伊達、織田、上杉、徳川、明智、豊臣など有名と言うか
よく歴史できく名前があります。

サンドウィッチマン、伊達みきおや
スケートの織田信成などもなんだかの繋がりがあります。

やっぱりなんだか関係ある人が多いのでしょうか?
知り合いに上杉と言う人がいるのですがその人もなんだか
繋がりがあると言いました。

A 回答 (2件)

>やっぱりなんだか関係ある人が多いのでしょうか?



間違いが多いです。
または、勘違いなさっている方が殆どです。

>なんだか繋がりが
家紋でも見せて頂けば良いかと存じます。
似ていれば洗う必要があります。(支流、分家共に調べる必要がある)
    • good
    • 0

 関係のある人もいれば、まったく関係の無い人もいますよ。


それを見極めることはできません。
    • good
    • 0

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【日本史・織田信長の死際の行動の謎】織田信長は本能寺に滞在中に家臣の明智光秀が攻めて来たという一報を

【日本史・織田信長の死際の行動の謎】織田信長は本能寺に滞在中に家臣の明智光秀が攻めて来たという一報を受けて、自分が普段座る鎮座に影武者の家臣を置いてその影武者に短い手槍を渡した。

織田信長本人は奥の間に移動して、明智光秀が攻め込む前に自害することを決意してすぐに自害用に家臣を連れて奥の間に行き介錯(かいしゃく)=自ら切腹した織田信長の首を跳ねる役の家臣を同行させて奥の間で自害した。

明智光秀がまだ攻め込こんでいないのになぜ明智光秀が攻め込むという一報を聞いて、明智光秀が攻め込む前に奥の間で自害したのか。

自害する必要がどこにあった?

なぜ織田信長は明智光秀と戦うという選択ではなく、最初から自害の道を選んでいたのか不思議じゃないですか?

おかしな話ですよね。

何かひっかかりませんか?

Aベストアンサー

光秀が攻めるときは、理詰めの確実な方法を取るはず。信長が前に出て戦闘状態になったら光秀の注文通り。
信長自身がしばらく生死不明という状況にするのが、あの夜の最善手だったからでしょう。
 事実、秀吉が引き返して山崎の合戦になったとき、秀吉側は、信長は脱出に成功、自分は信長の指示で指揮を取るという噂を流して、精神的動揺を誘ってます。

Q織田信長、羽柴秀吉、徳川家康のガチシーン

ガチでヤバかった戦のベスト3を教えてください。

※当人が参戦したものに限る
タイムリーな説明あれば嬉しいです

ちなみに・・・・・・

織田信長
1位 本能寺の変 (というか死んでいる) 
2位 金ケ崎の逃げ (雑賀孫一により足に銃弾浴びたとか?)
3位 姉川の戦い (13段構えなのに恐ろしい)

羽柴秀吉
1位 金ケ崎のシンガリ、大逃げ(死を覚悟してたらしい)
2位 山崎の合戦 (戦場に着くまでのハラハラ感)
3位 小牧・長久手の戦い (家康やっぱりつおい)

徳川家康
1位 武田信玄チームと戦いクソ漏らした時のやつ (絵とか書いてもらった)
2位 関ヶ原の戦い(秀忠がまだこないと知った瞬間)
3位 大阪・夏の陣(真田が突っ込んできた時間帯)

当ってます??

回答、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

では補足を
この辺は私の一番の得意分野でして


実は家康は大阪夏の陣で死亡していた
という説が最近は通説になりつつあります
実は大阪の南宗寺という寺に家康の墓があるのです
大阪夏の陣で決死の攻撃を仕掛けた後藤又兵衛から逃れるために
家康は葬儀の棺に入って逃げるのですが 怪しんだ又兵衛に棺を槍で突かれ
南宗寺にたどり着いて絶命したそうです

ただ 真田幸村の壮絶な戦いぶりが徳川家で語り草となったので
幸村に追い詰められた と現代に伝わっているようです

実際家康は大阪の陣後消えました
影武者が現れたんですね
小笠原秀政という人物が替え玉だと言われています

秀忠と家光も南宗寺に参拝しているし
歴代将軍が何故か後藤又兵衛の墓にも参っているのです

Qなぜ明智光秀は 織田信長を裏切ったのでしょうか? それに どうして気づかなかったのでしょうか?

なぜ明智光秀は

織田信長を裏切ったのでしょうか?

それに

どうして気づかなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

本能寺の変はその後に天下を取った秀吉の影響でかなり捻じ曲げられてしまっています。一番最初にこの事変を世間に現した書物は秀吉が祐筆の大村 由己の書かせた『惟任退治記』で、早々天正10年に発表されています。半年もたたないうちに秀吉が自己の都合のいいように発表しなければならなかったという理由があったと見るのが、順当なところでしょう。そして以後は秀吉に立場におもねって、この内容から逸脱することは出来ませんでした。その後に発表されたあの太田 牛一の「信長公記」でさえ、彼は信長に同道してはいなかったので本能寺には行っていない、基本線は秀吉の意向を周到するものです。
この事実を見る限り、秀吉には世間に隠したい何かがあったのだと見ることが出来ます。明智光秀の犯行ではないのかもしれません。そうであれば、変の理由も信長が気付かなかった理由も詮索できないのは無理もありません。
ただしもしそうであったとして、私にも不明なのは変後の明智光秀の行動です。さも自身の決断で行ったかのように、安土城を占拠し財産を押収するという行動を単独で行っているのです。本人があずかり知らぬことであったなら、まるで犯人でありますと公言しているようなその後の行動を取るのだろうかと思うのですが・・・

本能寺の変はその後に天下を取った秀吉の影響でかなり捻じ曲げられてしまっています。一番最初にこの事変を世間に現した書物は秀吉が祐筆の大村 由己の書かせた『惟任退治記』で、早々天正10年に発表されています。半年もたたないうちに秀吉が自己の都合のいいように発表しなければならなかったという理由があったと見るのが、順当なところでしょう。そして以後は秀吉に立場におもねって、この内容から逸脱することは出来ませんでした。その後に発表されたあの太田 牛一の「信長公記」でさえ、彼は信長に同道し...続きを読む

Q徳川家康の前半生は、言うほど虐げられても、苦しんでもないんですか? 最近そう言われてて辛いです。

徳川家康の前半生は、言うほど虐げられても、苦しんでもないんですか?

最近そう言われてて辛いです。
僕は徳川家康の「虐げられてたのに、日本のトップになった」とこが好きだったので、そうだとしたら残念です。

Aベストアンサー

>信長や雪斎と親交を深めたことなどが

繰り返しになりますが、信長には妻と長男を弑する命令を出されています(実行しています)。
雪斎は今川家の家庭教師的存在です。人徳のある人物だったかもしれませんが、気は使ったでしょうね。
駿府は良いところですが、彼の魂は岡崎に在ったのでは?
また、祖父も父も暗殺されていますし、実の母とは一緒に暮らせていませんし、
現代の感覚で言えば、苦労人なのではないでしょうか。

Q江戸時代の水戸徳川家当主は、全員が、家康の11男・徳川頼房の男系の子孫?

江戸時代の水戸藩の藩主は全員が、徳川頼房の男系の子孫なのでしょうか?

江戸時代の水戸藩の藩主の全員が、家康の11男・徳川頼房の男系の子孫なのかどうかを教えてください。

Aベストアンサー

頼房以降はそうですが、頼房が水戸に入る前も水戸藩はありました。
ですので、江戸時代の最初の頃は違います。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報