出産前後の痔にはご注意!

米・ロで核兵器削減について都議がありある程度の結果が出ていますが
 現在ある核兵器をどのようにして、減らすのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

意味 核」に関するQ&A: 核のある意味について

A 回答 (3件)

 戦略核兵器削減交渉の当事者間(主に米ソ《露》)において決定された削減数にみあう核弾頭の処分方法は、実は当事国に一任されているのが実情です。



 ではその削減方法ですが、現実的には削減=廃棄とはいかず、かなりの数の弾頭がそれぞれの国内で保管されています。ただプラットホームいわゆるロケット本体は、衛星発射などの宇宙産業用に結構流用されています。とはいえ、削減とは実戦配備からは外すということと同義であって、単にすぐには使えないようにしておきさえすれば事足りるという、じつに曖昧な内容なのです。
 現実に削減された弾頭のある程度の数が、核戦争の危機が迫ればすぐに使えるようにしておかれていることも事実です。

 とはいえ長期間の保管にもそれなりのメンテナンスが必要であり、それにはコストが掛かるということもあって、古い弾頭から順次解体に入るということも行われています。

 その解体ですが、核ミサイルや核爆弾はまず弾頭とそのパッケージ(爆弾やミサイル本体)の大きな二つに分けられます。その後核弾頭は通常核弾頭組立工場へ送り返され、核物質とプライマリー(起爆装置)が別々に分解され、まずは無害化されます。
 
 その後核物質は保存用のコンテナーに収容され、そのまま長期間保存されるか、あるいは原子力発電用の燃料に再利用されます。ただ解体した場合は国際的な査察の対象になるので、いつでもその査察に対応できるような状態で保管することが義務付けられています。

 そのほかのパーツの中で溶解できる金属物質は鋳塊となってリサイクルされますが、厄介なものに放射性廃棄物や毒性の強い化学廃棄物があります。これらのほとんどは固形化(ほとんどがガラス固形化)処理され、主に地下に設けられた専用保存倉庫で長期保存されることになります。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な回答有り難うございます。先日報道番組で テロリストに選挙されないような多大な人件費・維持でたいへんらしいですね。昔 太陽に発射するとかいうことが言われていましたが現実的ではないのですね。

お礼日時:2009/07/12 08:42

核は分解して貯蔵しています。


ロケットその物はロシアは液体燃料なんで、汲みだして他の物に利用
アメリカは固体燃料なんで燃やすしかありません。

この回答への補足

核の分解貯蔵の意味がよくわかりません、再利用などは、はどうなのですか。報道番組やネットでも解りません。

補足日時:2009/07/11 11:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。

お礼日時:2009/07/14 17:50

無理だよね


ロシアは減らしたくても減らせないのが現状なんだから
注意:増やしたくても増やせないの間違いではない

結局の所、本気で減らすとなると資金と技術を兼ね備えた国の援助を受けるしか無い
それが現実的かどうかを理解すれば無理という結論になる

それと核兵器を減らした所で同等の威力の武器を開発したら何の意味も無いよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問の仕方が悪かったと思います。ごめんなさい。 

お礼日時:2009/07/11 17:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q核保有が許される国と、許されない国の線引きについて

アメリカやインドなど、核を保有していても国際的に制裁されない国と、
イランのように制裁される国が存在するのはなぜですか?
明確な理由は無く経済力が弱ければイジメられるという話ですか?

Aベストアンサー

>アメリカやインドなど、核を保有していても国際的に制裁されない国と、イランのように制裁される国が存在するのはなぜですか?

質問文章に誤認があるので指摘しておく
ほぼ同時期に核武装したインド・パキスタンは経済制裁を受けている。
日本も独自制裁を実施している。したがって、インドの核保有は制裁があった事例と考えるものであって、質問文章は適切ではない

注意するべきは、NPT条約(体制とも)に批准していない国への経済制裁はあまり盛んに行われない背景がある。
ここらは仔細は補足が必要なら応じよう

なお、制裁措置には核兵器に関しては、段階がある
(1)核開発のレベルでの制裁措置
(2)核(水爆)実験に対する制裁措置
(3)核武装に対する制裁措置

一般的には、(2)(3)の段階になれば国際政治的には制裁されることが多い

注意するべきは、イランの場合は、(1)の段階でしかないことにある。
北朝鮮への制裁措置は(2)であって(1)ではなかった。
イランの場合は(1)であるからこそ特異な事例として批判されうる傾向が強いのである

なお、参考までに核開発に至った国でも知られていない国を紹介しておこう

スイス、スウェーデン、台湾、韓国
非公式では、ブラジル・ベトナムも開発している、と見られている

核保有ということでの制裁は一般的ではない。
上記した段階に応じて制裁が行われ、段階に比例して制裁措置の荷重も変わる


>明確な理由は無く経済力が弱ければイジメられるという話ですか?

まず制裁措置の大前提には、NPT批准国(批准している状態である)であることへの問題が大きい
ここらは日本社会では正しく理解されていないが、核保有のリアリズムはNPT体制との兼ね合いで思慮するものであるし、思慮されているのが現実である
端的にいえば、制裁措置は、国際社会の見方次第である。
同時に、核保有を公にすることの是非の問題もあるが、仔細は補足があれば説明しよう

なお、核武装は国際法上においては、国家の持つ自衛権を叶える手段として否定されない。
つまり、全ての国家は核武装権を持っている、というのが国際司法の見解である
しかしながら、”NPT条約に批准し、自ら核保有を放棄している”という状況に対する政治責任が重く判断されるのである。
仮に、NPT条約を破棄・未批准の状態での核保有を国際法的に全面的に批判することが出来ない。

現在イランが批判されているのは、政治的な問題であって、NPT批准国でなければ”国際法としての糾弾は出来ない”とも言えよう。

核保有については、保有状況次第で判定するのが適切なのだが、核武装論が行われない日本国では、その当たりの知識が欠如しているようではあるが・・・

以上

>アメリカやインドなど、核を保有していても国際的に制裁されない国と、イランのように制裁される国が存在するのはなぜですか?

質問文章に誤認があるので指摘しておく
ほぼ同時期に核武装したインド・パキスタンは経済制裁を受けている。
日本も独自制裁を実施している。したがって、インドの核保有は制裁があった事例と考えるものであって、質問文章は適切ではない

注意するべきは、NPT条約(体制とも)に批准していない国への経済制裁はあまり盛んに行われない背景がある。
ここらは仔細は補足が必要なら応...続きを読む


人気Q&Aランキング