『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

台湾の都市名を日本語読みするNHKは、なぜですか=韓国はソウル、プサン 北朝鮮のピョンヤン 中国でもペキン シャンハイ ホンコンなど現地読みに(必ず、そうでない例もあるがホンコンだってペキンでは、シャンカンという)近い呼び名を使っている・・・台湾の台北はタイペイと言わずタイホク ビックリしたのは、基隆をキールンと言わずキリュウと言いましたヨ/もっとも、花蓮はカレン、嘉義はカギが1945年までに学校へ行った旧日本人はいまでも、そう読んでいるのを聞いたことがありますが それならピョンヤンはヘイジョウ シャンハイはジョウカイ ホンコンはコウコウ ではありませんか=正式な外交関係のない台湾は、外務省が特別扱いしているのですか 説明して下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

外国の地名の基本ルールは


漢字圏以外は、現地語。
ドイツならドイチェみたいらしいけど、まあドイツ。
つまりドイツ語の読み方を踏襲してます。

 しかし、漢字圏は音読みが基本です。
でも北京とかはペキンだし、西安だってセイアンかシーアンか適当だしその辺は結構適当ですね。まあ慣習とかそんなとこかもしれませんね。
 でも中国に関しては、音読みですよ。有名なとこ以外は音読みでしょ?広州とか成都はコウシュウとかセイト。本当は現地語では違う言い方だと思うんですよね。でも音読み。

 はっきり違うのは韓国語。これは、実は裁判とかあって韓国語読みになりました。
 昔は金正日だってキンショウニチとか言ってたんですが、裁判とかあってキムジョンイルになりました。

 質問の台湾についても基本は音読みですが有名な台北はタイペイなんでしょうね。
    • good
    • 0

中国語はひとつではなく、北京語や広東語やそのほかいろいろあります。

同じ文字でも地方によって読み方が違うので、その地方の読み方をしてもいいそうです。
ハングルは読み方がひとつしかないし、最近は漢字を使わないようにしているので漢字読みするといけないのです、抗議もありましたし。

中国も日本人に「支那と言うな」と言うくらいですから、抗議がありそうかと思われますが、中国の土地や名前を日本語の音読みしても、「自国内でも読み方がいろいろあるし、それはそれぞれの読み方だから」ということで抗議にはなりません。

だから毛主席も マオ主席とは言いませんよね。
    • good
    • 0

 基本は#2さんの説明どおりで、中華圏の地名は漢字の音読みが


基本です。朝鮮半島はハングルの国だから、現地読みになります。
ソウルはハングル固有の地名で、元となる漢字表記がありません。

 さて、上海や北京、香港ですが、これは「 唐読み 」という
ちょっと特殊な読み方で、中国語読みではありません。現代の
日本語が成立する以前に輸入された読み方なのです。

 なので戦前に中国大陸を事実上、日本が支配していた時代
でも、北京はペキン、上海はシャンハイと呼んでいたのです。
いっぽうで台北には唐読みがなかったのでタイホクと呼んで
いました。これは単に歴史の違いに過ぎず、外交関係などとは
一切関係がありません。そこには何ら特別扱いはないのです。
    • good
    • 1


高雄(たかお)はカオシュン(正確な発音は不明)です。
でもこれって「たかお」が正しいのではないでしょうか。

理由:高雄の古い地名はターカウです。漢字は打狗です。
これを日本語での発音が近い高雄(たかお)に日本が改称した。
ところが高雄の中国語(台湾語?)での発音がカオシュンとなる。

このように日本が古い地名を日本語のあてはめたけどそれをネイティブな台湾の言葉ではなく中国語にしたもんだから混乱するのではないかなぁなんてね。

間違っていたらゴメンネ。
    • good
    • 0

知名度じゃないでしょうか。

台湾との外交関係が都市名の呼び方に影響するとはとても思えません。日本だって、アメリカなど西洋諸国からは国名さえジャパンだのジャポンだのと全く違う名で呼ばれているし、歴史・習慣などから現在に至っているのだと思いますよ。特に日本語は、日本人でも難しいぐらい、漢字にいろいろな読み方がありますから、いい加減です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNHKで台北はタイホク

NHKのニュースでは必ず「たいほく」といっています。
他の局は「タイペイ」です。旅行雑誌でも
海外の空港の案内表示でもTAIPEIなのですが
何故NHKだけ「タイホク」なのでしょうか?

ヨーロッパでは言語によって都市名の読み方や
スペルが大きく変わることがあります。
例 フィレンチェ=フローレンス

中国各都市の漢字や発音はどのテレビ局も同じと思う
のですが何故「台北」だけ違うのですか?
政治的な背景があるのでしょうか?

Aベストアンサー

NHKは基本的に「日本語読み」が存在する限り「日本語読み」とするのが最近までの基本方針だったようです。
NHK第二ラジオの「気象通報」を聞いていると、次のように読み上げられます。台北(たいほく)、恒春(こうしゅん)、長春(ちょうしゅん)、北京(ペキン)、大連(だいれん)、青島(チンタオ)、上海(シャンハイ)、武漢(ぶかん)、廈門(アモイ)、香港(ホンコン)。
見事に入り交じってます。
台湾の場合、日本統治時代の呼称がほぼ完全に存在するため、それに従っているということだと思います。
なお「気象通報」では、近年まで韓国の地名も釜山(ふざん)、鬱陵島(うつりょうとう)、済州島(さいしゅうとう)でしたし、サハリンのポロナイスクが敷香(しすか)でした。(ソウルと木浦(モッポ)は以前より現地読み)

私はむしろ「高雄(たかお)」のほうを何とかしてほしいんですけどね。いくらなんでも訓読みはおかしいでしょ?京都の観光地じゃあるまいし・・・。

Qどうして台湾の地名はひらがなの表示を使います?

外来語はすべてカタカナの表示を使うのではありませんか?

Aベストアンサー

「台北」を「たいほく」と読む類ですか?
確かに台北は「タイペイ」と読みますが、日本語読みすると「たいほく」になります。
北朝鮮の首都・平壌も日本語読みすると「へいじょう」になるため、このような読み方もするような場合があります。

勝手ながら回答履歴を拝見しましたが、質問者さんは台湾の方ですか?
質問文のとおりですが、あくまでカタカナ書きが「一般的な場合」です。テーマパークを「てーまぱーく」、カードを「かーど」などと平たく言う方法もあります。
新聞の折り込み広告などを見てみて下さい。外来語のはずなのに、あえて「ひらがな書き」だったりしていませんか?


人気Q&Aランキング