ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

大学で基礎法学という授業を受講しているのですが、その中で以下の問題を出されたのですが、いまいち解らないため教えていただきたいです;;


1、法と強制の関係についての次のキーワードを用いて説明せよ。
(抑止効果、刑罰、多様なサンクション方式)

2、事実認定と法解釈の特徴について、法的三段論法に即して説明せよ。


本当に切実ですので、どうぞよろしくお願いします><

A 回答 (2件)

今は課題丸投げオッケーなんだけど、教育的配慮から書くべきじゃないという態度は同感。


んで、1番で概ね良いと思うんだけど、初学者が躓きやすいところを含めてちょっと詳しく話をしておくね。

1.そもそも法って何?道徳と何が違うの?ってところが出発点。法と道徳を区別する視点は色々あり得るけど、最大の違いは、国家による強制かどうかってところ。法というのは、国家が強制するという点に最大の特徴があるのね。そこで強制すると言っても言うこと聞かない人もいるよね?そこでどうやって聞かせる?って話になる。それがサンクションという話(かなり端折ってるから要注意)。
サンクションというのは通常、制裁と訳すことが多いんだけど、一般に法律学でサンクションという表現をする場合にはもっと広い意味になる。強いて言うなら応報という意味が違いかな。つまり、法律上の規定に該当する何らかの行為があった場合に、それに対して何らかの法律的な利益不利益をその行為者に負担させる。それがサンクション。そして、強制を実効化するには例えばある行為を推奨するなら利益を与えればいいし(もちろんしないことに不利益を与えるというのもある)、禁圧するなら不利益を与えればいい(もちろんしない方に利益というのもある)。利益の方もサンクションと言うことがあるんで気をつけてね。応報ってのは悪い方だけじゃないからね。それと同じ。
一定の行為を実効的に抑止するためには、不利益を与えるのが一つの方法論だね(もちろん、褒賞という方法論もある)。そこで不利益の一つの形式として刑罰ってもんがある。刑罰は人の権利に対する制限という不利益な訳だけど、その制限の程度としては最も重い場合には死刑すらある強力なサンクションなわけだ。とすると、濫用するのはどうよ?って話がある。言い方を変えれば、刑罰というのはサンクションの中では最も強力な手段であって、それを用いるというのは抑止効果という点では最も実効性が期待できる。だけど、それは強力であるが故に、社会的なコストも非常に大きいものになる。だからバランス考えて、刑罰という方法はどういう場合に用いるべきか?ってな話になるわけだ。

つまり、法が国家による強制であり、その強制を実効的なものとするために多様なサンクションの方式があり、その一つとしての刑罰というものの抑止効果の大きさと副作用、その点を論じろと言いたいんじゃないかな?

2.事実認定というのは、本来的には訴訟法上の概念だということはまず理解しとこう。事実認定というのは、訴訟において、どんな事実があったのかということを確定することね。つまり、法律の適用はその前提として、事実が必要なの。事実なくして法適用はあり得ないのね。
三段論法というのは、AならばBである。CはAである。よってCはBである。という論理展開のこと。「AならばBである」ってのを第一前提と言う。そして「CはAである」ってのを第二前提って言うのね。代表的な例は、人(A)ならば皆死ぬ(B)。ソクラテス(C)は人(A)である。よってソクラテス(C)は死ぬ(B)。っていう例かな。Aを媒概念、Bを大概念、Cを小概念と言う。
法律の適用というのは、この三段論法と同じやり方をするの。法的三段論法とも言うけど、要するに三段論法な訳だ。簡単に言えば法律論における三段論法くらいの意味ね。

では実際にどうなってるか?まず第一前提を法的三段論法では大前提って言うことがあるんだけど、これが法律解釈に該当するの。即ち(法律)要件と(法律)効果を明らかにすること。要件がAであり、効果がBなのね。
殺人罪の例で言うなら、人を殺すというのが要件で効果が死刑または無期もしくは5年以上の懲役という範囲で国家刑罰権が発生すること。つまり、大前提として、人を殺すと一定の国家刑罰権が発生するというわけ。そこでじゃあ人を殺すというのはどんな場合を言うの?一定の国家刑罰権の内容は?ってことを明らかにするのが法解釈な訳だ。刑法学では効果に当たる国家刑罰権の内容というのはあまり問題がないから、中心は要件の解釈論になるけどね。
一方、第二前提は小前提って言ったりするんだけど、これはいわゆる「あてはめ」の問題なのね。「あてはめ」って何?っていうとこれは事実、つまり現に存在する具体的な事実というものが要件に該当するかどうかを判断することね。つまり、誰かが人を死なせた行為があったとするね。そこでその人を死なせた行為が「人を殺した」という殺人罪の要件に該当するかどうかということを判断することね。あてはめというのは事実の法的評価の問題であって、実は実際の法適用においてはこれが一番難しいんだな。
ところがこのあてはめをするにはその前提として、具体的な事実ってものが必要だ。その具体的事実ってのは、誰も全てを知ることはできないよね?まさに神のみぞ知るだ。
学問上は、こういう事実があるっていう前提で話をしてしまえばそれで良い。だから、法律学においてもどういう事実があるのかというのは仮定的な前提として議論すれば良いので理論的には問題にする必要がない。特に実体法の議論では、要件該当事実は前提でしかないからどういう事実があるのかないのかということは仮定の問題として任意に設定できる。
だけど、実際の訴訟ではそうはいかない。どんな事実があったのかなかったのか、それをはっきりさせないとあてはめのしようがないんだ。理論ならあったかなかったかは仮定の問題だから自由に設定できるけど、実際の事件ではそうでないってことだけど、これは解るよね?つまり、実際の訴訟その他において法適用を行うためには事実がどうだったのかということもまた確定しなければいけないってわけだ(先に訴訟法上の問題と言ったけど、訴訟以外の場合でも法律を実際に適用する限りは必ず事実ってものをはっきりさせなければいけない。ただ、実体法と訴訟法という比較の観点からは訴訟法上の問題であるっていう言い方をするだけ)。この、どんな事実があったのかなかったのかということを確定することを事実認定と言うのね。
つまり、法的三段論法における小前提を論じるために必要な事実を明らかにすること、これが事実認定ってわけ。
訴訟ではこれは証拠によって決めるんだけど、訴訟以外では別に証拠による必要はない。だけど、いずれにしても何らかの方法で事実があったなかったということをはっきりさせる必要がある。それが事実認定ってわけ。

もう一度整理すると、
1.法的三段論法とは、大前提、小前提、結論の三段階による法適用の方法を言う。
2.大前提における媒概念たる法律要件と大概念たる法律効果を明らかにするが法解釈。
3.どんな事実が存在するまたはしないのかということを判断するのが事実認定。
4.認定した事実を小概念として媒概念たる法律要件に該当するかどうかを評価によって決定するのがあてはめ。
5.あてはめにより認定事実が法律要件に該当するとなるとそれがすなわち小前提。
6.大前提と小前提が揃うことで、認定した事実によって法律効果が発生する。
ってことね。だから事実認定というのは、法適用における法的三段論法の 外 に あるの。法的三段論法の小概念に該当する事実それ自体の存否を決めることが事実認定だから。ところが法解釈というのはまさに法的三段論法の大前提をはっきりさせること(規範定立とも言うが、これは主に大前提における媒概念を明確にする作業。実際には法解釈も要件論が中心になることが多い)。
正確に言うと、事実認定も法的三段論法を使っているんだけどね。つまり、法適用そのものの三段論法との関係では 外 に あるんだけど、事実認定自体も、一定の証拠とかを論理則、経験則にあてはめて事実の存否を判断しているんだけどそのやり方はやはり三段論法になってるってことね。Aという証拠があるならBという事実がある。Cという証拠はAという証拠である。よってCという証拠の存在によりBという事実が存在する。という感じで。ただ、法的三段論法と単純に言った場合には、通常は、法解釈とあてはめの問題であって事実認定の問題は含まないんだけど、それは文脈で決まる。

参考に、民事訴訟の4段階モデルというのを最後に説明しとくね。民事訴訟では問題を4段階に分けて考えるの。
第一段階は、請求。
第二段階は、法律上の主張。
第三段階は、事実上の主張。
第四段階は、証拠。

第四段階の証拠によって第三段階の事実上の主張の当否を決めるのね。これが事実認定。ここで三段論法を使っているのはさっき言ったとおり。そして、第三段階の事実上の主張で裁判所が認定した事実を基に第二段階の法律上の主張の当否を判断するのね。これがあてはめ。このあてはめの前提として法律解釈をしないといけない。それが第二段階の法律上の主張な訳ね。法律上の主張が大前提になるわけだ。つまり、ここでまさに法的三段論法をするってわけだ。そして、その結果として法律効果がどうなるかそれによって第一段階の請求の当否が決まるってわけ。
例えば、
1.金百万円払えというのが請求。
2.原告と被告の間には百万円の贈与契約が成立しているというのが法律上の主張。
3.被告が原告に百万円を贈与すると約束した。そしてその約束の期日は既に過ぎているというのが事実上の主張。
4.贈与契約の記した契約書というのが証拠。
かなりアバウトだけどこんな感じね。

これで書けるでしょ?

この回答への補足

とても詳しく教えていただきありがとう御座います!
ですが、基礎法学という分野を理解できていないため、VVandE3E3さんのご回答を元にというか、ほぼそのままで本当に申し訳ないのですが、1の答案を作ってみたので、ここがダメ!という点がありましたらご指摘いただけると本当に有難いです><



法と道徳を区別する視点は色々あり得るが、最大の違いとして法は、国家が強制するという点である。しかし、強制すると言っても従わない人もいる。それらを従わせ、その強制を実効的なものとするために多様なサンクション方式がとられる。サンクションとは法律上の規定に該当する何らかの行為があった場合に、それに対して何らかの法律的な利益不利益をその行為者に負担させることである。また、一定の行為を実効的に抑止するためには、不利益を与えるのが一つの方法論であり、そこで不利益の一つの形式として刑罰がある。刑罰は人の権利に対する制限という不利益なものだが、その制限の程度としては最も重い場合には死刑すらある強力なサンクションである。つまり、刑罰というものはサンクションの中では最も強力な手段であり、それを用いるということは抑止効果という点では最も実効性が期待できる。しかし、それは強力であるが故に、社会的なコストも非常に大きいものになる。よって、現代法システムにおける法的強制の在り方を考える場合には、犯罪に対して刑罰を科すというハードな強制方式だけでなく、他の諸々のソフトな強制・サンクション方式をも視野に入れ、それらのメリット・デメリットを比較検討し、基本的には、目的を達成するのに必要最小限で、濫用の危険や弊害の発生が最も少ないように、それぞれの問題解決に適合した方式を選択することが目指されるべきである。

補足日時:2009/07/13 22:35
    • good
    • 0

課題に対する回答を書くわけにはいかないので、調べる(考える)ヒントだけ。



1.

抑止効果とは、読んで字のごとく、「人がある行為をするのを思いとどまらせる」効果です。たとえば、「他人の丸写しの答案は0点」といわれれば、自分で調べようと考えるはずです。

刑罰とは、「国家権力が私人の自由を剥奪すること」を意味します。たとえば、懲役や禁固は人の移動や行為の自由を制限し、罰金は財産に対する制約です。

サンクションとは、英和辞典を調べれば分かる通り、懲罰を意味します。概念的には「刑罰」より広く、たとえば会社をクビにするとか、学校に遅刻したら漢字の書き取り100回とか、スピード違反をしたら免許取消しとか、そういうものも含みます。万引き(窃盗)くらいで死刑になったのではたまりませんが、放火や殺人なら死刑もあり得ます。

2.

三段論法とは、「Aとは、Bである。Cは、Bである。しかるに、CはAである」というものです。

法律には、たとえば殺人罪なら「人を殺した者は、死刑」と書いてあるとします。

では、妊婦の腹をピストルで撃って、胎児にも弾が命中した場合、「胎児に対する殺人罪」が成立するでしょうか。「胎児は人だ」といえれば、殺人罪になりますが、「胎児は、まだ人ではない」といえれば殺人罪ではありません。したがって、条文にいう「人」とは何かを考える必要があります。

他方、首を絞める行為は、ふつう人殺しの手段ですが、軽く首に触れただけでは、ふつうの人は死にません。首に手を回したとき、その人が死んだとしても、「首に触れていた」というだけで殺人罪にされては困ります。「人が死ぬような強さで絞めていた」という事実が明らかにされなければなりません。

・・・ほとんど回答そのものですが、あとはご自分で。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法と道徳ってどう違うのでしょうか?

法と道徳ってどう違うのでしょうか?

200文字以上で、例など出して頂けると助かります。
同じところは、社会規範。
違うところは、強制力。
そんな感じだとは思うのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問するまでもなく、質問主のおっしゃることそのものが回答になっております。

両方とも社会規範で強制力が違いますよね。そのとおりです。

道徳なしで法律は作られることはまずありえませんから、社会規範として共通していますよね。
殺人や盗み、破壊行為などはもちろん犯罪ですが、それ以前に人として反していることですよね?だからこそ法律は存在しており、両方とも「人間のあるべき姿の実現」や「社会秩序の維持」を目的としています。

しかしながら同じ目的で存在しながらも、道徳の場合は「リンチ(私刑)」を食らわない限り、罰則規定がありません。ここで強制力の違いが見えてきますよね?

もっと具体的な内容に迫ると、裁判官が判決を下す際はまず適合する法規がないか探し出します。
いろいろ検討した結果、それでも見つからない場合は最終的に裁判官が持ち合わせている常識や良識、道徳で判決を下すことになっております。

両方とも同じ社会規範でも、物事に適合させるための優先順位は法律がまず優先されます。
この点で優先順位(つまり強制力)が違うことがわかりますよね?

最後に決定的な例を出しましょう。
その国で生まれた以上その人間は、その国に存在している約束(法律)を強制的に結ばされることになります。
嫌ならその「他の国に出て行け」ということになります。これが「亡命」であったり、「国外逃亡」であったりするわけです。

一方道徳は世間一般に存在しているものなので、本人が気にしなければ別段守らなくてもかまわないものなのです。

質問するまでもなく、質問主のおっしゃることそのものが回答になっております。

両方とも社会規範で強制力が違いますよね。そのとおりです。

道徳なしで法律は作られることはまずありえませんから、社会規範として共通していますよね。
殺人や盗み、破壊行為などはもちろん犯罪ですが、それ以前に人として反していることですよね?だからこそ法律は存在しており、両方とも「人間のあるべき姿の実現」や「社会秩序の維持」を目的としています。

しかしながら同じ目的で存在しながらも、道徳の場合は「リンチ(私...続きを読む

Q法と道徳の違い

学校のレポートで「法と道徳の違いを身近な例を挙げて説明しろ」と言う課題が出たんですけど、身近な例
が思いつかずに悩んでいるんで助けてもらえればありがたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

例えば、電車の中で携帯を使っている人に対して、「周囲に迷惑だから止めてください」と言えるでしょうか?これは、「今月分の家賃を払ってください」というのと、どう違うのでしょうか。

前者は、法で認められた権利ではありません。したがって、止めるように言っても守らなかったからと言って、強制的に使用を止めさせることはできない、ということになります。すなわち、法の問題ではなく、道徳の問題だと言える訳ですね。
後者は、法で認められた権利です。貸したお金を返してくれ、と言えるのと同様、家賃も法的に請求できます。支払いがなければ、法によって支払いを強制できます。

法による強制力があるか否か、これが違いだと言えますね。

Q冷戦が日本に与えた影響

私は今冷戦が日本にもたらした影響について調べています。
自分なりに調べ、
戦後日本の経済成長のきっかけとなった特需は朝鮮戦争が起こったからこそあったわけで、その朝鮮戦争は米ソの代理戦争だったから、これも『冷戦が日本に及ぼした影響』ととらえていい と考えました。
これはよいとして、『冷戦が日本に及ぼした影響』のほかの例が分かりません。いろいろ調べてみたのですが、どうも日本には無関係だと感じる内容ばかりで(汗)
経済面、政治面、外交面。なんでもいいので教えていただきたいのです。本来なら自力で調べるのが道理でしょうが・・・・
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

宿題は自分でやれ~
途中まで調べたんか、ほな、おっちゃんも加勢したる~

(1) 占領政策の転換

朝鮮戦争は1950年に始まった。その前、早くも48年1月のロイヤル陸軍長官の演説のころから、米国の対日方針に転換の兆しが出てくる。「逆コース」ともいう。

日米関係資料集1945-1960(東大・田中明彦研究室)
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/indices/JPUS/index45-60.html
逆コース - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%86%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9

逆コース以前は、日本の「右」や「旧軍」が米国の敵だった。「右」を制するためには「左」ということだろうか、GHQは共産主義者も釈放している。
しかし、冷戦ゆえに方針が転換された。「日本を(強い)味方にしよう」ということである。今度は「左」を目のかたきにして、「右」が徐々に復権する。再軍備まで始まった。

(2) サンフランシスコ条約と日米安保条約

日本国との平和条約(中野文庫)
http://www.geocities.jp/nakanolib/joyaku/js27-5.htm
日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約
http://www.geocities.jp/nakanolib/joyaku/js27-6.htm

言うまでもなくサンフランシスコ条約は講和条約であるが、冷戦下で日本が西側陣営に組み込まれることも意味していた。ソ連も中国も(中華民国も中華人民共和国も)その他の国も、この条約から外れている。ただし、中華民国とは、同内容の条約を同時期に結んだ。
サンフランシスコ条約は日米安保条約と抱き合わせになっていた。普通、講和条約を結んで占領が終結すれば、占領軍は撤退するだろう。ところが、安保条約により、米軍は日本に留まり続けることになった。冷戦状況下で、日本は米軍の不沈空母(何じゃそりゃあ)となった。

(3) 日本の古狸(ふるだぬき)

日本は否応なしに冷戦構造に組み込まれた。しかし、それを利用して、のし上がっていったとも言えよう。経済はもちろん、政治でも、意外な利用の仕方があった。
後藤田正晴は、「カミソリ」の異名をとった男だ。

後藤田正晴とは - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%E5%C6%A3%C5%C4%C0%B5%C0%B2
後藤田正晴 講演(1994年9月6日)
http://www.tfcc.or.jp/cshl/no1.html
(引用開始)
日本の政治のシステムというものは、東西対立の中でイデオロギーを中心にしながら三十八年間、自由民主党と社会党が中心になって政治を担当してきました。
(中略)
アメリカなり外国の目から日本の自由民主党のやり方を見ていると、どうも自由民主党というのは我々と折衝すると、なにしろ国内の政治勢力に社会党だのなんだのうるさいのがいて、とてもじゃないが、あなた方の言うとおりにはできませんよと、うまいこと言って少々ごまかしてきたなというのが外国の評価ですよ、率直に言って。 ことほどさように、外交の面において自由民主党が社会党の主張を利用したということも事実なんです。
(引用終り)

つまり、自民党は社会党をダシに使ったわけだ。
アメリカさんよ、日本に無理難題を押し付けないでください、社会主義の連中が勢いづいちゃうんですよー、とか言って。これも冷戦下の「55年体制」の一つの名物だった。

宿題は自分でやれ~
途中まで調べたんか、ほな、おっちゃんも加勢したる~

(1) 占領政策の転換

朝鮮戦争は1950年に始まった。その前、早くも48年1月のロイヤル陸軍長官の演説のころから、米国の対日方針に転換の兆しが出てくる。「逆コース」ともいう。

日米関係資料集1945-1960(東大・田中明彦研究室)
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/indices/JPUS/index45-60.html
逆コース - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%86%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9

逆コ...続きを読む

Q法と道徳

法と道徳の違うところは、
(1)外面性⇔内面性
(2)義務の相手方のありなし
(3)国家強制力⇔心理的強制
(4)裁判規範⇔行為規範
(5)法と道徳の表現形式の違い
(6)法は最下限度の道徳

くらいでいいのでしょうか?

(4)と(5)と(6)は相違になるのかな?って思うのですが、
何を比べてるのでしょうか?どういう説明をすれば相違であるといえるのでしょうか?

よろしくお願いします(__)

Aベストアンサー

>>(6)法は最下限度の道徳は
法は一般の人に対しての規範
道徳は高次の規範はどうでしょうか?

ああ、なるほど(6)のご質問の内容が分かりました。
ところで先に書いた「道徳は道徳典のようなものは無い」というような内容のことを書きましたが、よく考えればありました。その例として聖書があります。
聖書には「汝の敵も愛せよ」とか「左のほほをぶたれたら右のほほも差し出せ」というような教えが書いてあります。
これらは確かに大切で良い教えですが常識的に考えてこれをそのまま法律に持ち込むのは妥当ではないことがお分かりになると思います。これらの道徳の内容のようにあまりにも高次・高尚な考え方を法律として国家によって強制されると国民を萎縮させ、また困惑もさせてしまうので妥当ではない、だから法律は道徳の中でも特に大切な且つ国民の生活に重大な影響を持つものだけに限定しよう、と考えたからです。
ですから以上のような意味では法と道徳は相対立する概念ということになります。

>>道徳は人を殺してはならない!とはっきり書いているけど法は人を殺した場合の記載などを書いている!という点での相違はどうでしょうか?

これは先程の法典があるないという形式面ではなく表現形式の相違を挿して聞いているのですね。
確かに法律、例えば殺人罪(刑199条)は「人を殺したものは~」とは書いてありますが「人を殺してはいけない」とは直接書いてありませんね。他の条文も「何々してはいけない」あるいは「何々しなければいけない」とは書いてないですね。あるのはただ罰則だけ規程してあります。
民法は罰則の代わりに効果が規定されてはいますが同様に「何々してはいけない」などとは直接書いていません。
私もご質問されて初めて気が付きました。確かにこういう意味では法と道徳の違いはありますね。

ただ、先程も書いたようにその法と道徳のどこに焦点を合わせるかによって相違であったり道徳が法を包含していたりと両者の違いは相対的なものと言わざるを得ないと思います。
また、繰り返しになってしまいますが結局両者の一番の決定的な違いは「国家に強制力があるかないか」に掛かってくるでしょう。
ここの法と道徳の違いは法律学者も国家の強制力の違い以外ではうまく説明ができていないようです。

>>(6)法は最下限度の道徳は
法は一般の人に対しての規範
道徳は高次の規範はどうでしょうか?

ああ、なるほど(6)のご質問の内容が分かりました。
ところで先に書いた「道徳は道徳典のようなものは無い」というような内容のことを書きましたが、よく考えればありました。その例として聖書があります。
聖書には「汝の敵も愛せよ」とか「左のほほをぶたれたら右のほほも差し出せ」というような教えが書いてあります。
これらは確かに大切で良い教えですが常識的に考えてこれをそのまま法律に持ち込むの...続きを読む

Q戦後の日本は冷戦構造にいかに対応したのか?

アメリカとソビエトによる冷戦は世界に様々な影響をもたらしましたが、戦後の日本は冷戦構造にいかに対応したのかどなたかわかりませんでしょうか?今私はそのことについて調べているのですが、先生がくれたヒントは開放経済体制・高度成長・自由民主党・日米安保・平和責任です。ちんぷんかんぷんで困っています。(泣)

Aベストアンサー

こんばんは、ざっと流れを整理してみますと

1949 単一為替レート1$=360円(実際は300円前後と評価されるが、冷戦激化にともない日本経済の早急な復興を望むGHQにより、360円に設定)
1951 サンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約調印
1954 MSA協定締結 自衛隊発足
1955 保守合同=自由民主党の誕生=保守長期安定政権の誕生
1956 戦前の生産水準を回復「もはや戦後ではない」
1960 日米安全保障条約改定
   池田勇人内閣 「所得倍増計画」発表
1963 GATT11条国移行
1964 国際通貨基金(IMF)8条国移行
   OECD加盟
   東京オリオンピック開催
    開放経済体制のもとでの日本の経済復興なる、そしてさらなる経済成長を継続
1973 円変動為替相場制移行 石油危機おこる
1989 マルタ会談=冷戦の終結
     アメリカは日本に対し防衛分担の増強、安保体制見直しを求める
1992 PKO協力法案可決
1993 92年貿易黒字1000億ドル突破
1997 日米新ガイドライン策定

冷戦が激化するなかで、当初のアメリカの狙いは、「安定した自由主義国家かつアメリカの同盟国」として日本を利用することでした。
 日本は、憲法9条と日米安保(アメリカの核の傘)のもとで、かつ防衛費GNP1%という枠内で軍事支出を抑えつつ自衛力を増強します。さらに、自民党長期単独政権による「安定した」政治・経済・外交政策によって、国家資金をもっぱらインフラ整備・経済発展に投資し、企業も設備投資の拡大、技術革新に投入することができました。
また1$=360円という為替レートは、日本の輸出拡大に大いなるプラス効果をもたらします。
その結果が、「アジアの奇跡」とよばれた日本の驚異的な高度経済成長ですね。

しかし、それは莫大な日本の貿易黒字を生み、一方アメリカは冷戦体制、ベトナム戦争などにより莫大な財政赤字と貿易赤字を抱えることになります。そこから、「安保ただ乗り」として、アメリカの日本バッシングが始まります。
特に冷戦後は、「経済大国日本」に即して、カネだけでなくヒト・モノの負担も求めてくるようになります。国力に応じた「平和責任」を求めているということでしょうか。昨今の憲法9条見直し論議もこの延長線にありますね。

>日本は冷戦構造にいかに対応したのか
主体的に対応したというより、アメリカの忠実な子分としてアメリカの傘のもとで、ちゃっかり経済復興を行い、(一時はアメリカを凌ぐほどの)経済大国になった、ではないかと思います。
なお、#1さんもご指摘のように、アメリカの傘の下でアメリカの意向に沿い、60年にわたってさしたる紛争、まして戦争を経験しなかったことは、ある面では「日本人の平和ボケ」と言われるような状況を生み出していることは確かでしょう。(しかし、個人的には、そのことへの極端な反応として、全く対極にぶれてしまうことは短絡的と思いますがね)

 

こんばんは、ざっと流れを整理してみますと

1949 単一為替レート1$=360円(実際は300円前後と評価されるが、冷戦激化にともない日本経済の早急な復興を望むGHQにより、360円に設定)
1951 サンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約調印
1954 MSA協定締結 自衛隊発足
1955 保守合同=自由民主党の誕生=保守長期安定政権の誕生
1956 戦前の生産水準を回復「もはや戦後ではない」
1960 日米安全保障条約改定
   池田勇人内閣 「所得倍増計画」発表
1963 GATT11条国移...続きを読む

Qマルサスの『人口論』『人口の原理』について

ご存知の方、その内容やマルサスについてよくご存知の方、できるだけ詳しく教えてください。

Aベストアンサー

人口論とは、人間は、なんの制限もなければ、倍々ゲームで増えていくが、生存に必要なものを作る人の増加は、一気には増えないため、人口は、生存に必要な物資の生産力に制限されるという理論。
「人口は1、2、4、8とネズミ算のように増えていくのに、食料生産は1、2、3、4としか増えていかない。これにより遠からず食料危機が訪れる」ことです。

人口論も、人口の原理も同じです。
人口論についての図解
http://inoshin.com/lecture/powerpoint/fukusi/10/Slide20.html

マルサスは、18世紀のイギリスの有名な経済学者です。

Q論述式の回答の書き方のご指南ください

もうそろそろ、定期試験の時期なのですが、
大学の試験ってけっこう論述問題が多いことに驚きました。高校のころは、まったくと言っていいほど論述問題がなかったので、どうやったらいいのか、ホトホト困ってます。
いろいろ検索サイトでHITさせたり、ここでも過去の質問を見たりして参考にしています。

そこで、今一度、皆様の論述式の回答の書き方を教えてほしいのです。どうかご指南よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当方、大学生です。
書きやすく、いい評価になるのは、
1.一番最初に結論を書く。
2.それについて理由や説明を挙げる。述べる個数も宣言する。
3.最後に結論をもう一度書いて締める。

例えば、「キリスト教における愛について書け(テキト-な課題です。汗)」だとしたら、

「キリスト教における愛とは○○だと言える。
 それについて、3つの観点から述べる。
 まず第一に、~~。第二に、~~。最後に~~。
 以上の事由から、キリスト教における愛は○○だと言える」

…というかんじです。この形式で書ければ、まず悪い評価は取らないでしょう(形式の点では)。

できたら、授業中に先生がおっしゃったこと(本にはない具体例とか)や、参考図書から得た知識を交えたりすると、「ちゃんと授業聞いてますよ、ちゃんと本読んで勉強してますよ」とアピールできて、なおよしです☆

がんばっていきましょう(^^)


人気Q&Aランキング