ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

こんばんは。

初めてグラデ塗装に挑戦していますが画像にあるように
エアブラシを吹き始めるときに「飛沫」が水玉のように付着してしまします。
このような現象は何故おきるのですか?塗料の希釈が濃いから?薄いから?
それとも別の原因が?

使用しているハンドピースは「プロコンBOY FWAプラチナ
ダブルアクションタイプ」

0.2ミリのノズル口径に、セミイージーソフトボタン、エアジャストシステム、さらにエア圧を安定させるエアアップ機構を搭載した究極の精密塗装用エアブラシです。

アドバイスお待ちしています。

「ガンプラ グラデーション塗装をしているの」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

飛沫が発生するのは、エアブラシを使っていると良く起こります。

(主な原因はNo.2さんがお書きの通りです。)

写真を拝見しての推測でしかアドバイス出来ませんが、吹き始めのエア圧が高すぎるのでないでしょうか? エア源はコンプレッサーをお使いでしょうか? それともエア缶でしょうか?

私も質問者さんと同じエアブラシを使用していますが、グラデーション塗装を行なう場合、ニードルを絞り(ボタンの引き代をほんの少しに調整)、更にエア圧を0.02Mpaまで絞って使用しています。ただ、この状態でもエア源からの圧力はエアブラシからエアが出るまでは、ダイレクトでエアの圧力がエアブラシにかかっている状態ですので、エアブラシの吹き始め(エアだけ吹く状態)は塗装面には向けず、数秒間エア圧が落ち着くまで逃がしてから、塗装面に対して塗料を吹くようにしています。

文章で書くとわかりにくいかもしれませんが、要はバルブが閉じた状態でエアをかけるとエア圧がもろにエアブラシにかかった状態になり、その状態でバルブを開ける(エアを吹く)と、高圧のエアが吹き出すので、数秒間バルブを開けた状態でエアを流し、エア圧を安定させてから塗料を吹くと言う事です。

使用されているエアブラシにはエア圧調整用のエアジャストシステムがありますので、これでエア圧を調整する事が出来ます。

写真を拝見し、ボケ足が長い(多い)ように思いますので、恐らくはニードルの絞り不足、エア圧の高過ぎ、塗料の濃度が若干高いように思います。もう少し塗料を薄め、ニードルを絞り、エア圧を下げた状態で吹けば、ボケ足も短くなり、更に細吹きが可能になります。(1ミリ程度の細吹きが可能です。)エアブラシと塗装面との距離は数ミリです。

吹き始めは、塗装面に向けずに、エアブラシに溜まっている塗料を逃がしてから塗装するのがエアブラシ使用時の原則だと思って下さい。

添付画像は私が製作したMe262A-1a & ケッテンクラート(タミヤ1/48)です。エアブラシは質問者さんと同じ物を使用しています。周囲のフィギュアやキューベルワーゲンは1/48MMシリーズの物です。(ガンプラは全く興味ありません。)
「ガンプラ グラデーション塗装をしているの」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
L5というコンプレッサを使用しております。
いわれてみればエア圧は高めでハンドピース側での調整しかしておりませんでした。

アドバイスを参考にやってみたいと思います。

みなさん、ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/08 20:56

写真を見る限りでは、塗料が薄過ぎるという感じではないと思いますから、たぶん、レバー操作が関係してるかもしれません。


吹き終わる時にエアが出てる状態で塗料が止まる、つまり、レバーを最初の位置に脅した後で指を離す感じになっていないのではないか? ってことです。

たとえば、エアが先に止まったと仮定すると、シングルアクションと同じでノズルが空いたままの状態になります。ニードルがノズルを塞ぐまでのわずかな時間で、ノズルからに塗料が漏れることになります。そのため、次の吹きはじめに漏れた塗料が「飛沫」になって飛ぶ。

ってことではなかろうかと思うんですが。
    • good
    • 0

私は自動車を塗っていますが「飛沫」に似た現象が起きる事があります。

まず、ネタが薄い時に起こります。2=エアー圧が低い時に起こります。
この場合はピースガンですので恐らく、この両方が考えられます。
一度、エアーを上げて塗るか?同じ症状の場合はネタを濃い目にして下さい。これでも解消しないのであれば気温による問題があります。
湿度の高い部屋ではシンナーの抜けが遅くなり飛沫の様な現象も出ます。写真では分かり辛い為、こんな返答しか出来ませんが。恐らく、このどれかに当たります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアブラシでのグラデーション塗装  ハイライト

ガンプラでグラデーション塗装をしたく本を購入したのですが
数あるグラデーションの中でハイライトが一番簡単だと書いてあり
チャレンジしてみました
ガンプラの塗装も最近始めたもので知り合いに
プラモデルを趣味としている人が全くいないのでちゃんと出来ているか少し心配です。
ベテランの方からすれば穴だらけだと思うでしょうが画像を見て色々と
ここはこのままで良いここはもう少しこうした方がいい
などのアドバイスをいただけると助かります。
よろしくお願いいたします。
(塗り方には個人の好みがあるのも十分処置しておりますが基本的なことでよいので)

Aベストアンサー

>ハイライトはシャドーの逆でエッジギリギリまで
>色を付ける物だと勘違いしておりました。

ある意味、間違いではありません
グラデーション塗装と言うのは、段階を経て明るい塗装を施すものです
写真ですが、左側はベースグレーに塗ったパーツに基本色を、エッジの陰を残す様に塗り
基本色より明るい色(この場合、基本色に白を混ぜて明度を上げています)を
さらに内側の狭い範囲にハイライトとして入れます
(陰色→基本色→ハイライトと三段階のグラデーションとなっています)

あと、グラデーション塗装で、部分的修正と言うのは実は難しいです(ある意味、一発勝負)
その為に、塗料を薄めてエアー圧を下げ、一気に色が乗らない様に調整し
様子を見ながら塗装している訳です

塗り直すのであれば、塗料を落とさずとも、そのまま基本色を上塗りしても大丈夫です
筆塗りではなく、エアブラシ塗装ならば、塗膜もそんなに厚くはなってないはずですしね
流石に5~6回も塗りなおせば分厚くもなりますが、1回程度なら問題無いと思います

Qプラモデルの塗料の乾燥時間を教えてください

プラモデル初心者です。
プラモデルの塗料の乾燥時間を教えてください。
2度塗りする時期がわからず困ってます。
タミヤのエナメルカラーとMrホビーのラッカー塗料を主に使っています。

Aベストアンサー

ラッカー系の場合、半時間も置いておけば、触れる程度にはなります。マスキング作業をするなら2時間程度。研ぎ出し等は数日置いた方が良いでしょうが。
エナメルカラーの場合…色の種類によって違ったりします。それこそ、永遠にベタベタな状態になることもあるので(特にメタル系)、油断できません。墨入れ程度なら数時間でOKですが。ツヤがある塗料の乾燥は遅いので注意。

ついでに。アクリル系は厳密には乾燥しません。完成品をティッシュにくるんで箱に入れて保存…なんてことをしたら、次回取り出すときには見事なミイラに。

Qサーフェイサーについて。  かなり薄めてエアブラシでサーフェイサーの吹

サーフェイサーについて。  かなり薄めてエアブラシでサーフェイサーの吹き付けを行ったのですが、表面がざらついてしまいます。 本来サーフェイサーとはそれが普通で、ざらついた塗装面の上からペーパー掛けをしてそれから塗装に入るものなのでしょうか? 使用したのは、田宮のビン入りのサフです。エアブラシで行う場合は1000、1200のサーフェイサーを使用した方が良いですか?自分は主に大戦中の戦闘機を製作してる者です。何かアドバイスを頂ければ幸いです。  

Aベストアンサー

なぜサフを吹くのかを考えて下さい。サフ吹きは絶対的なものではありません。例えば、段差や隙間を修正するのに大量のパテを使用したとか、エッチングパーツやレジンなど素材の異なる物でディティールアップをしたなど、素材そのものが混在している場合など、その素材による塗装面の影響(塗装後の色合いや喰い付き度合い)を均一にするためにサフを利用して下地処理を行ないます。
今回、ビン入りサフをエアブラシで吹き付けて使用されたようですが、サフの希釈不足で濃度が濃すぎるとざらついた感じになります。逆に薄すぎるとサフが弾かれてしまって流れてしまったりします。適度な濃度で吹き付けても、乾燥後は多少ざらついた感じになりますので、耐水サンペの1000番以上の物(使い古しの物の方がいいかも?)で軽く水研ぎして表面を均して下さい。(サンペ掛けのあとは良く水洗いして乾燥させて下さい。)

私も大戦機ファンでドイツ機や日本機のキットを良く作ります(モデラー歴40年)が、最近の国産キットでは殆どサフを使用しなくなりました。それくらい国産キットは良く出来ていると言う事です。大戦機でしたら、1000番程度のサフで充分ですが、上にも書いたように絶対的なものではありませんので、使用するかしないかは質問者さんご本人次第です。

なぜサフを吹くのかを考えて下さい。サフ吹きは絶対的なものではありません。例えば、段差や隙間を修正するのに大量のパテを使用したとか、エッチングパーツやレジンなど素材の異なる物でディティールアップをしたなど、素材そのものが混在している場合など、その素材による塗装面の影響(塗装後の色合いや喰い付き度合い)を均一にするためにサフを利用して下地処理を行ないます。
今回、ビン入りサフをエアブラシで吹き付けて使用されたようですが、サフの希釈不足で濃度が濃すぎるとざらついた感じになります。...続きを読む

Qガンプラで筆ムラが出ないように塗るコツ

エアーブラシ無いんですけどなんとか筆ムラが無いように塗装したいんです。なにか良い方法、もしくわコツなんかを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

横から失礼します。

模型歴35年以上の者ですが、筆ムラを少なくする方法は皆さん書かれている内容でいいと思います。と言うのは「この方法で」と言うのが存在しないと言うのが回答です。

では、究極の方法(一例です)を伝授しましょう!(ちょっと長くなります。)

塗料はラッカー系(Mr.カラーが代表的ですね)を使って下さい。まず、購入したての塗料ビンを1週間程度触らずに置いておきます。すると塗料とクリア分が分離しますので、そのクリア分を捨てます。ようするに塗料分(アクリル分)のみを使います。その後、蓋を開けっ放しで更に溶剤分を乾燥させます。完全に乾ききる一歩手前のどろどろ状態になれば準備完了です。

次に用意するのはキットの入っている箱です。その箱の裏側(イラストが書かれていないザラザラした面)に先程の塗料を数滴落とし、乾燥させます。

筆は面相筆5/0位がいいでしょうね。(筆は良いのを買って下さい。)それに溶剤(シンナー)を含ませ、上で準備した乾燥塗料をその筆でなぞり塗料を溶かします。(溶けない場合は溶剤を直接乾燥した塗料に数滴落とします。)その状態で塗装を行ないます。一定方向(塗装面に対し斜めになるように)に素早く同じテンポで塗って行きます。(下地が見えても大丈夫です。)これを何度も繰り返し、一通り塗り終わったら次は先程と逆方向に同じように塗装します。これを繰り返す事で、ムラのない綺麗な塗装面を得られます。面相筆で広い面を塗れるの?と思われるかもしれませんが、要は慣れと、コツを掴む事です。この方法をもっと詳しくお知りになりたいのでしたら、隔月間誌の”スケールアヴィエーション”と言う雑誌のバックナンバーに図解入りで解説されていますので、機会があれば参考にして下さい。(飛行機プラモの専門誌ですが、各偶数月の中旬に発売されます。定価は1,380円となっています。)白などの隠蔽力の少ない塗料でもこの方法だと素材の色も消えてくれます。箱の塗料はあとあと使えますので、捨てないように!(塗料が乾燥しても溶剤を加える事で再利用出来ます。)

この方法はかなりの熟練を要します。慣れるまではかなり難しいと思いますので、経験を積む事が肝要だと思います。

なぜ筆ムラが出るかと言えば、塗料が均一に面に広がる前に乾燥状態に入るからです。ですので、乾燥を遅らせるか、塗面の凸凹を埋めて行く感じで塗装すれば均一の塗面を得られると言う事になります。

次に、エナメル塗料を使えばラッカー系塗料よりは筆ムラを抑える事が出来ます。これはラッカー系に比べて乾燥が遅いと言う理由からです。国内のエナメル塗料と言えばタミヤカラーが唯一の塗料ですが、欠点は塗面が弱い点ですね。乾燥後、塗面を触ると指紋がつく程です。ですので、この塗料を使った場合は必ずクリアでのオーバーコートが必要となります。(缶スプレーが便利です。)あとエナメル塗料としては最高品質と言われるハンブロール(イギリス製)と言うのもあります。国内でも大きなお店や専門店に行けば取り扱っているお店があります。こちらは使い方に癖のある塗料で、容器(缶入り)に直接溶剤を入れてはいけません。使う分だけ別容器に塗料を移し、それに溶剤を入れて濃度を調整して下さい。残った塗料を缶に戻すのもダメです。残った分は使い切るか、使わない状態が続くようでしたら廃棄して下さい。艶ありで約1週間から10日、艶消しで約2・3日の乾燥期間が必要となります。それから、エナメル塗料の上にラッカー系の塗料の重ね塗りは基本的にいけません。エナメル塗料が溶け出してしまいます。(反対はOK)ただ、この重ね塗りを利用して塗装すると言う裏技的な方法もありますが、かなり難しいです。(私はウェザリングや筆塗りのボカシ塗装に時々行なっていますが…。)

長々と書きましたが、色んな方法があります。最近エアブラシ全盛となっていますが、その分、誰が作っても同じ完成品となってしまい、個性がありません。画一的と言うか、みんな同じに見えてしまいます。そう言う意味では塗装の基本である筆塗りの方が各人の個性が発揮出来る完成品となります。筆塗りを窮めると、エアブラシで塗装した以上の綺麗で素晴らしい塗装をする事が出来ます。失敗を恐れずにどんどん経験を重ねて行って下さい。

模型も昔に比べると高価になってしまい、お小遣い程度で買えるキットが少なくなっったのは残念ですが、模型人口を増やす意味でも、もっと容易に入手出来る価格になって欲しいと思う中年モデラーでした。(長くなってすみません。)

横から失礼します。

模型歴35年以上の者ですが、筆ムラを少なくする方法は皆さん書かれている内容でいいと思います。と言うのは「この方法で」と言うのが存在しないと言うのが回答です。

では、究極の方法(一例です)を伝授しましょう!(ちょっと長くなります。)

塗料はラッカー系(Mr.カラーが代表的ですね)を使って下さい。まず、購入したての塗料ビンを1週間程度触らずに置いておきます。すると塗料とクリア分が分離しますので、そのクリア分を捨てます。ようするに塗料分(アクリル分)のみを使...続きを読む

Qエアブラシ塗装(細吹き)について

エアブラシ塗装について質問です
数mm以下の細吹きをする時、レギュレーターで見る圧やブラシのボタンの開度は一定なのに、
吹いていると塗料が出なくなってしまいます。短い時は数秒ほどでこうなります。ある程度以上の太さならこう言う事は起こらないのですが…
塗料をかなり希釈してもこういった状態になります。
上手く細吹きするにはどうしたらよいのでしょうか?お願いします。

また、自分なりに調べたのですが、細吹きをすると塗料がノズルから出る前に固まってしまうと言う事でリターダーが必要だと分かりました。
今もリダーター入り溶剤を使っていますが、別途リターダーを加えれば改善されるのでしょうか?

使用している機材等は
コンプレッサ:エアテックスAPC-002
エアブラシ:同ハンザ381ブラック
エアブラシは、ごく最近買ったものなので特にトラブルは無いと思います。
塗料:Mrカラー(クリア、メタリックではありません)
溶剤はガイアノーツリターダー入りです。
圧はレギュレターで0.15mpa程度にしています。

Aベストアンサー

塗料が詰る原因としては、塗料の濃過ぎ、圧の不足、ブラシの故障が考えられます。
ハンザ381は形としてはダブルアクションですが、作動原理はトリガー式で、ノズルの詰りが起こり難く構造になっていますし、ごく最近買ったもので特にトラブルは無いとの事ですので、ブラシには原因が無いと思います。
塗料の濃度と圧は関連が有り、塗料が濃くても圧を高くすれば吹けますし、圧が低くても塗料を薄くすれば吹く事が出来ます。
試しに、最大圧で吹いてみて下さい。それで吹ければ0.15mpaに対して塗料が濃すぎた事になりますので、塗料を薄めるか、圧を上げて下さい。
但し、塗料の濃度は余り濃すぎると、塗装面が平滑にならず、薄すぎると何回も塗る必要が生じたりしますので、希釈は2倍~3倍程度が適当と考えます。
空気圧は0.15mpaであれば十分だと思います。0.3mmブラシ(岩田 HP-CH)で、圧を0.15mpaで吹くと、約2mm、ニードルカバーを外してギリギリまで近づけて吹くと1mm程度の線が引けます。使用塗料は、Mrカラー、溶剤はガイアカラーのT-06hです。
従って、今回の場合は希釈不足が原因ではないかと思います。、
希釈の目安ですが、調色ステックに余り塗料が着かず、塗料の滴が1滴ポタと滴る程度(牛乳程度)が目安です。

塗料が詰る原因としては、塗料の濃過ぎ、圧の不足、ブラシの故障が考えられます。
ハンザ381は形としてはダブルアクションですが、作動原理はトリガー式で、ノズルの詰りが起こり難く構造になっていますし、ごく最近買ったもので特にトラブルは無いとの事ですので、ブラシには原因が無いと思います。
塗料の濃度と圧は関連が有り、塗料が濃くても圧を高くすれば吹けますし、圧が低くても塗料を薄くすれば吹く事が出来ます。
試しに、最大圧で吹いてみて下さい。それで吹ければ0.15mpaに対して塗料が...続きを読む

Q黒鉄色について教えてください。

銃や武器などを黒鉄職で塗装してる方を良く見ますが、テカテカした感じもなくメタリックのギラギラ感もありません。

良い具合にダークグレーの色をしてると思いました。


まだまだ素人ですが見た感じの感想
(1)黒+シルバーで調色、その後つや消し。
(2)つや消しブラック+シルバーで調色。

こういうのでテカテカしすぎずおもちゃ感がなくなってるのかな?と思いました。

今手元にテストできるものがないので、もし黒鉄色を使うことがあるなら。

※レシピ
※工程

など教えてもらえると嬉しいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

売られている黒鉄色はラメが大きいのでスケール感を損なう場合があります(個人的感想)
私の場合スケールが小さいものは黒+銀で自作してます。
艶が要らないなら#33+#8 艶ありなら#2+#8です。
混ぜながらランナーなどに塗って調色しています。

また#61焼鉄色は赤みのかかった艶なしのメタリックグレーなので
これに黒(#33や#92)を混ぜて使用することもあります。
銃だとただのガンメタよりこちらのほうがリアルかも。

混ぜる割合は好みなので色調しながら気に入った色にしましょう。

Qサーフェイサーの乾燥時間

サフを噴いた後どれくらいの時間をとってからペーパー処理に入ればいいんでしょうか?

Aベストアンサー

プラモに、プラモ用サーフェイサーなら、半日は置きたいところです。プラモ用塗料は、プラを多少溶かす事によって食いつきますが。乾燥にもその分時間がかかります。
ポリパテにソフト99なら、2時間程度で十分ですが。プラスチックは用心。

Qガンプラ グラデーション塗装の圧力

下地の後に4倍程度に薄めた塗料を使っています
ニードルは限界近くまで絞りプチコンキュートを使用しています
○最高出力:0.08Mpa (無負荷時)、○定格圧力:0.03Mpa、
○定格時間:60分、○作動音:55db以下

レギュレーターで圧力を半分近くまで下げて慎重に吹いていますが
なかなか上手くできません。
上手く出来ない点は
ベースグレーに上塗りした色がグラデーションっぽくではなくムラっぽくなり
少し塗料が荒い気がしました
エアブラシの動かし方もまだ分っていないのもあるとは思います
希釈などにもよると思いますが普通はグラデーション塗装の時
どのくらいの圧力で吹くのでしょうか圧力が定格圧力:0.03Mpaなら
そのままニードルと塗料の希釈だけ調整して全快で吹いても
問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

ムラっぽくなるのは、エアミストが綺麗に広がっていない為です
原因としては、ニードル弁を絞りすぎているかエアー圧が低いか
または、その両方の可能性が考えられます

私がグラデーション塗装をする際の圧力ですが、実を言うと適当です
と、言うのも私が使っているコンプレッサはクレオスのL5(定格圧力0.1MPa)なのですが
エアレギュレータは圧力計が付いていないタイプの物ですので
実際的に、どれだけの圧力で吹いているのかは判りません
もっとも、圧力は何時も一定ではなく、その日の天気や湿度
使う塗料の種類、希釈度、吹き付ける面積などのより
微妙に変化する為、使いながら圧を変えたりしています
ベストな圧は使っている内に体で覚えたって感じですね

とりあえず、数値の件は不明ですが、私がグラデーション塗装をする際
エアー圧は感覚的に半分程度のに抑えていると思います
ですので、プチコンキュートの定格圧力が0.03MPaならば、減圧せずに
そのまま吹いても良い様な気がします
(コレばっかりは、持ってない物ですので、断言は出来ませんが・・・)

とりあえず、プラ板か何かをテストピースとして、全開圧で試して見るのも手かもしれませんね「

ムラっぽくなるのは、エアミストが綺麗に広がっていない為です
原因としては、ニードル弁を絞りすぎているかエアー圧が低いか
または、その両方の可能性が考えられます

私がグラデーション塗装をする際の圧力ですが、実を言うと適当です
と、言うのも私が使っているコンプレッサはクレオスのL5(定格圧力0.1MPa)なのですが
エアレギュレータは圧力計が付いていないタイプの物ですので
実際的に、どれだけの圧力で吹いているのかは判りません
もっとも、圧力は何時も一定ではなく、その日の天気や湿度
使う塗料の...続きを読む

Q『パール塗装』について教えて下さい。

プラモデルを作り始めて、まだ4ヶ月ほどの初心者です。
先日エアブラシを購入したので、パール塗装に挑戦しようと思っております。
キットは『HGUCサザビー』を、赤くパール塗装する予定です。
コンプレッサーは、『クレオス・L5』。
ハンドピースは、『PM-A15(0.3 1ダブルアクション)』『プロコンBOY LWA (0.5 トリガー)』。
表面処理は400、600までヤスリがけ→1000番で水研ぎ。
その後、ホワイトサフを吹く予定です。(サーフェイサーエヴォ ホワイト)

塗装方法を調べたのですが、下記のどれでもいいのでしょうか?
1)「パール粉+光沢クリアー」を塗装 → 「クリアレッド」を塗装
2)「シルバー(メタリック)」を塗装 → 「クリアレッド」を塗装
3)ガイア「サーフェイサーエヴォシルバー」を塗装 → 「クリアレッド」を塗装
※2の場合は、ガイアの「EXシルバー」を購入しようと考えております。
※3の場合はホワイトサフは吹かず、表面処理の上で「サーフェイサーエヴォシルバー」を吹きます。

もしコツや、お勧め塗料、気をつけておきたいことがあれば、合わせて教えていただけると助かります。

少し別件になりますが、『パール塗装』と『キャンディ塗装』は違うものでしょうか?
調べたのですが、よく解りませんでした。


以上、大変お手数ですがご教授いただけますと幸甚です。
宜しくお願い致します。

プラモデルを作り始めて、まだ4ヶ月ほどの初心者です。
先日エアブラシを購入したので、パール塗装に挑戦しようと思っております。
キットは『HGUCサザビー』を、赤くパール塗装する予定です。
コンプレッサーは、『クレオス・L5』。
ハンドピースは、『PM-A15(0.3 1ダブルアクション)』『プロコンBOY LWA (0.5 トリガー)』。
表面処理は400、600までヤスリがけ→1000番で水研ぎ。
その後、ホワイトサフを吹く予定です。(サーフェイサーエヴォ ホワイト)

塗装方法を調べたのですが、下記のどれでもいいのでし...続きを読む

Aベストアンサー

1~3どれもパール塗装じゃないです。
1は不明、2・3はキャンディレッドですね。

赤⇒パールレッド(赤パール粉+クリアでも可)⇒クリア
でしょう。

パールは下地を隠蔽出来ないので下地の色が重要になります。
下に塗る赤で仕上がりが変りますのでいろいろ試して下さい。

基本下地色より明るい感じに仕上がると思います。(パールの色味による)

キャンディカラー=シルバー下地に色付きクリア
パール=下地色+微小なラメ入りクリア
メタリック=ラメ入り塗料(仕上げはクリア)

じゃないかな

Qプラモデルの塗装を剥がしたいのですが…。

子供の頃に作った物や、オークションで購入したジャンク品のプラモデルを再塗装したいと思っているのですが、塗装を洗い落とすにはどんな溶剤を使うべきでしょうか? ペーパーで削り落とすのは結構面倒なので、うすめ液(クレオス)に浸け置きして置こうかとも考えましたが、こんな事するとプラスチックに悪影響がありそうなのですが大丈夫でしょうか?

ちなみに、再塗装したいプラモデルには、タミヤアクリル塗料や水性ホビーカラーが使われています。(一部ラッカー系やエナメル系もあるかも。)

ご回答、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

いや、Mr.カラーのうすめ液に漬けるくらいじゃプラはそうそう溶けないっすよ。実際にうすめ液にランナー漬けといた事あるけど、1週間程度じゃ溶けはしなかった。ただ、変質したかどうかまでは確認してませんけど。少なくとも一晩も漬けとけば塗料は落とせる状態になると思います。それくらいなら確実に「溶けて得体の知れない物体になる」ような事はないでしょう。

こんなページも発見しました。
「漬け置き洗い」の項目を参考にしてください。
http://www.shoi.org/pramo/work/main_3.html

塗膜は厚くなれば厚くなるほどダルくなりますし、ヤスリかけて落とす方がエッジがダルくなる可能性が高いですから、私は上塗りやヤスリがけで全部落とすのはオススメしません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング