マックス・ウェーバーを読みたいと思い、一番手ごろな『職業としての政治』を読み始めました。しかし、思想をあまり知らないわたしにとって、理解するのが難しかったのです。
どなたか、この本についての概要を教えていただけますか?
そして、みなさんがこの本やウェーバーに関してどんな意見をお持ちなのか、聞かせてください。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

どのような理由で「マックス・ウェーバーを読みたい」と思われたのかが不明なので、的外れでしたらごめんなさい。


私がもっているマックス・ウェーバーの印象は、帰納法による一般論や演繹法による普遍論ではなく、解釈法による個別・特殊論にあるということです。
その中で例えば「プロテスタント」という個別対象に注目した「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」では、禁欲・勤勉を説いた結果、副作用として貯蓄が増え、そのことが結果として富が富を生む資本主義を発展させることに貢献したというような「解釈」を与えているのだと私は解釈しています。
    • good
    • 0

「職業の政治」はドイツ革命の騒乱がまだやまず、国内で不安定だったころに行われた講演です。

学生たちは革命の成功に酔い、現実を見失って、理想の社会が明日にでも実現されると錯覚していました。そのような学生たちに冷水を浴びせるために行われた講演が「職業としての政治」です。この中で、ウェーバーは現実を無視し、理想ばかりを追い求める政治姿勢を政治家としてふさわしくない態度だとして、はねのけます。しかし、理想を忘れ、現実に追随する姿勢もまた政治家の態度とは認めませんでした。ウェーバーが理想としたのは、現実を直視しながらそのなかで自分なりの理想を胸に秘め、理想実現のために現実と真正面から立ち向かい、少しずつでも世の中を変えていこうとする政治家であったと思われます。「職業としての政治」については、森嶋通夫「政治家の条件」脇圭平「知識人と政治」〈共に岩波新書)を参考にして下さい。
    • good
    • 0

ウェーバーは学生の時に読みましたが、本の厚さの割りに簡単に読めませんでした。

その中から、20年近くたって、今でも覚えていることを中心に記します。うろ覚えなので、間違っていたらご容赦を。
「1.プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」
この本で覚えているのは始めの方の統計で、カソリックとプロテスタント等を比較して、カソリックの就学率とプロテスタントの修学率を比較して、プロテスタントの方が勤勉であると記していたところです。宗教の違いによって、人の行動様式が変化するというところがポイントで、資本主義が発展したのは、プロテスタンティズムの精神の影響によるという指摘が印象的でした。
「2.職業としての学問」
この本は大学の第二外国語で原書を読みましたが、ドイツ語に苦労しました。内容を把握するため日本語版を読みましたが、印象的だったのは「良い研究者が必ずしも良い教師たりえない」というところです。これは応用範囲のきく言葉で「名選手必ずしも名監督たりえない」とか「優秀な社員が必ずしも良い管理職とはならない」など、似たような構造があります。
「3.職業としての政治」
これも薄い本ですが、結構読むのに苦労したように思います。印象的だったのは「政治家は確固たる信念を持ち、困難な事象に直面しても、キリで板に穴をあけるように、あきらめず粘り強く生きること」というところです。
こうして見ると、当時読んだ本のあらずじは忘れているものが多いのに、ウェーバーの著作には20年たった今でも印象に残った一節があるところに面白さを感じます。
    • good
    • 0

どういう動機か知りませんが、マックス・ウェーバーの原著をお読みになるとは、凄い方ですね。



ぼくは原著こそ読んでいませんが、それらに対する解説書は随分読みました。頭の中にあるかれの主張は、「労働と宗教観(特にカルヴィン)を結びつけ、働いてお金を稼ぐことは決して卑しいことではない。一生懸命働けば、自然とお金はついてくる」ということで、日本人で言えば、江戸時代の石田梅岩や鈴木正三(しょうざん)の考え方に近いということです。

なおマックス・ウェーバーの研究家で、すんなり読める本を書いているのは小室直樹氏で、最近の著作は『資本主義のための革新』日経BP社です。彼は他にも何冊か書いているので、まず彼の本から予備的知識を学び、原著に入るのも、一つの手かと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマックスウェーバーの著書の中で聖徳太子について触れているものがあると聞

マックスウェーバーの著書の中で聖徳太子について触れているものがあると聞いたのですが、著書名を教えてください。

Aベストアンサー

Gesammelte Aufs?tze zur Religionssoziologie 著者: Max Weber
P296
Prinz Shotoku-Taishi なんてのがある

Qマックス・ウェーバー

『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を
読んでいます。
しかし難しすぎて、いまいち理解出来ません。
簡単にどういうことなのか、教えて下さい。

Aベストアンサー

すごーく簡単に言ってしまうと、歴史の形成や変革に際しては「理念」が大きな役割を果たすのであって、単に経済や物質的欲求によってのみ社会変化が起きる(=唯物史観)のではない、というのが同書でのウェーバーの主張です。

ウェーバーの自著にいきなり当たるのは少々とっつきにくいので、参考図書で理解を深めてみては如何でしょうか?
とりあえず一冊ご紹介しておきます。

「ウェーバーと社会主義」濱嶋朗著、有斐閣刊 1980

Qマックスウェーバーについて無知な人への説明

マックスウェーバーの前提知識がない人に、ウェーバーについて説明するとしたら、どのようなことを話したらいいのでしょうか?
私自信もまだ勉強不足なため、上手く説明できません><;

1.ウェーバーの思想とは、具体的にどのようなものだったのか

2.それが現代社会に及ぼす影響とは何か

特にこの点についてお聞きしたいです。

明日までというかなり緊急な状態のため、回答できる方はぜひお願いします!!!

Aベストアンサー

 理系なので、多少偏っています。

 マックスウェーバーは、歴史学者で社会学者ですが、自分ではどちらとも言った事はないと思います。当時のドイツ(プロイセン帝国)では伝統的に、歴史的必然によって現社会になった、という立場が主流だったと思います。そう言われると当然のような気もしますが、当時の内容は、現在思い浮かべるものとかなり違います。その辺りは、ご自身でご確認下さい。キーワードは、シュモラー,ドイツ歴史学派などです。

 ウェーバーも先の学派の一員ですが、歴史学と社会学を分離するところから始めます。自身の社会学的方法を、歴史的文脈を分析できるかどうかで検証し、検証結果に基づいて現社会に適用する、という行動だったと思えます。

1.理念型モデルの提唱
 ある社会なり時代なりを、いわばステレオタイプ化して、その社会を成立させる動機付け(エートス)の明確化を可能にする、理解社会学の基礎を提唱します。この手法は、今ではある意味常識だと思います。フィールドワーク的な有名な著作は「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」です。

2.学問価値自由論
 歴史の分析を通じて(と思えます)、エートスの価値は、学問(科学)によっては説明も証明もできないという立場を取ります。故に学問は、いかなる価値判断とも無関係だとなります。例えば核物理の研究の正否は、それが核戦争に用いられるかどうかとは関係ないという話にもなりますが、ウェーバーの言いたかった事は逆です。学問はいかなる価値判断にも準じるな、です。これも今では当然と思えますが、当時は違いました(シュモラーらとの対立)。

3.価値の通約不可能性
 よって価値は、説明可能なものでなく、信じるものになります。つまり、ある価値を信奉すれば、原理的に他の価値は認められません。価値の衝突は絶え間なく起きる事になります。何か、イラン・イラク戦争などを想起させますが、これにより、どんな社会(西欧,非西欧など)も、ある意味平等です。そして学問は、他人の価値を理解する方法にはなる、という立場を取ります(価値の根拠の説明はできないが)。ある価値を理解する事と認める事は違うという彼の立場が通じないために、歴史学派の学会の席をたったという有名(?)な話があります。

4.職業としての政治
 ゆえに政治とは、価値の表明です。これはさっきと逆です。政治とは、学問と無関係な行為です。これも危なく聞こえますが、政治に学者を抱きこむな、と言っています。2.とこれは合わせて、当時のドイツの官学癒着に対する、独特の学会批判と政治批判になっています。

5.心情倫理と責任倫理,近代人
 信じるもの,価値=心情倫理(キリスト経含む),結果責任(学問?)に基づく行為=責任倫理という構図です。価値は説明できなくても、結果責任により価値の衝突を回避する(理解する)事、だと思います。この結果、人は、自身と社会との間に「異様な緊張を孕む、自律的存在」となるが、それが近代人の宿命だと言います。

6.組織論
 以上の統合を経て、これも彼が先鞭を付けたと思われる組織論が出ます。その中で彼は、当時のビスマルク官僚体制を批判すると同時に、同じ視点から返す刀で、黎明期にあった社会/共産主義は、いずれ破綻すると言います。自分には、ソ連の崩壊を200年前に予見したように思えます。ウェーバーはある意味、自由主義の申し子です。

7.ウェーバーその後
 ふるいですが、1960~70年代にウェーバー・フリークと言われる学派(?)がありました。バーガーに代表される人達です。バーガーの有名な著作は、「聖なる天蓋」「故郷喪失者達」などです。ウェーバーの始めた理解社会学のその後の系譜がわかると思います。

 理系なので、多少偏っています。

 マックスウェーバーは、歴史学者で社会学者ですが、自分ではどちらとも言った事はないと思います。当時のドイツ(プロイセン帝国)では伝統的に、歴史的必然によって現社会になった、という立場が主流だったと思います。そう言われると当然のような気もしますが、当時の内容は、現在思い浮かべるものとかなり違います。その辺りは、ご自身でご確認下さい。キーワードは、シュモラー,ドイツ歴史学派などです。

 ウェーバーも先の学派の一員ですが、歴史学と社会学を分離す...続きを読む

Q政治思想>>現代政治思想

1.新左翼(New-Left)と新右翼(New-Right)の相違点等を教えて下さい。

2.「小さな政府」を目指すという点では新自由主義(Neo-Liberalism)も新保守主義(Neo-Conservative)も共通の政治目標を掲げているのですか?日英米等の政党・政治家に例えていただけると幸いです。

3.一昔前より聞かれ始めた「小さくても強い政府」というのはどのような政治理念なの教えて下さい。「小さな政府(≒夜警国家)」との相違点は何でしょうか?

Aベストアンサー

この前は1だけ回答しましたので、残りを。

2.について
以前は「新自由主義(ネオ・リベラリズム)」と「新保守主義」は、イギリスのサッチャリズムやアメリカのレーガノミクスをさす、という意味では同じ意味で使われることが多く、「自由経済と強い国家」(A・ギャンブル)という端的な表現がされることもありました。一方で市場の規制緩和を行い被用者や弱者の保護のための社会的規制を弱めたり、福祉施策を削るなどして高所得者や企業の負担を軽減したりして、市場原理に任せるという政策をとって企業活動の活性化をはかります。この面を強調するときには「新自由主義」を用いることが多いです。他方で、軍備を拡大し、警察力を強化して、物理的強制力を伴う「夜警国家」の分野では国家機能を高め、価値観のレベルでも「国家」「共同体」「家族」といった伝統的な紐帯を強調します。この面に焦点をあてる場合には「新保守主義」を用いることが多いです。日本でいうと、両方を体現したのは中曽根康弘氏です。現在の小泉政権も、「構造改革」で新自由主義を、有事法制の整備やイラク派兵などで新保守主義を、と両方を追求しているといっていいと思います。
新自由主義と新保守主義を区別するのならば、大雑把に言って、イギリスのブレア政権は、新自由主義だが、新保守主義ではない、ということは可能かもしれませんが、ブレア政権も「夜警国家」機能の強化は進めているので、微妙なところです。日本の民主党の政策の基調はブレア路線と似ているといわれることもあります。
しかし、イラク戦争の直前から、ジャーナリズム分野で、ブッシュ政権内の超タカ派をさして「ネオコン(新保守主義者)」という表現が使われることが多くなり、現在ではこちらの意味で「新保守主義」が使われることが多いと思います。この場合は、「自由」「民主主義」「市場」といったアメリカ的な価値観(同じ言葉を使ってもヨーロッパ的なものとはだいぶ意味が違う特殊アメリカ的価値観が特徴)を普遍的なものとし、それを発展途上国に力で押し付けることを善とする思潮や勢力をいいます。

3.について
現在でも、政治的スローガンとしては「小さな政府」を用いることが多くて、僕個人の印象としては「小さくても強い政府」というのはあまり聞いたことがないような気がするのですが、「小さな政府」には抜けている「強い政府」を強調するのに使う言葉でしょうけど、新自由主義による社会秩序や社会規範の拘束力の弱体化を憂う傾向に対処しようとするものです。「小さくても強い政府」は、新自由主義・新保守主義政策を主張するときのスローガンであるといえます。市場原理のかく乱作用や、金融不安などの市場原理そのものが破局に至る可能性があるときには政府が介入して強権で市場を維持するのが新自由主義ですから、そういうとらえ方では別物ではありませんが、スローガンとして「強い政府」をいうときには、そういう狭い意味での経済に限定されず、むしろ治安維持の強化や対外強硬策をイメージしている場合が多いと言えます。厳密には、市場中心主義を意味する「小さな政府」と国家主義を意味する「強い政府」は論理的には矛盾します。現に、アメリカではあらゆる政府機能を最小限に縮小すべきだというリバータリアニズムが一定の影響力を持っています。
「夜警国家」という場合には、19世紀の英米の国家のあり方をさすのが普通です。いずれも、その「夜警」の分野では、徴兵制はなかったし、警察力も「政府」というよりは「コミュニティ」というべき地域社会の自治に基盤をおいていました。強大な軍事力はもっていましたが、それはもっぱら領土や植民地の拡大に用いられるもので、本国が戦場になることは例外的でした。経済秩序では、無数の小企業が林立する文字通りの自由競争が主流でした。
20世紀前半には、2度の世界大戦で総力戦が展開され、経済では少数の大企業が市場への支配力を強める寡占状態になります。また、市場原理が貧困や失業を解決しないことも政治的に問題となり、経済や社会への政府の介入を強めることになり、「大きな政府」の時代となりました。
戦後の高度経済成長が終わった1970年代後半から、原点回帰というニュアンスで「小さな政府」のスローガンによる新自由主義政策への支持が高まることになります。しかし、寡占状態が変化したわけではありませんので、市場原理重視は、同時に寡占企業への規制を弱めるということになるので、意味はだいぶ違うといわなければなりません。社会政策の縮小も、富者の負担による所得再分配に、富者が不満を募らせたことという要素が大きいといえます。
現在は、米英は徴兵制をとっていませんが、軍事力はハイテクによってだれもアメリカの敵たり得ないのは周知のことです。ベトナム戦争後の軍縮基調を変えたのが、レーガン政権でありサッチャー政権でした。

この前は1だけ回答しましたので、残りを。

2.について
以前は「新自由主義(ネオ・リベラリズム)」と「新保守主義」は、イギリスのサッチャリズムやアメリカのレーガノミクスをさす、という意味では同じ意味で使われることが多く、「自由経済と強い国家」(A・ギャンブル)という端的な表現がされることもありました。一方で市場の規制緩和を行い被用者や弱者の保護のための社会的規制を弱めたり、福祉施策を削るなどして高所得者や企業の負担を軽減したりして、市場原理に任せるという政策をとって企業活動...続きを読む

Qプロテスタンのクリスチャンに礼拝の回数質問です!!ト

30代でプロテスタントのクリスチャンに3月のイースター記念日になる予定ですが、主日礼拝は、毎週行けないかもです、月 2とか彼女のデート(ノンクリスチャン)とか・・・
祖母にはクリスチャン内緒です!!
不真面目なクリスチャンでしょうか?私は、自分では心では熱心に信仰
してますが・・・★

Aベストアンサー

信仰というのは後ろを見ないこと、これで福音を伝える事が出来れば神の御心になりますよね~。

祈りましょうね主の導きを求めて

Q右翼思想と左翼思想の意味

スノーボードの国母和宏選手の制服の着こなしに関して、「けしからん!試合に出る資格無し!」とする立場が右翼、「服装なんてドーでもイーじゃん!オリンピックでの国母特有のパフォーマンスを観て楽しもうじゃないか!」とする立場が左翼ですか?

全然ちがう?服装問題は右翼や左翼と無関係?

脳科学者の茂木健一郎さんは、前者の立場をナチスと表現していました。ナチスって、ヒトラーの時代のドイツの事で、最大の特徴は極右状態だと記憶しています。では極左状態の社会を表現する言葉はありますか?

Aベストアンサー

右翼は保守派、左翼は革新思想と言っていいと思います。
そして、何が保守でなにが革新かは、その国によって違います。

共産主義、社会主義思想は、近年になって生まれた政治体制なので、左翼とされますが、
社会主義国では社会主義思想は右翼です。

服装と右翼左翼は関係ないです。
むりやりこじつければ、保守的考えなので右翼と表現できるかもしれませんが、
茂木氏のナチスとの表現は、保守と言うより全体主義。ファシズムと言いたかったのではないでしょうか。
国家のために自己を犠牲にすべしという思想です。
ファシズムと保守主義は、近いものがありますが、必ずしも右翼とはなりません。

ファシズムの対極は、アナキズムでしょうか。

Qマックス・ウェーバーの『宗教社会学』の解説本、サイトはご存知ですか

マックス・ウェーバーの『宗教社会学』の解説本、サイトはご存知ですか

マックス・ウェーバーの『宗教社会学』がよく理解できません。わかりやすく解説してくれている本やサイトはご存知ですか。ご存知でしたらご教示ください。

Aベストアンサー

(amazonで一発で出てくるような情報で恐縮ですが、)『よくわかる宗教社会学』(ミネルヴァ書房)という本がおすすめです。
ヴェーバーの『宗教社会学』だけを対象とした解説書は私の知る限りでてないんじゃないかと思います。
ただ、私もかじった程度なので、間違ったこと言ってたらご容赦のほど。

Q中華思想って中国共産党の思想ですか

中華思想という言葉をよく耳にします。チベットやウイグルに対する強圧政策、南沙諸島や尖閣諸島への侵略政策、強硬な反日政策、反国家分裂法の採択等による中華民国(台湾)に対する圧力、侵略予備行動、反日デモの激化や軍事力の増強等は中華思想によってなりたっていると。

例えば台湾やチベット問題ですが、中国はいろんな国の領土を侵略して欲しがっています(彼らの考えは違うでしょうが)。これは中国の人民の思想というよりは、中国共産党の思想で台湾やチベットを欲しがっているということでしょうか?台湾や他の中国系の人はこんな大それた考えは持っていないような気がします。中国の人民も自分たちの暮らしがよければ別に台湾やチベットなんてどうでもいいと思っているような気がします。となれば中華思想で他の国が欲しいと思っている思想は共産党の思想とういことでしょうか?

Aベストアンサー

 中華思想についての解説は、No.2の方の解説どおりで、中国人が古来から持っていた考え方です。

 中国政府の世界戦略に対する考え方は、あなたの思っておられるのとはかなり違います。
 中国共産党は、共産党でありながら経済を資本主義化しているように(共産主義が、経済を資本主義化すれば共産主義の実態は何もなくなってしまいます。実質は単なる一党独裁軍事政権と言うだけです。)、政治の基本路線は超現実主義です。

 少しでも権利のありそうなことは、先ず最大限に主張し、その後の交渉で落としどころを見つければよいとの方針。
 とにかく、13億の人間の生活レベルが向上し始め、大幅なエネルギー消費量の増加を確保するために必死です。
 現実主義に立って、戦争を起こさないで、紛争を交渉で解決するのか大方針と言って良いでしょう。

 中国共産党は、1979年の中越戦争以後、全く政治方針が変わりました。戦争の結果、毛沢東思想派=純粋共産派と鄧小平派=経済重視派の政権争いに対し、軍が鄧小平派側支持に回ったのです。

 この戦争では、ベトナムの数倍もの死傷者を出しながらも、人海戦術で侵攻しましたが、補給物資が底を付き、結局撤退をするしかありませんでした。
 そして、軍は国力の不足が戦闘継続力に直結することを痛感し、毛沢東思想では戦えないと、資本主義経済路線を支持したのです。

 その後の中国外交政策は、しぶとい交渉と現実路線を取っています。
 なぜなら、全人口の半分が、日本並みの経済活動をするようになれば、アメリカの二倍の経済力を持てます。そうなれば軍事力でもアメリカを凌ぐことができます。資源を確保して現状を維持すれば、世界の覇権が転がり込んでくるのが見えているのですから、わざわざ戦争を起こして、経済成長の原動力である、大もうけしている貿易を規制されるような、馬鹿なことはしません。

 実際、最近の外交行動では経済発展の著しいアセアン諸国とは、国境紛争にけりをつけて(以前の中国側の主張する国境よりも中国よりで国境確定しています。)、国境貿易の拡大や海底油田の共同開発に走っています。

 今ではロシア・やアセアン諸国と国境線を確定し、インドとも国境確定交渉を行っていて、国境問題で進展がないのは、日本だけという状況です。(尖閣諸島の海底油田開発が日中共同となり、ある程度の石油が確保できるのであれば、日本の領有権を認めるのは間違いないでしょう。日本が実効支配していますし、貿易で大もうけさせてくれる日本と争う気はありません。)

 ただ、台湾・チベット・ウイグルについては、全く事情が異なります。

 チベット・ウイグル地域が独立国となれば、国境防衛のための経費が膨大な額に跳ね上がります。戦車の通れる数箇所の峠道を守ればよいだけの現在の国境から、さえぎるもののない砂漠・高原地帯の国境に防衛地点が変更になれば、道路・港湾設備などの経済開発への投資(=経済発展により、国家財政増収となって返ってくる)を減らして、軍事費(=投資しても、何も帰ってこない)に使わなければならなくなりますから、中国は世界覇権を握るのが遅くなります。

 また、中国が台湾に対する主権にこだわる最大の理由は、海岸線の防衛です。台湾を中国の主権下に置けば、現在は裸同然である中国本土の海岸線が格段に安全になります。台湾住民とトラブルを起こして無駄なお金を使うつもりはなく、台湾の東海岸に防衛ラインを移動したいというのが実体でしょう。(アメリカも本土防衛はヨーロッパと日本を拠点として、できるだけ本土から遠いところで守ろうとしています。)

 また、台湾の輸出相手国第一位は中国で、中国が発展するにつれ、台湾経済への中国の影響力は強くなっています。
 中国がアメリカを凌いで世界の覇権を握れば、台湾での世論が、政治的にも経済的にも中国の一部になった方がよいとの考えが主流になるかもしれません。
 中国としては、香港のように台湾を扱うから、中国と一体となっても、住民には何等問題ないということをアピールしていくでしょう。

 中華思想についての解説は、No.2の方の解説どおりで、中国人が古来から持っていた考え方です。

 中国政府の世界戦略に対する考え方は、あなたの思っておられるのとはかなり違います。
 中国共産党は、共産党でありながら経済を資本主義化しているように(共産主義が、経済を資本主義化すれば共産主義の実態は何もなくなってしまいます。実質は単なる一党独裁軍事政権と言うだけです。)、政治の基本路線は超現実主義です。

 少しでも権利のありそうなことは、先ず最大限に主張し、その後の交渉で...続きを読む

Qマックス・ウェーバーについて

今、マックス・ウェーバーについて勉強をしています。
で、あらゆる方面から彼のことを見たいと思っています。
そこで私だけの意見では偏ったものになってしまうので、みなさんの意見を聞きたいと思いました。
みなさんはウェーバーをどのように思っているんでしょうか?
ウェーバーについての感想で構いません。
どんなことでも構いませんので教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 まあ偏らないように、ウェーバー論争みたいなものを勉強しつつ、ウェーバーを読むといいのではないでしょうか?ウェーバーは初期・中期・後期に分けられると思いますが、ここで説明できるほど私は詳しくありません。

 私のイメージでは社会学的な分析としての資本主義の精神や官僚制の問題、あとは彼の宗教社会学がとても大きい業績です。あと社会科学の方法としての「客観性」論文が今の社会学に大きな方法論的基礎を与えているので大切ですね。

 日本のウェーバー学はもともとマルクスの補完的問題として考えられ、「マルクスとウェーバー」としてとらえられた経緯があります。平たくいえば資本主義ってどうやってできるの?ということです。 これはもちろん経済学の祖アダム・スミス『国富論』と、それを批判的に発展させたカール・マルクス『資本論』によって解明されました。

 いうまでもなく厖大な理論体系。でも彼らの精錬された議論に、ある疑問が出てくるわけです。それまでヨーロッパは文明を生み出し、唯一資本主義を生み出して経済的に富裕化したといっても、もともと中国などのほうが発達していたくらいではないか、インドだって独特の高度な文明をもっていたはず。ではなぜもともと未開の地でど田舎だった西ヨーロッパ(イギリス・ドイツ・フランスなど)で、資本主義が出てきたんだろう。

 まあ簡単にいうと、こういう疑問が出るのは当然でしょう。ウェーバーは宗教社会学、比較文化の視野をもっていたので、きわめて鋭い問題点を提示したわけです。

 それが資本主義の精神的側面、ヨーロッパに独特なプロテスタンティズムの精神だったのです。一言でいえば、富を生み出す源泉としての貯蓄というか蓄積という観念があったということです。
 以上が日本のウェーバー学の問題でした。以後大塚久雄が経済史を確立する上でいろいろ応用していくこととなりました。
 1960年以降でいいますと、私個人の見方では、欧米の業績ではアンソニー・ギデンズ、日本の業績では山之内靖を注目すべきだと思います。

 ギデンズはマルクスとウェーバーの両方の理論を批判的に発展させて、近代社会の構造と問題を明らかにしました。簡単にいうと、マルクスは資本主義をとらえ、ウェーバーは資本主義と産業主義の両方の問題を見ていました。でも一番大きいのは、マルクスは国家の問題を軽視したのに対して、ウェーバーは国家の問題を強調したことにあると思います。ギデンズはそこで国家の支配や構造を重視するわけなのですが、これはウェーバーが取り組んだ「官僚制」の問題にルーツがあります。

 資本主義は資本主義で発達しえたか?いや無理です。人々の自由な労働と経済行為だけで、実は経済発展はありえないのですね。そこで資本主義とともに発達した官僚制があるのです。国民国家の統一は重要な意味を持ちます。かつて今のドイツは数十の自治的な地域でお互いに関税をかけまくっていた歴史があり、結果的にイギリスから遅れて後進国になります。

 そこには国民国家の支配と統制のあり方が関わらざるをえない。私にとってウェーバーはそういう視点を与えてくれる気がします。

 まあ他にもいろいろですが、ここらへんで。

 まあ偏らないように、ウェーバー論争みたいなものを勉強しつつ、ウェーバーを読むといいのではないでしょうか?ウェーバーは初期・中期・後期に分けられると思いますが、ここで説明できるほど私は詳しくありません。

 私のイメージでは社会学的な分析としての資本主義の精神や官僚制の問題、あとは彼の宗教社会学がとても大きい業績です。あと社会科学の方法としての「客観性」論文が今の社会学に大きな方法論的基礎を与えているので大切ですね。

 日本のウェーバー学はもともとマルクスの補完的問題と...続きを読む

Qウェーバーの「支配の三類型」

テストでウェーバーのことがでるという話なんです。
授業を振り返ってみるとウェーバーの話は「支配の三類型」しか覚えていません。(情けないです)それなので、
ウェーバーの支配の三類型ですが、官僚が三類型の1つだとおもうのですが、あとはわかりません。あとの2つとその説明をしていただきたいのですが。ほんとに申し訳ないことです。あと文献も与えていただけると嬉しいです。
なにとぞお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ウェーバーの「支配の三類型」は、以下の3つに分類されます。

【カリスマ的支配】
カリスマとは特定の人物に宿る畏怖すべき資質のことで、この支配は人々がカリスマ的人物に畏怖の念を抱くことで服従する

キリスト・ナポレオン・レーニン
この支配の問題点は、カリスマが宿る人物は、ごく限られており、その人が死んだ場合その支配体制をどうやって維持していくか(カリスマの日常化)ということである。
<日常化の手法>
(1)世襲カリスマ
カリスマ的人物の子孫もまた、カリスマを持つと考え、代々カリスマを世襲する
例:本願寺の法主・茶道の千家
(2)官職カリスマ
組織上の地位にカリスマ性を付与して、継承していく
例:ローマ法王・ダライ=ラマ

【合法的支配】
制定された規則の正当性を自明のものとして支配する
情緒的なきずなは存在しない
行政官僚制の支配・企業
近代社会における主要な支配形態

【伝統的支配 】
伝統を神聖視し被支配者が自発的に支配者に服従している
この場合の忠誠心は恭順とよばれる男性支配・封建的主従関係・君主制

文献は参考URLを参考にされてください。

参考URL:http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~yano/weber/bib.htm

こんにちは。

ウェーバーの「支配の三類型」は、以下の3つに分類されます。

【カリスマ的支配】
カリスマとは特定の人物に宿る畏怖すべき資質のことで、この支配は人々がカリスマ的人物に畏怖の念を抱くことで服従する

キリスト・ナポレオン・レーニン
この支配の問題点は、カリスマが宿る人物は、ごく限られており、その人が死んだ場合その支配体制をどうやって維持していくか(カリスマの日常化)ということである。
<日常化の手法>
(1)世襲カリスマ
カリスマ的人物の子孫もまた、カリスマを持...続きを読む


人気Q&Aランキング