ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

このたび、ソニー生命の保険を一部解約する予定です。
主契約の変額保険のみ残し、それに付けていた家族収入特約と障害特約を解約したのですが、解約返戻金があると思っていましたが、ないようです。特約のみの解約は返戻金がないんでしょうか?
他に医療保険も解約したので、まったくゼロではないんですが、思っていた金額より7万ほど少なくなってショックです。
どなたか分かる方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

主契約は証券に解約返戻金がでますが特約は主契約と合算になるので解約返戻金がわからないかわかりずらいのが正直なところ。



多分今回のケースは家族収入は解約返戻金がないタイプでしょう。(ほとんどの会社がないですよ)
医療保険は数年前までは解約返戻金があるタイプだったのでその分がいくらか戻ってきたのでしょう。(現在は解約金ゼロで契約されている方がほとんど)多分、7年以上前の加入なのでしょうね。
詳しくはお客様問い合わせなどで正確な金額を教えてもらうか、担当に聞くのをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
証券には確かに主契約の解約返戻金のみ記載してあって、別途、解約返戻金明細として、家族収入特約と障害特約の解約返戻金も記載してあったので、てっきりもらえるものだと思い込んでいたようです。でも、主契約も全て一度に解約しないと出ないのかもしれませんね。残念ですが仕方ありませんね。

お礼日時:2009/07/11 14:41

保険料は積立分と掛け捨て分があります。

特約はほとんど掛け捨てですので、解約返戻金はないでしょう。医療保険も基本は掛け捨てです。逆に積立に充当する特約が付加してありませんか?
納得いくまで、契約の保険会社に説明を求めてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
特約については、解約返戻金はないと思っていたほうがいいようですね。週明けに担当の人に聞いてみようと思います。

お礼日時:2009/07/11 14:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険の比較サイトを教えてください

生命保険の見直しを考えています。
保険の比較サイトが数多くありますが、偏りを感じずにいられません。
まずは比較サイトを比較するところから始めたいと思うので、
皆さんがご存知の比較サイトを教えていただきたいです。
またこのようなサイトを使った場合のデメリットも教えてください。

Aベストアンサー

保険の資料を請求すると電話やDMがウザかったり(^^;
単なる資料請求サイトは避けたいですよね。

http://www.hoken-erabi.net/
http://www.bang.co.jp/
http://www.insweb.co.jp/
http://www.hokende.com/

Q積立利率変動型と変額終身保険と低解約返戻金型終身保険の違い

積立利率変動型終身保険と変額終身保険と低解約返戻金型終身保険、どれがいいのかで悩んでいます。
それぞれのメリット、デメリットを教えてください。
またそれぞれでお勧めがあるようでしたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いずれも、普通の終身保険と比べてどうなのか……

積立利率変動型終身保険
メリット:市場金利が上昇すれば、予定利率も上昇する。
デメリット:金利下降では、予定利率も低下する。
実際、現状では、金利が最低水準なので、特に大きなデメリットはない。

低解約返戻金型終身保険
メリット:普通の終身保険よりも保険料が安く、払込期間が終了すれば、高い解約払戻率となる。
デメリット:保険料払込期間中は、普通の終身保険よりも解約払戻率が低くなっている(70%)。従って、保険料払込期間中の中途解約は不利。

変額終身保険
メリット:運用が上手く行けば、高い解約払戻金となる。
デメリット:運用が失敗すれば、低い解約払戻金となる。

リスクが低い=安全性が高いのは、利率変動型、次いで低解約払戻金型。
変額終身保険は、まったく別の商品で、ハイリスク・ハイリターンの投資商品に死亡保障が付いていると考えた方が良い。従って、投資の基本的な知識がなければ、手を出してはいけない商品です。
変額保険でもう一つ注意しなければならない点は、資金の引き上げが容易ではない点です。
例えば、株式投資なら危ないと思ったとき、売り抜けて、当面は普通預金に入れて様子を見るということができますが、変額保険では常に何かに投資をしていなければならない。資金の引き上げ=解約しかない点です。

いずれも、普通の終身保険と比べてどうなのか……

積立利率変動型終身保険
メリット:市場金利が上昇すれば、予定利率も上昇する。
デメリット:金利下降では、予定利率も低下する。
実際、現状では、金利が最低水準なので、特に大きなデメリットはない。

低解約返戻金型終身保険
メリット:普通の終身保険よりも保険料が安く、払込期間が終了すれば、高い解約払戻率となる。
デメリット:保険料払込期間中は、普通の終身保険よりも解約払戻率が低くなっている(70%)。従って、保険料払込期間中の中...続きを読む

Q年末調整の給与所得者の保険料控除申告書の記入について

年末調整(給与所得者の保険料控除申告書)の記入について社会保険料控除の欄に国民健康保険を記入するのですが国民健康保険は口座引落としで12月25日です。会社に提出する年末調整(給与所得者の保険料控除申告書)の〆切が12月15日なのですが、12月25日に引落しされる分も記入してよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

#1と2で色々と回答がでてますが…。

結論としては計上すべきです。

社会保険料控除は、その年に支払った金額が基本的に控除対象となります。
何年間分も滞納していたものを一括して支払った場合はまた状況が変わりますが。

なぜ、支払った年度になるかというと所得控除は担税力(税金を払う力)を考慮するために設けられていますので、雑損控除・医療費控除・社会保険料控除・生命保険料控除・損害保険料控除・寄付金控除などなど金銭の支払が控除対象になるものはすべてその年に実際に払ったかどうかで判定します。
もちろん一部例外はありますが。

ですから、厳密にいうと口座残が不足していて12/25に引き落としが出来なかった場合は確定申告で社会保険料控除を訂正しなければなりません。
実務的にはそんな人いませんし、税務署もそこまで細かいことは言いませんが。(笑)

Q年払いの生命保険を年の途中で解約した場合、年払保険料の解約返戻金はどうなる?

年払いの生命保険を途中で解約した場合、年払保険料の解約返戻金について教えてください。

例えば契約日が1月1日の年払契約で、3月10日に解約した場合、1年分の保険料のうち、12分の3は解約控除等考慮されたいわゆる解約返戻金として精算、残り9/12は解約控除等が引かれる前の保険料返還金として精算、という考え方でよろしいでしょうか。(実際の名目は全て解約返戻金として精算されるかもしれませんが、あくまで考え方の話です。)

昔(例えば20年前)は、月割りの考え方はなく、年払保険料すべてが解約控除等考慮後の解約返戻金として精算していましたが、ある時点から月割りの考え方に変更になったと記憶しています。その点、詳しい方がいらっしゃったらご教示いただきたいです。

Aベストアンサー

経済的幸福度に貢献するファイナンシャルプランナーの末次ゆうじです。
年払い保険料の返還についてですが、考え方としては適正です。

上記の例で申しますと、1月~3月まで保険料に充当 4月~12月分を返金します 
ということになります。
この返金になる保険料を「未経過保険料」と呼ばれます。
あくまでも半年払いと、年払いが対象です。

この未経過保険料は、契約者保護の観点を目的として
2010年(H22年)4月1日から保険法改正により施行されました。
http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/life_insurance/life_insurance_q1005.html


ご注意点としては
・これ以前の契約は未経過保険料に適用はありません。
・これ以降であってもすべての保険会社の商品が対象でなない
・一時払の契約については対象外です。(全期前納契約は対象)

ということです。詳細は、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

Q空き家の掛け捨ての火災保険と地震保険について

昨年父親が死亡して築年数が80年以上の田舎(三重県の志摩半島)の一戸建てを相続しました。父の死亡後、田舎の家は空き家になっています。この家に地震保険をつけたいと考えています。現在はJAの掛け捨ての火災保険に加入していますがJAには掛け捨ての火災保険には地震保険がつけられません。
空き家でも入ることが可能な掛け捨ての火災保険とセットにできる地震保険を探しています。ご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

Aベストアンサー

相続して引き継いだ住宅ですし、時々様子見
に行ったりして、住める状態になっているの
であれば、専用住宅としての火災保険の加入
はできると考えられます。

ですので、地震保険の指定保険会社の火災保険
に加入すれば、地震保険にも加入できると思い
ます。

地震保険はどこで入っても、値段は変わりません。
下記あたりで火災保険を選べばよいと思います。
http://hoken.kakaku.com/insurance/kasai/jishin/knowledge/premium/

Q低解約返戻金型医療保険を販売してる保険会社ってありますか? 生命保険料控除の時に 介護医療保険料に該

低解約返戻金型医療保険を販売してる保険会社ってありますか?
生命保険料控除の時に
介護医療保険料に該当するものを探しています。
補償内容は気にしていません。
貯蓄用に考えています。

Aベストアンサー

経済的幸福度に貢献するファイナンシャルプランナーの末次ゆうじです。
「低解約返戻金型医療保険」という商品は存在しません。

低解約返戻金特則付の医療保険は存在します。
保険会社によって医療保険の前にこの言葉が入っている会社もあります。

いわゆる、掛け捨てタイプ医療保険のことです。
また、払った保険料が戻ってくるタイプの医療保険もあります。
貯蓄用にご検討とのことですが、この保険料が戻ってくるタイプの医療保険の
事でしょうか?

・東京海上あんしん生命(メディカルKit R )→http://www.tmn-anshin.co.jp/kojin/goods_medical/kit_r/
・メディケア生命(メディフィット リターン )→http://www.medicarelife.com/products/shop/medifit_rt/
・メットライフ生命(リターンボーナスつき終身医療保険)→http://www.metlife.co.jp/document/products/ropfih.pdf

などが人気です。

一方、低解約型終身保険という死亡保障の終身型の保険は存在します。

経済的幸福度に貢献するファイナンシャルプランナーの末次ゆうじです。
「低解約返戻金型医療保険」という商品は存在しません。

低解約返戻金特則付の医療保険は存在します。
保険会社によって医療保険の前にこの言葉が入っている会社もあります。

いわゆる、掛け捨てタイプ医療保険のことです。
また、払った保険料が戻ってくるタイプの医療保険もあります。
貯蓄用にご検討とのことですが、この保険料が戻ってくるタイプの医療保険の
事でしょうか?

・東京海上あんしん生命(メディカルKit R )→http://...続きを読む

Q解約返戻金つきの保険について

解約返戻金のある保険に入ったとします。
死亡した時、死亡保険金より解約返戻金のほうが多い場合、死亡保険金を請求じゃなく解約して、解約返戻金を受け取ることってできるんですか?

出来るものと、出来ないものがあるんでしょうか?

出来ないなら、解約返戻金つきの医療保険のメリットとは何ですか?
くわしい方教えてください。

Aベストアンサー

死亡した場合荷は、死亡保険金+死亡解約返戻金が支払われます。

死亡事由が死亡保険金支払いに該当しない場合は「解約返戻金」該当事由なら「死亡保険金」です。

死亡保険で、死亡保険金額より解約保険金額の法が上回る場合も発生しますが、この場合は多い方が受け取れます。

Q学資目的での低解約返戻金付保険 あいおい生命orオリックス生命 ご意見をお願いします。

45歳で0歳の子供がいます。
学資保険を調べていたところ、ソニー生命以外の学資保険は元本割れとの情報がありました。
ソニー生命で108%ほどですが、低解約返戻金の保険にして17年後に解約すると、ソニー生命より戻りが多いし、死亡保険金もついているというメリットもあると分かりました。

◎あいおい生命【低解約返戻金特則付き積立利率変動型終身保険】
 保険金300万円、払込55歳、保険期間終身
 保険料17,244円/月
 17年後・・・最低保証利率1.75% 払戻率110.3%  2.75%だと払戻率124%   3.75%だと払戻率139%

◎オリックス生命【ロングターム7】
 保険金250万円、払込55歳、保険期間98歳
 保険料11,838円/月
 17年後・・・払戻率 117.5%
 
正直どちらの会社も今まで聞いたことがありませんでした。
格付けのようなものを調べてみましたが、あいおい損保は載っていますが、あいおい生命は載っていないのが多かったです。

あいおいは、利率変動なので、1.75%以上になると魅力だなぁと思っています。(この利率というのは、世間の利率が良くても、この会社の業績が悪いと1.75%のままなのかなと思いますが)

また、保険会社の人によるとロングターム7は、東京あんしんの長割り終身より断然いいですよっと言われましたので、数では出してもらっていません。

どちらがおすすめでしょうか。
専門家の方のご意見を伺いたく、宜しくお願いします。

45歳で0歳の子供がいます。
学資保険を調べていたところ、ソニー生命以外の学資保険は元本割れとの情報がありました。
ソニー生命で108%ほどですが、低解約返戻金の保険にして17年後に解約すると、ソニー生命より戻りが多いし、死亡保険金もついているというメリットもあると分かりました。

◎あいおい生命【低解約返戻金特則付き積立利率変動型終身保険】
 保険金300万円、払込55歳、保険期間終身
 保険料17,244円/月
 17年後・・・最低保証利率1.75% 払戻率110.3%  2.75%だと...続きを読む

Aベストアンサー

どちらの会社も問題無いと思いますので商品で選べば良いかと思います。
目の付け所は良いかと思います。どちらが良いかは結局結果論にしかならないので、半々づつ両方やってみても良いかもしれませんね。
一般的にはこれから市中の金利は上げ基調なので利率変動型や利差配当付きを選びたいところです。
一方で、オリックスのロングタームや東海あんしんの長割り定期(99歳満了)という無配当ながら返戻率が高い保険があります。確定利回りですから、これらを超える返戻金の増加や配当が無ければ無配当の低解約返戻金型定期保険の方が良いという事になってきます。
あくまで私的な見解ですが、長期金利が日銀の量的緩和の終結だけで2%を超えましたから0金利が解除されると一段アップは確実ではないかと思います。公定歩合の引き上げまでは誰もまだ示唆していませんが、景気が過熱すれば引き上げられます。現状でも1.65~1.75%の予定利率は十分クリアできるので、利率変動や利差配当を選んだほうが良いのではないかとも思っています。
市中金利がダイレクトに反映されるわけではありませんが、未だ超低金利下で組む保険に他ならないので期待値込めて無配当以外を勧めるほうが個人的には多いです。(例えば東海あんしんの代理店なら利差配当付きの長割り終身と無配当の長割り定期がありまして、同じ代理店で両商品比較できるわけですが、どちらを勧めるかは実際意見が分かれます。)

参考URL:http://blog.okwave.jp/Pigeon.php?itemid=509

どちらの会社も問題無いと思いますので商品で選べば良いかと思います。
目の付け所は良いかと思います。どちらが良いかは結局結果論にしかならないので、半々づつ両方やってみても良いかもしれませんね。
一般的にはこれから市中の金利は上げ基調なので利率変動型や利差配当付きを選びたいところです。
一方で、オリックスのロングタームや東海あんしんの長割り定期(99歳満了)という無配当ながら返戻率が高い保険があります。確定利回りですから、これらを超える返戻金の増加や配当が無ければ無配当の低解約...続きを読む

Q火災保険の(総合)ランキングを教えてください。

火災保険の(総合)ランキングを教えてください。

Aベストアンサー

何のランキングが知りたいんでしょうか?

売上高のランキングですか?
従業員数?
社員の年収?
社内結婚の数?

それとも、全てを含めたランキングって事ですか?

だったら無理ですよ。
順位付けする基準がありませんから。

Qソニー生命 変額保険A B について

夫の生命保険の加入を検討中の主婦です。
ソニー生命の変額保険終身型A、変額保険終身型Bについて質問です。

先日、ソニー生命のLP(ライフ・プランナー)の方に家に来て頂いて、設計をお願い致しましたら、「変額保険終身型Bが絶対良い!!」と断言されました。(設計書は、来週持って来てくださる予定)

そして、数日後、保険代理店にも相談に行きましたところ、代理店の方は、ソニー生命の変額保険終身型であれば、「Aを勧める!!」とおっしゃいました。ソニー生命からも「Aを勧めるように言われている」とのことでした。私が、ソニー生命のLPの方から、「B」を勧められたと申しましたら、「そのLPの方のお名前は何とおっしゃるのですか?!」と腑に落ちない、納得のいかない様子でした。おそらく、ソニー生命のLPさんと保険代理店の方は、同じ業界で、交流があるため、そのような言葉が出たのだと思います。

以下は、保険代理店の方からの説明です。
●変額保険終身型A → 積立機能重視(解約返戻金重視)

●変額保険終身型B → 保障機能重視(死亡保険金重視)

ソニー生命のLPの方が、Bを勧める理由は、
・解約をしてほしくない。
・できるだけ長く、保険料を預かっていたい。
のでしょうか?

保険代理店では、「A」を勧めるのが一般的なのに、どうして、LPさんは、「絶対Bだ!!」と断言されるのか、根拠が知りたいです。初めての生命保険の加入で慎重になっております。このLPさんを本当に信頼しても良いのでしょうか?あまり親しくない方からの紹介なので不安です。

こちらのコーナーでも、「おすすめはA!!」と回答が寄せられていただけに、不安です。お詳しい方に教えて頂きたいです。宜しくお願い致します。

夫の生命保険の加入を検討中の主婦です。
ソニー生命の変額保険終身型A、変額保険終身型Bについて質問です。

先日、ソニー生命のLP(ライフ・プランナー)の方に家に来て頂いて、設計をお願い致しましたら、「変額保険終身型Bが絶対良い!!」と断言されました。(設計書は、来週持って来てくださる予定)

そして、数日後、保険代理店にも相談に行きましたところ、代理店の方は、ソニー生命の変額保険終身型であれば、「Aを勧める!!」とおっしゃいました。ソニー生命からも「Aを勧めるように言われている...続きを読む

Aベストアンサー

変額保険の保険料が安いというのは、その通りで、中途解約せずに、死亡保険金を受取るならば、確かに担当者の言うとおりです。
しかし、大きな事故も病気もなく、高齢まで無事に過ごしたら、それは何十年後の話になるのでしょうか?

人生、その前に、お金が必要になることがたくさんあります。
住宅の購入、お子様の教育費、老後の生活費、介護費用……
死亡しての葬式などは、一番最後です。
そのためには、ライフプランに基いたキャッシュフロー表と言う、今後30年、40年間の毎年の収支、累計の収支を一覧表にしたものを作成します。
このキャッシュフロー表でシミュレーションをして、余裕たっぷりとなれば、今から終身保険に契約することも良いと思います。


人気Q&Aランキング