くつもりです。
そこでいくつか質問があります。

1.持っていく服は、日本の夏服と同じもので良いのでしょうか?
イタリアは暑いと聞きましたが、スイスは寒そうな気もします。
それから、こういう服装がオススメというのがあればそれも教えてください。

2.靴はどういうものが良いのでしょうか?私は夏はサンダルばかり履いてますが、
サンダルじゃおかしいですか?沢山歩くだろうし、スニーカーですか?

3.出歩く時に持つ鞄はどんなものが良いですか?
やはりショルダーバックがオススメですか?オススメの大きさも教えてください。

ちなみに、私は20代の女性です。宜しくお願いします。

8月に、ヨーロッパ周遊旅行を計画しています。訪れる場所は、

フランス:パリ、モンサンミシェル
ベルギー:ブリュッセル、ブルージュ
オランダ:アムステルダム
ドイツ:フランクフルト、ロマンチック街道
スイス
イタリア:ベニス、フィレンツェ、ローマ、カプリ

上記全てを訪れるかはわかりませんが、上記のフランス、パリと
ドイツロマンチック街道、そしてスイスは絶対に行くつもりです。
そこでいくつか質問があります。

1.持っていく服は、日本の夏服と同じもので良いのでしょうか?
イ...続きを読む

Aベストアンサー

まず気候です。
基本は日本の夏服で良いと思います。
が、このところヨーロッパは天候不順で、5月に猛暑の日があったり、8月に寒波があったりすることがめずらしくありません。
またヨーロッパの夏は、暑くても湿度が低い事が多く、日陰や朝晩と、日中の気温差が激しいのも特徴です。
夏服+長袖1枚位、上に羽織れる物でしょう。
スイスだから涼しい、イタリアだから暑いというわけでもありません(平均値を見ると当然そうなりますが、ピンポイントで見るとお天気などにも因りますので)

履物は履きなれたものであればサンダルでも構わないと思います。が、スイスでハイキングなどを計画されている様であればスニーカーが望ましいですし、お天気が崩れた時のことも考えると、やはりスニーカーが便利です。
足元は常に石畳。それも数百年ものもありのでこぼこです(笑)
ちなみに私はスニーカーとビーチサンダルです。ビーチサンダルはあまり荷物にもなりませんし、ホテルの室内でスリッパ代わりに使用できます。あまりキレイでないバスルームだったらビーサンでそのまま使えますし、ホテル内をうろつく程度でしたら履き替えも不要です。

バッグは斜めがけが出来て、入り口がファスナーのショルダーバッグ、お腹などに巻ける貴重品入れです。
個人旅行では貴重品の管理がポイントになります。イタリアの様な国に行かれるのであれば、団体旅行でもコレをお勧めしています。
斜めにかけているショルダーバッグでも、人ごみでカバン本体をばっさり切られたり、後から来た人にショルダー部分を切られたら終わりです。(スリはプロどころか芸術家です。他国からの出稼ぎ組みも多いですが、いずれにしても信じられない手際の良さです。)

その他の諸注意
尚、美術館などはリュックサックの持込が出来ない所が多いです。
教会などはノースリーブ、破れたジーンズ、ミニスカート(膝より上)は入場が規制されることが多いです(特にイタリアなど)
紫外線が強いです。サングラス、帽子、日焼け止めなどをお忘れなく。
ドイツ・スイスなどは冷房のない施設も多いので、覚悟も必要です(笑)

その他何か気になる点がありましたら補足して下さい。

まず気候です。
基本は日本の夏服で良いと思います。
が、このところヨーロッパは天候不順で、5月に猛暑の日があったり、8月に寒波があったりすることがめずらしくありません。
またヨーロッパの夏は、暑くても湿度が低い事が多く、日陰や朝晩と、日中の気温差が激しいのも特徴です。
夏服+長袖1枚位、上に羽織れる物でしょう。
スイスだから涼しい、イタリアだから暑いというわけでもありません(平均値を見ると当然そうなりますが、ピンポイントで見るとお天気などにも因りますので)

履物は履きな...続きを読む

Q欧米旅行で歩きやすくレストランにも入れる靴

年に1、2度夫婦で海外に旅行をしている29歳女です。

旅行は主に欧米で個人旅行なので、自分達で地図を見ながら歩いたりする移動が殆どです。
沢山歩くので歩きやすい靴を履いて行きますが歩きやすい=スニーカーしか、わからず
毎回スニーカーです。
朝、ホテルを出てから日が沈むまでほぼ歩いています。
なので少々綺麗で高級そうなお店のランチをしたいときや
素敵なお店に入るときには勇気を出さないと入れません。
服装のことばかり気にしていたら素敵なお店には入れないので
極力気をつかった格好と他の靴を持参していって入ったりもしますが
旅してるとき、いつも靴を持ってるのも相当荷物になるので
困っています。
何か良い靴があれば教えていただきたいのです!
オシャレで歩くのに疲れない靴ってありますか?
少し高くてもメーカーや値段など教えていただきたいです。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

スニーカーよりも、踵が低く底がゴム製で革素材のローファーやパンプスタイプが、レストランとかでも比較的入りやすく汚れても表革ならばサッと拭けて良いと思います。

値段は少ししますが、トッズのローファーやスポーツタイプならば、お洒落で歩きやすいです。
http://www.tods.com/home.html#region=eu&lang=en&area=2
もう少しリーズナブルならば、コールハーン。底がナイキのエアー素材だったりするので歩きやすいです。どちらも、デパート等で取り扱いがあるので探しやすいと思います。

どうせ石畳で痛むので、そこそこの値段で良いならばセダークレスト。
http://www.cedarcrest.jp/cc/ladies/index.htm
ハッシュパピーも歩きやすいです。私は結構好きです。
http://www.hushpuppies.co.jp/lady_sports01_index.html
http://www.hushpuppies.co.jp/lady_contemporary01_index.html

あとは、ニューバランスやプーマーもパンプスタイプも良いと思います。コチラは、マルイとかで良く取り扱ってますね。

スニーカーよりも、踵が低く底がゴム製で革素材のローファーやパンプスタイプが、レストランとかでも比較的入りやすく汚れても表革ならばサッと拭けて良いと思います。

値段は少ししますが、トッズのローファーやスポーツタイプならば、お洒落で歩きやすいです。
http://www.tods.com/home.html#region=eu&lang=en&area=2
もう少しリーズナブルならば、コールハーン。底がナイキのエアー素材だったりするので歩きやすいです。どちらも、デパート等で取り扱いがあるので探しやすいと思います。

どうせ石畳...続きを読む

Q夏のヨーロッパ旅行の靴

夏にヨーロッパ旅行をする予定です。
旅行する際に使用する靴を探しているのですが、どこの靴がいいのかわからないのでアドバイスをお願いします。
履き慣れた靴がいいとは思ったのですが、普段はヒールの高いくつかペタンコのフラットシューズを履いているので、石畳を歩くのはしんどいかなと、思います。(ネットで、クッション性のある底が分厚い靴がいいと書いてあったので)
また、普段フラットシューズを履いて何時間も歩き続けると踵の方から足が痛くなるので、フラットシューズ以外の靴を考えています。
今から買って履きならそうと考えているのですが、2、3センチくらいのサンダルにしろ、スニーカーにしろたくさん種類があるので迷っています。どこのメーカーがオススメでしょうか。
ちなみに年齢は20代半ばです。出来れば1万前後または1万以下の靴をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、
私も去年ヨーロッパに行くときにとっても悩みました。
確かに、スニーカーに勝るものはないです。基本的に、ある程度の値段、メーカー品のスポーツ用のものであれば性能的にはそんなに大きくはかわりません。ただし、メーカーによって幅の広め,せまめ、サイズも大きめ小さめあるので必ず試しばきは必要です。

とはいえ、スニーカーだと着る服が限定されてしまうのも確か。私の場合、おしゃれしたいってわけじゃないけど、ワンピースなんかにも合わせられるといいなって。あと、スニーカーだとやはり靴下はきたいし(素足もいいけどガシガシ歩くと蒸れそう)、夏ならサンダル、というわけで選考からはずれました。

そんな中でいくつかあった候補のひとつがポルトガルの健康シューズ「アルペディコ」
http://www.arcopedico.jp/
もとが石畳の多いポルトガルの道を快適に歩くってことがコンセプトのメーカーです。
履いた感じもソフトでヒールの高さもちょうどよく、すごく気に入ったのですが残念ながら私の足がちいさすぎてサイズがなく断念。デザインによって履き心地も違うのでいろいろ試してみるといいかと。

あと、夏向けということではずして語れないのがいわゆる「スポーツサンダル」。「TEVA」はおすすめです。スポーツサンダルを世に出したメーカーですので、その質とバリエーションは他メーカーをリード。ソールがスニーカー仕様なので履き心地は間違いないのですが、それよりも女性らしいラインのスポーツサンダルがそろっていること。ただし、ためためし履きできる店が限定されるのがネックです。
まあ、ベルクロでかなりの部分調整がききますからレギュラータイプなら、口コミなどを参考にされるとさほど失敗はなさそうですが。

私も結局こちらの商品を買いました。アッパーベルトの細いレディースラインでしたので、見た目はかなり普通のサンダルながら、かなりの距離歩いても問題なしでした。(こちらのレディースラインの甲のサイズがFIXしているものは甲薄の人むけのような気がします。
デザインがなけれなば、私もそうでしたがアメリカアマゾンのサイトもチェックしてみるといいかも。タイミングがよければ送料いれてもかなり安く買えますよ。
http://jp.teva.com/pc/item/?gendId=f
http://astore.amazon.co.jp/teva-sandals-22

こんにちは、
私も去年ヨーロッパに行くときにとっても悩みました。
確かに、スニーカーに勝るものはないです。基本的に、ある程度の値段、メーカー品のスポーツ用のものであれば性能的にはそんなに大きくはかわりません。ただし、メーカーによって幅の広め,せまめ、サイズも大きめ小さめあるので必ず試しばきは必要です。

とはいえ、スニーカーだと着る服が限定されてしまうのも確か。私の場合、おしゃれしたいってわけじゃないけど、ワンピースなんかにも合わせられるといいなって。あと、スニーカーだとやは...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qイタリア旅行:服装や注意事項について

新婚旅行でイタリア(ミラノ・ベニス・フィレンツェ・カプリ島・ローマ)へ行きます。(8/25~10日間)

私はTシャツまたは半袖シャツ+ジーンズ+スニーカーのスタイルメインで行こうかと思っており,妻はまだ未定です。

教会・寺院の観光がかなり多めですので服装が気になっています。「肌が露出してはいけない」とありますが,半袖のシャツや,短パン,スカートなどでもNGなのでしょうか?

また妻はTシャツやジーンズを持っていないので,かなり心配です。(スカートや花柄のワンピースばかりです。)

自由時間にはブランドショップにも行ってみたいので,Tシャツ+ジーンズ+スニーカーだけ用意するのもマズイかな?とも思っておりますが,なるべく荷物は増やしたくないという気持ちもあります。

夕食も普通のレストランに行く予定ですが,色々調べると,夕食時には着替えるという文化?があるとかで,せめて襟付きのシャツやポロシャツにスラックスなど,ジーンズ以外の服装も用意した方がいいというアドバイスもありました。

一番の心配は,妻の服装で,あまり派手な格好で,スリなどに狙われるのも嫌ですし,男性の私が色々調べても良く分からないのが現状です。

また,スリ対策として貴重品は首掛けのポケットをぶら下げ,カメラやガイドブックは,小さなショルダーバッグをタスキ掛けにして行こうかと思っております。
何か他に注意した方が良いことや,お勧めのグッツがありましたらアドバイスお願い致します。

乱文にて分かりにくいかと思いますが,どうかよろしくお願いします。

新婚旅行でイタリア(ミラノ・ベニス・フィレンツェ・カプリ島・ローマ)へ行きます。(8/25~10日間)

私はTシャツまたは半袖シャツ+ジーンズ+スニーカーのスタイルメインで行こうかと思っており,妻はまだ未定です。

教会・寺院の観光がかなり多めですので服装が気になっています。「肌が露出してはいけない」とありますが,半袖のシャツや,短パン,スカートなどでもNGなのでしょうか?

また妻はTシャツやジーンズを持っていないので,かなり心配です。(スカートや花柄のワンピースばかりです。)

...続きを読む

Aベストアンサー

ご結婚おめでとうございます。
新婚旅行楽しんでください。

で、イタリアですが、この時期とにかく暑いです!!!
靴底の厚いものを用意されることをお勧めします。
なにしろ石畳(とか)ばかりの国。一日歩き回っているうちに足裏が暑くなってスニーカーを買ったことがあります。
青の洞窟では他の方が書かれているように、入口前で小さなボートに乗り移るので、このときはスカートだとちょっと不便だと思います。
観光立国イタリアには欧米諸国他とにかくツーリストが多く、他の国の人達はかなりラフな格好をされていますね。
T シャツ+ジーンズ、短パンはまわり多くの人の格好なので特に問題は無いと思います。

サングラスはあったほうがいいですよ!

それと外はとても暑くても女性は羽織モノを持っていったほうがいいと思います。冷房の聞いた室内(レストランやバス)に長くいると冷えてきますし、教会に入る為にも。

私はカジュアルな布トートひとつでふらふら歩き回っていましたが、肩からバッグを提げ簡単にはすれない状態にしているので一度も危険にあった事はありません。
気持ちさえ引き締めていれば大丈夫ですよ。

スカートでも派手な格好でもたいてい問題ないと思いますが、とにかく靴は歩きやすいもので底の厚いものをお勧めします。

いってらっしゃ~い。

ご結婚おめでとうございます。
新婚旅行楽しんでください。

で、イタリアですが、この時期とにかく暑いです!!!
靴底の厚いものを用意されることをお勧めします。
なにしろ石畳(とか)ばかりの国。一日歩き回っているうちに足裏が暑くなってスニーカーを買ったことがあります。
青の洞窟では他の方が書かれているように、入口前で小さなボートに乗り移るので、このときはスカートだとちょっと不便だと思います。
観光立国イタリアには欧米諸国他とにかくツーリストが多く、他の国の人達はかなりラフな...続きを読む

Qイタリアに8日間、いくらユーロに替えるか…

今週末から、イタリアの8日間ツアーに参加します。

質問なのですが、イタリア8日間ツアーだと、いくらくらい日本円をユーロに替えるのが妥当なのでしょうか?

ちなみに食事はツアーについています。買い物はブランド品などを買う予定はありませんが、バイト先や友人にお土産を買います。どんな物をお土産にすれば無難でしょうか?

Aベストアンサー

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチップ制のところもありますが、お金を入れないとゲートが開かないトイレも多く、常に1ユーロまたは2ユーロコインを携帯しておいたほうがよいです。コインであればトイレ内の両替機でセントに両替できます(ツアーならばコンダクターの方が両替してくれるかな)。

ということで、お小遣いで現金1日あたり10ユーロ程度あればよいかと。
このほかに露天のお土産を買うならば現金が必要ですが、それでも+20程度あればOKでしょう。総じて露天は値段高めの設定なので、私ならば露天でバラマキ系のお土産は買いません。あくまで自分用に、ちょっとしたお気に入りを買うという前提です。
よって、かなり多く見積もって、現金で1日30程度。私個人ならば10で十分だろうと思います。
ショップではカードが使えるので現金は必要ありません。ツアーで行く店ならば、目の前の端末で清算してくれるでしょうから、さほど神経質になる必要は無いでしょう。仲のよい友達等にすこし高めのお土産を差し上げるのであれば、必然的にショップを利用することになると思います。バラ撒き系のお土産は空港の免税点でチョコレートやクッキーが妥当かなぁと思われます(かなり冷めた意見でアレですが)。
私にはセンスが無いのでお勧めは難しいのですが、フィレンツェ IL BUSSETTO のコインケースは今でもお気に入りです。現地価格で35ユーロですが、日本で購入すると1万円程度します。仲のよいお友達ならば惜しくない買い物だと思います。

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチッ...続きを読む

Qスーツケースの大きさ。ヨーロッパに72センチはでかすぎ?

今現在もっているスーツケース。
・72センチより一回り小さいハードのスーツケース
・↑よりもういっこ小さいハードケース
・安い素材のもっとちいさなやつ(モノコムサ)

姉のものなど総合してこれだけもっているのですが、
72センチは持っていません。

今度の旅行でロンドンベルギードイツフランスと
5泊7日で旅行に行くのですが、72センチのスーツケースは妥当ですよね?
新たに購入しようと思うのですが、母が反対してます。ヨーロッパは確かに階段が多いし、持ち運びも大変だろうからと…。

ちなみにいっしょにいく友人は、
ナイロン素材?の安いスーツケースの72センチをもっていくそうです。それ+大きなトートバックももっていくそうです。

私は女性で22歳で、それなりにブランド物も一つくらい欲しいし、なにより雑貨が大好きなのでおみやげは多いと思います。

ヨーロッパに旅行された方、スーツケースがでかすぎて後悔した。。なんてことはありますか?
また、スーツケースが重過ぎて、料金を撮られたりも心配です。

なお、旅慣れた相方ですので、増えた荷物は向こうの郵便局から日本に送ったりもしているそうです。。

よろしくお願いいたします。

今現在もっているスーツケース。
・72センチより一回り小さいハードのスーツケース
・↑よりもういっこ小さいハードケース
・安い素材のもっとちいさなやつ(モノコムサ)

姉のものなど総合してこれだけもっているのですが、
72センチは持っていません。

今度の旅行でロンドンベルギードイツフランスと
5泊7日で旅行に行くのですが、72センチのスーツケースは妥当ですよね?
新たに購入しようと思うのですが、母が反対してます。ヨーロッパは確かに階段が多いし、持ち運びも大変だろうからと…...続きを読む

Aベストアンサー

恐ろしいほどのハードスケジュールを組まれましたねー。
これじゃ半日は移動時間というような日もたくさん
ありそうですよね。
ま、決めちゃったものはしようがないとして・・・

スーツケースはなるべくなら小さめの物にしておく
ほうがいいですよ。
これだけ移動が多いと思ったよりもはるかに重労働に
なってきますので、ケースもナイロン素材の軽いもの
というのも正解です。加えてリュックがあると
なおいいと思います。貴重品は入れなくとも
リュックがあると後々増えてくる荷物なんかを入れて
移動するには楽です。両手がふさがることもないし
背中に負っているのでずいぶん楽だと思います。
わたしも10日間で3カ国(オランダ、ベルギー、ドイツ)
を移動した時に使いましたけど、これがあってとても重宝しましたね。
ちなみにソフトケースは60cm以内の物を使いました。
それでも石畳をゴロゴロ、トラムや列車の乗り降りに
だんだん重くなっていくケースを上げたり下ろしたりは
きつかったですね。同行者が夫だったのでずいぶん
助けてくれましたが、女性のみならなるべく荷物は
少なくを強くお勧めします。

それと他の方も同じことを書いてくれていますが
列車で移動する分には超過料金などの心配はないんですけど
ライアンエアー、など格安エアーはどんな荷物ひとつ
からでも預け荷物に対して料金を取るようになりましたし
重さによっても料金が違ってくるので飛行機で移動
するのでしたら十分考慮したほうがよさそうですよ。

あとは持って行く荷物自体を減らすこと。
下着類は旅行日数の半分にして、夜お風呂の時に
手洗いして室内に干しておく。
こうすると夏場でも冬場でも乾燥が厳しい場所なので
一晩で乾きます。洋服も着まわせる物を厳選して
持って行く。化粧品類は試供品などがあればそれを
中心に持って行くなどすれば荷物が減らせますし
かばんが小さくてもお土産を入れるスペースは確保
できるようになります。
確かに現地から郵便で日本へも送れますけど
そんなに安い料金ではありませんし、安い船便となると
1ヶ月くらいかかってしまうことも少なくはないです。

どうぞもう少し工夫なさってみてください。
快適な楽しいご旅行になりますように☆

恐ろしいほどのハードスケジュールを組まれましたねー。
これじゃ半日は移動時間というような日もたくさん
ありそうですよね。
ま、決めちゃったものはしようがないとして・・・

スーツケースはなるべくなら小さめの物にしておく
ほうがいいですよ。
これだけ移動が多いと思ったよりもはるかに重労働に
なってきますので、ケースもナイロン素材の軽いもの
というのも正解です。加えてリュックがあると
なおいいと思います。貴重品は入れなくとも
リュックがあると後々増えてくる荷物なんかを入れて
...続きを読む

Qスイス旅行!お勧め・服装等アドバイスお願いします!

9月3日~9月10日にスイスへ観光旅行します!

しかし、
いろいろなガイドブックみても、今一この時期に適切な服装や、必要な装備、あと、おススメスポットなどがわかりませんでした・・・。
(書いてはあるのですが、スイスって、山登りやハイキング方面のことが書いてあるものばっかなので、あまりイメージがつきませんでした。)

なので!
・おススメの観光スポット
・この時期の服装(また、必要な装備)
・旅行で、注意すること

など! スイス旅行したことがある方!是非アドバイスお願いします!

ちなみに日程は

3日 18時 チューリッヒ着            チューリッヒ泊
4日     ルツェルンへ移動          ルツェルン泊
5日      グリンデルワルトへ移動      グリンデルワルト泊
6日           →ユングラヨッホ観光   グリンデルワルト泊
7日      ツェルマットへ移動         ツェルマット泊
8日      ジュネーブへ移動          ジュネーブ泊
9日 10時 ジュネーブ発             機内泊
10日     日本着

となります!
もう旅行まで日もないのですが、内容もほとんど決めれてなくて・・・。
時間とかは一切決まってません。
一応移動に使う鉄道とかは調べてあります。
(あ!でも、それについてもアドバイスあればお願いします!)

女二人の弾丸トラベルみたいな感じで、ツアーではないです。
また、ショッピング(ブランド物)に興味はないので、観光メインです。
世界遺産や、街並み、風景を楽しめれば! と思っています。

ショッピングはブランド物には興味ないのですが、お土産は買いたいので、面白いお店や、おススメがあれば、教えてください。

ちなみに、あまり買い物するつもりがないため、スイスフランは400フランしか両替してません。
ただ、鉄道でどれだけお金がかかるかわからないので、アドバイスあればお願いします。
スイスパスは手配済みですので、大丈夫です。

長くなってしまいましたが、どうぞよろしくお願いします。

9月3日~9月10日にスイスへ観光旅行します!

しかし、
いろいろなガイドブックみても、今一この時期に適切な服装や、必要な装備、あと、おススメスポットなどがわかりませんでした・・・。
(書いてはあるのですが、スイスって、山登りやハイキング方面のことが書いてあるものばっかなので、あまりイメージがつきませんでした。)

なので!
・おススメの観光スポット
・この時期の服装(また、必要な装備)
・旅行で、注意すること

など! スイス旅行したことがある方!是非アドバイスお願いします!

ち...続きを読む

Aベストアンサー

Jungfraujoch 駅 は、高山<標高 3454m、Grindelwald との 標高差 2400m>にあり、単純計算して Grindelwald より、気温は 15℃程度 低く、着いて展望台まで行くと、真冬です、<6月でしたが 1時間ほどは猛吹雪>
また Gornergrat も Jungfraujoch 程ではありませんが、<標高 3130m、Zermatt との 標高差 1500m>あります。

(1) おススメの観光スポット
 Zermatt 付近の展望台は、Gornergratではありません、
★ Gornergrat<ゴルナーグラート>展望台 3135m
 Zermatt から、地下を走るケーブルカー<スネガエクスプレス>で 3分。
http://www1.myswiss.jp/alps/09/zermatt/GGB/index.htm
★ Klein Matterhorn<クライン マッターホルン>展望台 3135m
 Zermatt から、徒歩 15分ほどの街外れにケーブルカー乗場。
http://www1.myswiss.jp/alps/09/zermatt/k_matterhorn.htm
★ Schwarzsee paradise<シュヴァルツゼー パラダイス>
 Zermatt から、高速<マッターホルン エクスプレス>で 12分。
http://www1.myswiss.jp/alps/09/zermatt/schwarzsee.htm

スイス政府観光局 Sites<ヴァレー地方 ツェルマット周辺>
http://www1.myswiss.jp/alps/09/zermatt/

(2) この時期の服装(また、必要な装備)
 長袖、重ね着、Windbreaker<or Anorak>はお持ちになったらと思います。

(3) 旅行で、注意すること
 Jungfraujoch <標高差 300m強>では、軽い高山病にかかり、気分を悪くされた方を見かけました。<My Wifeも>
Grindelwald等から標高差 2400mを、一気に上ったためと考えます。<Gornergrat では標高差 1500mのためか殆ど見かけない>
★ Jungfraujoch では、案内図に沿って救急休憩室へ行くと、15 CHF 程で、携帯酸素マスクが売られています。

Jungfraujoch 駅 は、高山<標高 3454m、Grindelwald との 標高差 2400m>にあり、単純計算して Grindelwald より、気温は 15℃程度 低く、着いて展望台まで行くと、真冬です、<6月でしたが 1時間ほどは猛吹雪>
また Gornergrat も Jungfraujoch 程ではありませんが、<標高 3130m、Zermatt との 標高差 1500m>あります。

(1) おススメの観光スポット
 Zermatt 付近の展望台は、Gornergratではありません、
★ Gornergrat<ゴルナーグラート>展望台 3135m
 Zermatt から、地下を走るケーブルカー<スネガ...続きを読む

Qドイツの真夏8月中旬の気候・気温はどうですか?

天気予報を見ると、8月中旬ミュンヘンの気温は22℃ぐらいでした。

日本と比べ、気温だけでいうとかなり涼しいといえますか?
実際、「やや涼しい」ということに備えて、長袖など必要でしょうか?

経験者様 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ドイツの近くに住んでいました。

日本と違って乾燥しているので、実際の気温より体感温度は低めです。
夕方から夜は冷え込み、日本の熱帯夜に慣れた人は肌寒く感じると思うので、厚手のカーデガンを1つ持っていると重宝します。

さらに、真夏の昼間でも、ものすごーーく寒くなる事があります。
8月中旬で晴れているにも関わらず、寒くて寒くて凍えそうになった事があり、慌てて近くのショップで革ジャンを買いました。

まあ、そこまで寒い事は滅多にないし、万一寒かったら3000円くらいの安物ジャンパーを現地で買えば良いですが。
真夏でもジャンパー売り場がありますし、道行く人も、真夏なのに黒の革ジャンを着ている人をよく見かけました。(下はタンクトップ、上は革ジャン、足はサンダルという格好でも浮きません。)

ある8月、暑がりの私は真夏の服装、寒がりの夫は真冬の格好で、写真を撮ったら、季節不明の写真ができあがりました(笑)

1日のうちでも晴れたり曇ったり小雨が降ったりと、天気が安定しない事も多いです。
今日は暑そうだからと半袖だけで出かけると、途中で「上着を持ってくれば良かった!」と後悔する事があるので注意。
もちろん猛暑で1日中暑い日もありますが。

暑いときには畳んでバッグにしまっても、型くずれしたり皺にならない素材のものが便利です。
防水加工してあり風を通さない軽いジャケットも良いですよ。小雨なら傘をささずにすみますので。

ドイツの近くに住んでいました。

日本と違って乾燥しているので、実際の気温より体感温度は低めです。
夕方から夜は冷え込み、日本の熱帯夜に慣れた人は肌寒く感じると思うので、厚手のカーデガンを1つ持っていると重宝します。

さらに、真夏の昼間でも、ものすごーーく寒くなる事があります。
8月中旬で晴れているにも関わらず、寒くて寒くて凍えそうになった事があり、慌てて近くのショップで革ジャンを買いました。

まあ、そこまで寒い事は滅多にないし、万一寒かったら3000円くらいの安物ジ...続きを読む

Qお洒落が大好きな女性の海外旅行時の服、靴、バッグ

よく海外では危険だからブランドバッグは持たず
カジュアルファッション&スニーカーで、なんて言います。
(現地で捨てても大丈夫な服で、なんていう人もいますね。)
逆にブランド品を買うなら、タクシーでのりつけて、買ったらタクシーでホテルに直帰しろとも。

でも、リムジンを一日借りきってお買い物クルーズなんていうのは無理でも、
日本でセレクトショップ巡りをするように、
旅先でも、街歩きしながら、メゾンブランド、最先端セレクトショップでのお買い物や
素敵なレストランでのランチを楽しんでいる、おしゃれ好きな女性も多いと思います。
よく海外の人は身なりに構わないなんて言うけれど、
観光名所は別として、おしゃれなエリアやショップの人はやっぱりおしゃれなので、
そういう所ではやっぱりお洒落したいなーと思ったりもします。
ファッションも大事な文化の1つ、なんていう都市もあったりしますし。

というわけでお洒落大好きな女性の皆様、
旅先ではどんな靴やバッグ、服を選んでますか?
また、お洒落と安全と実用の両立、どんな風に工夫されてますか?
使い勝手の良い靴やバッグ、重宝しているお洋服等、是非教えて下さい。

旅の話になると、お洒落を目の敵にする人がいますし、
そういった方々のご意見もよくわかるのですが、
今回は、どんな時でもお洒落を諦めきれない、
お洒落好きの方々のお話を是非聞きたいです。

よく海外では危険だからブランドバッグは持たず
カジュアルファッション&スニーカーで、なんて言います。
(現地で捨てても大丈夫な服で、なんていう人もいますね。)
逆にブランド品を買うなら、タクシーでのりつけて、買ったらタクシーでホテルに直帰しろとも。

でも、リムジンを一日借りきってお買い物クルーズなんていうのは無理でも、
日本でセレクトショップ巡りをするように、
旅先でも、街歩きしながら、メゾンブランド、最先端セレクトショップでのお買い物や
素敵なレストランでのランチを楽しんでい...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。#2です。

自分で読み返してみて、バッグについておかしな書き方をしているな~、
と思ったので再度失礼します。

それなりのレストラン等に行く予定がある時は、
街歩き用のバッグとは別に小さめのバッグ【も】持参しています。
その小さめのバッグだけでは、街歩きに必要な物が入らないので、
食事の前後の行動範囲は限られてくることもあるのが悩みどころです。

あと洋服や靴ですが、黒をメインにすることが多いです。
#2でも書いた黒いスリムパンツに黒いタートルニットを合わせて、靴も黒、
キレイな色柄のカジュアルではないチュニックやブラウスを合わせたり。
まあ、これも他の方から見たら【オシャレじゃない】でしょうけど、
荷物や旅行スタイルから考えると、私にとっては限界のオシャレですね。

それから、ニットやウールジャージーのワンピースも便利に使ってます。
具体的にはPLSTの半袖やノースリーブのワンピが活躍していますね。
1万円前後でシワにならない素材を使ったものが揃っています。
今シーズン買ったウールジャージーの半袖ワンピは一枚でも着られるし、
インナーにニットやカットソーを着てもいいですし、
上からカーディガンを羽織っても着られます。ストールでもいい。
また、レギンスを合わせても着られるので、本当に便利です。
興味がありましたらチェックしてみてください。

あと、他の方のご回答を拝見していて思ったのですが・・・
年齢によって旅行スタイルやファッションも違いますから回答も色々ですね。
ご自身と近いと思われる方のご回答を参考にされた方がいいかもしれませんね。
20~30代の方が50代以上の方のファッションを参考にするのもちょっとねぇ・・・。

参考URL:http://www.plst.co.jp/

こんばんは。#2です。

自分で読み返してみて、バッグについておかしな書き方をしているな~、
と思ったので再度失礼します。

それなりのレストラン等に行く予定がある時は、
街歩き用のバッグとは別に小さめのバッグ【も】持参しています。
その小さめのバッグだけでは、街歩きに必要な物が入らないので、
食事の前後の行動範囲は限られてくることもあるのが悩みどころです。

あと洋服や靴ですが、黒をメインにすることが多いです。
#2でも書いた黒いスリムパンツに黒いタートルニットを合わせて、靴も黒、...続きを読む


人気Q&Aランキング