『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

自己破産をしているのに、
キャッシュカードでお金を下ろそうとすると融資の案内がモニターに出ます。
「説明を聞きますか?」と問われるので
いつも「いいえ」を押しているのですが、
これは私が破産者だから出るのでしょうか?
それとも誰にでも出ているものなのでしょうか?

元々人の借金を背負っての破産だったので
私自身はお金を借りたことはなく、
破産後も真面目に働いてちゃんとお給料が毎月銀行に入っています。

破産はしていても、
そういう決まった金額がちゃんと入ってくることが
銀行としては「信用」となって融資の案内を出してくるんでしょうか?

また、融資はしようとしてくれるのに、
クレジットカードはやっぱり作れないんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>これは私が破産者だから出るのでしょうか?



誰にでも、ATM画面に表示します。
ご存知の様に、銀行各社は「サラ金業務」を行なっています。
ですから、単純にCMです。

>銀行としては「信用」となって融資の案内を出してくるんでしょうか?

定期的な給与振込みは、信用構築になります。
が、金融事故を起こした(被害を与えた)銀行では、意味がありません。
この銀行が持っている顧客情報にある「金融事故歴」は、消えません。
出来れば、事故とは無関係の銀行で給与振込みを続けて下さい。

>クレジットカードはやっぱり作れないんでしょうか?

金融事故を起こした時点(裁判所の免責決定)から、最大5年間は各個人信用情報機関にブラック情報が残ります。
先に書いたように、銀行も顧客情報を持ちブラック情報を保存活用します。
残念ですが、顧客情報には法的な情報保存期間の定めがありません。
10年でも20年でも、情報を保存・活用(関連会社間含む)します。
ですから、金融事故とは全く無関係のカード会社に申込みを行なって下さい。
当然、各個人信用情報機関のブラック情報が消えてからです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
とても丁寧にお答え頂いて、知らないことも多く勉強になりました!

今、給与振込みをしてもらっている銀行は
金融事故の影響を出していないところなので、
これからもこの口座を大事に使って行きたいと思います。
カードが作れるようになるのはもうちょっと先のようなので、
それまで健全に頑張ります。

お礼日時:2009/07/14 10:22

そういう案内は誰にでも出てきます。


案内が出たからといって、融資を受けられることにはなりません。

通常、自己破産したら一生ローンを組めないと覚悟した方がいいです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

一生ローンが組めないとは・・・
人の借金を背負うという、あの時の自分の判断が悔やまれてなりません。

地道に頑張っていこうと思います。

お礼日時:2009/07/14 10:25

 自己破産をしていても、ある程度の期間が経てば融資も受けられます


し、クレジットカードなども作ることができます。
 金融機関や信販会社によってバラツキはありますが、一般的には5~
7年程度で可能になりますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

クレジットカードがないと海外に行くのも気が引けるので、
早く持ちたいと思っています。
でも私の場合はもうちょっと時間が必要なようです。

それまでしっかり働いて、信用を築いて行こうと思います。

お礼日時:2009/07/14 10:29

多分その案内はみんなに出ている。


特に審査もなく表示されていると思います。
はい、を押した後、データーを書き込み始めて審査が進む。

現段階では融資をしてくれるかではなく、宣伝が表示されているだけです。
クレジットは、何か申し込んでみては?
破産後何年か経つと、作れるのでは?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

あれは誰にでも出ているんですね。
ちょっと安心したと思う一方、
あの広告は本当にお金がないと思っている人には毒だし、
必要ない人には目障りですよね・・・。

私はカードを作るにはもうちょっと時間が必要なので、
それまでしっかり頑張ります。

お礼日時:2009/07/14 10:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己破産後、ローンが組めるようになるまで。

私の婚約者は、自己破産をして丸5年経ちました。免責もおりているので(実際に書類も見せてもらっています)5年から7年でカードが作れるようになったりすると聞きましたが、実際に自己破産されてカードを作れるようになったり、ローンを組めるようになった方はいらっしゃいますか?また、彼と結婚して、私に収入源が無い場合、私もカードが作れなかったりするのでしょうか?実際にカードが作れなくても、現金払いで生活していく程度の収入は有りますし、彼氏も企業の正社員として働いています。カテゴリはここでよかったのか、わからないのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

以前、『個人信用情報機関』の1つであるCIC(正確には『クレジット産業協会』)に『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

> 免責もおりているので(実際に書類も見せてもらっています)5年から7年でカードが作れるようになったりすると聞きました
それは、「『個人信用情報機関』に『情報』が残っている期間が過ぎれば、再びクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができるようになることもある。」という話だと思います。
(カードと言われてもさまざまありますので…。キャッシュカードならばすぐにでも作れるでしょうし、キャッシュカードがあってその口座に残高があれば『J-Debit』というシステムに加入しているお店などでは、現金がなくても買い物等はできますから。)

5年から7年…というのは、『延滞等の金融事故があった場合=事故情報』の話です。
自己破産の場合は、『官報』に記載される情報なので、最長10年です。
『事故情報』と『官報記載情報』は扱いが違いますから、それを混同しないようにしてください。

全国銀行個人信用情報センターは「破産・民事再生手続開始決定等の場合は、当該決定日から10年を超えない期間」。
CICは「破産・失踪・再生手続開始の決定日より7年以内」。
CCBは「破産関連は宣告日より7年間」。
全国信用情報センター連合会は「破産に関する情報は、手続開始日(宣告日)から10年間」。
テラネットは「本契約不履行に係る情報は発生日から5年を超えない期間」。
となっています。

銀行系の「全国銀行個人信用情報センター」と消費者金融系の「全国信用情報センター連合会」が10年であり、この2機関は、クレジット・信販系の「CIC」と(CRINというシステムにより)情報交流をさせていますので、ローンであれクレジットカードであれ「10年は無理」と思っていていただいた方がいいです。

> また、彼と結婚して、私に収入源が無い場合、私もカードが作れなかったりするのでしょうか?
私には収入がないのにクレジットカードを作ったり、ローンを借りたりして、『どこから返済』をするのですか?
『夫』の給与が『返済財源』となるのではありませんか?
『返済財源』の主に『自己破産』の履歴があれば、当然にクレジットカードも作れないと考えるのが普通だと思いますけれど。

ただし、法律で「個人信用情報機関に破産の情報や金融事故の情報が載っている人にはお金を貸したり、それに準ずること(クレジットカードの発行など)をしてはいけない」と定められている訳ではないので、それぞれの金融機関やクレジット・信販会社の判断基準によっては、ローンが組めたり、クレジットカードが発行されたりといったことがないではありません。

ただ、ご質問者さま個人が誰かにお金を貸したとして、その借金を踏み倒されたとします。
その借金を踏み倒した相手に、ご質問者さまは再び、三度、お金を貸してあげよう…という気になりますか?
『(自己破産に至った理由の如何を問わず)自己破産による免責を受け、結果として借金を完済しなかった』ということは「借金を踏み倒した」のと同じことです。
免責を受けても借金そのものがなくなった訳ではないので、債務者に余裕ができ、返済の意志があれば返済をすることはできるんです。
ご質問者さまの婚約者さまも「今からでもかつての借金の返済はできます」よ。
でも、『今さら』返済をしたところで、「何の得にもなりません」からされないでしょうね。
それゆえに『自己破産による免責を受けた』=「借金を踏み倒した」と言われてしまうんです。

あと、既回答者さまも仰られている通り、かつての自己破産によって免責を受けた先のご利用は、一生涯無理だと思っていただいていいです。
世間一般で言われているような『ブラックリスト』は存在しませんが、内部資料としての『ブラックリスト』は存在し、『永年保管』としている企業は多いですから。

以前、『個人信用情報機関』の1つであるCIC(正確には『クレジット産業協会』)に『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

> 免責もおりているので(実際に書類も見せてもらっています)5年から7年でカードが作れるようになったりすると聞きました
それは、「『個人信用情報機関』に『情報』が残っている期間が過ぎれば、再びクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができるようになることもある。」という話だと思います。
(カードと言われてもさまざまありますので…。キャッ...続きを読む

Q自己破産後の自動車ローンについて。

約7年前に自己破産をしています。
今年の1月に、CICに情報開示したところ、事故情報がなかったのでクレジットカードを申し込んでみたところ、取得することができました。
そのカードでは、携帯の支払いとETCのみ使用し、もちろん延滞等ありません。

現在、5年前に約100万円(現金)で購入した車に乗っていますが、車検が近づき買い替えを検討していました。そこで、某ディーラーで見積もりをとり、総額210万の車を検討しました。
頭金20万で残り190万をディーラーのローンにしようと思ったのですが、審査否決となりました。
ローン会社の信用機関はCICとのことでしたし、属性も年収450万、40代後半、独身、持ち家一戸建て(家族所有)で、担当者も多分OKだろうとのことでしたが、結果はダメでした。
頭金や保証人の問題ではないらしいとも言われました。
考えが甘かったのかもしれませんが、結局ほかの車を現金で購入することにしました。

そこでお聞きしたいことですが、
信用機関がCICとなっていても、他の信用機関を見たりするのでしょうか?

このディーラーのローンには、自分の事故情報が残って利用することができなくなってしまうのでしょうか?

お詳しい方、よろしくお願いいたします。

約7年前に自己破産をしています。
今年の1月に、CICに情報開示したところ、事故情報がなかったのでクレジットカードを申し込んでみたところ、取得することができました。
そのカードでは、携帯の支払いとETCのみ使用し、もちろん延滞等ありません。

現在、5年前に約100万円(現金)で購入した車に乗っていますが、車検が近づき買い替えを検討していました。そこで、某ディーラーで見積もりをとり、総額210万の車を検討しました。
頭金20万で残り190万をディーラーのローンにしようと思ったのですが...続きを読む

Aベストアンサー

>信用機関がCICとなっていても、他の信用機関を見たりするのでしょうか?

他にも回答がありますが、各個人信用情報機関は相互に情報を交換しています。
※無目的無担保融資規制で、年収の3割基準が誕生した結果。
CIC以外の機関に、不利な情報が残っている可能性もありますね。
同時に、質問者さまが自己破産をした時に被害を与えた金融機関。
この金融機関には、顧客情報という重要な顧客の個人情報があります。
当然、自己破産=債権回収不能情報は残ります。
残念ながら、顧客情報に関しては法的な情報保存期間の定めがありません。
住宅ローン完済後、10数年経ってからも「住宅ローンご利用有難う御座いました。リホームローンのご案内です」との電話もかかりますからね。
事故情報だと、もっと長く情報を保管・活用しています。
不幸な事に、被害を受けた金融機関が属する関連会社・グループ会社間にも情報を公開・活用しています。
例えば、プロミス(現、三井住友コンシューマーファイナンス)で事故を起こすと、三井住友銀行グループ各社に不適格情報が流れるのと同じです。
※プロミスの融資規約にも、関係会社各社で個人情報を共有しますと記載がありますよね。
推測ですが、自己破産時に被害を与えた金融機関と自動車ローン申込先が同じグループに属していたのでしよう。

>このディーラーのローンには、自分の事故情報が残って利用することができなくなってしまうのでしょうか?

申し込んだローン会社に、事故情報は残りません。
あくまで、「審査の結果融資を行なわなかった」という記録だけです。
今後は、自己破産とは全く無関係の金融機関グループに融資を申し込む事です。
10年前に自己破産した後輩(上場企業勤務・年収約1000万円)も、自己破産で被害を与えた金融機関グループの銀行から住宅ローン審査に落ちています。
自己破産とは全く関係の無い都銀から、住宅ローンを借りていますよ。
質問者さまの場合も、同じだと思いますね。

>信用機関がCICとなっていても、他の信用機関を見たりするのでしょうか?

他にも回答がありますが、各個人信用情報機関は相互に情報を交換しています。
※無目的無担保融資規制で、年収の3割基準が誕生した結果。
CIC以外の機関に、不利な情報が残っている可能性もありますね。
同時に、質問者さまが自己破産をした時に被害を与えた金融機関。
この金融機関には、顧客情報という重要な顧客の個人情報があります。
当然、自己破産=債権回収不能情報は残ります。
残念ながら、顧客情報に関しては法的な情報保...続きを読む

Q自己破産後 労金申込について

5年前に自己破産しています。このたび正社員になり労働金庫の申込をして結果まちですが、審査は通るものですか?もし通らなかった場合、
情報を開示したが為にブラックの期間が延長されることになるのでしょうか?
このブラックの期間ですが、5年~7年、または10年とかいろいろと言われていますが、どのようにしていけば、ブラックが消えまた融資を受けたりできるようになるのでしょうか?ある方は15年経っても融資が受けられないそうです。それはどうゆうことなのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも法律のカテゴリーで聞くべきことではないのですが一応・・・

よく「ブラックリスト」とは言いますが、そもそもそんなリストはありません。
CICや銀行協会などの信用情報機関に取引き履歴が記されるだけです。
これはカードやローンの申し込みをしただけで登録されますし、その後の返済情報も記録されます。
記録されるのはあくまで客観的事実のみです。
「コイツに貸すな」とか「コイツは要注意」などと書かれるわけではありません。

その融資の受付などがあった場合、その登録情報を会員の金融会社が紹介して見て判断するので、他で延滞ありでも貸すところもあれば、ちっょとでも怪しいデータがあれば貸さないというところもあります。
それは金融会社によって判断がまちまちです。

よく、7年で消えるというのはこのデータが7年記録されるからです。
ただ、私の知り合いが破産宣告後7年経過してもまったくローンが通らないということがあり、どうも業界内だけで流れる別立てのデータがあるような気もするのですが・・・確証はありません。

いずれにしろ申し込んでみないとわかりませんね。

そもそも法律のカテゴリーで聞くべきことではないのですが一応・・・

よく「ブラックリスト」とは言いますが、そもそもそんなリストはありません。
CICや銀行協会などの信用情報機関に取引き履歴が記されるだけです。
これはカードやローンの申し込みをしただけで登録されますし、その後の返済情報も記録されます。
記録されるのはあくまで客観的事実のみです。
「コイツに貸すな」とか「コイツは要注意」などと書かれるわけではありません。

その融資の受付などがあった場合、その登録情報を会員の...続きを読む

Q自己破産から何年でブラック解除?

自己破産(免責は確定)から何年でブラックは解除されますか?
また、免責確定後 クレジットカードやサラ金等への申し込みをすると
与信記録が残り、ブラックリストからの削除は更に先延ばしになりますか?
自身がブラックリストから解除されている事を知るにはどうすればいいですか?
あと「我々がデータを入れ替えますとお借入が可能です」は紹介屋の手口でしょうか?
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そのあたりには法的な規制などはありません。個人信用情報機関の独自の判断で運用されています。ただし多くの会社がこのようにしているという、おおまかな線ならあります。
自己破産、失踪宣告、民事再生手続きを受けたユーザーは7年間消えません。もちろん事故情報と同様の扱いになります。特に消費者金融では自己破産を重く見る傾向にあるため、全情連では10年間消えません。
ほぼ例外なくどこのクレジットカード会社でも 、事故情報が登録されている申込み者にはクレジットカードを発行しないようガイドラインを設定しています。ですから事故情報が消えるまではクレジットカードに限らず、どこからも融資は受けられないと考えてください。
よって免責確定直後にクレジットカードやサラ金等への申し込みしても、そもそも融資を受けられませんので「与信記録が残り、ブラックリストからの削除は更に先延ばしになる」ということもあり得ません。
自分がブラックリストに載っているかどうかは、その人情報機関に問い合わせるか、実際に融資を受ける手続きをするのがいいでしょう。
「我々がデータを入れ替えますとお借入が可能です」は紹介屋の手口の可能性が高いですね。そもそもそんなことをすること自体が背信行為ですから、そんな話に乗ることが悪の道への一里塚ということにもなりかねません。そんな話は断ることをお勧めします。

参考までに単なる延滞情報の場合でも、最低5年は消えません。延滞が発生してから後に延滞金を支払って完済することを「延滞解消」と言います。延滞解消後も延滞した事実や完済した事実は一定期間、記録として残ります。全情連、CCBでは延滞解消から1年、CIC、全銀協では5年保存されます。

参考URL:http://www.card1616.com/shinsa/blacklist.html

そのあたりには法的な規制などはありません。個人信用情報機関の独自の判断で運用されています。ただし多くの会社がこのようにしているという、おおまかな線ならあります。
自己破産、失踪宣告、民事再生手続きを受けたユーザーは7年間消えません。もちろん事故情報と同様の扱いになります。特に消費者金融では自己破産を重く見る傾向にあるため、全情連では10年間消えません。
ほぼ例外なくどこのクレジットカード会社でも 、事故情報が登録されている申込み者にはクレジットカードを発行しないようガイドラ...続きを読む

Q自己破産後何年でローン通りますか?

自己破産して丸5年経ちました。
車を購入したいと考えておりますが、ローンは通りますか?
詳しい方いらっしゃいましたら是非教えてください。
また、リース等購入しやすい方法ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

> 自己破産後何年でローン通りますか?
> 車を購入したいと考えておりますが、ローンは通りますか?
これは何とも言えません。
誰にも答えることはできません。

かつては、
・『個人信用情報機関』に「官報情報」が登録されていた
・官報に「ネット検索システム」がなかった
ということから、「個人信用情報機関から官報記載情報が消えれば」という言い方もできたのですが、今は、官報に「ネット検索システム」ができてしまったので、確か昭和22年の官報まで、調べることができるんですよ。

現在、『個人信用情報機関』で「官報情報」を登録しているところは、「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」のみです。
ここの「官報情報」の登録期間は、10年間ですから、『個人信用情報機関』を基準に考えるのならば、「最長10年」は借りることができません…と言えますけれど。

また、自己破産の際に免責を受けた先の関係先を利用とされるならば、「一生無理」ということもあるんです。

消費者金融、信販会社、クレジット会社、金融機関など、昨今は「グループ化」が進んでいますから、思わぬところで謝絶をされたりすることもありますよ。

でも、逆に、案外すんなりと借りられてしまうこともあります。

> リース等購入しやすい方法ありましたら教えてください。
「購入方法」でしたら、「ローンを組まずに現金で購入されれば」という回答になってしまいます。
ローンを借りる方法というのは、「原則」がないので、「申し込んでみなければ分からない」んです。
信販会社やクレジット会社の中には『KSC』を利用しないところもあるので、ディーラーローンなどを利用され、借入申込人の信用情報以外の『属性』がよければ、問題なく借りられるかもしれません。

ただ、最近、ディーラーローンが通りにくくなっている…という話をよく耳にします。

カーリースは、お金ではなく「車」の貸借契約になりますので、そちらならば「個人信用情報」は関係ないかもしれません。

ですが、残価設定リースのようなものは、信販会社との「ローン契約」になりますので、分けて考えてください。

> 自己破産後何年でローン通りますか?
> 車を購入したいと考えておりますが、ローンは通りますか?
これは何とも言えません。
誰にも答えることはできません。

かつては、
・『個人信用情報機関』に「官報情報」が登録されていた
・官報に「ネット検索システム」がなかった
ということから、「個人信用情報機関から官報記載情報が消えれば」という言い方もできたのですが、今は、官報に「ネット検索システム」ができてしまったので、確か昭和22年の官報まで、調べることができるんですよ。

現在、...続きを読む

Qイオン銀行カードローン

結婚前に自己破産(かれこれ8年前くらいです)をしています。結婚したので試しに数ヶ月前にイオンクレジット(WAON一体型)を申し込みしたところ、ショッピングとキャッシングも両方付いて発行されました。カードにはキャッシングも付いていますが利息が高いので使ってはいません。もし使うことがあるのであれば多少金利が安いイオン銀行カードローンの方がいいかなと思い、申し込みをしてみました。在宅確認の電話がきて、これから仮審査に入りますと言われましたがイオンカードを取得できたとゆうことはイオン銀行カードローンの審査も通りやすいのでしょうか?
他には何も申し込みはしていません。ローンももちろんありません。イオンカードで10万ほどショッピングで使っていますが、返済はきちんとしております。あと、仮審査の結果はどのくらいで届きますか?何かイオン系カードに詳しい方がいらっしゃいましたら教えて頂けると幸いです。
ちなみに専業主婦です。S60 C30がイオンカードの枠です。

Aベストアンサー

こんにちは。

イオンカードセレクト、イオン銀行カードローンどちらも利用していますが、イオンカードローンの方が、金利が低い分、審査は厳しくなります。

クレジットカード発行は、イオンクレジットカードサービス株式会社が発行し、イオン銀行カードローンは、イオンクレジットカードサービス株式会社が保証会社になります。

過去の自己破産対象業者の中に、信用情報機関の全銀協加盟業者は、入っていますか?

もし、全銀協加盟業者も入っていて、お持ちのカードが、イオンカードセレクト(WAON付き)でしたら、最近全銀協にも加盟しましたので、自己破産が分かった上でのカード発行…


イオンカード(WAON一体型)が、お持ちのカードでしたら、イオン銀行カードローン審査時に初めて自己破産が分かるようになります。


また、イオン銀行カードローンですが、奥様は専業主婦様と言う事で、審査は、旦那様の属性(年収、旦那様の借り入れ状況等)が審査の中心になりますので、奥様の審査後→旦那様の審査になります。

審査は全銀協確認後、保証会社のイオンクレジットカードサービス株式会社が、信用情報機関の旦那様情報JIccとCICを照会します。


つまり、イオン銀行カードローンは、旦那様が他社借り入れ少なく、支払いも良好でしたら、心配ないと思いますよ。

ただ、奥様の破産情報で審査結果がどうなるか?は微妙ですね?

こんにちは。

イオンカードセレクト、イオン銀行カードローンどちらも利用していますが、イオンカードローンの方が、金利が低い分、審査は厳しくなります。

クレジットカード発行は、イオンクレジットカードサービス株式会社が発行し、イオン銀行カードローンは、イオンクレジットカードサービス株式会社が保証会社になります。

過去の自己破産対象業者の中に、信用情報機関の全銀協加盟業者は、入っていますか?

もし、全銀協加盟業者も入っていて、お持ちのカードが、イオンカードセレクト(WAON付...続きを読む

Q自己破産者の住宅ローン融資について

主人が自己破産して5年経ちます。
将来マイホーム購入を考えていますが、不動産に相談したところ、
最低でも7年位たってからではないと融資は難しいだろうとのことで、あと2年位たってから融資をうけようかと思っていますが、
その時個人情報を取り寄せてみてくださいとのこと。
破産をした時の借入は消費者金融とカード会社で、銀行はありません。
いろいろ質問をしたところ10年位はブラックリストに載ってるらしいですが、7年では難しいでしょうか。
ちなみに融資を受ける際、銀行の方に貯蓄はいくらくらいあったほうが
いいのでしょうか、もしくは貯蓄なしの場合は難しいでしょうか。
今現在で主人名義の借金は全くありません。
破産をした方で住宅ローンの融資を受けられた方はいますか?
どのようにしたら融資が受けられるでしょうか?また破産者は
絶対にムリでしょうか?
また、労働金庫の融資はどうでしょうか?同じく難しいでしょうか?
労金はこの間正社員になった為に会社から入るようにと申込みしましたが、その結果はまだきていません。融資はまだ先でも労金に登録することも無理でしょうか。
よろしくお願いします。

主人が自己破産して5年経ちます。
将来マイホーム購入を考えていますが、不動産に相談したところ、
最低でも7年位たってからではないと融資は難しいだろうとのことで、あと2年位たってから融資をうけようかと思っていますが、
その時個人情報を取り寄せてみてくださいとのこと。
破産をした時の借入は消費者金融とカード会社で、銀行はありません。
いろいろ質問をしたところ10年位はブラックリストに載ってるらしいですが、7年では難しいでしょうか。
ちなみに融資を受ける際、銀行の方に貯蓄はいく...続きを読む

Aベストアンサー

私の知っている範囲内で。

延滞事故の記録が3年~5年、特定調停、任意整理なで完済後5~7年、自己破産の記録は破産宣告後10年ときいてます。
ですが過去に利用があって自己破産、延滞事故を起こしたところまたはその系列、提携銀行には期間終了後も独自のデータが残るといわれてますからそれ以外のところであれば自己破産等をした方であっても大丈夫と聞いてます。
自己破産宣告後7年ほどでクレジットカードを作れたという話は聞いたことはありますが実際にそういう方にお会いしたわけではありませんので何ともいえません。

労金の登録とはどういう意味で???登録というのがよくわかりません・・・。

会社の財形貯蓄等の口座開設なら問題ないですが現状での融資は無理かと思います。
会社と労金がつながりがあるなら今後5年間で住宅財形や財形貯蓄して頭金をためておき自己破産の記録がクリアになれば労金で住宅ローンを組むことは可能かと思います。
申し込み自体はいつでもできるのですが自己破産の記録がある間は審査しても確実に不可となります。
そしてこの住宅ローンを申し込んだという記録も1年残ります。

労金についてですが基本的に労働者のための金融機関ですので通常の金融機関とは少し違うという話も聞きます。一般銀行で不可であっても労金でO,Kをもらえたという方は知人にいます。

住宅資金としていくらあったほうがいいのかはお住まいの地域の住宅事情相場をお調べになってみて頭金は希望される物件価格の1~2割、それから頭金とは別に諸費用(ローン保証料+火災保険料、その他)として200万ぐらい用意しておく必要があります。
頭金0円というローンもありますが諸費用は別途で必要ですので貯蓄無しというのは難しいです。住宅取得税、登記費用などもかかります。
それに頭金を用意できているのとできていないのでも違いがあり頭金が用意できているほうが有利です。

またこの間正社員になったとのことで、一般的に住宅ローンは勤続年数3年以上の所が多いですので自己破産者でなくてもあと3年はどちらにしても厳しいかと思います。
あと5年じっくり頭金をためてからの方がハードルは低いかと思いますよ。その頃だと勤続年数の問題もないですし勤続年数の長さは安定も意味しますので長い方が有利です。勤続年数で優遇金利があるところもあるぐらいですから。。。

私の知っている範囲内で。

延滞事故の記録が3年~5年、特定調停、任意整理なで完済後5~7年、自己破産の記録は破産宣告後10年ときいてます。
ですが過去に利用があって自己破産、延滞事故を起こしたところまたはその系列、提携銀行には期間終了後も独自のデータが残るといわれてますからそれ以外のところであれば自己破産等をした方であっても大丈夫と聞いてます。
自己破産宣告後7年ほどでクレジットカードを作れたという話は聞いたことはありますが実際にそういう方にお会いしたわけではありません...続きを読む

Q自己破産者でも金融公庫から融資はうけれますか?

知人が4年位前に自己破産してたらしく、独立開業を考えているみたいです。業種は飲食業です。
自己破産してからはまじめにコツコツ貯金して今は400万円ほど自己資金として持っているそうです。

5~10年はローンが組めないのは本人も十分わかったうえで、いろいろ調べると日本政策金融公庫
だと自己破産者でも条件によっては融資が受けられるかもと聞いたらしいです。

また現在、日本政策金融公庫は全銀協(全国銀行個人信用情報センター)に加盟してるので、免責後10年は難しいかもという話もあるらしいのですが、日本政策金融公庫の融資に詳しい方、よければ
回答お願いします。

現状は、
自己資金400万円ほど。事業計画書などはほぼ完成しているそうです。税金も破産後はちゃんと納めていて、審査に必要な書類はほとんどそろえているそうです。

Aベストアンサー

nationrena さん こんばんは

nationrenaさんもご存じの通り、買い物をする時のショッピングローンや車や土地・建物等高価な物をを購入する時の住宅ローン等のローンと事業資金の融資は全く同じと言う事を考えましょう。何が全く同じかと言うと金融機関を介在してお金を借りると言う点です。ですから、ショッピングローンでの購入やクレジットカードが作れない期間は低利で事業資金を貸して頂ける所からは事業資金を借りれないと考えた方が良いでしょう。

私の友人でnationrenaさんの友人同様自己破産した者が居ます。その友人の例を話しますね。彼は携帯にアイフォン3GSを使っていて、4S発売と同時に4Sに機種変更しました。ここまでは自己破産している友人でも可能だった様です。しかしアイフォンユーザーの特典である「実質無料キャンペーン」を使ってアイパッド2を購入しようとした所、断られたそうです。断られた理由は、個人情報と言う事でした。彼曰く上手に使うから月の支払額が現状より2000円位増えるだけなんだけど、まだ駄目だったか・・・・と言っていました。アイパットを月々の支払いでなくて一括支払いでの購入なら契約して頂けたそうです。

この例からすると、アイパット2が買えなかったのは新たな契約だからだと思います。新たなローン契約をする事になったからだと思います。今回の御友人の事業資金の例は、幾ら借りる予定なのか解りませんが、月額支払い額が2000円なんて低額ではないハズです。と言う事を考えると、今回はまだ事業資金を借りる事は無理だと思います。

nationrenaさんの御友人は、「再チャレンジ支援融資」の事を言われているんだろうと思います。この「再チャレンジ支援融資」の融資条件の中には1  廃業歴等のある方 ・2  廃業時の負債が新たな事業に影響を与えない程度に整理される見込み等がある方 ・3  廃業の理由・事情がやむを得ないものである方(無許可営業の摘発など違法行為による廃業でない方) と言うのが有ります。しかし、自己破産された方 と言う条件は有りません。したがって自己破産してまだ期間が短くてショッピングローン等のローンが組めない方は、ショッピングローンが組めないのと同様に融資して頂けません。あくまでも廃業歴が有って廃業時の負担が新たな事業に影響を与えない方と言う事です。この条件に当てはまる方でも、ショッピングローンが組めない方は融資して頂けない方と言う事になります。

長々色々記載しましたが、今の所日本政策金融公庫と言えどもまだ融資して頂けないと考えた方がよさそうです。

以上何かの参考になれば、幸いです。

nationrena さん こんばんは

nationrenaさんもご存じの通り、買い物をする時のショッピングローンや車や土地・建物等高価な物をを購入する時の住宅ローン等のローンと事業資金の融資は全く同じと言う事を考えましょう。何が全く同じかと言うと金融機関を介在してお金を借りると言う点です。ですから、ショッピングローンでの購入やクレジットカードが作れない期間は低利で事業資金を貸して頂ける所からは事業資金を借りれないと考えた方が良いでしょう。

私の友人でnationrenaさんの友人同様自己破産した者が...続きを読む

Q自己破産していたら国の教育ローンは無理? 

現在大学4年生です。
普段は奨学金とバイト代で学費を払っているのですが、下宿の更新料や就職活動で出費がかさみ(+バイトもあまり出来なかった)、奨学金のストックと貯金が予想以上に減ってしまったため、前期の学費(約45万)が払えそうもありません。
そこで親に国の教育ローンを申し込んでもらおうとしたところ、父親が6年ほど前に住宅ローンの関係で自己破産していたことを知りました。

信用情報機関の中には5年でブラック情報を抹消するところもあるようなので(全国銀行個人情報センターなど)ダメもとで申し込んでみようと思うのですが、実質10年間はブラック扱いという情報も目にし、とても不安です・・・
自己破産後6年ではやはり厳しいでしょうか?
国民生活金融公庫の支店で相談したところ、「とりあえず申し込んでみてから・・・」というあいまいな答えでした。。

ちなみに父親の現在の年収は400万ほどで、母親のパート収入が100万くらいです。
自己破産後に転職したため勤続年数も短く、家は借家です。

審査が通らなかった場合の資金調達についても何かいい案があれば知恵をお貸しくださいm(_ _)m
祖父母には入学時の授業料を出してもらっており、まだ1/3ほどしか返せていないため、これ以上迷惑掛けたくないです。。

ちなみに後期の学費は、秋に大学から授業料半額分の奨学金がもらえそうなので大丈夫です。

現在大学4年生です。
普段は奨学金とバイト代で学費を払っているのですが、下宿の更新料や就職活動で出費がかさみ(+バイトもあまり出来なかった)、奨学金のストックと貯金が予想以上に減ってしまったため、前期の学費(約45万)が払えそうもありません。
そこで親に国の教育ローンを申し込んでもらおうとしたところ、父親が6年ほど前に住宅ローンの関係で自己破産していたことを知りました。

信用情報機関の中には5年でブラック情報を抹消するところもあるようなので(全国銀行個人情報センターなど)ダメ...続きを読む

Aベストアンサー

国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の審査を担当したことがあります(勤務先が国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の受託金融機関なので)。

6年前に住宅ローンで自己破産ですか…。
もしかしたら、住宅金融公庫のステップ返済を使われていたパターンかも。ステップ返済の所為で住宅ローンが破綻した方が多発しましたから。

延滞の情報ならば、延滞解消や契約終了後5年で情報が消えるのですが、自己破産の情報は5年では消えないんですよ。
ご懸念のとおり、自己破産は官報記載情報なので、決定から10年間、全ての個人信用情報機関にその旨の情報が登録されています。
国民生活金融公庫もその受託金融機関も、『全国銀行個人情報センター』に加盟しています。
申し込みをされるとまず個人信用情報の照会をするのですが、その時点でアウトになります(解りきっていることなのに、なぜ国民生活金融公庫がそのような曖昧な回答をしたのかは不明)。

仮に誰かのミスで個人信用情報をスルーしたとしても、勤続年数の短さと、居住形態で審査の加点が低いです。
また、「住宅ローン関係で自己破産して現在借家住まい」ということは、当然に現在の住宅における『居住年数』も短いということで、この点でも審査の加点が低くなり、トータルして、審査クリアの点数に足りないのではないかと思います。
年収は400万円あれば問題なしになるとは思いますけれど、審査結果の『合計点』が、基準点を超えなければ、国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の融資は受けられないんです。

最近は、国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の審査も厳しくなっているようで、以前は、「父が自己破産しているのならば、パート勤めの母(自己破産していない)に借入申込人になってもらって…。」ということが認められていたのですが、現在は「借入申込人はあくまでも世帯の主たる生計の維持者でなければ不可」になっているそうなので、お母さまや祖父母さまに借りてもらう…ということもできません。

他の方法としては、思いつきませんので、#2さんのクレジットカード払いの方法が裏技になるかと思います。

国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の審査を担当したことがあります(勤務先が国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の受託金融機関なので)。

6年前に住宅ローンで自己破産ですか…。
もしかしたら、住宅金融公庫のステップ返済を使われていたパターンかも。ステップ返済の所為で住宅ローンが破綻した方が多発しましたから。

延滞の情報ならば、延滞解消や契約終了後5年で情報が消えるのですが、自己破産の情報は5年では消えないんですよ。
ご懸念のとおり、自己破産は官報記載情報なので、決定から...続きを読む

Q自己破産者が住宅購入は可能でしょうか。

以前にも投稿してから数ヶ月。

住宅購入を諦めきれずにいます。
主人46歳。 自己破産より5年10ヶ月経過しました。
子供は4人、育ち盛りの中学2人と小学1人と幼児1人+犬1匹です。

ビザ・JCB・マスターは所持できるようになりました。
現在お金を借りる目的ではなく、自営業なので燃料を入れたり
ETCなどで活用することが多く買い物や食事などは
破産したときと同様にげんきんで支払っています。

頭金も1000万以上貯蓄できました。

今年より顧問税理士さんをつけることも出来ました。

新築でも、中古でも広さがあれば家が欲しいと願っています。
3期分きちんと申告しています。
税金も納めています。

この状態で住宅ローンは申し込んで通ると思いますか?

住宅ローンで以前ダメと言われたところはもう2度と通りませんか?

Aベストアンサー

信用情報には破産者の記録が7年(10年だったかな)
は残ると思いますので、せめてその情報が消えてからの
ほうがよいのでは?と思います。
いざ住宅購入!って段階でがっかりしたくないですよね。
実際はローンがとおることもあると思いますが。
前に断られたところは避けたほうがいいとおもいます。

5年で1000万貯金なんてすごいですね!
ご苦労もあったでしょうが、単純に
すごいなあとおもいます。。。。

うまくいくといいですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング