痔になりやすい生活習慣とは?

恥ずかしながら、迷惑防止条例違反で警察に捕まってしまいました。
帰宅途中の女子高生を尾けていたところ、
女子高生があるお店に入り警察へ通報したようで、数分後に警察が来て署に連行されて取り調べを受けました。

警察署ではその日は犯行に及んだ経緯や犯行時の状況などを聞かれ、
指紋・写真・身分証のコピーなどをとられた後、現場での写真を撮影され、自宅までパトカーで送られて自宅のエントランスや玄関の写真を撮影されました。
前に別件(自転車の窃盗)で微罪処分となっていたので本籍などは警察のデータベースから照合されたようです。
後日また警察署に呼び出して調書をとるので留守電状態にしておけ、と刑事の方に言われました。私は学生なので講義がある日は調書をとるのは避けていただけるようでした。

そこでいくつか質問なのですが、
・警察署からの呼び出し電話は最初に捕まってからどのくらいの日数でかかってくるものなのでしょうか?
・私は成人していますが、事件について実家に連絡は行くのでしょうか?
・最初の取り調べでは動揺してしまい何を言ったかよく覚えていないのですが、調書をとるときとで証言に食い違いが出ると罪は重くなるのでしょうか?
・懲役か罰金かというのは当事者同士の話し合いで決められるのでしょうか?
・示談というのは弁護士を通してのみ行われるものなのでしょうか?

以上です。
普段の私の生活態度などを友達に聞き込みされることはあるのか・・・
示談という運びにならず、懲役以外の選択肢がないとしたら・・・
学校を退学させられるようなことになったら・・・
新聞やテレビで報道されてしまったら・・・

不安で安眠できない日々が続いています。
人間的な理性に基づいた行動をとれずに被害者の方に多大な精神的苦痛を与えてしまったことを深く反省しており、こんな事件を起こした自分を情けなく、恥ずかしく感じています。
一刻も早く被害者の方に謝りたく思っています。

似た経験のある方、法律に詳しい方、質問への回答をよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

>反省の意が見られるし自宅の写真も撮ってあるので警察から実家や学校には連絡しないそうです。


警察が被疑者を任意で捜査する場合は、たいてい家族や職場の上司等の人間に被疑者の身元保証人になってもらい、被疑者の出頭を担保するようです。
あなたの場合は警察はあなたの居住実態を確認することでそれを補ったと思われます。自宅の写真を撮ったというのがそうです。
まあ、あなたに対してはそれでも大丈夫なのだと、逃げも隠れもしないだろうと判断されたんでしょう。よかったですね。

>迷惑防止条例および軽犯罪法違反、ということは起訴された場合は二つぶんの刑罰が与えられるのでしょうか?
No.8の中ほどに書いたことがひとつと、あと“罪数”という問題になるので何とも言えません。
初犯で犯行を認めていますからまず無いとは思いますが、不起訴にも略式起訴にもならず、両方もろともについて起訴されて正式裁判になったとしたらその時考えるべきことです。
そんな事態になったとしたら弁護士に聞いて下さい。

仮にそれぞれ独立した犯罪とみなされ、併合罪として刑を科されることになっても両方の法定刑の長期の合計を越える刑罰は与えられません。
例えば窃盗罪の刑罰は最高で懲役10年ですが、10件の窃盗罪を犯して裁判で有罪が確定した場合でも懲役100年の刑を科せられることはありません。
    • good
    • 16

出頭要請の目的が供述調書作成のための取り調べなら、警察官があなたから今までに聴取した内容、これから聴取するべき事項、あなたが否認していないことから取り調べがスムーズに進む見込み、警察官自身の書類作成能力等を考えて2~3時間くらいと言っただけでしょう。


検察官が起訴・不起訴の決定をするまで捜査は続くわけですから、何べんでも呼び出される可能性はあります。でも向こうだって他の仕事山ほど持ってるから時間とらなきゃならないし、任意の捜査ですからあなたの都合も合わせなきゃならないのでなるべく短時間で、呼び出しも少ない回数で済ませたいはず。
そんなことまであなたが心配してちゃきりがないです。
もう2ちゃん○る見るのやめときなさい。

あなたのすべきことはそんなに多くありません。
弁護士に言われたことなど頭の中で良く整理しておけばいいです。
警察に被害者の様子聞いて謝罪文渡してもらえるか聞くんでしょう。
やったことは認めて説明するんでしょう。
やってないことは否定するんでしょう。

供述拒否権がありますから聞かれた事項によって言いたくない、言えないことなら言わなくていいんですよ。警察官があなたに言わせようと説得することは別に問題ありません。
本籍とか出生地とか聞かれますがわからなければわからないでいいんですよ。自分の出生地なんか知らない人もいますからそんなことで怒られやしません。

あとで状況を弁護士に相談するためにメモ帳でも持って行ったらいかがでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

警察から呼び出され、
調書を作成し、現場の写真をとり、自分の写真や指紋、DNAなどをとって終わりでした。

反省の意が見られるし自宅の写真も撮ってあるので警察から実家や学校には連絡しないそうです。

検察でも取り調べのようなことをするから検察から呼び出しはあるが基本的に警察から連絡はないそうです。

罪状は迷惑防止条例および軽犯罪法違反のようです。
取り調べを受ける中で事件を思い出し、本当に反省しました。
あとは起訴猶予を含め不起訴になるのを祈るばかりです。

一つ気になったのですが、迷惑防止条例および軽犯罪法違反、ということは起訴された場合は二つぶんの刑罰が与えられるのでしょうか?

お礼日時:2009/08/03 18:59

これまでの文章から、あなたが警察から“迷惑行為防止条例違反の被疑者”として捜査を受けているのは間違いなさそうです。


被害者からの一連の被害の申告を受けて、その当時つきまとい行為をしていたのがあなたであるなら、過去のつきまとい行為の件もあなたなのではないかという疑いを持って調べているのです。警察としては当然です。

話は変わりますが、私は小学生のころ友人と一緒に近所の廃ビルの敷地に入って遊んでいたところを警察官に職務質問されたことがあります。当初はどうしてこんなに追及が厳しいんだろうと思いましたが、後半に理由を聞いて納得しました。
敷地内にある小屋で火遊びをしている旨の通報が過去にあったそうで、それも君たちではないのか、と疑われたようです。確かに燃えカスが残っていました。状況からして無理もないと思いました。

供述に違いがあるとおっしゃいますが、
被害者:股間をまさぐっているように見えた
あなた:触っていた
この点では一致しています。
被害者からはあなたの内心はわかりませんから、被害者がさらに「あの男は気持ち良くなるために股間を触っていたに違いない」と言ってもあまり意味がありません。
このことによってさらに重い犯罪に該当するということはありませんが、被害者が見た時にたまたまあなたが触っていたところだったとしても、ちょっと状況が悪いです。
このような事案では、警察はそのような行動について性的目的ではないかと聞くのは当然です。検察官からすれば、同じ犯罪だとしても悪質性があるとして処罰を求める必要がある、という方向に傾くでしょう。
持病からくる痒みで触っていたというのならそう供述すればいいですし、他のつきまとい行為の件も違うのなら否定していればいいのです。
犯罪の証明責任は捜査機関にあります。
弁護士のアドバイスの通りにするのがあなたの供述を裏付けるためにもいいですね。

警察から事件が送致されてきて、それをどんな罪名で起訴するのかは検察官が決めます。送致の罪名と起訴の罪名が違うこともあります。
迷惑行為防止条例は適用できないから軽犯罪法を適用して起訴ということもありえます。いずれにしても証拠も充分だし訴訟条件を満たしているが、反省してるし悪質ではないということで起訴猶予(不起訴)にするということもあります。
ですから、
>この程度の軽犯罪で起訴されることはあるのでしょうか?被害者の方が起訴すると言わなくても検察の判断でされたりしますかね?
これはNo.2、No.3をもう一度読んで下さい。被害者の意思のみでとは言ってませんよ。

検察統計より、平成19年に検察庁が受理した地方条例違反(公安条例を除く)の件数は12,483件で、そのうち起訴は8,567件、起訴猶予は3,310件です。
したがって起訴されたのは69%になります。(内訳はわかりません。迷惑行為防止条例を含むと思われます)
軽犯罪法違反では平成19年の受理が16,198件、起訴2,073件、起訴猶予14,047件なので、起訴されたのは13%です。
軽犯罪法違反で実際に科料判決を受けた人で私が知っているのは凶器携帯やのぞきですね。

>前科が付くと入国できない外国もあるそうなのでそれが一番の不安です。
前回も書きましたが、いわゆる前科のある人は少なくないのであまり厳格に考えていると支障が出るばかりです。
他には一部の国家資格の免許(医師免許等)を受けづらくなることですかね。

私があなたの立場だとすれば、できる限りの謝罪はしたいですし、処分も軽い方がいいのでそう望みますが、その上で課せられる処分は黙って受けようと思います。悪いことは悪いので仕方がないですから。
やってないことは認めません。事実でないことを認めることは、これからの人生を生きる上で自分の尊厳を失ってしまうことになると思うからです。

この回答への補足

警察から連絡があり、今週末に署に来るようにと言われました。
2、3時間程度で終わる予定で、特に持参するものもないと言われました。
2、3時間で済むのは1度目の呼び出しだからということなんでしょうか。今後も呼び出されることはあるのでしょうか。
週末になればすべてわかることなんですが、今になって不安が再来してきました・・・

補足日時:2009/07/27 20:48
    • good
    • 14
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やはり過去のことについても疑われてしまうのですね・・・被害者の方の証言次第では疑いも早く晴れるかもしれませんが。そこは疑われるようなことをした自分が悪いので長引いても取り調べにはきちんと応じなければなりませんね。

理由はどうあれ股間を触っていたというのは事実で検察官の印象も悪くなりそうですから、せめてもの証拠として診断書を書いてもらいに行こうと思います。

迷惑防止条例と軽犯罪法でこんなに起訴率が違うんですか。私には留学という目標があるしどちらにしても不起訴が一番良いので、弁護士のアドバイスも参考にして、きちんと反省していることと過去の犯行には関与してないことをしっかりと示せるよう、全力でがんばります。そのうえで下った処分については受け入れるしかないですね。

お礼日時:2009/07/21 11:06

誤認で間違いないでしょう。


あなたが否定して、真犯人が動けば、
逮捕は免れるかもしれませんが、
油断は禁物です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

今回被害者の方の顔を見ようとして後をつけていたことは事実なのでそれは認めましたが、被害者の方が過去に受けた被害については全く関知していないのでその件について警察から問い詰められても否定するつもりではいます。
しかしもし被害者の方が「前からこの人につけられてた気がする」などと言われてしまったら・・・と思っています。今回こんな事件を起こしてしまったし、被害者の方の証言が重視されるでしょうからその点における無実を証明するのは難しそうなイメージがあります。

もう一度弁護士に相談してみます。

お礼日時:2009/07/20 18:26

他人の後ろを歩いているだけで捕まるわけがありません。


少女は普段から他の男につけられたりカメラで撮られたりして
敏感になって誤って違う人を犯人として通報したかもしれません。

あなたが初めて会った女子であるというのであれば誤認ではないのですか?
真犯人は他にいるような気がしますが、
いかがでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

被害者の方は全く知らない初めて会う方だったんですが、
警察の話では被害者の方は過去に何度か似たような被害に遭っており、帰り道での他人に敏感になっていたそうです。

私は今回の件において盗撮も痴漢も声かけもしていませんが、私が被害者の方を尾行したのは事実で、それによって被害者の方が不安や恐怖を覚えたようなので私の犯罪だと思います。
しかし、被害者の方の過去のことについては全く身に覚えがないのでそれについて警察から追及されたら否定します。

お礼日時:2009/07/18 23:24

ええと、あなたがやたらと不安になり、とり越し苦労とも見える文章を書きこまれる理由がわかりました。


(私は2ちゃん○るは根拠もない好き勝手な書き込みが多いのであまり見ないです。悪意も感じるし。余計なことばかり吹きこまれて惑わされるだけですよ。)

>罪状は軽犯罪法だと思うんですが、声もかけていないし撮影もしていないし触ってもいないのに起訴されることがあるのでしょうか?
迷惑防止条例と書かれているので私もてっきりそのつもりで書き込んでいましたが、以前から目を付けていて何度もつけまわしたわけじゃないんですね。その時見つけて偶発的にやっただけですか?
処罰逃れでウソつくのは許せませんが、上記の通りならちゃんと言った方がいいですよ。
つきまとい行為は重い順にストーカー規制法、迷惑行為防止条例、軽犯罪法といったものに規定されています。
軽犯罪法のつきまといは1条1項28号に規定されているので見て下さい。反復性がなければ軽犯に落ち着くでしょう。
法定刑は拘留(1日以上29日以下の身柄の拘禁)又は科料(1000円以上9999円までの財産刑)です。法定刑とは最高でもこの罰ですということです。
調べると言うのは2ちゃん○るに書き込んで意見をもらうことじゃないですよ。(私もろくなもんじゃないですが。ネットなんていい加減なもんです)
前にも書きましたが、刑罰法令に規定されている以上検察官は刑事事件として起訴することはできます。逆に言えばどんなに道義的に悪いことでも法律で禁止されていない以上は罰することはできません。

>やってもいないことを認めるのは良くないとは思いますが、下手に主張を通そうとして裁判沙汰になるのも困ります。
>被害者のかたの供述を認めたほうがいいんでしょうか?
被害者の供述って、何かあることないこと言われてるんですか?
被害者の言っている事なら、嘘だったとしても警察官はあなたにもそれを聞いてみて疑うのが普通でしょう。聞いてみないとわからないし、調べるのが仕事ですから。
取り調べやその他の捜査では“あなたがやったこと”を言えばいいんですよ。良くないというのもありますが、相手に合わせようとしてウソつけば矛盾が出てきます。被害者だろうと安易にウソつけばボロが出ます。
人身事故の実況見分を見たことがありますか?
自動車運転過失致死傷として送致されるのであれも犯罪捜査ですが、自分をよく見せようとしてウソつくと、言ってることに矛盾が出てきてばれるんですよ。
「40kmで走っててここで気づいてブレーキを踏んだとしたらこんなところで止まれるわけがない」とか。
まあ、必ず間違いが無いとは言えませんが、誰だってわざわざ冤罪を作りたいとは思ってないはず。何の得もないですし。
だからいくら被害者に迷惑かけたと思っていてもやってないことは認めなくていいです。あなたのかぶる責任ではありません。

まあ、軽犯の場合起訴でも略式(科料で数千円)ですね。
私が知らないだけでしょうが、拘留って聞いたことがないです。
略式に応じない場合には正式裁判(公判)になることがあります。公判は言葉通り一般人の傍聴も認められている公のものです。これもあまり聞かないです。
他はみんな不起訴です。

ところで、捕まってからどのくらい経ったかわかりませんが、1~2週間という時間は、悪いことをしたという自己の葛藤から逃れるため、反省ということを忘れ、周りのせいにして自分は正当化という心境の変化をするに十分な時間です。
あなたにはそうなって欲しくありません。
もしあなたの心がそうなっていないのなら、私もできれば不起訴にして欲しいです。いくら刑罰が下されるということになってもそのことで決して腐らないで下さい。それは反省ではありません。

いわゆる“前科”がつくというなら、交通違反で“赤切符”を切られて罰金を払った人もそうです。40km以上のスピード違反や飲酒運転、無免許、無車検・無保険車運転がそれにあたります。
人身交通事故起こして罰金刑になった人も前科者です。私の父は何度かやったのでそうかもしれません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

被害者はその日たまたま初めて会った方です。
迷惑防止条例違反と書いたのは警察の方から「つきまとい行為は迷惑防止条例で禁止されている」という説明をされたのでそう書いたのですが、つきまとい行為について調べてみた結果、軽犯罪法違反のほうが近いようにも感じました。(「反復して行った」わけではないので)

細部で被害者の方と私の証言に違いがあります。
被害者の方からはズボンの中に手を入れ股間をまさぐっているように見えたといわれているようですが、私は持病からくる痒みや一物の位置を調整するために触っていただけで性的快感を得るために触った覚えはありません。
なので警察に「性的な目的で触っていたんだろう」と言われたときは否定しましたが、被害者の方がまだ疑っている可能性があるので不安です。弁護士の方には「皮膚科に行って診断書をもらっておけ」とアドバイスされたのでその通りにすることにしました。

起訴されて裁判となるとほぼ確実に有罪となってしまい前科がつくらしいのでそれを恐れています。
不起訴ならば前科がつくことはないようなので示談などなんとかして不起訴に持ち込みたいと思っています。
実際のところ、この程度の軽犯罪で起訴されることはあるのでしょうか?被害者の方が起訴すると言わなくても検察の判断でされたりしますかね?心配です。
前科が付くと入国できない外国もあるそうなのでそれが一番の不安です。

被害者の方を不安にさせたことを本当に申し訳ないと思っていますし、
もちろん二度と犯罪行為はしないと心に固く誓っております。
毎日を全うに生きようと日々心がけている次第です。

お礼日時:2009/07/18 23:18

>捜査とはどの時点まで続くのでしょうか。


どちらかが嘘をついているんじゃないかというような食い違いは、ある程度双方から話を聞きなおしたり、判明している他の状況を示して問いただしたりするでしょうね。取り調べって供述者の言いなりに記録だけすることじゃないですから。
仮に犯人が完全否認していたとしてもその調書は取って他の資料も合わせて検察庁に送るでしょう。
どの時点までというのはわかりません。先に書いたとおり捜査権は検察官にもありますし、検察官は警察官に対する指揮権がありますから、足りないところがあれば警察に対してこの部分について詰めて下さいということになるんじゃないですかね。起訴不起訴の判断を下すまでです。

>起訴=刑罰を受ける=いわゆる前科がつく
めったにないことですが無罪判決が出れば刑罰は受けませんよ。

詫び状を警察官が受け取って被害者に渡してくれるかどうかはわかりません。今度取り調べがある時にでも警察官にさりげなく「相手の方はなんて言ってますか」とでも合わせて聞いてみてください。
失礼ですが、おそらく被害者の女子高生の立場となれば、あなたのことなど特に注目してもいませんし、自分から離れてくれさえすればどうでもいいことと思っているでしょう。その場合、
>自分が迷惑をかけた相手に謝ることができないのは嫌です。たとえ処分が決まっても被害者の方に私が謝らなければ事件が終結したとは言い難いとも思います。
この部分を押し出しすぎると、周りからはあなたの身勝手な思いこみととられてしまいますので気を付けて下さい。

>四六時中、事件のことを考えています。
何度も言いますが、やってしまったことはもう仕方ないですし、落ち込んでばかりいても何も生まれませんよ。
前向きに考えて下さい。

この回答への補足

何度もありがとうございます。

弁護士に相談してみたところ、「話を聞く限り事件性は低いが、細部であなたと被害者の供述にズレがある(私が説明しました)ようなのでその点をめぐって争いになる可能性もある」と言われました。
やってもいないことを認めるのは良くないとは思いますが、下手に主張を通そうとして裁判沙汰になるのも困ります。
被害者のかたの供述を認めたほうがいいんでしょうか?

罪状は軽犯罪法だと思うんですが、声もかけていないし撮影もしていないし触ってもいないのに起訴されることがあるのでしょうか?
起訴されればほぼ確実に有罪だと思うので、なんとか不起訴に持ち込むためにも被害者の方と連絡をとって許してもらうなり示談なりにしたかったのですが・・・。時間が短すぎて弁護士とは詳しく話せませんでした。

わかりました、反省と謝罪の意は警察に示しますがしつこくならないようにしておきます。調書をとるときにそれとなく被害者の方の様子を聞いておきます。

補足日時:2009/07/18 00:02
    • good
    • 0

回答が遅くなりすみません。



警察を介してあなたと被害者の女性が会うことはもうないでしょう。
彼らは示談交渉をするのが仕事ではないですから。

警察がすることはあなたが犯した犯罪に対して、犯人を探し証拠を集める、つまり捜査です。逮捕は犯人の身柄を確保する手段です(あなたは逮捕する必要がないと判断されただけです)。
取り調べも捜査の一つです。犯罪に関係する供述を得るため被疑者や被害者、目撃者をそれぞれ取り調べ、その内容を供述調書にします。

警察は捜査が終結したら作成した書類や証拠物を検察官に送致します。捜査権は検察官にもあるので、その後検察庁に出頭を求められ、取り調べがあるかもしれません。
検察官は送致された書類や証拠物を参考にして、起訴するか不起訴にするか判断します。個々の検察官だけが起訴の権限を持っています(略式起訴も起訴の一つです。公判をしないだけ。罰金を払ってお終い)。
起訴されたらあなたに対し刑罰を求めるための裁判になります。
不起訴は訴える必要がない、あるいは不可能という判断です。そこであなたへの追及は全て終わりです。刑罰もなんもなし。
(これらの手続きは刑事訴訟法にそって行われます。ですから詳細は刑事訴訟法の一般向けの入門書でも読んで下さい。本屋にあります。)

というわけで、被害者への謝罪や賠償は別の事です。
従っていつでもいいわけです。
ただ検察官の起訴するかどうかの判断には、被害者の加害者に対する処罰意志や、示談の有無が考慮されます。

ところで、自分の不安を解消するだけのために被害者に謝るのに固執するのはどうでしょう。
被害者の女性にとってあなたは「全く知らないし会話したこともない他人。なのに私の事をつけてくる気持ち悪い人。もう関わりたくもない」と思っているかもしれないからです。
そして、“犯人が警察に捕まって取り調べを受けているだけで満足”かもしれません。
あなたは以前自転車を盗んだとき、持ち主に会って謝罪や弁償をしましたか。被害者から何か請求されましたか。そういうことです。
まあ、これは他人が言えることではなくあなたが決めることですからお任せします。具体的な行動について相手から何か言ってくるまで待つのも一つの判断です。

社会としてあなたに求めることは反省ともう二度と繰り返さないことですよ。あなたが落ち込むあまり生産性が落ちることは望みません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

遅くなったなどとんでもない、回答くださってありがとうございます。

被害者の方と私が会うことはもうないのですね。詫び状を書いてもみたのですが弁護士を通すことでしか渡せないのでしょうか。

私は容疑者として警察に取り調べをすでに一度受けており、その際に犯人であることを認めましたが捜査とはどの時点まで続くのでしょうか。仮に被害者の方の供述と私の供述が食い違っており、さらにもしもどちらの証言が正しいかを裏付ける証拠が出なかった場合は聞き込みや取り調べをいくら続けても堂々めぐりのようにも思えますが・・・

警察からの呼び出しによる取り調べとは別に検察からの呼び出しによる取り調べもある、ということですね。わかりました。

では検察からの処分が下る前に被害者の方に反省の意を示し謝罪し、被害者の方に反省を理解していただくことができれば刑罰が軽くなる可能性もあるということでしょうか。犯罪者の身分でこんなことを言うのは間違っているかもしれませんが、刑罰はできるだけ軽いほうがいいというのが正直なところなので。

ところで自分なりにインターネットでいろいろ調べたのですが
起訴=刑罰を受ける=いわゆる前科がつく
不起訴=刑罰がない=前科がつかない(基礎猶予含む)という認識は正しいですか?

自転車の時は警察の方が電話越しに私の反省の意を伝えてくださり、それで被害者の方に許していただくことができました。
事件以降、四六時中、事件のことを考えています。
自分が被害者の立場だったらと思うと背筋の凍る思いで、そんな恐怖や不安を与えてしまった被害者の方に謝らせていただきたいと考えています。ましてや相手は女性で、本来女性を守るべき男として最低の行為をしてしまったことを深く反省しております。直接というのはやはり不可能でしょうが、自分が迷惑をかけた相手に謝ることができないのは嫌です。たとえ処分が決まっても被害者の方に私が謝らなければ事件が終結したとは言い難いとも思います。

まだ事件から日は浅いですが、これからは絶対に二度とこのようなことをしないことを心に誓い、他人に迷惑をかけず全うに生きようと心がけています。

お礼日時:2009/07/16 12:06

逮捕ではなく任意捜査になったんですね。

呼び出しがいつ来るかはわかりません。捜査担当者次第です。まあ長くても1か月後くらいまでではないでしょうか。
あなたは少年ではないので、事件についてはあなたが望まない限り、あるいは捜査上必要がない場合実家にわざわざ連絡はしません。

取り調べを受けただけでまだ調書は作られてないんですよね。
動揺かどうか知りませんが、調書の最後に署名押印するのはあなたです。そうするまえに捜査員が作成した調書の内容を読み聞かせますし、あなたもそれを見ることができます。調書の内容が違うのなら「違うので直して下さい」「この前はこういいましたが、実際はこうなんです」と言えばいいです。
内容に間違いがないと思ったらあなたが署名押印すればいいのです。
あなたには供述拒否権がありますから、言いたくないことは言わなくていいと取調官から説明があるはずです。
嘘をついていいわけではありませんよ。供述の裏付けもとって検察官に送致するので、ばれれば追及されますし、その記録も残ります。

訴追(起訴するかどうか判断)をするのは検察官です。
罰金や懲役などの刑罰を下すのは裁判官です。
被害者ではありません。
被害者に対する謝罪や損害賠償は別の話なので、被害者と示談をしようとこじれようと、これらは直接の関係はありません。
影響はあるかもしれませんが。

示談や謝罪をする場合、捜査関係者が加害者であるあなたに直接被害者の情報を教えるとは考えづらいです。
弁護士など第三者に依頼しましょう。

“警察に捕まったこと”が恥ずかしいのか。それとも“捕まるまでその行動を抑制出来なかった”ことが恥ずかしいのか。よく考えて。
勝手な自己の正当化はしないよう、よく反省し、これからの人生胸を張って生きられるようこれを機会に生まれ変わって下さい。

※まだ起訴もされてないのに、罰金が確実とか懲役が絶対ないとかは検事や裁判官でない人が言えることではありません。不起訴ということもありえます。これも確実なんて言えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

遅くともだいたい1か月くらいですか・・・
勝手に実家へ連絡行くことはないのですね、わかりました。
調書をとるときに内容をよく思い出して嘘の供述をしないよう努めます。

調書は警察の立会のもと、私と被害者との間で取るものかと思っていましたが違うようですね。
弁護士に依頼するならばいつがいいのでしょうか。調書をとる前?
起訴・不起訴・逮捕の違いというか、それぞれの場合に下される処分の違いを教えていただけると助かります。
また、調書から処分(判決)までの流れも気になります。

理性を抑えきれずに事件を起こし、被害者に精神的苦痛を与えたことが恥ずかしいです。
深く反省し、これを機に全うな人生を歩みたいと思います。

お礼日時:2009/07/12 20:04

つきまといで、検挙されたのですね…



懲役は、ありません。
略式での罰金刑になり、今回罰金刑になったら、前科が付きます。

警察からの呼び出しは、いつあるかはわかりません。担当した捜査員が、他の事件とのスケジュールを調整しますから、捜査員次第となります。

親には、逮捕されても成人者の場合には、連絡を拒否したら警察は連絡ができません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございます。
懲役はないのですね。罰金刑になることは確実なのでしょうか。
罰金刑に確か条例の定めるところでは50万円以内と記憶しております。罰金というのは被害者に払う慰謝料や示談金とはまた別に警察に払うのでしょうか。

お礼日時:2009/07/12 17:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q迷惑行為防止条例違反について

しばらく前主人が迷惑行為防止条例違反にあたる恥ずべき行為をしてしまい、警察に捕まりました。取調べを受け後日検察から連絡がいくと言われ、帰されました。そして本日検察庁から呼出通知がきました。本当に恥ずべき行為で罰を受けるのは当然だと思うのですが、本人も大変反省しており今後のことも考えてネットなどで調べたところ、初犯であり起訴猶予になる可能性もあるということでした。しかし、起訴猶予の場合、検察から連絡はこないという情報がありました。この手の事件は1回の呼出で略式起訴となり罰が決定することがほとんどのようですが、検察から呼出通知がきた主人はもう起訴猶予の可能性はほぼないということなのでしょうか?心配で仕方ありません。どうかご意見お願いします。

Aベストアンサー

 軽微な犯罪の場合は、お話しのように略式でさばかれる
ことが多いですので、呼び出されてからあまり時間をかけ
ずに起訴の有無が決定されることが多いように聞きます
(このあたりは検察官の裁量事項ですので、確証があるわ
 けではありません。)
 ですので、呼び出し時からどれだけ遅れて良いとか、そ
ういうことは全く申し上げることはできません。


 また情状の場合、反省文などもよいのですが、やはり被
害者感情というものが大きな割合を占めますので、示談の
成立があったほうが、とても、よいです。小生としては、
アドバイスとして、示談の成立をお勧めします。

 最後に、日々つらい毎日をすごされているかと想像しま
す。奥様がしっかりしなければこの修羅場は乗り越えられ
ませんので、奥様ご自身も健康に気をつけて、がんばって
ください。

Q迷惑防止条例違反。

法律についていろいろと調べており、疑問に思ったことを質問します。迷惑防止条例違反で捕まった人は被害者の訴える意志に関わらず、警察により起訴されるのでしょうか?
また、訴える意志を示さなかった場合は起訴されないのでしょうか?
もし、訴える意志を示さなければ起訴されない場合、二年以上経過してから訴える意志を示したとすれば、犯人は起訴されるのでしょうか?

Aベストアンサー

>迷惑防止条例違反で捕まった人は被害者の訴える意志に関わらず、警察により起訴されるのでしょうか?

迷惑防止条例は、行為を罰する法律ですから、被害者の訴える意志には無関係です。たとえば品川駅のエスカレータで女子高生のスカートを手鏡で覗いた某大学教授は、女子高生の意思とは無関係に逮捕、勾留、起訴されています。

>また、訴える意志を示さなかった場合は起訴されないのでしょうか?

迷惑防止条例で規定する禁止行為を立証できるのが、唯一被害者だけであるという場合があり、またこういう場合が非常に多いのが現実でしょう。

そうすると被害者が訴える意志を示さなかった場合は、迷惑防止条例で規定する禁止行為を立証することは事実上不可能で、刑事裁判を起こしても無駄になりますから、起訴されないことになります。

たとえば、他人のお風呂をのぞき見した犯人がいたとします。これをパトロール中の警官が見つければ、被害者の意思は無関係に起訴されます。その被害者家族が警察に通報した場合には、被害者の意思が、結果として起訴・不起訴を左右することになるでしょう。しかし、たとえこの場合であっても、ほかにも被害者が多数いれば、検察の判断は変わるでしょう。

>もし、訴える意志を示さなければ起訴されない場合、二年以上経過してから訴える意志を示したとすれば、犯人は起訴されるのでしょうか?

迷惑防止条例は普通は時効を定めていませんから、法理論上は「二年以上経過」は無関係です。

しかし本質は、迷惑防止条例違反として立件できるかどうかであって、禁止行為を明白に行っている犯人の顔がはっきりわかる写真があるなど、非常に特殊な場合でないと、検察は起訴はしないでしょう。被害者の申し立てだけでは立件は非常に難しく、起訴しても「疑わしきは罰せず」の原則で無罪となるからでしょう。

ただし2年間被害届けとか告訴をしなかった十分な理由があり、捜査すれば容易に証拠・証人も十分揃えられそうなら話は変わるでしょう。この場合はケースバイケースということです

>迷惑防止条例違反で捕まった人は被害者の訴える意志に関わらず、警察により起訴されるのでしょうか?

迷惑防止条例は、行為を罰する法律ですから、被害者の訴える意志には無関係です。たとえば品川駅のエスカレータで女子高生のスカートを手鏡で覗いた某大学教授は、女子高生の意思とは無関係に逮捕、勾留、起訴されています。

>また、訴える意志を示さなかった場合は起訴されないのでしょうか?

迷惑防止条例で規定する禁止行為を立証できるのが、唯一被害者だけであるという場合があり、またこうい...続きを読む

Q検察に呼ばれたら、検察庁で何するのですか??

(1)検察に呼ばれて検察庁にいったらどんな事するのですか?

(2)その日に不起訴や罰金刑とかある程度の処分は分かるのですか?

(3)略式裁判って裁判所に出頭して行われるのですか?
 普通のテレビでみる裁判と何が違うのですか?


私は器物損壊で現行犯で捕まってます。
一応謝罪と弁償は済んでますが、自分がやった馬鹿さにあきれています。反省もしています。
毎日が不安なのです。

Aベストアンサー

今年の8月15日に検察庁に出頭した経験者です。当方の経験から書きますね。
(1)警察から検察へ調書が行ってますからそれを元に話をするだけです。

(2)その日にわかることは検察が起訴するかどうかぐらいです。罰金刑に関してはその日に知ることは無理です。罰金刑になるということは罪ですから裁判所を通さないと決定しませんからね。

(3)略式裁判は裁判所には出頭せずに裁判官が被告(質問者さんです)と会わずに罪をどうするか決める裁判のことです。勝手に裁判所で判決が決まるのでテレビで見る光景と違う点は裁判官が書類上で決めてしまう、被告が出頭しない、被告が裁判官と会わないの3点くらいですか。

大体これくらいですね。こういう経験って普通の人はなかなか無いので不安かと思います。実際、当方も少し不安でした。それと経験談からのアドバイスです。おそらくこの程度の事件でしたら起訴猶予(前科がつかない)で済むと思います。器物損壊は軽い罪の方ですし謝罪と弁償が済んでいるのなら大丈夫でしょう。ただ検察官は事件の程度が低いため経験の少ない人に当たる可能性が高いです。(経験を積んだ検察官ってどうしても凶悪犯罪の方に回されますからね)ひたすら反省している態度を見せてその上で下手な事(主に調書の内容と違うことです)は言わないほうがいいです。検察官といっても所詮同じ人間ですから経験が低い人間に当たると進め方がなかなかわからないってことにもなりますからね。(当方の場合経験がない成り立ての検察官で苦労しました)それとあくまで検察官の機嫌が損ねないのがポイントです。検察官の態度次第で机上は不起訴の事件でも平気で起訴にしてきますからね。特に経験が無い検察官はなおさらです。裁判所側だって忙しいのです(ですから裁判員制度の導入が決まったわけですしね)ですがレベルの低い検察官だとそういう事実も無視して平気で起訴にしますからね。国家権力を盾に罵声、暴言、大声はもちろんの事、平気で嘘ついたりしますからね。あくまでキレずに冷静に対処してくださいね。事件の場であったことや調書の内容をそのまま言って反省していれば大丈夫ですから。あまり不安にならずにがんばってくださいね。

今年の8月15日に検察庁に出頭した経験者です。当方の経験から書きますね。
(1)警察から検察へ調書が行ってますからそれを元に話をするだけです。

(2)その日にわかることは検察が起訴するかどうかぐらいです。罰金刑に関してはその日に知ることは無理です。罰金刑になるということは罪ですから裁判所を通さないと決定しませんからね。

(3)略式裁判は裁判所には出頭せずに裁判官が被告(質問者さんです)と会わずに罪をどうするか決める裁判のことです。勝手に裁判所で判決が決まるのでテレビで見る光景と...続きを読む

Q現行犯以外で痴漢が逮捕される可能性を教えてください。友人がお店で痴漢に

現行犯以外で痴漢が逮捕される可能性を教えてください。友人がお店で痴漢に遭ったそうです。防犯カメラに現場が映っていれば、犯人割り出しも可能かと思いますが、どうなのでしょうか? よく、痴漢や万引きは現行犯以外では逮捕されにくいと聞きますが……。

Aベストアンサー

お答えします。

痴漢は現行犯以外では摘発は極めて難しいですよ!要するに決め手となりうる、
目撃者の証言とか、防犯カメラの映像の決め手があれば逮捕は可能でしょう!
それ以外は痴漢行為をした人間の摘発(逮捕)は無理ですね。

逃げられてしまったのなら、ほとんどどうしようもありません。
痴漢行為は、基本的に触っているだけなので証拠が残りにくいですし、
他に目撃者でもいない限り、犯人を捕らえることはかなり難しいと言わざるを得ません。

そもそも第三者の立場から言えば、「痴漢行為」があったかどうかもわかりません。
貴方や、被害に合われた方にとっては腹立たしい見解だとは思いますが、
痴漢被害者のフリをして、何もしていない男性から慰謝料を取るような女性もいますから、
相手に言い逃れをさせないためにも、現行犯で押さえることが重要になってくるのです。

Q迷惑防止条例

友人の家族が、迷惑防止条例違反で捕まりました。
友人が迎えに行って、その時は釈放されたみたいなのですが、
地検から呼出状が届いた、との相談を受けました。
友人が気にしているのは、区検ではなく地検からの呼び出しという所みたいで、
通常、罰金刑等の略式で済むような事件の場合、区検で処理される事が多いと思うのですが、
地検からの呼び出しという事は、刑が重くなってしまう可能性があるのでしょうか?
初犯との事ですが、公判の可能性も高いですか?
今、友人が出来ることは何かありますでしょうか?
示談は難しい様です。

私にしか、この事を話していないとの事で、ぜひ力になってあげたいです。

Aベストアンサー

#2です
迷惑防止条例は制定した都道府県によって内容が違うのですが、罰則に禁固以上の刑が定められているのが普通です。
裁判所法(参考URL)第33条の2で
簡易裁判所は、禁錮以上の刑を科することができない。
と定められいるので 
ご質問の事例では簡易裁判所で審理(裁判)をすることが出来ず、自動的に地方裁判所もしくは家庭裁判所の管轄となったと思われます。
このため、地方・家庭裁判所管轄の事件は 区検察では扱えないのでこれも自動的に地検の管轄となります。

>起訴される場合は、簡裁で行う略式起訴では済まないという事でしょうか?
略式起訴というのは 公判をせず書類だけで審理を済ませてしまう事ですが、
科料や罰金が相当と検察官が思えば、簡易裁判所に請求して公判をせずに略式起訴→略式命令となります。
不起訴、略式起訴になるか正式な公判請求(起訴)になるかは検察官が決めます。
刑事訴訟法第248条(起訴便宜主義)といい、この判断に示談の成立は考慮されます。 

<初犯で常習者でない場合>、
被疑者が事実関係を争う意思がなければ、公判請求はないと思えます。 この場合被疑者は検察官から略式起訴の同意を求められ、意義のない旨の書類提出をします。
もちろん不起訴の可能性もあります。
<累犯または常習者, 多数の画像を所持している場合>
公判請求された場合は、地方・家庭裁判所の管轄管轄となり、禁固以上の刑を検察官が請求する可能性があると言えます。


第461条(略式起訴)
簡易裁判所は、検察官の請求により、その管轄に属する事件について、公判前、略式命令で100以下の罰金又は科料を科することができる。この場合には、刑の執行猶予をし、没収を科し、その他付随の処分をすることができる
第461条の2(略式起訴についての説明と被疑者の異議)
(1) 検察官は、略式命令の請求に際し、被疑者に対し、あらかじめ、略式手続を理解させるために必要な事項を説明し、通常の規定に従い審判を受けることができる旨を告げた上、略式手続によることについて異議がないかどうかを確めなければならない。
(2) 被疑者は、略式手続によることについて異議がないときは、書面でその旨を明らかにしなければならない。
 
 

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S22/059.HTM#s3

#2です
迷惑防止条例は制定した都道府県によって内容が違うのですが、罰則に禁固以上の刑が定められているのが普通です。
裁判所法(参考URL)第33条の2で
簡易裁判所は、禁錮以上の刑を科することができない。
と定められいるので 
ご質問の事例では簡易裁判所で審理(裁判)をすることが出来ず、自動的に地方裁判所もしくは家庭裁判所の管轄となったと思われます。
このため、地方・家庭裁判所管轄の事件は 区検察では扱えないのでこれも自動的に地検の管轄となります。

>起訴される場合は、簡裁...続きを読む

Q主人が迷惑防止違反で逮捕されました

一昨日の午前(1/27)に電車内で痴漢行為をし、主人が逮捕されました。
同じ日、私は6時頃帰宅し、警察からの留守電話にて初めて知りました。
警察へ電話した所、詳しくは教えてもらえず、「2,3日出勤できない旨、会社に連絡入れて欲しい」と主人から伝言を頼まれたとのことです。

そのとき、警察に聞きました。
・なぜ捕まったのか?→主人が帰ったら詳しく聞いて欲しい。
・今日は帰ってくるのか?→明日か、明後日には帰れると思う。明日の3時頃また警察まで電話してください。
とだけでした。

そして昨日(1/28)、昨日3時頃電話したところ、署を出たのが遅かったのでまだ署に戻ってきていない。またしばらくしたら電話欲しい。とのこと。
結局6時頃の電話で、「痴漢行為」、「拘留延期?」を知りました。
警察の話では、
・今回捕まったのは初めてだが、これまでに何度か痴漢行為をしていた。
・十分に反省し、取り調べにも正直に話している。
・土曜日は区検が休みの為、都検(?)に回され、その場合、「やはり区検のものは区検で!」という考えで拘留延長する検事さんも結構いる。

警察の方は、今日の3時頃また電話欲しいと言うのですが、
私はこのまま手をこまねいているしかないのでしょうか?
主人の仕事は土日休日ではないので、今日も本当でしたら仕事なんです。
被害者の方には本当に申し訳ないと思っているんですが、やはり家のことが一番心配なのが正直な所です。
本当に今日帰ってくることができないと会社にもいいわけが立ちません。
どうすれば主人は帰ってこられるでしょうか?
弁護士の手を借りた方がいいのでしょうか?
またその場合法律相談センターは日曜日は休みとのことで、私はどこで弁護士を捜せばいいでしょうか?
本当にせっぱ詰まっています。
どうかよろしくお願いします。

一昨日の午前(1/27)に電車内で痴漢行為をし、主人が逮捕されました。
同じ日、私は6時頃帰宅し、警察からの留守電話にて初めて知りました。
警察へ電話した所、詳しくは教えてもらえず、「2,3日出勤できない旨、会社に連絡入れて欲しい」と主人から伝言を頼まれたとのことです。

そのとき、警察に聞きました。
・なぜ捕まったのか?→主人が帰ったら詳しく聞いて欲しい。
・今日は帰ってくるのか?→明日か、明後日には帰れると思う。明日の3時頃また警察まで電話してください。
とだけでした。
...続きを読む

Aベストアンサー

困られているようです。以下の記述はあくまで参考にしてください。

勾留が付いた以上、10日は覚悟。満了途中で示談書の写しを副検事に提出したら、その翌日、釈放可能。

検察庁の担当副検事が(警察は副検事の許可がないと被害視野の住所氏名電話番号を開示しない)、弁護士が付いたとしてすぐ教えることは、「まずありません」。

どうしているかというと、検察官にしつこく開示を求めながら、次の日やっと被害者側の了解を得て検察が携帯の電話番号をやっと教えてくれる、という筋です。

裁判所・検察・弁護士会の三庁合同会議の席上で、この被害者不開示がネックとなって示談ができず、痴漢の犯人の家族が、逆の意味で2次被害者になっている事実を指摘しても、実務ではなかなか開示がスムースにいきません。弁護士がついてもです。

だから、一次勾留満期までに被害者による弁償受け取りまで行くのは、センター登録している弁護士でも大変です(みな義務で登録させられています)。

前科無しとして、常習者と検察が見れば、略式罰金20万前後で終局処分です。

もし、示談出来たら、起訴猶予も可能性大いにありです。しかし、そのためには、今週動ける時間のある弁護士を探さなければならない。まず、難しい。

ところで、起訴猶予となった場合でも、社内処分は厳しいものがあります。10日も休業すれば隠しおおせるものではありません。

そして、それを会社に対し、うまく取りはからっておくことが奥さんの役割ではありません。あなたの責任でどうにか出来るものなどではないのです。

時間があまりない。担当副検事ないし検事を管轄の地検で調べ(事件係)、電話連絡の上尋ねて面会する。罰金処理されたら職を失うこと、家族が路頭に迷うこと、被害者のかたには慰謝料として30万用意したと言って、通帳の日付記帳した同額の金額を入金している部分の写しを提出し、上に述べた事情を書いた上申書(表題は無関係です)を持参し、「検察官を通して被害者のかたに何とか連絡してもらいたい。受け取っていただきたい。」と懇請することです。

ここまで言われたら、担当Pは一度や二度はやってくれます。

ひまのある弁護士をさがすより、とても実効的です。

以上、やってください。しかし、会社のことは、先ほども言いましたが、起訴猶予でも難しいです。ご主人もそれなりの覚悟はすでにされていると思いますよ。

困られているようです。以下の記述はあくまで参考にしてください。

勾留が付いた以上、10日は覚悟。満了途中で示談書の写しを副検事に提出したら、その翌日、釈放可能。

検察庁の担当副検事が(警察は副検事の許可がないと被害視野の住所氏名電話番号を開示しない)、弁護士が付いたとしてすぐ教えることは、「まずありません」。

どうしているかというと、検察官にしつこく開示を求めながら、次の日やっと被害者側の了解を得て検察が携帯の電話番号をやっと教えてくれる、という筋です。

裁判所・...続きを読む

Q不起訴と起訴猶予の違いは何ですか?

よく事件報道の新聞やニュースを読んでいると、不起訴とか起訴猶予という言葉を耳にしますが、どう違うのでしょうか・・・・・
実際、交通人身事故で当方、不起訴処分告知書を戴いた事があるのですが・・・・・

Aベストアンサー

基本的には、No.1、2さんの回答の通りです。

将来起訴されるかどうかと、「不起訴」「起訴猶予」はほとんど関係ありません。

「起訴猶予」も、法律上定められた処分であり、ゆるやかな「一事不再理」の原則があるとされています。

したがって、検察の運用としては、新証拠が出るとか、検察審査会が不起訴不当の結論を出すなどの新たな事情が無いと、いったんした起訴猶予を取り消して起訴することはありません。

他方、「不起訴」の場合も、新証拠が出て、再度嫌疑が生じれば起訴されます。

現実問題として、不起訴が新証拠で覆ることはあっても、起訴猶予は、犯罪事実自体の証拠はすでにあるのですから、それ以上に、情状面の重大な証拠がでるということはほとんどなく、覆ることはありえません。

Q痴漢行為は現行犯逮捕しか出来ないんですか?

電車内での痴漢行為やスーパーなどでの万引きというのはどうして現行犯でしか逮捕出来ないのでしょうか?
例えば防犯カメラなどにそういう行為が写っていて明らかにその本人であるという証拠がある場合後日逮捕などは出来ないのでしょうか?
また、現行犯でしか逮捕出来ない犯罪って他にもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

痴漢行為の場合はカメラは普通設置されていませんから、犯罪をしているところを見たという本人なり証人の証言が必須になります。そして被告に知らぬ存ぜぬで通されてはだめですから、そのような言い訳をさせないためにも現場で痴漢行為に及んでいるところを捕まえなければなりません。つまり現行犯逮捕が必要とされるわけですね。

スーパーの万引きの場合、防犯カメラ等により犯人の特定は可能でしょうが、何を万引きされたかまでは防犯カメラでは判別しづらいこと、そして万引きの対象となるのは通常食料品等の消耗品ですから、証拠の隠滅とでもいうのでしょうか、盗品を消滅させることができてしまうなどの特徴があります。
やはり盗んだものが自宅等から見つかった、所持しているところを発見したなどの事情がない限りは証拠としては弱いでしょうから、これらの点で現行犯逮捕が必要であるとされるのではないでしょうか。

Q書類送検から検察(起訴、起訴猶予)にいたるまでの流れを教えてください。

先日、警察に事情聴取を受けました。(まだ5日くらいです。)内容は、酔っ払って、女性にしつこく声をかけ、またしつこくコンビニまでついて行き、にらみつけていたとの事です。女性のご主人と、コンビニから通報があって連行された模様です。というのも、私はこの時、泥酔状態で内容を全く覚えていなく、取調べも出来ない状態だったので、その夜は警察に留置され、朝目が覚めたら留置所といった具合でした。この後調書を作成しましたが、この現状は私自身も認めて、今は反省と後悔の毎日です。
【質問1】
多分、被害届けは出ていないと思うのですが、通報をしたことで、被害届けとなるのでしょうか?被害届けが出でいるとは言ってなかったように思います。
【質問2】
事情聴取(供述書に氏名捺印)をした以上は、検察に送検されるんですよね?送検されたかどうか調べることは出来るのでしょうか?
【質問3】
送検されたあと、起訴されるか、起訴猶予になるか判断されて、結果の連絡はどのように届くのでしょうか?
起訴猶予の場合は、何の連絡もないのでしょうか?
それとも、どうなったかの連絡がどちらの場合でもあるのでしょうか?
【質問4】
起訴となった場合は、呼び出しがあるのでしょうか?
それとも、どうするかを決めるための呼び出しとかもあるのでしょうか?
【質問5】
都の迷惑条例違反だと警察官は言っていましたが、供述書には罪名みたいなものは何も書いていなかったと思うのですが、どんなものでしょうか?
罰金となった場合は、どのように支払うのでしょうか?
この連絡は、個人に届くもので、会社とかには知られる事はないんでしょうか?
長文の質問ばかりで申し訳ありませんが、何卒宜しくお願いします。

先日、警察に事情聴取を受けました。(まだ5日くらいです。)内容は、酔っ払って、女性にしつこく声をかけ、またしつこくコンビニまでついて行き、にらみつけていたとの事です。女性のご主人と、コンビニから通報があって連行された模様です。というのも、私はこの時、泥酔状態で内容を全く覚えていなく、取調べも出来ない状態だったので、その夜は警察に留置され、朝目が覚めたら留置所といった具合でした。この後調書を作成しましたが、この現状は私自身も認めて、今は反省と後悔の毎日です。
【質問1】
多分...続きを読む

Aベストアンサー

1)被害届がなくても立件できます。今回は現行犯のはずですから。後から出すことも出来ますし、当日は夜遅かったでしょうから被害女性が帰ったとしても後日提出することもありえますし、あなたが話を聞いていないだけかもしれません。被害届はあなたの供述調書を裏付ける有力な証拠です。捜査が始まって既に立件されている以上、急ぐ必要はありませんから。
2)警察が微罪処分として処理するか、検察に送るかは警察の判断です。送検されたかどうかは警察に聞くしかありません。
3)基本的には封書です。起訴されたら通常裁判になるから国選弁護人をつけますか?という通知と、略式裁判になったので罰金の納付書が送られてくるかどちらかです。起訴猶予の場合も基本的には封書で通知があるはずです。が、それを待つまでもなく、検察の捜査に出頭命令が来て、出頭した際にだいたい検察がどうするつもりか教えてくれるのが通例です。
4)検察が供述を取りたいという場合は出頭命令があるはずです。その日に行けなければ、事実上逮捕という形を取られることもあります。起訴は裁判とは違い、「検察が原告、あなたを被告として刑事事件で裁判所に控訴を提起する」という意味ですので、裁判のようにあなたには発言権はありません。あなたの供述を聞いて、被害者の裏づけと総合判断して検察が決めます。
5)供述書は「あなたが供述した内容を文書化した証拠品」ですから、罪名は書かないでしょう。あなたが「迷惑防止条例違反だ」と判断するわけではないので。検察が、起訴状を作る際にどの刑法や条例を適用するか判断するだけのことですので。

在宅であれば、罰金はたいてい納付書が送られてくるので期日までに支払を済ませればいいです。出来なければ労役しかありません。罰金には分割はありませんから。

個人には届きますが、罰金刑の場合は市役所の犯罪者名簿に5年間記載されます(いわゆる犯罪者カードです)。それは門外不出ですが、報道で知られないということも絶対ではありませんから、就業規則は確認しておくべきかも。
今後も転職する際には履歴書の賞罰欄には必ず記載しなければなりません(判決が確定したら)。記載しなければ経歴詐称になります。

1)被害届がなくても立件できます。今回は現行犯のはずですから。後から出すことも出来ますし、当日は夜遅かったでしょうから被害女性が帰ったとしても後日提出することもありえますし、あなたが話を聞いていないだけかもしれません。被害届はあなたの供述調書を裏付ける有力な証拠です。捜査が始まって既に立件されている以上、急ぐ必要はありませんから。
2)警察が微罪処分として処理するか、検察に送るかは警察の判断です。送検されたかどうかは警察に聞くしかありません。
3)基本的には封書です。起訴され...続きを読む

Qなぜ、条例違反で逮捕されるのか?

素朴な疑問ですが、法律に違反して逮捕されるのなら理解出来るのですが、都道府県が制定した条例に違反した事例で逮捕されるのでしょうか?

具体例としては、
児童に対する淫行は、もちろん許される行為ではないのは理解していますが、
都道府県の制定した青少年○○条例により制定されているのなら、
都道府県職員が指導すべきかと思うのに、なぜ、
警察が逮捕するのか分かりません。

条例違反などせいぜい、『科料に処す。』程度が限界のように思いますし、それを踏み倒しても都道府県職員がしつこく取り立てに行く事も現実には、ないと思います。

にもかかわらず、上記の条例違反では、特に警察が出動できるようになっているのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>一方、○○市が制定した条例なら、当然その審査は、その○○市が行うこととなります。
>という事は、○○市が京都府に対して、警察を動かす、
>つまり、下部団体から上部団体へ指示する、という事になります。
そうならないんじゃないですかね?
地方公共団体が条例制定権をもった統治団体である以上、
自主法を実効的にするために必要な範囲で必要な程度の罰則を条例で制定する権能を
憲法94条から直接授権されたと解するのが一般的です。(罪刑条例主義)
地方自治法第14条第3項はそれを確認したものといえます。
条例だろうが罰則を定めることが出来る以上、定められた罰則は法律で定めた場合と同様の効力を有しています。
罰則の構成要件に該当するような行為について捜査したりすることは、警察にとっては当然のことです。
>警察法第二条
>警察は、個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、
>犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締
>その他公共の安全と秩序の維持に当ることをもつてその責務とする。
都道府県警は
>同法第三十六条2項
>都道府県警察は、当該都道府県の区域につき、第二条の責務に任ずる。
とされているわけですから、
>下部団体から上部団体へ指示
うんぬんは関係ないわけです。

>一方、○○市が制定した条例なら、当然その審査は、その○○市が行うこととなります。
>という事は、○○市が京都府に対して、警察を動かす、
>つまり、下部団体から上部団体へ指示する、という事になります。
そうならないんじゃないですかね?
地方公共団体が条例制定権をもった統治団体である以上、
自主法を実効的にするために必要な範囲で必要な程度の罰則を条例で制定する権能を
憲法94条から直接授権されたと解するのが一般的です。(罪刑条例主義)
地方自治法第14条第3項はそれを確認したものとい...続きを読む


人気Q&Aランキング