He was a central figure in the Lockheed bribery scandal.の文章の訳が(彼はロッキード事件の中心人物の一人だった。)とありました。日本語の文章から逆に翻訳しようとすると、He was one of central figures in the Lockheed bribery scandal.ともできるかと思いますが、a~とone of~とでは何かニュアンスに違いがあるのでしょうか?ご存知の方がおりましたら教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

直訳すると、


a~:彼はロッキード事件の、とある中心人物だった。
one of~:彼はロッキード事件の、数ある中心人物のうちの一人だった。

つまり、前者の場合、「ロッキード事件の中心人物」は彼一人である可能性が無きにしも非ずです。たしかに「the」なら、ほぼ確実に一人であるところを、「a」ですから、他にもいると解釈するのが自然ではありますが、可能性として、一人である可能性があります。

反面、後者の場合、あきらかに「ロッキード事件の中心人物」は複数いるのがわかります。

そんなわけなんで、たいていは「a~」と「one of~」とで互いに代用が可能です。ただし、前者の場合「He was a central figure in the Lockheed bribery scandal. In fact, the only central figure.」なんて言い方も考えられなくもないのです。ただし、有名なロッキード事件において、中心人物が複数いたのは誰もが知っている史実ですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ucok様
大変よく理解できました。いつもありがとうございます。

お礼日時:2009/07/10 22:54

不定冠詞(a)は不特定多数の一つ(一人)を意味しますが、もろに訳してしまうと変な日本語になってしまいます。

例えば「He's an American」の訳文は「彼はアメリカ人だ」ですが、これは「彼は(数多くいる)アメリカ人(の一人)だ。」という意味です。ですから「He was a central figure」は「彼は中心人物的な存在だった」というニュアンスになりますね。「中心人物の一人だった。」ですと特定していますから「one of the central figures」となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても納得できました。わかりやすいご説明をありがとうございます。長い間よく理解できないままだったので、これですっきりしました。ベスト回答が一つしか選べないので良回答にマークしてしまいました。すみません。

お礼日時:2009/07/10 23:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhe was the first actor I had met in my life

He was the first actor I had met in my life.(彼は私が生まれてはじめて出会った俳優だった),
という文についてなのですが、
何故その時点まで俳優に会っていないのにhad metとなるのでしょうか????

Aベストアンサー

He was the first actor→主節(中心の文)
I had met in my family→従属節(単なる修飾のための文)

主節と従属節の関係を見抜くことが一番大切です。主節の動詞が過去形の時は、従属節の動詞もその影響を受けます。例文では、その人が生まれた時から、俳優に初めて会った時までの経験をいっているので、過去完了で表現します。今から前に起こったことを振り返って言っているからです。日本語にない発想なので、慣れるしかないと思います。

Qin excess of 21 credit hours と one-half of one percentage point について

以下の2つの英文について教えてください。

・An overload fee will be assessed for all hours in excess of 21 credit hours
追加料金が課せられるというのは理解できるのですが、21は追加料金の対象になるでしょうか?

・one-half of one percentage point
0.5%と解釈しているのですが、それで正しいですか?

Aベストアンサー

 ご質問文からだけでは判断が難しいのですが、"credit hour"には教育用語として「(教科の)履修単位時間」という訳があります。(「ランダムハウス英語辞典」や研究社「リーダーズ+プラス」より)

 従って、KONEKO4さんが仰るご意見ももっともだと思いました。

 ところで、以下は英語の話ではなくて日本語の表現上の話になってしまって申し訳ないんですけど、in excess ofだと21時間目を超えた(日本語的には「過ぎた」の方がいいですね)場合を差すと思います。

 つまり、「21時間目を過ぎた場合に追加料金がかかる」ということだと思います。

 「21時間目ちょうど」までの利用だったら“21時間”を超えていないから、追加料金がかからないんじゃありませんか? 

 つまり、追加料金がかからないのは20:59:59までではなくて、21:00:00までだと思います。

 (実際にはその時間数きっちり利用するというのは難しいでしょうから、『厳密に言えば』の話ですし、履修単位時間の話だったら端数はあり得ないでしょから、気にする必要もありませんが。)

 英語カテの大家の皆様、どうでしょう?

 ご質問文からだけでは判断が難しいのですが、"credit hour"には教育用語として「(教科の)履修単位時間」という訳があります。(「ランダムハウス英語辞典」や研究社「リーダーズ+プラス」より)

 従って、KONEKO4さんが仰るご意見ももっともだと思いました。

 ところで、以下は英語の話ではなくて日本語の表現上の話になってしまって申し訳ないんですけど、in excess ofだと21時間目を超えた(日本語的には「過ぎた」の方がいいですね)場合を差すと思います。

 つまり、「21時間目を過ぎた...続きを読む

QHe was there after climbing all the other six of t

He was there after climbing all the other six of the Seven Summits―the highest mountains on the seven continents.
特にall the other とはどうやくすのでしょうか。

Aベストアンサー

7つの内、他の6つの頂を征服した彼が今、そこにいる ー 7つ目の大陸の最高峰に。

Qこのshading、in、the、grainの意味は?:a shading we didn't notice, but was in the grain.

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、Iain Crichton SmithのCollected Poems(詩集)を読んでいます。

その中の、The Shadowsという詩の一節で分からない箇所があります。

背景:質問箇所は詩が始まって4行目にあります。 1行目は、女性が別れを切り出すセリフです。2,3行目は、周りが暗く感じるという内容。

写真(picture)はその後、詩に二人が写った写真だと出てきます。

~~~~~~~~~~上記の本の詩より引用~~~~~~~
Across the picture there appears a shading we didn't notice, but was in the grain.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

解釈はこれで良いのでしょうか?

写真の向こう側に僕達が気が付かない「わずかな変化(shading)」が現れた、だげどそれは「徹底した(in the grain=in grain?)」ものだった。

in the grainを、慣用句in grainと同義と解釈して良いのでしょうか?もし同じなら、何のためのtheでしょうか?

また、shadingは、shadeが「暗がり」だとか、「陰」といういみだけど、英和辞書では、shadingになると、「わずかな変化」の意味があるし、ここではこの意味かな?っと思ったのですが。

教えてください、よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、Iain Crichton SmithのCollected Poems(詩集)を読んでいます。

その中の、The Shadowsという詩の一節で分からない箇所があります。

背景:質問箇所は詩が始まって4行目にあります。 1行目は、女性が別れを切り出すセリフです。2,3行目は、周りが暗く感じるという内容。

写真(picture)はその後、詩に二人が写った写真だと出てきます。

~~~~~~~~~~上記の本の詩より引用~~~~~~~
Across the picture there appears a shading we d...続きを読む

Aベストアンサー

grainと同様、shading も写真用語として存在します。
レンズを透してフィルムに焼きつけるのですが、その際に撮像素子やレンズ収差の影響を受けて、実際の写真に現像した時にムラができてしまうことがあります。このムラをシェーディングと呼び、それを補正する技術もあります。

「写真を横切って(写真上には)、私たちは気付かなかったムラが表れている。しかしそれは(確かに)撮像素子には存在したのだ」

ということでしょう。
おそらく「以前に取った写真に出ていたムラが二人の間の別れを暗示していた」というような背景があるのだろうと推察します。

Qthe manner of man he was の意味を教えてください

某社の問題集にあった文ですが、文中のthe manner of man he was の構造と意味を教えてください。

Samuel Johnson dominated the literary scene, not so much for what he wrote as for the manner of man he was.

Aベストアンサー

 英語の manner という言葉には、いくつかの異なった意味があります、それを正確に理解することは専門家でも難しいものです。混乱する人がいても無理はありません。

【mannerの意味】

○「方法」、「やり方」(=way)

  例(1): They treated him in a friendly manner.(友好的に)
  例(2): the manner he lived 
       →お尋ねの英文と似て非なるものです。

 例(2)は、the way he lived と同じで「彼の(これまでの)生き方」という意味です。もとの英文としては、He lived in a ~ manner. という英文が考えられます。
 したがって、例(1)は関係代名詞を用いると the manner (in which) he lived に、関係副詞を用いると the manner (how) he lived となります。(もっとも「in which」も「how」も省略することがほとんどですが・・・。)

○「種類」(=kind / sort)

 例(3): He has all manner of books.(あらゆる種類の本)
      ※ manner に s はつきません。
 例(4): What manner of man is he?(彼はどんな人?)
 例(5): the manner of man he was
      → お尋ねの英文の中の表現です。
 
 例(5)のもとの英文は、He was a ~ manner of man.(= He was a ~kind of man.)が考えられます。
  <参考: This is a new kind of melon.>
 例(5)の英文は、関係代名詞を用いると the manner of man (that) he was となります。先行詞がもとの英文で補語の働きをしているので、この that は「関係代名詞の補語」の働きです。先行詞が人を指していますが、性格や地位、役職を示している場合には、whoを用いることはできません。(もちろん、関係副詞への書き換えもできません。)
 以上のことから、the manner of man he was の日本語訳は「彼がどのような(性格の)人物であったか」、すなわち「彼の(過去の)人柄(品格)」となります。

【お尋ねの英文の意味】
>Samuel Johnson dominated the literary scene, not so much for what he wrote as for the manner of man he was. 

○ 関係代名詞節の中で用いられた過去形は、主節の動詞の時制の影響、いわゆる「時制の一致」を受けます。したがって、文中の wrote と was は、主節の dominated と同じ時期のことを表していると考えなければなりません。日本語訳としては「現在の訳」が適切でしょう。(ただし、「その当時」という言葉を添えれば、「過去形の訳」でも前の動詞と後の動詞の示す時制が同じであることが分かります。)
 ※ what he wrote 
    →「彼が書いている文章/彼が(当時)書いていた文章」
 ※ the manner he was 
    →「彼の(その当時の)人柄(品格)」

○ 結論
 「サミュエル・ジョンソンは文学界の支配的な立場にいた、だがそれは彼が(当時)書いていた本の影響というよりもむしろ、彼の(当時の)人柄(品格)によるものであった。」

 英語の manner という言葉には、いくつかの異なった意味があります、それを正確に理解することは専門家でも難しいものです。混乱する人がいても無理はありません。

【mannerの意味】

○「方法」、「やり方」(=way)

  例(1): They treated him in a friendly manner.(友好的に)
  例(2): the manner he lived 
       →お尋ねの英文と似て非なるものです。

 例(2)は、the way he lived と同じで「彼の(これまでの)生き方」という意味です。もとの英文としては、He lived...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報