我が家には3歳になる去勢済みのオスのネコを飼っていて、6畳、4畳半の間取りで室内飼いをしています。
我が家には子供がいないので、家族同然可愛がっています。目のあかない頃からミルクを与え(ネコ用)自分をネコだと思っていない、私を母親だと思ってかなりなついています。その子が先月劇症肝炎で入院しました。8日間点滴治療などで良くなり、その間も投薬治療などで定期的に検査し、元気に回復に向かっていました。それが先日また41度以上の熱を出し、血液検査の結果また以前と同じ、劇症肝炎になり、また今も点滴治療をしています。
前回のときは入院し、だいたい治療費で15万。今回同じ事を繰り返し、入院はしていないけれどまた多額の治療費をかけなければなりません。肝炎の原因もわかりません。
毒物を口にした覚えもありません。もし、なんかしら考えられる事が分かる方いらっしゃいませんか?
あと、カワイイ我子のため幾らでも投資するべきか、もしくはどこまで、と境界線を引いて、これ以上治療をしても余り良くならない、繰り返すなら…諦める…と、皆さんならどんな意見ですか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

とまと@10匹飼いです。

こんにちわ。

アドバイスと言うか、応援メッセージです(^-^)
私のIDを見て頂ければお分かりの通り、去年5月までうちには11匹の猫が
おりました。
「まりあ」という子が9カ月で「FIP」という恐ろしい病気にかかって亡くなりました。
病院で診て頂いた時から「不治」と言われ、延命しかできない(し、延命できるかどうかも分からない)と言われました。
それでも、私は諦めたくなかった。
後半は、こんなに苦しがっているのに延命する事が本当に愛情なのかという思いと、それでも1日でも長く一緒にいたいという血の出る様な思いとの狭間で私自身も本当に苦しかったです。
でも、今になって考えると、やっぱり「やれるだけの事はやってやれた」と思えるから諦めもついているんだと思うんですね。
うちにもミルクやって育てた子がいますからよく分かります。
殺せないですよね?
(まぁ、そうは言っても15万を何回も、というのは経済的に無理になる可能性はありますよね・・・)
とにかく、「自分で出来るところまでやる」これは猫さんの為にも、そして何よりも飼い主さんの為にいいと思います。
    • good
    • 0

ネコの肝炎といってもいろいろな病気があり、適切な検査を行って正しい診断をし、適切な治療を行う必要があります。

morioさんのネコちゃんは今までどのような検査を受けたのでしょうか?
血液検査、レントゲン、超音波などの負担の少ない検査と、バイオプシー(生検)は肝臓の病気を疑った場合は必須の検査です。生検は開腹手術をして行うことももちろんできますが、現在は特殊な生検用の針があって、おなかの表面から超音波で肝臓をみながら針を刺して肝臓まで進め、組織を採ってくる方法があります。これだとおとなしいネコなら局所麻酔だけで行うことができ、比較的負担の少ない検査です。とってきた組織で病理学的な検査をします。
morioさんのネコちゃんが血液検査上で割と肝臓の値の高い状態が続いているなら、ここまでの検査が必要だと思います。主治医の先生とよくご相談されてはいかがでしょうか。もし今の先生がこういった検査法の知識や経験を持っていないようでしたら、転院するのも一つの手段だと思います。獣医さんに電話をかけてみて、こういった病気の知識や経験があるかを探ってから行ってみるのもいいと思います。また、お近くに獣医の大学があるようでしたら、大学病院に行ってみるのもいいんじゃないでしょうか。
ネコちゃんの快復をおいのりしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今は点滴治療で、様子見の状態です。
原因がわからないので、生検は考えています。
まだ治療が始まったばかりの段階で、肝臓病は
時間を要するようなので、これからの検討材料になると思います。
今は大分食欲も出てきて、熱も下がり、表情も大分
元気になってきました。
近い内にもう一度血液検査して、それから今後の方針を決めて行く予定です。
本当にアドバイスありがとうございます。
精神的に心強かったです。

お礼日時:2001/03/15 10:58

わかります、その気持ち。

何か身につまされるという感じです。
ウチにも慢性腎不全の猫がいます。通院をして、もう15ヶ月になります。急に物を食べなくなりあわてて病院に行ったら、腎不全それも結構悪い状態とのことでした。入院はさせたくなかったので、点滴をする為、朝病院に連れて行き夕方に迎えに行くということを20日近く(普通の猫より血管が丈夫だったらしく長い間点滴をすることができたそうです)やりました。その後は週に2回ほどの皮下点滴に通っているわけです。
今年のお正月、病院が休みということもあって通院の間があき、また具合が悪くなりました。血液検査をしたら肝臓も悪いとのことでとうとう入院することになりました。1年以上もがんばったけどそろそろ限界かなと、この時思いました。でも今はもちなおしたというか、また皮下点滴に通う状態です。獣医さんに「この猫は不死身だね」と言われたぐらいです。
正直なところ、こんなにもつとは思っていませんでしたし、経済的にもキツイと思うところもあります。今のところはがんばっている猫のために私たちもがんばろうとは思っています。でも、いよいよという時は来ることになります。その時は家で見とってやりたいと思っています。酸素マスクをして病院で....というようなことはしたくないです。
ウチのは12歳ですが、morioさんの猫ちゃんはまだ3歳ですものね。ウチの猫でも同じ12歳位の猫はいたって元気です。人間でも同じような生活をしていて病気になる人、ならない人がいるように猫にも体質とか、運命とかあると思うしかないですよ。
お金がかかっても最後まで治療をしてやるべきとか、そんなにお金がかかるのならもうやめたほうがいいとか他人が言えることではないと思います。難しく、辛い決断ですが、morioさんに悔いが残らないようにしてください。もし、もうあまりかわいそうな治療をさせたくないと思ったとしてもしかたのないことなのです。猫ちゃんだって恨んだりしないと思います。今食欲とかあるのなら好きなものを食べさせてあげるとか、十分に甘えさせてあげるとか、残りの人生(猫生)猫も飼い主も悔いのないように過ごせるようにしたいものです。
なんだか自分自身に言い聞かせているようになってしまいました、ゴメンナサイ。
お互いの猫たちができるだけ元気で、苦しんだりしないように願いましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

先日点滴の針刺しをお願いしてその場で私は帰ってしまって、夕方迎えに行ったら、「あまりにも暴れて針をだめにしてしまって今日は体調も悪いので、あまりにもスタッフが囲んで押さえつけるのも可愛そうなので注射だけにしました」と先生。後日私が付き添って点滴の針刺しをしたら、やはりいやがりはしましたが、良い子に針刺しに成功。先生はやはりお母さんがいると全然態度が違うのね。と、わがまま振りを発揮するくらい。本当にわがままで私にべったりの子。だから本当に病気になって辛い事させるのも心が痛みます。だからこのままよくならなかったら安楽死も・・・。と少しネガティブになっていました。
でも皆さんの励ましやお話を聞いて、頑張ろうという気持ちが沸いてきました。今は大分食欲も出てきて、そして熱も下がって元気になってきました。多分一両日には検査をする予定です。ネコでもお互い信頼あっている間なので、
途中で乞いに命を落とさせるような事はしてはなりませんね。頑張るつもりです。本当にありがとうございました。
コメントを読んでいて、本当に気持ちが伝わってきて涙が出たほどです。ありがとうございます。chassさんの
ネコちゃんにもよろしくお伝え下さいませ。

お礼日時:2001/03/15 11:07

ねこちゃん心配ですね。

早く良くなるといいですね。
わたしだったら、お金がかかっても治療します。治療するつもりです。ペットの保険に入っていますか?月々3000円ちょっとで入れます。病気になってしまった猫ちゃんが保険に入れるかは分かりませんが、保険に入っておけば少しはお金が戻ってきます。猫ちゃんの様子が良くならないのなら、病院を変えてみるのはどうでしょうか?それぐらいしか、私にはアドバイスできませんが、がんばってください。

参考URL:http://www.emz.co.jp/pet/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
前回ネコが病気になったとき、病院においてあったペット保険のパンフレットを見つけ、知っていました。
でもその時点でネコは病気だったので先生に今は多分は入れないでしょう、入るにも審査が大変ですよ、と言われました。皆さんの励ましなどで、主人と話合って、やっぱり
頑張るしかないよね、大事な家族だもの、当たり前の事にきがつかなっかたね、と話しました。
とても心強かったですありがとうございました。
これからいつ治るか分からないけど頑張るつもりです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/15 11:10

ウチの我が子同然の猫も、肝臓が悪くて通院してもう5年になります。


劇症肝炎まではいきませんが、GOT、GPTが機械で測定不能なほど、
数値が上がったこともあります。黄疸がでたこともあります。

臆病な子なので入院させると余計具合が悪くなるので、
毎日通院していましたが、仕事が終わってから定時で帰り、
通院をしていると、お金がかかっても入院してくれているほうが楽?
というのが本音でした。
やっと最近は週2日くらいになりましたが。。。

肝臓に関しては獣医さんに聞いたときには、
「開腹手術をして、細胞をとってこないとわからない」
といっていました。
一番、原因がわかりずらい臓器なのだそうです。
また、もって生まれたウィルス性のものとかもあると言っていました。

治療をやめる、やめないは・・・
うーん。。。。
治療が猫にとって本当に苦痛で、助かる見込みのないようだったら考えますが、
基本的には命ですから、私だったら金額に関係なく治療します。

ごはんは、
「サイエンスダイエットLD」という肝臓病食を5年ほど続けていますが、
先日胆石が見つかり、ショックでした。
もう13歳ですから手術はしませんが、morioさんのところはまだ3歳ですよね。
安楽死はかわいそうな気がします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。とっても参考になりました。早速病院で「サイエンスダイエットLD」を
注文してもらいました。普段サイエンスダイエットライトをあげていたので、食べてくれると良いです。
これからの状態をみて、肝臓の細胞を切り取って検査することも検討に入っています。
母も私も体が弱い事もあって肝臓のGOT,GPT値が高いとどうなるか、どれだけ恐いか知っていたため、検査結果を見て本当に驚きました。だから大分気分的にもネガティブになっていました。でも皆さんからのコメント、励ましでとても心強く、励まされた事か。感謝しています。
これからはネコと一緒に頑張って行くつもりです。私になついているネコにとって信頼できるのは私しかいないのです。見放してしまってはダメですね。ありがとうございました。涙が出てしまったほど回答には感謝しています。

お礼日時:2001/03/15 11:16

友人の猫が白血病でずっと点滴をしていました。

死ぬ直前まで手をつくしたようですが、50万以上かかったみたいです。経済的な問題もあるとは思いますが、望みのない命ならば、長く苦しませるよりは、安楽死を選んであげるのもひとつの手段かとも思います。

肝炎の原因は私にはわかりませんが、おいしいキャットフードには、動物には害になる栄養素も多く含まれるとききます。我が家では、サイエンス・ダイエットという体内に石などが蓄積されにくいものを使っていましたが、やはり味がいまいちなのか、あまり食べないのです。かつおぶしをかけたりして食べさせていました。あと、人間が食べているものをそのままあげるのも動物には味が濃すぎるのでダメです。そういったことで思い当たらないようであれば、ウイルスのせいかもしれませんね。ご相談者の健康診断もきちんとされたほうが良いかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。本当に皆さんの回答には励まされ、心強くなった事か。読んでいて涙が出てしまいました。私になついて私しか信頼を持てていないネコにとって私が見捨ててはいけませんね。
餌はサイエンスダイエットライトをあげていました。
これからは肝臓病食のサイエンスダイエットLDにきりかえるつもりです。
今の時点熱も下がり、元気が出てきたので、点滴治療をしながら良い方向に進んでいると思います。
生検等、色々いこれからありますが頑張って行きたいと思います。ありがとうございます。本当に感謝しています。

お礼日時:2001/03/15 11:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネコの不幸がありました。そして、またネコを飼いますか?

私の大切な大切なロシアンブルーの猫が麻酔によって、1歳半と若くて死にました。昨日のことです。詳しくは、私の質問履歴を見ると分かります。

いつも私を癒してくれたのは猫でした。猫がいないと、日々の苦労を乗り越えられなかったんです。今はもう、その猫がいません。

その猫を買ったペットショップで、新しいロシアンブルーが3ヶ月前に入荷されました。メスのロシアンブルーです。前の猫も、入荷されてから4ヶ月目で買いました。

こんな状況で猫をまたもう1匹買うと、不幸の連鎖が起こりそうで怖いです。去勢手術をして、死んででもしたら・・・。そして、猫を買ったら、前の猫に失礼かもしれない・・・。

でも、猫がいない状況に私は耐えれません。こんな状況で猫をもう1匹買うことに、みなさんはどう思いますか?

Aベストアンサー

生物である以上、いつかは死が訪れます。人もそうですが、長寿をまっとうして逝く場合とそうでない場合両方あり、誰も寿命はわかりません。
亡くなった猫ちゃんは早すぎる不幸な死ではありましたが、それが定められた寿命だったのでしょう。ただ、飼い主であるあなたと共有した時間は、とても有意義であり、楽しいひとときだったに違いありません。

昨日までいた存在が急に居なくなり、心にポッカリと穴が空いているのが今のあなたの状況かも知れませんが、だからといってすぐに次の子を見つけて「亡くなった猫の代わりにしているんじゃないか?」と悩むのもイヤなのですよね。次の子を迎えるためにも、ある程度「心の区切り」はあなたにとっては必要なのではないでしょうか?
人間には喪に服す「四十九日」が存在しますよね。猫ちゃんの供養にその「儀式」は無いですが、今回はあえて喪に服してみてはどうでしょうか?表面上の形ではなく、あなたが自分の気持ちと向き合う期間として。
喪が明けた頃、あなたの気持ちに落ち着きというか冷静さが戻るかもしれませんから、それから次の子を迎える準備をしても遅くないのでは?
ペットとも「縁」が存在すると個人的には思っていますので、次にまた出会えたならば、亡くなった猫ちゃんの分まで可愛がってあげれば、それが供養にもなると思いますよ。

私も可愛がっていた猫を亡くした経験あります。
お母さん猫がどこかで産み、1匹ずつウチのベランダに連れてきたうちの1匹で、そのまま居ついた半ノラ猫でした。引っ越しすることになり、その子も新居へ連れて行くつもりで猫トイレやらグッズを購入し、帰ってきたら冷たくなっていました。もともと胃腸虚弱な子ではありましたが、看取ってやれなかったことがすごく後悔として残りました。今でも猫ちゃんや猫グッズを見ると、その子を思い出します。そしてきっと近くで私のことを見守ってくれていると思っています。
その後はペット禁止の住居だったので「夢のまた夢」で飼うことが出来ませんでしたが、最近ペット可のところに引っ越したので、いずれ猫を飼おうと思っています。そして、亡くなった猫と同じ名をつけて、今度こそは最期まで看取ってあげるつもりで可愛がろうと思います。そうすることが亡くなった猫も喜んでくれることだろうと信じています。

生物である以上、いつかは死が訪れます。人もそうですが、長寿をまっとうして逝く場合とそうでない場合両方あり、誰も寿命はわかりません。
亡くなった猫ちゃんは早すぎる不幸な死ではありましたが、それが定められた寿命だったのでしょう。ただ、飼い主であるあなたと共有した時間は、とても有意義であり、楽しいひとときだったに違いありません。

昨日までいた存在が急に居なくなり、心にポッカリと穴が空いているのが今のあなたの状況かも知れませんが、だからといってすぐに次の子を見つけて「亡くなった...続きを読む

Q我が家のネコについて。

数年前に家の前に迷子ネコが居て、我が家の子になりました。
ちょっと変わった毛並みなので質問させてください。
一見「黒猫」に見えるのですが、毛先がチョコレートブラウンで、根元が真っ白な
2色で構成されています。
全て毛(頭~尻尾の先まで)が2色です。
特にデブではないのですが(若干ふくよか)体重は8キロちょっとあります。
大きさも「狸」か「アライグマ」並みに大きいです。
全体的に「丸く」、日の中に居ると薄っすらブラウンに見えますが、先に書いたように
一見すると黒猫です。
毛並みは非常に柔らかく、細い毛で長毛ではありません。
種類が特定出切る情報があれば教えてください。

※全ての毛が2色構成なのは珍しいので、ハーフの猫かと思っています。

Aベストアンサー

以前同じような猫を保護しました。
獣医に連れて行ったら「スモーク」というのだそうです。
毛色のことです。
「貴重だよ」とも言われました。

でもトリマーしていて時々見ます。
ただ数としてはやはり少ないかも・・・

Q我が家に来たネコ

3日前に私の家に来ました。1匹で♂です。しつけの仕方などあまり分かっていません。泣く時が多く、どう接していいのかまだ分かっていません。ネコの事ならどんな些細な事でもいいので教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

そうですね~。
そういう事であれば、minatouriさんのおっしゃるように、寂しいんだと思います。
今まで兄弟と一緒だったのを離されて、1人になちゃった訳ですし、yukki-asimoさんはまだ「エサをくれる人」という認識なのでしょう。

私も先日、7/20に二ヶ月になった子猫(♂)をいただいたばかりです。
先住猫(去勢済♂一才)がいたので鳴くことはありませんでしたが、やはり2日ほどは「怖いお兄ちゃんとエサをくれるおばちゃん」状態でしたね。(笑)
私と先住猫vs子猫って感じだったのですが、三日目にベットに横になっていた私の胸の上に来て甘えてくれました。(^-^)
一匹だけなのなら、もう少し時間がかかるかもしれません。

兄弟猫が一緒で大事に育てられていた子なら、特に性格的な問題も起こりにくいと思いますよ。
私はある小説にあった「猫は知的な会話をすることで賢くなる」という一文を信じていて(笑)、うちの子達には普通に人と話すように会話するようにしています。
叱るときもちゃんと言葉で叱ります。
上の子とは意志疎通がしっかりできていると、自信を持っています。(^-^)

ただ、私も上の子の時は猫と暮らすのが始めてで、かなりナーバスになったりもしました。
ブリーダーさんに「もう少し肩の力を抜いてもいいと思いますよ」と言われたことがあるくらい。(笑)
2匹目は、もう抜きまくりで接しています。(^^;;
それでいいと思います。

鳴く時の対処の仕方はまちまちです。
返事をすると「鳴くと相手をしてくれる」と勘違いされるからダメという人もいれば、おしゃべり猫になるのでおもしろいと言う人もいます。
これはその子の性格による所もあると思います。
いやがらないであれば、抱っこしてみるのもいいかもしれません。
兄弟猫のぬくもりを欲しがっているのかもしれませんし。
ただ、抱っこして嫌がられたらすぐに離してあげましょう。

後は、当分は子猫のペースにあわせてあげていいと思いますよ。
自分の家の最低限のルールだけ決めて、それだけは必ず守るように少しずつしつけていけばいいでしょう。
うちは「キッチンの上とテーブルの上には登らない」「人間のご飯はじゃましない」というのがルールです。
これ以外は、人に怪我させなきゃOKって感じですかね。

後、電源コードだけは気をつけてあげてください。
まだ二ヶ月ならもう少し先の話になりますが、後数ヶ月すると歯が抜け替わりますので、いろんな物をがじがじするようになります。
電源コードなんかもその対象になります。
下手すると感電してしまいますので、気をつけましょう。
うちは上の子の時に、ADSLのDSLコードを噛みきられました。(^^;;

後は、トイレチェックだけはこまめにしてあげてくださいね。
うんちの具合やおしっこの回数など、トイレで病気や体調不良が見つかる事は多いですので。
毎日良く子猫を見てあげて、目や鼻などに以上がないかチェックしてあげるのも忘れずに。
子猫の場合、具合が悪くなると急激に悪化することがありますので。
一説によると猫の時間は人間の4倍で進んでいるそうです。
それを考えると、人間のスピードとは明らかに違いますから、人なら翌日まで待っても大丈夫な事でも、猫では手遅れになることもあります。
一才を超えるまで、よく見てあげてください。

子猫の時間はホントに短いですよ!
あっという間に大きくなってしまいます。
大きくなっても自分の子はかわいいですが、やはり子猫時代は特別です。
写真に残したり、たくさん遊んであげて、お互い思いっきり子猫時代を堪能しましょうね。(^-^)

そうですね~。
そういう事であれば、minatouriさんのおっしゃるように、寂しいんだと思います。
今まで兄弟と一緒だったのを離されて、1人になちゃった訳ですし、yukki-asimoさんはまだ「エサをくれる人」という認識なのでしょう。

私も先日、7/20に二ヶ月になった子猫(♂)をいただいたばかりです。
先住猫(去勢済♂一才)がいたので鳴くことはありませんでしたが、やはり2日ほどは「怖いお兄ちゃんとエサをくれるおばちゃん」状態でしたね。(笑)
私と先住猫vs子猫って感じだったのですが、三日目に...続きを読む

Q3月に11歳になる我が家の猫が入院しました。

2週間くらい前にも質問させていただいたのですが。。。。
土曜日から、随分と元気がなくなり餌もあまり食べなくなったので土曜日の夜
かかりつけの病院は休診のため別の病院にかかりました。
そのときに測った体重が400g以上減っていて、その上脱水気味だといわれました。
以前2012年と2013年 ともに6月に血液検査をしたときの結果も持参してみていただきました。
尿の量も増えていると話したことろ、体の中で何かが起こっているみたいだからかかりつけの
病院へ一度相談してみてもらっては??と指導を受け帰宅したのですが
その後もまったく元気がなく、昨晩心配になって土曜日にかかった病院で詳しく検査してもらうように
予約して本日受けてきました。
猫を預けて一時間後に電話で「腎臓病の末期にまで来ています、すぐに説明したい」と。。
慌てていくと、詳しく説明してくださいました
2012/6 検査
BUN 23   CRE 2.1
医師の指導によりロイヤルカナン腎臓サポートの給餌をはじめる
2013/6 検査
BUN 17   CRE 1.9
と前年より下がっていたのですが、
あえてそのときは医師に確認しないで継続

そして本日の結果
BUN >140.0 CRE 8.9 P 11.0
かなり悪く、餌も昨日からほとんど食べてないなら肝臓まで悪くなる
強制給餌や点滴をしたほうが。。ということで結局入院しました。
3日後にもう一度検査をして 数値が下がってくれば 帰宅して投薬と輸液点滴などで治療。

もう涙が止まりませんでした。
かなり猫自身辛い状態だと。。。
もし、うまくいって帰宅できたら、これからはどういうことに気をつけて どんなことを準備しておいて
やっとけばいいのでしょうか?
そのときには病院でも説明をしていただけるのでしょうが、今 不安でたまらなく
ここに相談させていただきます。
いろいろなアドバイスをお願いいたします。
なにも分からなく帰ってくるまで じっと待ってるのが落ち着きません
明日も面会には行きます、

何を質問したいのか よくご理解しただけないかもしれません
動揺しています

なんでもいいです。
おしえてください。

2週間くらい前にも質問させていただいたのですが。。。。
土曜日から、随分と元気がなくなり餌もあまり食べなくなったので土曜日の夜
かかりつけの病院は休診のため別の病院にかかりました。
そのときに測った体重が400g以上減っていて、その上脱水気味だといわれました。
以前2012年と2013年 ともに6月に血液検査をしたときの結果も持参してみていただきました。
尿の量も増えていると話したことろ、体の中で何かが起こっているみたいだからかかりつけの
病院へ一度相談してみてもらっては??と指導を受け帰宅...続きを読む

Aベストアンサー

毎日自宅で輸液をし、胃瘻チューブから流動食をあげ、3匹末期ながらもかなり長くキープできました。
うちもそうでしたが、腎不全の場合はみなさん自宅で輸液します。
おしっこを出し、尿毒症に気を付けます。
ご飯は療養色を食べてくれたらラッキー、無理強いせず好きなものを、チューブから栄養と投薬を。

脱水ということは、輸液はしていますか?投薬は?ヘマトクリット(貧血)は??
情報が少ないのでなんともですが、強制給餌よりチューブを入れてもらった方が楽ですしお互い負担がありません。
鼻、喉、胃からチューブを入れられます。
http://aomori-animal-med-c.blog.so-net.ne.jp/2010-06-02

腎不全ステージにより血圧の薬
コバルジンで吸着
レンジアレンでリン吸着
自宅での輸液
流動食(リーナルケア、キドナなど)
ペットチニックで貧血予防
造血剤注射

などでしょうか。
ネットで買える物もあります。

数値をよく見て、先生と相談して、家庭で出来ることもたくさんあるので早く退院できるといいですね。
お大事にして下さい。

Q慢性腎不全の治療での皮下点滴について

先日も違う件で質問させて頂きました。
うちの猫(メス、14歳)は1年程前から慢性腎不全で週に1度、皮下の点滴を受けています。先日、具合が悪かったので病院に行ったら先生から悪化していると言われました。今週の月曜日から皮下点滴の量を増やして点滴を受けています。
質問なのですが、昨日から点滴後、前足(右)の付け根あたりがかなり『タポタポ』と言うか、『ブヨブヨ』しています。
これは大丈夫なのでしょうか? 点滴後、元気もないようです…。
心配なので、どなたか教えて頂きたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.2です。

輸液毎日病院ですか!
それは大変ですね…。

シリンジでやったり色々な方法がありますが、家でのやり方はパックから背中に点滴です。

針を刺すのは怖がってゆっくり浅くやると痛いので、“一気に深め”に刺します。

消毒後、皮膚をつまんでテント状にして広がった所に斜め下に刺してテープで固定し、針の角度によって落ちるスピードが変わりますが(私の腕ではまちまち…)数分で150完了です。
毎日左右上下ローテーションでやっています。

獣医さん曰く、極端に言うと真下に刺しても肺には刺さらないし筋肉で動くから大丈夫と。(そんなことはしませんが…)
浅いとやはり痛いので、これはブスリと。
すぐに慣れますよ。

ダッコしながでも、のど元こちょこちょしながらでも出来ます。

一番最近の数値ですが、BUN100・CREA9.4ですが元気元気です。
数値も気になるけど、本人の元気がバロメーターかなと。

腎不全うちも色々試行錯誤ですが、猫にも飼い主にも一番いい方法をお互い見付けていきましょう!
病気なんて本当に無くなれば良いのに。

お大事に!

No.2です。

輸液毎日病院ですか!
それは大変ですね…。

シリンジでやったり色々な方法がありますが、家でのやり方はパックから背中に点滴です。

針を刺すのは怖がってゆっくり浅くやると痛いので、“一気に深め”に刺します。

消毒後、皮膚をつまんでテント状にして広がった所に斜め下に刺してテープで固定し、針の角度によって落ちるスピードが変わりますが(私の腕ではまちまち…)数分で150完了です。
毎日左右上下ローテーションでやっています。

獣医さん曰く、極端に言うと真下に刺しても肺...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報