うちの庭で作るトマトですが毎年大量に出来ます。
去年知り合いにトマトケチャップの作り方を聞いて作ったのですが
すぐにカビが生えてしまいました。
色々本を見に行ったのですが意外と載ってるものが無かったのです。
一年ぐらいもたせる事のできるトマト保存料理方法を是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

収穫したら洗って水気を拭いて、そのまま丸のまま何もせず冷凍庫に放り込んでおけばいいんですよ~(^^ゞ ほんとに、ごろごろと。



我が家の住まうところはトマトの産地なので、たいてい箱で買います。のでつかいきれないのは即冷凍庫行きです。

もちろんこのトマトは生のときのようにサラダではつかえませんが、
火を通す料理にならなんでも使えます。
料理を思い立ったときに冷凍庫から必要なだけだして使えますの便利ですよ。
冷凍したトマトを水でさっとあらう(orやや解凍する)と、つるりんときれいになんの苦もなく皮がむけますので、皮をむいたら包丁が入るくらいまで解凍し、刻んで、、、さて何につかいましょうか?

・市販のミートソースに加えて味をグレードアップ。
・たまねぎと炒めてオムレツにかける。
・カレーライスにいれて味をマイルドに
・ピザのトマトソースを自家製で
・ビーフシチュウにもばっちり
・ちょっとかわったところでトマトのジャムも

自家製のトマト、いいなあ~♪ たっぷり1年間お楽しみくださいね。
    • good
    • 0

1年というのは不可能に近いかもしれません・・・ちょっと変わってドライトマトもいいですよ。

本来はプチトマトでやるものなので時間が少しかかりますが、大きいものでもできます。縦半分に切ってへたを落とし、塩をまんべんなくふりかけて乾燥させます。日当たりのいい窓辺などで5日くらいですかね。それを1ヶ月ほどビンにオリーブオイル漬けにしておくと、かなりもちますよ。必ずビンは煮沸しておいて下さいね。半分に切ったにんにくが入るともっともちがよくなります。パスタやソテーなどに加えるとおいしいです。

プチトマトの方はもっと簡単で、半分に切ってへたを落としたトマトを鉄板に並べ、塩・オリーブオイルをかけて140度のオーブンで1時間乾燥焼きして、オーブンから出してさらに乾燥(放っておくだけ)します。
    • good
    • 0

ケチャップにしてから、冷凍保存するって言うのはダメですか?


保存料とかを使わずに、1年もたせるのって、結構大変な気が・・・。
保存を優先に考えて塩とかいっぱい使っても、美味しくなくなっちゃうし。
あとは、最初から、発酵させる事を目的としたものにするか、ですよねぇ。
でも、いいなぁ、自家栽培のトマト。美味しそうだなぁ。
    • good
    • 0

トマトの保存の参考になるページもありました。



参考URL:http://www.interline.or.jp/user/miyamoto/recipe. …
    • good
    • 0

トマトを水煮にしてやって、それを熱湯で煮沸消毒したジャムなどの瓶に入れてやったらどうでしょうか?


蓋も煮沸をしっかりしてやり蓋をするときはお湯の中で湯煎にした状態で熱いうちに出来るだけ中身を一杯に入れて蓋をします。
出来れば一回分ずつに分けておいた方が良いです。

そうすればトマトソースを作ったりするときも簡単に出来ますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q梅に生えたカビ?

我が家では毎年、梅酒を作る様な感じで梅を酢と砂糖でつけています。半年経過した頃に水で薄めてジュースのようにして飲んでいます。

レシピは梅1kgに対して、砂糖1kg、酢150mlで瓶につけます。毎年と同じようにつけ、約2週間経過し、梅から水分が出てきたところで、なんと、ひとつの瓶の上層部に白く全体的にかびのようなものが発生しました。においはなく、白く結晶のような感じでした。すぐに捨ててしまうのももったいないので、上澄みをすくって捨ててみました。

このような場合、食べないほうがよいでしょうか?専門的な知識のある方に答えていただけると助かります。

Aベストアンサー

>レシピは梅1kgに対して、砂糖1kg、酢150ml

カビが生える可能性は高いと思います。砂糖1kg、酢150mlに防カビ効果は期待されません。また、酵母が生える可能性も高い。

カビの防止には酸素を断つかアルコール(4%以上になるように焼酎を加える)が効果的です。しかしこれでは酵母の増殖防止には効果がありません。

>白く結晶のような
カビはご承知のように毛(菌糸)ば立っています。結晶であれば砂糖の結晶ですがこのレシピで結晶ができるとは思えません。液表面に浮いている感じのものであれば産膜酵母が考えられます。産膜酵母(空気がないと生育できない)はアルコールには弱いのですが例外もあります。

このようなレシピではカビや産膜酵母の繁殖を防止できないので空気を遮断する容器で保存するのがベターです。ただし産膜酵母以外の酵母は生える可能性があります。このレシピの食品は広く長期間に渡っての食経験がないので安全性については不明です。

産膜酵母・・・・毒性のあるものは知られていません。独特な臭い。シェリー酒は特殊な産膜酵母の匂いが風味となっています。
カビ・・・・・・種類が多く死に直結する毒素(微量だと発がん)を出すものがあります。安全かどうか簡単には分かりません。自然にカビの生えたものは食べないのが原則です。

>レシピは梅1kgに対して、砂糖1kg、酢150ml

カビが生える可能性は高いと思います。砂糖1kg、酢150mlに防カビ効果は期待されません。また、酵母が生える可能性も高い。

カビの防止には酸素を断つかアルコール(4%以上になるように焼酎を加える)が効果的です。しかしこれでは酵母の増殖防止には効果がありません。

>白く結晶のような
カビはご承知のように毛(菌糸)ば立っています。結晶であれば砂糖の結晶ですがこのレシピで結晶ができるとは思えません。液表面に浮いている感じのものであれば産膜酵母が...続きを読む

Qワインのコルクに「カビ」って生えるもんですか?

友達が買ったばかりのワインのコルクにカビが生えていたそうで、お店に文句を言ったら、「コルクにカビが生える事なんて良くあるんですよぉ、一緒に食べてしまっても有害ではないですからぁ」って、なんとも当然のように言われてしまったらしいのです。
買ったばかりのワインのコルクにカビって、生えるものなのでしょうか??

Aベストアンサー

まあ珍しくはない事です。
コルクというのは実はあまりワインの栓に向かないという節もあります。
というのもブショネと呼ばれるコルクによるワインの劣化が10%程度どうしても生じてしまうからです。
ブショネであってもクレームをつけるべきかどうかは個人の価値観で分かれる所です。
日本ではワインは現地よりかなり高い価格で売られているので言えばブショネに対応してくれる酒屋が多いと思いますが、ワインマニアの間ではブショネについてはクレームをつけないのが暗黙の了解となっています。
http://www.enoteca.co.jp/wn/notice/attention_ryoukaijikou.htm

一方カビについては、コルクのカビは価値あるワインの証などと言う人もいるほど、ワインの品質自体には影響のない物です。
年代物のワインのコルクはカビがあるにせよないにせよ劣化しているのでソムリエは抜栓には細心の神経を使います。
我が家のコルクコレクションの中で最も高いワインのコルクは最も劣化していて今にもモロモロに崩れそうです。
まあリコルクもするので必ずしも高級ワインのコルクがボロボロとは言えませんがね。
ともあれカビは保管状態のせいでもなくもちろん酒屋のせいでもなく飲んでも問題ないものです。

まあ珍しくはない事です。
コルクというのは実はあまりワインの栓に向かないという節もあります。
というのもブショネと呼ばれるコルクによるワインの劣化が10%程度どうしても生じてしまうからです。
ブショネであってもクレームをつけるべきかどうかは個人の価値観で分かれる所です。
日本ではワインは現地よりかなり高い価格で売られているので言えばブショネに対応してくれる酒屋が多いと思いますが、ワインマニアの間ではブショネについてはクレームをつけないのが暗黙の了解となっています。
http://...続きを読む

Qたくあんにカビが生えてしまいました。

食べごろを4月~6月にしていた,たくあんを食べようと蓋を空けたら,カビが生えていました。

半分程が軟らかく,葉っぱもふにゃふにゃになってしまいました。

漬ける前の大根は十分乾燥し,腐っていないものを使いました。

腐らさない注意点を教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

焼酎で消毒して漬けましたよね?その後は、床を定期的に(2~3日に一回など)たくあんの床は、やはり頻繁にいじってあげないと、蒸れて、カビが生えてしまいます。

カビの生えたたくあんは気持ち悪いのですが、焼酎で全部洗うしかないようです。

Qぬかどこにカビが生えてしまいました。

ぬかみそを冷蔵庫に入れていたので、漬かるのに時間がかかります。そこで、常温で漬けていたところ、糠の色も良くなり、味も良くなったように感じていました。しかし、ちょっと油断してお手入れを2,3日おこたったら、直径2ミリくらいの白いカビが8箇所位、生えてしまいました。上から1センチほどすくって、糠を捨てたのですが、このまま駄目になってしまうのでしょうか。復活させることはでるでしょうか。ご助言をお願いします。

Aベストアンサー

白カビの正体は産膜酵母ですが、とりあえずその部分を多めに取り除き新たに糠と塩を足し捨て漬けすれば多分大丈夫でしょう。
ただこの白カビは、ぬか床で作られた旨味成分を食べてしまうのと、カビ臭さを発するので、ぬかみその風味が失われてしまう場合あります。
かき混ぜることによって、たえず空気に触れる面を変化させ、白カビの発生する時間を与えないことが大切です。

余談ですが暑くなってくると乳酸菌の働きが活発になり、酸味が強く感じられることがあります。
このような場合炭酸カルシウムで中和させる方法をとります。
あさりの殻や卵の殻(中の薄い膜は取る)を洗って1~2個分ぬか床に入れておくと酸味がやわらぎます。
また、重曹を少量入れても同様の効果があります。

Qダイストマト缶って?トマト缶との違いは?

レシピの材料に「ダイストマト缶」と初めて目にする缶詰が。
パスタに使用するような「トマト缶」とは違うものなのでしょうか?
違うなら違いを教えていただけたら有り難いです。
それとこのダイストマト缶はどこのスーパーでも置いてあるものなのでしょうか?

アドバイスの程宜しくお願いいたします!

Aベストアンサー

中のトマト水煮が、ダイスカット(サイコロ状)になってるだけですよ。トマト缶だと、中のトマトがごろっとしてて、潰したり切ったりしないといけないですけど、その手間が省けます。
多分どこのスーパーも置いてあると思いますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報