初歩的な質問ですが、メール受信によるウイルスの被害は、
貼付ファイルを開いた場合の感染だけでしょうか?
メール自体を受信して感染するのもあるのでしょうか?
一般的に出回っているもの(少しの知識で入手出来る物に限定)
の範囲で教えてください。

また、もしメール自体を受信して感染するのもがあれば
WEBメールにて受信すればPC本体の方の被害はふせげるのでしょうか?

よろしくおねがいします。

A 回答 (2件)

一般的に出回っているもの、ということでしたら、


その通り、添付ファイルによる感染のみです。
Webメールで受信して、添付ファイルをDLしなければ、
感染する事はないでしょう。

ただ、やや「一般的」から外れるものの、
HTML形式でメールを受け取った場合は、
メールの本文に書いてあるリンクをクリックして
ウィルスに感染する場合もあるので、
よく注意して扱いたいものです。

それから、確かにメールによるウィルスも大変ですが、
ホームページを見ただけで感染するウィルスや、
フリーソフトにくっついてくるウィルスもありますので、
「メールは添付に注意」だけではなく、むしろそちらのほうに
気をつけないといけないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございます!!

お礼日時:2001/03/14 00:06

確かにメール自体を受信するだけで感染するタイプのウィルスも存在します。


ただしその多くは、HTMLメールを開けるタイプのメールソフトを使っているものをターゲットとするため、Webメールの場合はリスクは低いと思われますが。

基本的にはそれらのメールはHTMLメールの形式を取り、中にJavaScriptやVBScriptなどのスクリプト言語か、もしくはActiveXコンポーネントを埋め込んである場合がほとんどです。
しかもこれらのメール内スクリプトは一旦ローカルのハードディスクに読み込まれてから実行されますから、通常のWeb上のJavaScriptなどと異なり、HDD内の情報にアクセスすることなどが可能となってしまい、結果としてHDD内にあるアドレス帳に登録されたユーザーに再度メールをばらまく、HDD内のファイルを全消去する、などの行為が可能になってしまう、というわけです。

最近のメールソフトの場合はこれらのウィルスに対して対策を施してあるので問題は低くなってますが、ちょっと古めのソフトを使っているとこれらの問題に引っかかってウィルスに感染してしまう可能性は十分あります。
ただ、ソフトのバージョンアップ・セキュリティパッチの適用を十分に行えば問題は少ないと思います。

具体的な例としては、下記URLで報告されている「Bubbleboy」なんかが挙げられますね。

参考URL:http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/arti …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございます!!

お礼日時:2001/03/14 00:05

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ