液体プロポリスはそのままでは飲みにくく、
お茶やコーヒーにたらして飲むなど、紹介されて
いますが、成分的に何と一緒に飲むのが良いのか
調べても良くわかりませんでした。
私はお猪口にたらしてお湯で割って飲んでいますが
そのすぐ後、粉末のローズヒップティを飲みます。
なのでプロポリス+ビタミンCとなります。
せっかく飲んでいるので、プロポリスの効果を上げる
食品や飲み物をご存知でしたら、是非お教え下さい。
またビタミンCと一緒に飲んでも双方の効果が上がるのか
下がるのかもわからず、お分かりの方がいらしたら
お教え下さい。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

化学専門です。



>一般的にはプロポリスは免疫力を高めると認知されていると思うのですが
一般的にそのような認知はありません。
悪徳業者がそのように吹聴していることはあるでしょう。
医学的な事実すらねじ曲げた解釈をして、自社製品があたかも優れたものであるかのような広告を出しているものがほとんどですし、そのような広告での情報は信用性ゼロです。

民間療法とおっしゃいましても、民間療法としての効果すら怪しいのに、相乗効果などと言われても、相乗する元の効果がないのですから無意味です。

基本的に健康や美容を謳った商品のほとんどは詐欺なのですよ。
    • good
    • 0

栄養士です。



プロポリスって、ロウソクのロウと同じ成分ですよ。
天然物なので体に害は無いですが・・・

日本語では「ろうみつ」と言います。
http://www.weblio.jp/content/%E8%87%88%E8%9C%9C
漢方薬では、軟膏の基材(ベース)として使われます。
つまり、病気を予防したり治す効能はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
一般的にはプロポリスは免疫力を高めると認知されていると思うのですが。
ソウソクの成分と同じならば、希少価値があり高額な健康食品ではないですし、誇大広告!で商法違反ですよね。というか、詐欺になります。

栄養士の方からのご回答なので、根拠がおありだとは思うのですが、
西洋医学の見地からでしょうか?
病気を治す効能はわかりませんが、西洋の民間療法では古来から、予防的、または免疫力アップの効果をうたわれています。
まったく根拠がないおまじないだったのでしょうか?

私としては民間療法としてプロポリスの効能に期待しておりまして
食品の組合せのように、相乗効果を期待できる、摂取方法が知りたかったのですが。
せっかくご回答頂いたのに、かみ合ってないようですね。

お礼日時:2009/07/17 19:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qのど飴

みなさんが、よく効くと思われる
のど飴ってなんですか?

南天のど飴?
浅田飴?
龍角散のど飴?

Aベストアンサー

私はロッテのど飴をよく買います。
カリンのスース-感が好みです。

私はのどから風邪をひくタイプなので、
のど飴はけっこう効いてると自分で思っています。

あと、黒砂糖入りの飴も
なぜか、のどにいいように思えます。

Qサプリメントを粉末にして飲むことは良い悪い?

どうもです。

サプリメントは健康補助食品ですよね。テレビでも一種の食品だと何度も見ました。

そこで、サプリメントを粉末にした方がより良く摂取できるのではないかと思っています。実際のところどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

崩壊試験という試験があります。
これは、錠剤を胃液に見せかけた液体の中で振って、溶けるのに何分かかるかということを調べる試験です。きちんと品質を管理しているメーカーなら、出荷前にこういった試験を行っていると思います。
品質の良い製品を選べば、粉も錠剤も変わらないと思いますよ。

あと、乳酸菌などのサプリには錠剤が胃の中で溶けないコーティングを施しているものがあります。これは、胃の中で溶けると不都合な場合に用いられます。乳酸菌は胃酸で殺されてしまい、腸で活躍できなくなってしまうため、このような技術が用いられます。ただ、マイクロカプセルといった技術もあり、この場合、粉末であっても胃の中で溶けませんから大丈夫です。

あと、より良い吸収のために気をつけたい事は、油に溶けやすい性質を持った成分は食後で無いと吸収が悪くなります。ソフトカプセルの製品はほとんどこれに該当すると思います。

Q薬用のど飴って?

最近、のどの調子が悪いので100円ショップでのど飴を買いました。
ふと思ったのですが、薬用のど飴と、普通ののど飴とはどう違いますか?成分はほとんど同じのような気もしますが。効果は薬用のど飴が効くのでしょうか? みなさんは薬用を買われていますか?教えてください。

Aベストアンサー

のど飴自体に明確な規定が無いため、ハーブやメントールが入っているだけで、のど飴と称している物がほとんどではないでしょうか。
このように普通のあめと、のど飴の違いもほとんどありません。
しかし医薬品と名乗っているのど飴は違いますよ。現時点では医薬品になっているのど飴は、浅田飴と南天のど飴だけだと思います。ヴィックスは医薬部外品ですし。
ヴィックスも含めてこのようなのど飴には、殺菌成分や抗炎消剤が含まれていたりします。
ですので効き目はあきらかに違います。今の時期普段は普通ののど飴をなめていますが、まずいなと感じたら医薬品をなめています。
すぐに効果は出てきますよ。薬だけの事はあります。

Qアリナミン・キューピーコーワなどのビタミン剤と、お酒を一緒に飲むのは危

アリナミン・キューピーコーワなどのビタミン剤と、お酒を一緒に飲むのは危険ですか。

仕事上の目の疲れから、普段寝る前にビタミン剤を飲んでいます。
夕食等でお酒を飲んだ後に、アリナミン・QPなどを飲むのはやめた方がいいでしょうか?

お酒と薬は飲んではいけないとは聞いていますが、
上記のようなビタミン的な薬も当てはまりますか?

Aベストアンサー

飲んでも平気です。

まったく何の問題もありませんので、心配しないで飲んで大丈夫です。

増血剤はお茶で飲んではいけませんが、危ない訳ではなくて薬の効果が低下してしまうからです。
逆にお茶で飲む事を指定しているかぜ薬も有ります。

アルコールとの飲み合わせで気を付けたほうが良いのは、鎮痛剤と解熱剤とかぜ薬です。
(極々まれに、動悸や目眩、ふらつきや幻覚症状が出る場合が有ります、大した事は有りませんが)

ビタミン剤と併用不可の薬も有りますが、アルツハイマーやパーキンソンなどの一部の限られた特殊な薬の場合だけです。

後は、妊婦の場合はどんな薬を飲む場合も必ず事前に医師の指導を仰いでからにして下さい。

薬は水や白湯で飲まなくても、殆んどの薬はコーラでもコーヒーでもカルピスでも麦茶でも何でも大丈夫です。
(私が薬を飲む場合はどんな薬でも常に、コーラかコーヒーかビールか日本酒又はその他のお酒類で飲みます。水で薬を飲む事は殆んど有りません、水しか飲み物が無い時だけです)

医者の中にも子供の頃からお母さんやお父さんに言われた「薬は水で飲まなきゃ駄目だ」を何の医学的な根拠も無いのに何となく信じていて、患者にも水かぬるま湯で飲んで下さいと勧める変なお医者さんも結構いますが、一般的に処方される殆んどの薬は何で飲んでも大丈夫なのです。
(つまり、例え医者が薬は水で飲んで下さいとか、薬は水以外のものでは飲まないで下さい、などと言ったとしても信じる必要は有りません、医学的な根拠の無い無意味なアドバイスですので聞き流して大丈夫ですよ)

でも、本当に信じられないくらいに心底この迷信を信じていて、薬を飲む時は絶対に水かさ湯でなければ駄目だと思い込んでしまっている人は驚くくらい大勢います。
(風邪の時にはお風呂には入ってはいけないという迷信と同じで、長い間に親から子へと伝えられて出来た間違った習慣のようなものだと思います)

まあ、医者も含めて、もの凄く多くの人たちがこれらの迷信を信じていますから、誰かにこの話をしたとすれば誰に聞いても十中八九(たぶんそれ以上)は私の回答は間違っていると言われてしまうと思いますが、真実は一つ、事実は小説り奇なりなのです。

回答が横道に反れてしまいましたが、そういう事なのでビタミン剤とお酒を一緒に飲んでも大丈夫ですよ。

飲んでも平気です。

まったく何の問題もありませんので、心配しないで飲んで大丈夫です。

増血剤はお茶で飲んではいけませんが、危ない訳ではなくて薬の効果が低下してしまうからです。
逆にお茶で飲む事を指定しているかぜ薬も有ります。

アルコールとの飲み合わせで気を付けたほうが良いのは、鎮痛剤と解熱剤とかぜ薬です。
(極々まれに、動悸や目眩、ふらつきや幻覚症状が出る場合が有ります、大した事は有りませんが)

ビタミン剤と併用不可の薬も有りますが、アルツハイマーやパーキンソンなどの一部の限...続きを読む

Qスースーしないのど飴を教えてください

ハッカやメントールのスースーする感じが苦手です。
スースーしないらしいと聞いたことのある数種類くらいしかのど飴を買ってないので、さすがに飽きてきました。

・カンロ ノンシュガー果実のど飴
・ノーベル はちみつきんかん(りんご)のど飴

これらのスースー加減なら、問題なく食べられます。

上記以外で、スースーが苦手な人でも食べられるのど飴をご存じでしたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

丸ごとしぼったリンゴのど飴 11粒

はちみつりんごのど飴 袋タイプ

リンゴ味ののど飴はすーすーしないと思います。

Qマルチビタミンを飲むタイミング

最近マルチビタミンを購入したのですが、飲むタイミングについて質問させてください。

個人的には、朝食後と就寝前かと思っているのですが、それだと間隔が偏るので、昼食後・就寝前の方がいいのでしょうか?

普段サプリメントを摂っている方、よろしかったらご教授ください。

Aベストアンサー

個人的な意見ですが、お勤めなどをされていらっしゃる場合などで
特に問題無ければ、朝食を食べ、会社へ行き仕事途中の朝10時のお茶
などの空腹時に飲むのがよろしいかと思います。


サプリメントはその種類や効能などにより飲む時間帯などを考えて分けて
いらっしゃる(ほかのと一緒に飲まない時間的な組み合わせを考える為)
人などもいらっしゃるようなのですが、空腹時たとえば食事前1時間前
などが吸収率が良くなるといった指摘などをされる医学博士などもいて
あと体調が悪い(ちょっと疲れたや風邪気味など)という場合などは
就寝前30分などに飲むといった使われ方なども多いようです。
就寝前などに飲まれる場合であれば、トイレに夜中すぐに行かれるような
体質がある場合などは食後2時間から3時間後などに飲んでおく!
のがよろしいかと思います。


マルチビタミン剤とのことですので、朝10時お昼3時などのティー
タイムで取るといった習慣をつけられると毎日習慣化しやすいかも
しれませんよ~

Q苺ののど飴

明治製菓より販売されている『うるおう苺のど飴』が大好きで、買い溜めをしているぐらいですが、新商品の『アロエヨーグルトのど飴』と差し替えという形で、ショップからは姿を消していくようです。
既に取り扱っているショップも少なくなってきました。

私が、『うるおう苺のど飴』を気に入っている一番の理由は、さっぱりした味と、あと口がスッキリしている点です。普通の飴は、何個も食べると口の中が痛くなりますが、これはなりません。のど飴は色々と試しましたが、中々気に入る物がありません^^;

ちなみに、新商品のアロエも試しましたが、私の好きな味ではありませんでした。

フルーツ系ののど飴なら何でも構いませんので、皆さんのお勧め商品を教えてください。

Aベストアンサー

『うるおう苺のど飴』は私も大好きです。
代替品としてはキシリミントのど飴のフルーツのものがお勧めかと。
ちなみに私はこれのミルク味も好きです。
ほどよい甘味とキシリトールのすっきりさっぱり感がなかなかいいですよv

QビタミンCとビタミンEの相乗効果について

共に活性酸素を除去する役割を持ち、体内の活性酸素と結び付けば、ビタミンCやEが酸化すると知りました。
そこでビタミンCとEを一緒に摂ると、体内で酸化したビタミンEをビタミンCが元に戻し、ビタミンEの効力が復活するような好循環、相乗効果が生じると書いてありました。

ここで思ったのですが、その記述ではまるでビタミンEが主役で、その主役を助けるビタミンCは、
ビタミンEの脇役なのではないか?と。 活性酸素の除去という役割に限定した場合では、
効力としてビタミンE>ビタミンCなのか?という疑問が生じました。 その前提で考えると、
何もビタミンEとCを同時に摂って相乗効果を期待しなくとも、ビタミンEを多めに摂ればすむ話
なのではないか?という疑問も生じます。 重ねて活性酸素の除去という役割における考察です。

またこうも思いました。 相乗効果ありと聞くと、ビタミンCとEを同時に摂らないともったいない様な
気もしますが、別々に摂ったら摂ったで、ビタミンCはそれ本来の役割を果す訳であって、それも
意義のあることではないかと。  同時に摂れば、酸化したビタミンEを元に戻す役割を果たす
仕事をビタミンCはしますよと。  そうなると元々相乗効果と呼ぶほどではないんではないかと。 
逆に考えればビタミンCの本来の役割を犠牲にしているとも言える訳です。 (サプリメントとして
ビタミンEの方が高価ならば、ビタミンEを復活させるビタミンCとの「相乗効果」という言い方は
一応理解できますが。)
 
まとめますと、活性酸素を除去したいなら、ビタミンEを単独で多めに摂ればいいと。
またタイミングを別にしてビタミンCを摂れば、ビタミンC本来の役割を果たしてくれるわけだから
これも意義あること。  結局相乗効果を期待して同時に摂ったところで、たいしたことでは
ないのですよ、というのが私の結論です。 この推察は正しいでしょうか? 
アドバイスを頂けましたら幸いです。
 

共に活性酸素を除去する役割を持ち、体内の活性酸素と結び付けば、ビタミンCやEが酸化すると知りました。
そこでビタミンCとEを一緒に摂ると、体内で酸化したビタミンEをビタミンCが元に戻し、ビタミンEの効力が復活するような好循環、相乗効果が生じると書いてありました。

ここで思ったのですが、その記述ではまるでビタミンEが主役で、その主役を助けるビタミンCは、
ビタミンEの脇役なのではないか?と。 活性酸素の除去という役割に限定した場合では、
効力としてビタミンE>ビタミンCなのか?という疑問が...続きを読む

Aベストアンサー

まとめますと、活性酸素を除去したいなら、ビタミンEを単独で多めに摂ればいいと。
またタイミングを別にしてビタミンCを摂れば、ビタミンC本来の役割を果たしてくれるわけだから
これも意義あること。  結局相乗効果を期待して同時に摂ったところで、たいしたことでは
ないのですよ、というのが私の結論です。 この推察は正しいでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同時に取る、摂取するという意味が、同時に【口に入れる】ということなら、ほぼ、あなたのご推察のような
CがEを還元するために消費されるということになります。
Cがもったいないじゃないか・・・というのも、うなずけますが。

ただし、この還元される【E】というのは、吸収されての同時摂取されたEではなく、
すでにして、細胞膜にあって、「酸化された状態のE」を
還元するためにつかわれるわけで、同時摂取されたEはもちろん、フレッシュ?なE(酸化されてない)ですから、
摂取されたCにより還元されの元からあったEと、摂取されたEとで一時的に【還元型E】が体内に増量されるわけですから、
いわばEをたくさんとったのと同じ効果になります。

ここで問題があります。
Cはもちろん、Eを還元して、自分は酸化された形のCとして水溶性ですから速やかに排泄されますが、Eは、酸化されても、Cにより還元されても、脂溶性ですから、「脂」にとどまります。

問題はここです。
単に、「E」をとればいいのではなく、酸化されて、だめな【E】は排泄されるかというと、都合よくそうはならない。
いわば、悪いCは速やかに出て行くが、悪くてもEは残るということです。

そして元に戻りますが、この、悪くなったEを今一度、存在するなら、「還元型E」として、悪くなく、働くEとするためにも
Cをとろう、あわせて、新鮮なEを補給して・・・という理論になります。
結局、活性酸素理論は、スカベンジャーとして働いた後、自分が酸化されているのだから、速やかに体内から排除されるか、
【酸素毒】にならないように、働くスカベンジャーとしてすぐに再生される回路に組み込まれるかしないと、だめだということです。

いまや、「薬・健康食品」として、普通に飲食するより、多量に、目的の物質を体内に入れることができますので、
過剰になるということが問題になります。
実際には、過剰症として知られているものはまだ一部ですが、水溶性なら、おしっこがそれらしくくさいとか、
色がついているとか、わかる、わかる分は過剰なんですが、脂溶性のものは過剰として症状がでているのかどうかは、
実はまだわかってません。

欠乏、不足というのは、わかってます。
それは、普通に飲食するなら、飲食の習慣(とうもろこしなど)、栄養不良(鳥目・壊血病)ということでの欠乏が歴史的にあったから。

すでにして、A・Dの過剰症は明らかになってます。
昔は小学生に肝油など学校で飲ませたりしましたが、今はやらないでしょう?
A関連の薬などは、妊娠の可能性のあるなしに非常にこだわっているはずです。

Eもそのうち、何らかの形で証明されるかもしれないです。

まとめますと、活性酸素を除去したいなら、ビタミンEを単独で多めに摂ればいいと。
またタイミングを別にしてビタミンCを摂れば、ビタミンC本来の役割を果たしてくれるわけだから
これも意義あること。  結局相乗効果を期待して同時に摂ったところで、たいしたことでは
ないのですよ、というのが私の結論です。 この推察は正しいでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

...続きを読む

Qのど飴のことを英語でなんと言うのですか?

のど飴のことを英語でなんと言うのでしょうか?
実際、英米諸国にのど飴はあるのでしょうか?
教えてください。

ちなみに、自分のニュージーランド出身の英語教師は
"vics"といってましたが、英語の辞書を見ても
その言葉に「のど飴」の意味はありません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Halls (cough drops), Vics あたりが有名なところだと思います。

医薬品か医薬部外品に分類されるもの(浅田飴など)は、throat lozenge, cough drop(隠語があるとは知りませんでした)、あるいは固有名詞を普通名詞的に使う(正式ではないかもしれません)ことで通じると思います。

しかし近年はのど飴と呼ばれるものが広がり、e-ma やテイカロなど単にスーッとするだけのようなものが増えてきました。こういうものは mentholated drop / candy, mint candy 位にしておいた方が誤解が起きないでしょう。

Q「C1000 1日分のビタミン」の効用とビタミンの対風邪効果

「C1000 1日分のビタミン」の効用とビタミンの対風邪効果

http://www.house-wf.co.jp/products/detail/1day.htm



これって、実際に一日分のビタミンを補給できるのでしょうか。

まさかこれだけ飲んで野菜は食べない、なんて、極端なことはしませんが、
実際のところはどうなのでしょうか。

「ビタミンCは一回に一日分とっても、おしっこになって流れでてしまう」
なんて風のうわさを聞きますし……

美味しいので、健康に対して効用があれば、
少し高いのですが、飲み続けていこうかなと思っています。



また、便乗質問なのですが、
風邪を引きやすい体質のため、
野菜などを通じてビタミンをしっかりとることを意識しています。

ビタミンは風邪予防に対して大きな効果はあるのでしょうか。
ビタミン以上に風邪予防のために、必要なことがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

賞味期限内では、ラベルに記載しているビタミン含有量は保有している必要がある為に実際に1日分の摂取は可能だと思われます。

メーカーによっては、経年劣化によるビタミン減少を考慮して、少し大目の含有量してしている場合もあります。

ビタミンCは、果物をしっかり摂る事で比較的簡単に1日の必要量(100mg)は確保できるでしょう。
http://www.e-vitaminc.net/
「ビタミンCの上手な摂り方」を参照

又、ビタミンCと風邪との関連で、科学的根拠の高い情報としては、
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail45.html

・風邪の治療に対して有効性が示唆されている。
この効果に対しては多くの矛盾した根拠が存在する。
大多数の結果は、ビタミンCの大量摂取が風邪の 症状の期間を1~1.5日ほど短くするようだという効果を支持している。但し一日1~3gの摂取は副作用の出るリスクも上昇する。
Pharmacist’s Letter/Prescriber’s letter Natural Medicine Comprehensive Database(2006)より。

予防に関しての論文はありませんでした。

ビタミンCが風邪予防によいされている理由は、下記の理由からだと思われます。
・ビタミンCがコラーゲンの生成を助け、粘膜を強化する事から、ウイルスに感染し難くなる事。
・インターフェロンの体内産生を高めて免疫を増強する事。

参考URL:http://www.e-vitaminc.net/,http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail45.html

賞味期限内では、ラベルに記載しているビタミン含有量は保有している必要がある為に実際に1日分の摂取は可能だと思われます。

メーカーによっては、経年劣化によるビタミン減少を考慮して、少し大目の含有量してしている場合もあります。

ビタミンCは、果物をしっかり摂る事で比較的簡単に1日の必要量(100mg)は確保できるでしょう。
http://www.e-vitaminc.net/
「ビタミンCの上手な摂り方」を参照

又、ビタミンCと風邪との関連で、科学的根拠の高い情報としては、
http://hfnet.nih.go.jp/cont...続きを読む


人気Q&Aランキング