『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

アニメが子ども達に与える影響などについて調べています。
もしよろしければ↓の質問に対してご回答をお願いします(>_<)
1.子どもにみてほしくないアニメやアニメの内容
2.子どもにみてほしいアニメやアニメの内容
3.子どもがアニメをみる事に対して抵抗はあるか
4.アニメが子どもにあたえる影響など

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

アニメの自主制作をしている者(20代前半、独身)です!


わたしは将来家族で観られるアニメを作りたいと思っています。

1.子どもにみてほしくないアニメやアニメの内容
暴力表現、性的表現が含まれるもの全般。あと、暗い話のアニメも見せたくないですね。

2.子どもにみてほしいアニメやアニメの内容
家族といっしょに観ていて安心できるようなアニメ。道徳的なことを教えてくれたり、ファンタジーな世界へ連れていってくれるもの。

3.子どもがアニメをみる事に対して抵抗はあるか
抵抗はありません。けど、アニメを見せているだけだと、親子の会話が少なくなるので、観たあとに何か話し合ったり、また別の遊びを親子でする必要があると思います。

4.アニメが子どもにあたえる影響など
わたしが作ったアニメで 最後に親子が抱き合うシーンがあるのですが、ある小学生の男の子がこれを観たあとに、お母さんのところへ行ってハグしてくれたそうです。それを聞いたとき、とても嬉しかったです。
子どもはアニメで観た言葉遣いや行動を真似しようとします。
そのことを考えて、どんなアニメを観るか考えておく必要があると思っています。
    • good
    • 1

1.間違った政治的メッセージを与える内容のアニメは見せたくないですね。

あるロボットアニメでしたが、弱者切捨て、弱肉強食、孤立主義、異常性欲の焚き付け、無謀な暴力的解決などの印象操作を番組のあちこちで入れていて、不愉快なので見なかったら、案の定、半年で番組が切られていました。

2.見て欲しいアニメは無かったですね。見ない方が良かったアニメが多かったように思います。

3.抵抗はありますね。自分が見ていたアニメを含めて、子供に見せたくないアニメが多いです。

4.単なる印象操作だけでなく、情報操作やサブリミナルなど、無批判に信じ込むと知らず知らずの間に失敗を重ねて人生に挫折する内容のアニメが多くあります。ロリコンを作り出すアニメ、暴力を正当化するアニメ、社会問題を受動的にしか考えなくなるアニメ、個人の問題を他人に言うのが恥ずかしいと信じ込ませるアニメ、正しい事を正しいと言えなくなるようにするアニメ、アニメの主人公の発言や行動を心理学や精神分析で解剖して考えてみると、無口で人に文句を言わず、何もしないで破滅する馬鹿や無能な人間に好感を持つように印象操作を加えているのがわかります。馬鹿になるアニメが多いですね。
    • good
    • 2

対象が、今の子供である事を前提として回答します。


1.子どもにみてほしくないアニメやアニメの内容
子供に明らかに不健全な影響を与える作品である事。アニメーション、シナリオ、構成、演出、全て該当し、どのジャンルがどうという事ではありません。

2.子どもにみてほしいアニメやアニメの内容
子供の健全な成長に貢献する作品である事。文部省推奨作品であるなどと言う意味合いではありません。

3.子どもがアニメをみる事に対して抵抗はあるか
アニメと言う限られた枠で捉える事はしていません。

4.アニメが子どもにあたえる影響など
今の子供には、生まれた時からあるアニメは、親が思うほどに影響力は無く娯楽や暇つぶしに過ぎません。小説や書籍などのほうが、生涯にわたって強い影響力をもたらす事もあると思いますし、親の気が付かない内に、年齢不相応な小説を読んでいると言う事は、よくある事だと思います。
    • good
    • 0

1.子どもにみてほしくないアニメやアニメの内容


   年齢不相応なエロ系でなければよいです。
2.子どもにみてほしいアニメやアニメの内容
   夢や希望ばかりだけでなく挫折もあるよ
   というような内容
3.子どもがアニメをみる事に対して抵抗はあるか
   二次元、三次元の区別がつくよう教えていけば
   特に規制する必要はないかと思いますが・・
   抵抗はありません。自分も見ていたので(^^ゞ
4.アニメが子どもにあたえる影響など
   特にないと思います。兄弟同じようにアニメ
   を見せてきましたが下の子は高校生の現在
   ほとんど見ません。大学生の上の子は今でも
   好きですがのめりこむようには見ません。
   私が今でも見ます。特に戦闘物(^^ゞ
   要は人それぞれだという事だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます^^
たしかに夢や希望ばかりのアニメはダメですね・・・(>_<)

お礼日時:2009/07/15 10:41

1 暴力的なもの、社会道徳から逸脱しているもの


2 強いてあげるならば童話や名作と呼ばれるもの
3 情操教育とならないレベルのアニメには抵抗がある
4 テレビを見る癖がついてしまう

昔の親は「テレビばかり観ていると馬鹿になる」と言いましたが、昨今のテレビ番組を観る限りでは特に当てはまるようです。
絶えず新しい情報を垂れ流し続け、自分で考えるという当たり前のことを放棄させる。

子供にアニメを観させるなら、情操教育に役立つものをDVDやビデオなどで繰り返し観させて、その話の意味を自分で考えさせる機会を作るのが良いと思います。
    • good
    • 0

1.


特にありません。
ピカレスクものでも暴力的なものでも、周囲の大人が善悪の判断をきちんと教えていれば影響はあまりないと思いますので。

2.
日本むかしばなしやハウス名作劇場などの民話や童話、児童書を原作としたものを。
どっちみち親が読書家じゃなければ子どもはこういう本をほとんど読みません。
読まなくても知っておいて損がないものはアニメで見た方がいいと思います。

3.
夜8時以降にやっているドラマにかじりついて見ているよりいいと思っているので、その点では抵抗はありません。

4.
分かりやすいところで「クレヨンしんちゃん」のしんちゃんの言葉遣いが子どもに及ぼす影響は凄いと思います。
でも、「おぼっちゃまくん」のときは影響があまり見られなかったような…。
親が「その言葉は使っちゃいけない」と教えたか教えなかったの差でしょうか。
子どもはアニメじゃなくても親の言動にも影響されるものです。
だからこそ、親が見るアニメを管理するか、影響されないように是正していくか、どっちかしなきゃいけないと思います。
    • good
    • 0

自分は、テレビやアニメの黎明期に育った世代なので。



1.先ずは「悪が主役」と言うか、夢も希望も無いような「暗いアニメ」。
(有るかな?、そんな作品・・・(^^;
「残虐シーン」が多いアニメも、子供にはNGでしょう。

2.やはり「1.」の逆でしょう。
夢と希望が有り、子供が、
「あんなヒーロー(ヒロイン)になりたい♪」
「あんなモノが欲しい」
「あんなモノを作りたい」
と思えるような作品ですね。

3.私自身、テレビに噛り付いてアニメを見てました。
「アニメなら、何でもいい」とは言いませんが、特に抵抗は無いです。

4.大きいと思います。
だからこそ、今は「作品を選んで」子供に見せる時代なのかも知れません。
今は、アニメの作品数自体が多過ぎて、全てが「良質な作品」とは言えない状況でしょう。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本のマンガ、アニメが与える海外への影響とその実例

こんばんは。

昨今、日本のアニメやマンガが海外で大きく取り上げられて
いるようですが、実際に海外では、良い、悪い影響を含めて
具体的にどのような影響を与えているか教えて頂けませんで
しょうか。

また、以下の事柄は本当に正しいのか、判断できる方がいら
っしゃいましたら、その詳細を教えて頂けませんでしょうか。
・「ヒカルの碁」がドイツが放送され(?)、子供たちが碁を打ち始めた(?)
・「キャプテン翼」の影響で、セリエAの選手になった人がいる(?)
・日本の学園物のマンガ、アニメが海外の学校に制服文化を与えた(?)

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先に。
日本のアニメを、「日本のもの」と認識して見ている海外の子供たちはごく少数ですよ。基本的には、自国の声優さんたちが頑張って、自分たちの文化として吸収しているため、海外の作品とは思っていないでみているケースがほとんどです。
それと、オリンピックに出るソフトボール選手で、タッチが共通に認識されていたように、別にここ最近の影響でもないようですよ。

・「ヒカルの碁」がドイツが放送され(?)、子供たちが碁を打ち始めた(?)

囲碁は、昔より講師の派遣や講習会を頻繁に実施し、北米、ヨーロッパでの普及に注力していました。
ヨーロッパでは、もともとボードゲーム文化があったドイツで広まっていて、小さな町でも碁会所があったり、ネットでの普及があったりで、割と定着しています。
なので、「打ち始めた」というほどではなく、打ち始めた子供が「増えた」ということでは? 日本でも同じでしたし。

・「キャプテン翼」の影響で、セリエAの選手になった人がいる(?)

これは当然でしょう。アルゼンチンで知らない子がいないというアニメですし。

・日本の学園物のマンガ、アニメが海外の学校に制服文化を与えた(?)

海外に制服文化がない、という話にはちょっと嘘がありますが、アメリカに制服文化がなかったというのはホントです。
ただ、アニメの話ではなく、「ゆとり教育」前に、日本の子供たちが国際学力調査で理数系で圧倒的なNo.1であるという結果を何度も記録したことに脅威を覚え、何度も国内の学校に調査団を送って、真似をし始めたのは事実です。その一環ですね。今の日本には関係のない話かも。
韓国、中国を筆頭にシンガポールなどの東南アジア圏はもとより、アメリカの一部の私立、オーストラリアなど、上昇志向の強い地域の学校で、日本式教育というのが生徒を引き付けるウリになりました。
海外が日本の真似をしている間に、日本は「ゆとり教育」でウサギとカメの話を地で行っていたわけですね。
単にアニメがどう、という話とは違う話と思った方がいいです。

先に。
日本のアニメを、「日本のもの」と認識して見ている海外の子供たちはごく少数ですよ。基本的には、自国の声優さんたちが頑張って、自分たちの文化として吸収しているため、海外の作品とは思っていないでみているケースがほとんどです。
それと、オリンピックに出るソフトボール選手で、タッチが共通に認識されていたように、別にここ最近の影響でもないようですよ。

・「ヒカルの碁」がドイツが放送され(?)、子供たちが碁を打ち始めた(?)

囲碁は、昔より講師の派遣や講習会を頻繁に実施し、北米、...続きを読む


人気Q&Aランキング