はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

戦争犯罪者のうちいくらかは裁判にかけられ絞首刑となりました。
また、アジアを蹂躙した日本人組織に武器弾薬食料を供与し、応援の手紙まで書いた人たちの住む町には世界の警察が爆弾や焼夷弾を投下してくれました。
しかし、それでも日本人が主張するところの民間人の死者はたった80万であり、
大東亜戦争中アジアで日本人に陵辱された女性たち、殺された男性たち、日本人に蹂躙され失われたアジア人の命の数にはまるで及びません
朝鮮人や中国人やアジア人は第二次大戦で家族や友達を日本人組織に惨殺された恨みをどうやって解消したのでしょうか
自分の親兄弟を殺害した日本人と、昭和、平成と手を取り合えた理由は何ですか
ミサイル騒動のとき北朝鮮の軍部は実は日本に報復したいというような報道がありましたが東南アジアや中国でそういった話が出ないのはなぜですか?
日本人はちょっとした事件でさえ、犯人、容疑者を死刑にしなければ解決できない。
また、絞首刑にしても納得できず、死刑以上に重い罰がない日本の法律はおかしいとまで言う日本人は多くいます。
日本人の心に対してアジアの人たちの心がとても広いのはなぜですか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中1~10件)

適当に変えてみた。



戦争犯罪者には誰もなっていないし、いくらかも裁判にもかけれなれてないし、絞首刑にもなりませんでした。
また、ヨーロッパを蹂躙したスウェーデン人組織に武器弾薬食料を供与し、応援の手紙まで書いた人たちの住む町には世界の警察が爆弾や焼夷弾を投下してくれませんでした。
しかし、それでもスウェーデン人が主張するところの民間人の死者は不明であり、
バルト帝国時代中ヨーロッパでスウェーデン人に陵辱された女性たち、殺された男性たち、スウェーデン人に蹂躙され失われたヨーロッパ人の命の数にはまるで及びません
デンマーク人を始めとするヨーロッパ人は第二次大戦で家族や友達をスウェーデン人組織に惨殺された恨みをどうやって解消したのでしょうか
自分の親兄弟を殺害したスウェーデン人と、20世紀、21世紀と手を取り合えた理由は何ですか
ヨーロッパで報復したいという話が出ないのはなぜですか?
スウェーデン人はちょっとした事件でさえ、犯人、容疑者を無期刑にしなければ解決できない。
また、無期刑にしても納得できず、死刑以上に重い罰がないスウェーデンの法律はおかしいとまで言うスウェーデン人は多くいます。
スウェーデン人の心に対してヨーロッパの人たちの心がとても広いのはなぜですか

「スウェーデン」を別な国に、「ヨーロッパ」を別な国変えたりして遊んでみてください。
    • good
    • 0

同じ朝鮮民族を平気でぶっ殺せる。


天安門では国民を戦車で平気で轢ける。

機銃掃射は専売特許。
チベットは人間が済んでいないので
「世界の警察」が機銃掃射してくれましたか?

「あまりに多く」の「血の上の」「犠牲の基のピース」
しか知らないんですね。

ペンで「日帝!!」と機銃のように突きまくっも、
真の平和など来ません。

心が「あまりに」「貧乏」過ぎます。
「心の裕福」「心の王国」キリスト教でも入信してはどうでしょう?
    • good
    • 0

>世界の警察が爆弾や焼夷弾を投下してくれました。



永久属国のようですね。
自国と自国民は何もやらねーのな。

朝鮮国
朝鮮語
朝鮮文化

祖国。
山河。
海。
川。
友人、親、財産。

これらを命をかけてま守ろうと
「たった一回」でいいからやりましたか!?

「中国の犬」を選択したのではないですか?

国自体が滅亡するのが常識。
あるのは「世界の温情」

もうひとつ。
朝鮮戦争。
同じ朝鮮民族同士で延々と平気で殺し合った気分はどうでしょう?
勲章がいっぱいですね。

世界の警察は何を見ていたのでしょう。

日本が和平交渉で頭を下げると気分が優れたようです。

南京事件で味をしめて最期の関頭と言う演説をした
「独裁者蒋介石」は自分のプライドの為に自国を崩壊させましたが、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC% …(1927%E5%B9%B4)

南京で日本人を多数虐殺した為、日本の国力を弱いと誤認したのではないですか?
和平を拒絶した蒋介石に多大な問題があります。


祖国を守らない国民。
国民の安全より演説を選ぶ蒋介石。

世界の警察は何をしていたのですか?
日本人を見つけて殺していたのでしょうか?
    • good
    • 0

それが知りたければアジア人に聞くのが筋では?聞くのが怖いのですか?

    • good
    • 0

日本は信用できないが、日本人は信用できる。

というわけなのさー。
アジアの人が心が広いのではなく率直な感想がこれ。
    • good
    • 0

<br />  歴史事実の認識という点において、まず本を一冊紹介したく思います。<br />  侵略戦争 纐纈厚(こうけつあつ

認識-

 時代や思想がどのように変化して侵略戦争に至ったか、明確に書かれています。ちょっと難しい言葉が多くて読むのに疲れますが、概ね間違いないと思います。

>朝鮮人や中国人やアジア人は第二次大戦で家族や友達を日本人に惨殺された恨みをどう解消したのか

 朝鮮人にしても中国人にしても、日本に対して武力攻撃をしかけるような人たちではありません。未知の国を発見して、友好と共存ではなく、戦争と支配を選択するのはヨーロッパ文化の悪しき一面です。我々アジア人には、原則的に他国を支配して自国のみの利益を図る思想はないと私は考えます。日本人でそれを行ったのは、信長の夢を追いかけた猿関白と、明治後の狂った時代に翻弄された人たちです。恥ずべき連中です。攻め込まれた例で、他の回答者さんが元寇を例に出していますが、その時の親分は中国人じゃありません。確かに元は中国でもありますが、中国人が攻め込んできたとは私は考えません。他の王朝で攻め込んできたのならわかるのですが。

 自国を侵略された恨みというのは簡単に消えるものではないと思いますね。そして侵略した方に罪の意識がないのも問題です。確かに現代の我々が攻め込んだわけではないのですから、罪の意識を持てというのも無理があるように思いますが。それでも、我々の祖先は、平和なアジア諸国を蹂躙するような恥ずべきことをしたのだとは、認識しなくてはなりますまい。日本が周辺諸国を侵略しなければ西洋諸国のどこかが侵略して基地を作って日本が更に窮地に立たされる・・・だから侵略した?そんな理由で侵略された国々の人たちが納得できるわけがありません。
 どうしても戦争が避けられないものであったのなら、日本は周辺諸国を併呑して西洋諸国に立ち向かうのではなく、周辺諸国と同盟を結んで立ち向かうべきだったのです。同盟国の不甲斐なさ(一方的な見方)から、次第に併呑していこうという思想に変わっていく有様は、紹介した本に詳しく書いてあります。
 
 子供の喧嘩並に、「こちらは謝った!」「謝り方が足りない!」と自分の押し付け合いをしているのが、現在のアジア情勢ではないでしょうか?まぁ、人と人の関係においても一緒だと思うのですが、余裕のある懐から金を出して、気持ちなく「これで謝罪は済んだだろ?」と言われて、恨みが消える人もいないでしょう。

 ご質問ですが、恨みは解消されていないと思いますよ?そして、アジアの人たちの心が広いとも思えません。どんな広い心を持っていても許してもらえないだけのことを日本はしたと思います。あくまで日本のことは恨み、しかし「経済大国だから今は言うことを聞いておこう」くらいの認識があって、過去のことを蒸し返そうとしないだけではないでしょうか?

 では、どのような形が謝罪したと認められるのか・・・これは永遠に結論が出ないでしょうね。私が絶対権力者であったなら、国歌を歌詞なしにしますが(笑)。また、靖国の事情をもっと明確に説明するでしょう。国の為に亡くなった人の墓に、手違いや事故で戦犯が眠っている。死者の墓を荒らしてまで、戦犯を動かそうと思わない。ただそれだけの理由かと私は思うので。それで周辺諸国が納得できないのならば、戦犯を移動します。謝罪の必要があるのなら仕方ないじゃないですか?
 まぁ、仮定の話はしても仕方ないですかね。

>日本人はちょっとした事件でさえ、犯人、容疑者を死刑にしなければ解決できない。
>また、絞首刑にしても納得できず、死刑以上に重い罰がない日本の法律はおかしいとまで言う日本人は多くいます。

 この考え方は同意できません。ちょっとした刑事事件と言いますが、罪に対して法律で決まった罰を与えること・・・それだけのことだと思います。死刑以上に重い罪とはなんでしょうか?親戚縁者皆殺しの刑とかでしょうか?そのような発言をした日本人が多くいるとのことですが、その根拠はなんでしょう?あくまで私の価値基準ですが、現代社会において、死刑以上に重い罪などないと思います。

 以上何か参考になりましたら。
    • good
    • 0

>日本人に惨殺された恨みをどう解消したのか



無職でベンツに乗る権利を、未来永劫子々孫々まで教授できる特権を得た事でしようね。

ただ・・・。
この質問は、人民日報・朝日新聞・朝鮮日報など「極端な反日記事を鵜呑み」にしているようです。偏った知識は、火傷の元です。
先日の、ウイグル自治区の事件でも、中国政府発表のみを信じているようですね。中国以外の方は、双方の情報を得て判断しています。
質問者さまは、S○IとかBoAが名誉会員である反日活動団体の方ですかね?

韓国人個人への賠償は、日韓基本条約で終わっています。
李承晩政権の要求額を、100%支払っていますよ。
それどころか、北朝鮮分も韓国に支払っています。
「日本政府が、直接韓国・朝鮮国民個人に支払う」と主張しましたが、韓国政府は「韓国人への補償金は、韓国政府が責任を持って支払う」と主張し、日韓基本条約で決まりました。
戦後60年が過ぎても、韓国・朝鮮国民には1円も届いていません。
誰かが、ネコババしたようです。

>日本人の心に対してアジアの人たちの心がとても広いのはなぜですか

アジアの方のほうが、狭いイデオロギーの塊ですね。
質問者さまの国籍が分かりませんが、世界各国を訪問した方が良いですね。
もっと、広い世界を知ることです。

ソウルオリンピック後に国家破綻した韓国。
アメリカ・EU諸国は「韓国に資金提供するのは、カネをドブに捨てる事を意味する」と、資金提供は小額です。
日本が、世界最大の資金援助国だった事を、韓国人は知りませんからね。
その時に低金利で融資したカネは、踏倒し状態です。
寛大な日本だからこそ、国際機関を通じた借金取立をしないのです。

大先生によろしく。
    • good
    • 0

何処から仕入れた知識か存じませんが、質問者さんは歴史に関する勉強が足りないというか偏った情報を検証もせずに信じ込んでいます。


加えて戦時と平時の区別もついていない上に、国際法・慣習法や日本の国内法など法律の知識も欠如しているようです。
何でもQ&Aですので疑問に感じた事を質問されるのは結構ですが、何事に於いてもまずご自分で調査検証なさった上で質問するというのがこのサイトのマナーですよ。

質問内容がナンセンスとしか言いようがなく普通だと回答に値しないのでスルーするところですが、あまりに無知蒙昧な方とお見受けしましたので簡単にお答えします

>恨みをどう解消したのか
・太平洋戦争における損害補償に関しては国家間では既に解決済みであり、関係国の個人の損害に関しても国際法や講和条約に基づき義務以上の賠償を行っています。
本来戦争における国民の損害に関しての補償は当事者が所属する国家の義務であり、交戦国が負うべき責任ではありません。
ですから日本は原爆や無差別爆撃による非戦闘員の損害に対してアメリカに補償を求めていませんし、通州事件に於いてもその補償を中国には求めませんでした。
ちなみに朝鮮は終戦まで日本だったのでその国民に対し補償をしています、それも日本人より優先し内容も日本人以上のものです。

>死刑以上に重い罰がない日本の法律はおかしい
・死刑以上の罰とは何かが判然としませんが「一寸刻み五分試し」と理解した上で回答します。
日本に限らず死刑制度がある先進国では犯罪者にも人権があるという観点から、苦痛が長引かないよう速やかに刑を執行しなくてはならないからです。
法治国家に於いて死刑は報復でも見せしめでもありません、その一線を守れるか守れないかで国家の質が問われます。

>日本人の心に対してアジアの人たちの心がとても広いのはなぜですか
・それが普通の感覚だからです。
日本はアジア各国を戦場としてしまいましたが、その被害に対し真摯に対応しました。また係わった国家も日本に反目するよりは協力し合うほうが得であるという事に気が付いているからです。
ちなみにそういった未来志向で日本と付き合えないアジアの国家は南北朝鮮と中国の3カ国だけです。

この回答への補足

通州事件ってこれであってるんでしょうか
http://okwave.jp/qa319972.html
南京事件個別で謝罪・賠償は一切行っていません、と専門家さんのご回答にあるのですが
通州事件は大東亜戦争のアジアにおける日本人の残虐行為と同列に並べられる事柄なのですか?

補足日時:2009/07/07 20:13
    • good
    • 0

ごめんなさい。

    • good
    • 0

歴史を見るときには、善悪を離れて事実はどうであったのかを、知ることが第一です。

この頃の時代背景を述べますので、参考にしてく
ださい。

 韓国併合の頃の世界情勢は、1等国といわれ広大な海外植民地を所有したり広大な国土を持っている、イギリス・フランス・アメリカの3カ国と弱体化したロシア(日露戦争とそれに続く革命騒ぎで1等国から脱落。)の勢力圏であったバルカン半島に勢力を伸ばし1等国として不動の地位を作りたいドイツ、ロシアの勢力圏であった満州を勢力圏とし1等国の仲間入りを目指す日本を軸に動いていました。

 すでに広大な土地を自分のものとしているイギリス・フランス・アメリカおよび、国土は広いものの国力が低下しつつあるロシア(革命後は混乱状態だったソ連)は、当時の国際情勢の現状維持が国益と考えていました。
 しかし、支配する土地が狭いドイツと日本は、支配地を広げないと、1等国の地位を失い、他国の顔色を伺う(それがいやでアメリカと戦争を起こした日本ですが、敗戦により軍事的には完全にアメリカの顔色を伺う状況になっています。)ことになるため、他の民族の居住する土地を新たな勢力圏にすることが国益と考えていました。

 他民族が多く住む植民地の場合、その土地の民族を教育せず国土の開発も必要最小限にとどめることで、植民地からの利益の増加は少ないものの力が弱いままなので、本国に対する独立の動きをコントロールしやすくなります。
 フランス・イギリスの場合、植民地からの搾取が比較的少なくても支配地が広大なため、本国の国力に対する貢献は大きなものとなりますから、この方法を選びました。(これが、一般に言われる植民地)
 
 支配地が少ない日本がこれらの欧米の強国と互角の国力になるためには、支配地を極力経済発展させ、本国と一体化することが必要不可欠です。
 その最初の実験台が、民族としての独自の歴史・文化の形成が未熟であった台湾でした。
 この台湾を日本と同化して、経済を伸ばす政策はかなりの成功を収めました。

 その成功例を基に、朝鮮もまた国土を開発し朝鮮人を日本人化することにより、日本は国力を増大しようとしたのです。
 これが、日韓併合の政治的時代背景です。

 日本政府は、朝鮮人の日本人化を目指した以上、基本的には朝鮮人を迫害する方針など、どこにもありませんでした。日本人化が進むとともに、徐々に日本人と同等に扱う予定でした。(日本人個人の中には、韓国人に対する差別や危険視する意識を持つ人もありましたが・・・)

 何が問題だったかというと、基本的に日本人と同等に扱った結果、当時の多くの日本の法が朝鮮人に適用されたのが問題となったのでした。

 この頃の日本経済は、財閥による独占資本主義の時代で、日本では労働運動・社会運動・女性人権運動などを、ロシアに起こった革命と同じことが日本に起こるのを恐れ、政府は厳しく監視していました。

 1923年関東大震災では、焼け野原となったため東京の治安が大きく悪化し、デマ・うわさ・憶測で多くの悲劇が起きました。
例を2つ
1.甘粕事件。
 社会運動家の大杉栄・伊藤野枝および大杉栄の甥、橘宗一(当時6歳)、憲兵隊により惨殺。橘宗一がアメリカ国籍を持っていたため、アメリカが関与し、問題が表面化しました。
2.震災後の朝鮮人虐殺。
 うわさに踊らされて、被災した人々が作った自警団が朝鮮人と疑われた人々を虐殺。真相不明・被害者も日本人を含む多数でした。

 このような時代を背景に、国民の不満・不安をコントロールするための飴と鞭として「普通選挙法」と「治安維持法」が成立しました。(1925年)

 この「治安維持法」によって、多くの新しい考え方をする人々が、社会的治安を乱す恐れのある考えの持ち主として、思想犯・政治犯として逮捕・取締りを受け、取調中の拷問・獄中死などが続発しました。

 日本本土では社会主義思想家・労働組合幹部などがその対象となりましたが、朝鮮半島ではそれに加えて、「朝鮮独立」を口にした人々が、その取締りの対象となりました。
 朝鮮独立=併合によって一つになった日韓の分離独立の考えを他人に広めることは、当然治安の維持に反する行為なのですから。

 この法律によって、多くの高等教育を受けた指導的な朝鮮知識人(「朝鮮」という民族意識を強く持ち、日本の同化政策に反対。)が、投獄されることになりました。
 
 当時の日本にとって、治安維持に反する行為を取り締まる、当然の法の運用でしかありません。(「朝鮮独立」を唱える人々のほとんどが朝鮮人であったのは当然ですが。)
 また後に、1945年に戦争が終わって朝鮮半島に朝鮮民族による独立国家ができた結果、治安維持法のもとで獄中死・刑死した人々が、「独立」の先駆者として、英雄となり迫害による殉死者とみなされるようになったのもまた、自然の成り行きなのです。

 その結果、「朝鮮は近代国家としての基盤を作ってもらったので結果的に良かったのだけど、民族のプライドは大いに傷ついた。で、いまでも激しく日本を恨んでいる。」という状況になってしまったのです。

 尚、せっかくの産業基盤もその後に起こった朝鮮戦争で、ほとんど破壊されてしまったので、現在生きている韓国の人々が日本が投資した産業設備の恩恵を受けているという実感は、ほとんど持っていないと思います。(道路・鉄道はほとんど同じ位置で、再建されました。)

<参考>歴史は繰り返す
 歴史では同じようなことが、繰り返されます。
 
 フランス革命によって、力を得たナポレオンがドイツに軍を進め古いドイツの小王国が倒れた結果、その影響下で新しく改革を進めたドイツ国民は、民族意識に目覚めフランス人をドイツから追い出す運動を始めました。

 最近でもイランの王様が、石油を売って得た多くの収入を使って、アメリカの技術を使って経済開発をしたり、国民教育をしたところ、国民が民主的になって「国王が直接政治をしているのは、おかしい!」と言い出して、国から追い出されてしまいました。

 イギリスやフランスは、それがいやだったので、植民地の人をあまり教育しない(1年間の儲けは少なくなりますが・・・)方針を取りました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング