ピアノ素人にわかるようにご説明お願いします。

小さいころにハ長調の和音と先生が言ってカデンツを練習したのですが、
ハ長調の和音、ト長調の和音というものはきまったものはないのでしょうか?(他の調もですが)

でもその調でよく使う基本和音がカデンツにでてくるものですか?

カデンツはその調でよくでてくる和音の順番でありひとつの和音自体はいろんな調に重複してでてきますね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

♯2です。



ごめんなさい(>.<)
ものすごい書き間違えがたくさんありました。今読み直して冷や汗。

訂正させて下さい。

※まず和音機能についてご説明した部分で。
③Subdomimant←訂正します。Subdominantです。

※同じく和音機能のご説明のところで。
③サブドミナント=この機能を持つ和音はⅥです。←自分で見てびっくり(汗)
以下Ⅳの和音をⅥと表記しているところが多々ありますが 正しくは『Ⅳ』です。
このⅠⅥⅤを主要三和音←もう お分かりとは思いますが 正しくはⅠⅣⅤです。

※おそらく質問者さまがピアノで習った~の後
(ハ長調ならⅠ=ドミソⅥ=ファラドⅤ=ソシレ)←これも同じく(ハ長調ならⅠ=ドミソⅣ=ファラドⅤ=ソシレ)となります(ダブル冷や汗)

※カデンツのご説明で。
Ⅵ→Ⅴ→Ⅰ…当然ですが。Ⅳ→Ⅴ→Ⅰです。トホホ。

※和音の転回形のご説明で。これも同様に。
*なぜⅥやⅤが~←なぜⅣやⅤが~ に訂正させて下さい。


※最後に(ホントに他にないか多少不安ですが^^;)

ト長調でご説明させて頂いた最後のあたりの文章で。
*またハ長調ではトニックの役割をしていたソシレ…あり得ませんね(汗)
本当にすみません。

*またハ長調ではドミナントの役割をしていたソシレ…に訂正させて下さい。


なるべく分かりやすく…と心がけたつもりが 信じられない間違いだらけの回答になってしまって 申し訳ありませんでした。

たくさん訂正があって分かりにくいとは思いますが…
ご参考まで(^^;
    • good
    • 1

ハ長調で主に使う音はドレミファソラシド


ト長調で主に使う音はソラシドレミファ#

実はこの二者の違いはシンプルです。カラオケなどで、「高すぎて歌えないからキーを下げよう!」という操作をすることがあると思いますが、それと同じことです。(絶対音感の能力者を前提にする場合はその限りではない)

ハ長調でドミソを鳴らすのと、ト長調でソシレを鳴らすのはまったく同じ操作になるのです。

さてカデンツ、カデンツァ、ケーデンス・・・日本語で「循環コード」というのはコードを鳴らす順番の意味です。
これから先は全部ハ長調、ドレミで説明します。

ドミソがトニック(Tと表記)という存在で、いわゆる、始まりであり終わりでもある和音です。
次にファラドがサブドミナント(Sと表記)でトニックに比べて離れた感じになったり、なにかとトニックと違う感じになりたがるのですが、密接な関係を持っています。

ソシレはドミナント(Dと表記)という存在で、曲の中でこれを聴いたからにはなにかしら終わりを告げる音を聴かないとやってられないという不安感のある音になります。

このT、S、Dをどういう順番で鳴らすかというのがカデンツの説明するところです。
T→D→T
は最もシンプルで、音楽の授業では起立、礼、着席の音頭としてよく聴かされたことでしょう。
T→S→D→T
というのもカデンツの中の一つです。

先ほど説明したドミソやソシレといったコード以外のコード・・・
レファラとかミソシというのは、T、D、Sの機能を持っているが本家とは違う味がするので代理コードと呼ばれます。

最後にまた調の話に戻るのですが、今回はハ長調の場合を説明しました。ト長調の時は全ての音を「ハからみたトの位置」にずらして読み直してください。つまり、完全5度上にして読み直すということです。
もっと言えばカラオケのリモコンの#ボタンを7回押した状態です。
    • good
    • 0

こんにちは。



※まず和音の構成・名称について・・・
音階はご存知ですね。例えばハ長調ならドレミファソラシド。このドレミファ…の各音に3度上の音を重ねて3つの音で構成されるものを三和音といいます。(ピアノで確かめて下さい。3度は例えばドミの間。鍵盤で数えるとドレミ…3つの幅を3度といいます。)
ドに3度上の音を重ねて行くと ド→ミ→ソになります。音階の何番目の音にあたるかで和音の呼び方を決め ドは一番目なのでⅠの和音。以下Ⅱの和音Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶと呼びます。
※和音の機能について。
それぞれの調において 何番目の和音はどういう役割をするか…という和音の機能があります。和音の機能には①Tonic②Dominant③Subdomimantがあって
①トニック=主音の性格が強く安定感があります。Ⅰの和音がこの性格を強く持っています。(他にない訳ではないですが混乱するので省きます。以下同様。)
②ドミナント=主和音へ進もうとする性格が強く、Ⅴの和音がこれにあたります。
③サブドミナント=この機能を持つ和音はⅣです。
この Ⅰ・Ⅵ・Ⅴの和音を主要三和音といい Ⅱ・Ⅲ・Ⅵ・Ⅶの和音を副三和音と言います。
おそらく質問者さまがピアノで習ったカデンツは 主要三和音を使ったものだと思います。(ハ長調ならⅠ=ドミソ・Ⅵ=ファラド・Ⅴ=ソシレですが ピアノで和音を連結させる場合はドミソ・ドファラ・シレソになりますかね)
※カデンツ=終止形です。一番分かりやすい終止形の和音進行は Ⅵ→Ⅴ→Ⅰでハ長調ならファラド→ソシレ→ドミソ(実際の連結は上記の通りです)ですので質問者さまのおっしゃる『その調の基本和音がカデンツ』という考えで良いと思います。(専門的に細かく考えたら分かりにくくなりますので)

※なぜⅥやⅤの音が変わるの?という疑問をお持ちになるといけないので 和音の転回形の話しを。
例えばⅥファラドを逆さまに呼んで下さい。このように使う音は同じで配列(一番下の音を変えるということで、例えばドミソ・ミソド・ソドミのように。)を変えて使うことがあり これを和音の転回形と言います。
※一つの和音は色々な調に重複して出てくる…。そうですよね。でもその調によって先ほどご説明した『機能』が変わるんです。

例えばハ長調におけるⅠの和音・ドミソの響きは他の和音との関係があって先ほど述べたように Tonicという機能をもちます。
これがト長調になるとどうでしょうか。ト長調の音階はソラシドレミファソ(ファは♯です)ですので 一番目の和音は『ソシレ』ですね。これが『ト長調』のⅠの和音(Tonic)になります。ト長調の主要三和音を書きますね。
Ⅰソシレ・Ⅳドミソ・Ⅴレファ#ラ…ハ長調では主格的な役割をしていたドミソの和音はⅣの和音となりサブドミナントの役割に変わります。またハ長調ではトニックの役割をしていたソシレの和音は主格的な役割をするようになります。

※もう一例。へ長調で考えましょう。へ長調の音階はファソラシドレミファ(シは♭です)
これを踏まえてへ長調の主要三和音を考えると?

Ⅰ=ファラド・Ⅳ=シ♭レファⅤ=ドミソ。
ハ長調ではサブドミナントの役割をしていたファラドの和音が 今度は主格的役割のⅠの和音。ハ長調では主格的役割だったドミソの和音が今度はドミナントの役割を持つⅤの和音になります。
※質問者さまは多分 この調性における和音の『機能』について 先生からご説明されていなかったか 忘れたか(^^;で 同じ和音が色々な調で重複して使われることを疑問に感じたのだと思いますが 和音は単独で固有の響きを感じる場合と このように調性によって置かれる立場が違ってくると 役割(機能)も違ってくる…ということです。

家ではステテコ(?死語かな^^;)姿でオナラを平気で家族にかまし ガーガーとイビキをかいて昼寝しているお父さんも 会社へいけばスーツ姿でビシッと決めてバリバリ働く カッコいいサラリーマンに変身。
置かれる環境が違うと 性格も働きも違ってくる…(?例え悪すぎかしら^^;)みたいな感じにお考えになると 分かりやすくなるのではないかな…と思います。
ご参考まで♪
    • good
    • 2

質問の意図と合っているかどうか分かりませんが。


カデンツの例としては、ハ長調だとドミソ・ファラド・ソシレファ・ドミソがありますね。
これは、主和音、下属和音、属七の和音、主和音の順番ですが、他の調でも同じで、ドミソ・ファラ・・・・を平行移動しています。
例えば、ト長調だとソシレが主和音ということになります。
ファラドはハ長調だと下属和音ですが、ヘ長調だと主和音になります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハ長調やト長調等の聴感上?の違いについて

お世話になります。

音楽にはあまり詳しくありませんので、的外れな質問でしたら、それも指摘いただけたらと思います。

曲によって、xxxx ハ長調 ・ xxxx ト長調 とかがあると思います。
この時、ハ長調の曲とト長調の曲で何が変わってくるのでしょうか。
音の高さが変わるというのはわかるのですが、ハ長調もト長調も長調も「長調」ですので、どちらも「明るい曲」になるのだろうと思います。
短調であれば、暗い感じの曲・悲しい感じの曲になるのだろうと思います。

しかし、同じ長調どうし、同じ短調どうしで、「ハ」と「ト」が違うことで、聴き手は何を聴き分ける(感じ分ける?)ことができるのでしょうか?

「移動ド」?で、「ハ」も「ト」も、ドレミ・・・と唄ってしまえば、音の高さ以外に違いは無いように思います。

「こういう違いを聴き分ける(感じ分ける)ことができる」と言うのがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

元、作曲専攻です。
調の違いはまず#(シャープ)か、♭(フラット)かによります。

ハ長調は#も♭もない調ですが、これを基準に
#は、ト長調(1)→ニ長調(2)→イ長調(3)→ホ長調(4)と、楽譜の最初に書かれる#が増えます。
♭は、ヘ長調(1)→変ロ長調(2)→変ホ長調(3)→変イ長調(4)、と増えていきます。

#のつく調は「はっきり、元気なかんじ(Bright)」がします。
#の数が増えると顕著になります。
対して、♭は「まろやか、柔らかい感じ(Mellow)」です。
やはり♭が多い調は、よりそういう印象になります。

同じメロディーを#と♭の調で弾き比べてみて下さい(伴奏つきで)。
この説明は授業での話なのですが、先生が弾いて下さった#と♭の聴き比べは、
作曲科以外の生徒も「あー、なるほど」と理解していました。

ホ長調 (ミ ファ#ソ ラ シ ラ ソ ファ#ミ)と
変ホ長調(ミ♭ファ ソ ラ♭シ♭ラ♭ソ ファ ミ♭)で
比べると分かりやすいと思います。

実際、行進曲など元気の出る曲は#の調が多いですし、
リラックスする曲は♭の調で作られることが多いです。

そのため、アニメのテーマソングは#が多いです。
ドラえもん(♪あんなこといいな♪)はニ長調(#2)
ちびまるこちゃんの踊るぽんぽこりんはホ長調(#5)

短調であっても、#は強い感じ、♭はやわらかい感じがします。
B'z「ウルトラソウル」は嬰ハ短調(#5)
山口百恵「秋桜」は変ホ短調(♭5)

元、作曲専攻です。
調の違いはまず#(シャープ)か、♭(フラット)かによります。

ハ長調は#も♭もない調ですが、これを基準に
#は、ト長調(1)→ニ長調(2)→イ長調(3)→ホ長調(4)と、楽譜の最初に書かれる#が増えます。
♭は、ヘ長調(1)→変ロ長調(2)→変ホ長調(3)→変イ長調(4)、と増えていきます。

#のつく調は「はっきり、元気なかんじ(Bright)」がします。
#の数が増えると顕著になります。
対して、♭は「まろやか、柔らかい感じ(Mellow)」です。
やはり♭が多い調は、よりそういう印象になります。

同じ...続きを読む

Qト調調からへ長調への移調を教えてください。

音楽の授業で今、「フィンランディア」の移調をしていますが、よくわかりません。
簡単なやり方はないでしょうか??
ちなみに「アルトリコーダー」で吹くために「ト長調」から「へ長調」への移調です。

Aベストアンサー

一音(ここでは、長2度=全音=半音+半音のこと)下げるだけでよいです。

ややこしくなってしまいすみませんでした。

追加で、あの記憶法はテストで使えますが、長調のときだけです。
♯♭のいちばんおしりについたものから、主音と長音階が出せます。
かえってわかりにくいのならば忘れてくださいませ。

Q移調のやり方について(ハ長調をニ長調に)

学校のレポートの問題なのですが、
自分の学校の校歌(ハ長調)をみて、レポートの五線にニ長調に移調しなければならないのですが、やり方がいまいち分かりません。
今はとりあえずネットや教科書を見て、ト音記号と「♯」を高い方のファと高い方のドの所に書いたところです。
ここから何をすればいいのか教えて欲しいのですが、あまりこの説明ではよく分からないのかもしれないので、何か他に書かないといけないことがあれば言ってください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは!

>>>ト音記号と「♯」を高い方のファと高い方のドの所に書いたところです。

そうですね。
ただし、何拍子かを表す記号より左に書くのがお約束なので、
そこを間違えないでください。


>>>ここから何をすればいいのか教えて欲しいのですが、

ハ長調の楽譜にある音を、全部1個上にずらします。
ど→れ
れ→み
み→ふぁ
ふぁ→そ
そ→ら
ら→し
し→ど


>>>あまりこの説明ではよく分からないのかもしれないので、

よくわかりましたよ。大丈夫です。


>>>何か他に書かないといけないことがあれば言ってください。

ありません。
あえて言うのなら、
高いソを高いラにずらすとき、音符の玉を短い横線で貫くことを忘れないようにするぐらいですかね。
(そうしないと、音程がどこなのかが不明確になるので。)
しかし、それはご存知でしょうね。


以上、ご参考になりましたら。

Qハノンの音階で、例えば「ハ長調」の三度下がイ短調ですよね。その、イ短調

ハノンの音階で、例えば「ハ長調」の三度下がイ短調ですよね。その、イ短調には、2つの弾き方があるのですが、
どうして弾き方が二つあるのか教えてください。
また、三度下と書きましたがどうして三度下が、

その長調の短調になるのか分からないのでこちらについても教えてください。

こんな私の悩みが解決するサイトはありませんか?
あったら教えてください。

いっぱい我儘ですみません。
意味がわからなかったらごめんなさい。

Aベストアンサー

 短調は3つありますよ。自然短音階では7音目から8音目へ移るとき、ソ→ラと全音になりますから、7→8への移動がスムーズになるように7音目、つまりソを半音上げるのです。そうすると7→8が半音になりますから、落ち着く感じになるのです。これを和声的短音階と言います。この音階だと6→7が1音半に拡がってしまいますから、それを緩和するために6、つまりファも一緒に半音上げてしまうのです。これを旋律的短音階と言います。この音階では5→6の間が半音だったのが全音になるだけから大きく開く場所がなくなります。邦楽では自然的短音階ですが、洋楽では和声的短音階が多いのではないかと思います。自然的短音階は殆どありません。

 三度下というのが舌足らずなのですよ。正しくは一音半下というべきなのです。つまり長調→短調への移調は一音半さげるのです。二音下がってしまうと、これはG♭という音になりこれはハ長調では使わない音ですから変調になってしまいます。移調にはなりませんよね。もし一音だけ下げると、これはB♭という新しい音を使うことになりますからこれも変調になってしまい、これは不可です。では半音下げるどうなるでしょうか。和音の団子がシレファと、一音半、一音半の不協和音になってしまうのでこれも不可ですね。つまり移調は一音半下げるしかないのです。

 短和音は三つ音を重ねたとき、下が一音半、上が二音となります。長和音では下が二音、上は一音半になります。これはご存じですよね。上記はこれをふまえた説明で、短音階は1、4、5番目を根音とする和音がすべて短和音である音階です。どうして1,4,5なのか。それは簡単です。この3つを根音に選ぶと3つの和音にドからシの音全てを一つは含むことができるからです。つまり音階が成立するのです。

 短調は3つありますよ。自然短音階では7音目から8音目へ移るとき、ソ→ラと全音になりますから、7→8への移動がスムーズになるように7音目、つまりソを半音上げるのです。そうすると7→8が半音になりますから、落ち着く感じになるのです。これを和声的短音階と言います。この音階だと6→7が1音半に拡がってしまいますから、それを緩和するために6、つまりファも一緒に半音上げてしまうのです。これを旋律的短音階と言います。この音階では5→6の間が半音だったのが全音になるだけから大きく開く場所がな...続きを読む

Qハ長調ハレルヤコーラス楽譜をネットで入手したい。

ハ長調ハレルヤコーラス楽譜(鍵盤伴奏譜付)を無料で入手することができると助かるのですが。
ハ長調は今回初めてで、これからも多分汎用性がないので、(ニ長調は多分どこでも使うと思うし、既にもっている。)できれば、無料でネットで入手したいのですが、入手方法を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

「Hallelujah C major pdf」で検索するとそれなりにヒットしますが、有料っぽいです。

短い曲ですから、手分けして移調してはどうですか?
2度下げるだけですし。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報