トラスロッドの入っているギターは、きちんとネックが調整されていれば、チューニングした状態でロッドと弦のテンションのバランスがつり合って安定し、また、頻繁に弦を緩めるとテンションバランスの変化によりネックには負担になるため、結論として基本的には弦は緩めない、というのが一般的な考え方だと思います。

ネックについては自分もこれでいいと思います。
問題は、ES-175やL5等のフルアコのアーチトップギターについてです。

こういったアーチトップのフルアコは、ボディエンドからテールピースで弦を引っ張り、ボディの盛り上がっている部分でブリッジの上に弦が乗り、ボディの内側方向に向かって大きな力がかかっています。
またそのブリッジの下は、裏側にブレーシングはあるものの直接支えとなるものは無く、ボディトップの強度のみで支えている状態です。オールドと呼ばれるものの中には、トップが落ちているものもちょくちょく見られます。それぐらいボディにかかる加重が大きいのでしょう。

ここで質問なのですが、ネックについては冒頭に書きましたように、弦は緩めないほうが負担は少ないと思うのですが、このようなフルアコのボディに対しては長期的に強い加重を掛け続けることは、どう考えても良くないと思われます。
結局のところ、アーチトップのフルアコの場合、弦は緩めたほうがいいのか、緩めないほうがいいのかどちらなのでしょうか?

現在は、心配なので数日以上弾かないときはいちおう1~2音程度(弦によって違いますが、ペグを手首のスナップ3~4回ぐらい)緩めています。
弾くギターも適当にローテーションしており(これはギターのためというより気分の問題)、いったん緩めると数週間~数ヶ月はそのままです。つまり、数日から数週間チューニングした状態で弾き、違うギターに交代するとき弦を緩めて数週間おいている、という具合です。

このような感じで管理していますが、アーチトップでも緩めなくて良い、またはもっと緩めたほうが良いという方がいらっしゃいましたら、ご意見をいただきたく思います。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まあはっきり言って弦の緩める緩めないはギタリスト永遠の課題の一つであり、定説など無いに等しいのですが、私の40年近い経験からのひとつの結論を。



>基本的には弦は緩めない、というのが一般的な考え方だと思います。
私は全く逆の考えを持っています。緩めないのが一般的だとも思えませんし、多くのメーカー、ルシアーも同じ考え方が主流です。それは、弾き終わったら適宜少し緩めることで、ギターの寿命を延ばすのと同時にハリのある音色を保つことができるということです。
ギターメーカーや製作家が「弦は張りっぱなしが良い」と言ってるのを私は見たことがありません。

木材はいくら製材されても生き物ですから、演奏時に緊張を与えてハリのあるサウンドを出すようにできています。ですから弦を張りっぱなしにすれば、トップやバックの緊張が持続し、やがては弦のテンションを受けても緊張のない状態にまで慣れてしまいます。これではツヤのある音は鳴りませんし、そのまま放置すればブリッジ部分が浮いてきて腹ボテになってしまいます。これはネックについても同様の理屈で説明できます。

次にアーチトップの場合ですが、これは弦の張力でブリッジをトップに押しつけることで、芯の太いサウンドを生み出すようにできていますので、演奏時には強い力でブリッジを押さえつける必要があります。
しかし演奏後はその緊張を解いてやり、アーチトップがブリッジ側に戻ろうとする反発力を妨げないようにしなければなりません。
特にアーチトップの場合は13-56や14-60といったハードテンションを使いますから張りっぱなしは音の劣化だけでなく、やがてはトップ落ちを招きます。特にギブソンのフルアコはトップが薄いので175のような合板でも注意が必要です。

回答としては、フラットトップ、アーチトップいずれも演奏が終わるたびに1音~2音緩めるが「私の正解」です。
ただし、毎日使用後に緩めると必然的に2弦3弦の寿命は短くなりますので、覚悟して下さい。弦のリスクをとるかボディ、ネックのリスクをとるかはそれぞれのユーザー次第です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いつも回答ありがとうございます。
ネックにとっても緩めたほうがいいのですか?緩めるとその都度ネックが動くのでより負担がかかり、またトラスロッドの反対側への力によって逆反りしやすくなるため、チューニング状態のほうがバランスが取れていると思っていました。
こちらのQ&Aでも多くの方がそう書かれているので、それが一般的だと思っていました。
(トラスロッドの無いクラシックギターは別。)

メーカーのサイトを見ると、たしかに弾き終ったら緩めるようにと書かれていることが多いですね。それは責任上そのほうが面倒が少ないからだと思っていました。(緩めないと、もしロッド調整されていない場合すぐに反ってしまったり、常に強い力がかかったままの状態だと、外部の衝撃を受けたときダメージが大きくなる場合があり、それはユーザーの管理不備にも関わらずメーカーにクレームが来たりしてかなわないから、「緩めてください」と書いておけば一応の免罪符になる、という意味。それならば、仮にトラスロッドは調整されており、片側の力だけがかかっているとしても、緩めているほうが万が一のことは割合的に少ないだろうと。)

現在は、本文にあるように数日~数週間張りっぱなしですが、毎日緩めたほうがいいのでしょうか。弦は012~052です。頻繁に緩めたり張ったりすると切れやすくなりますが、弦は消耗品ですのでそれはかまいません。

お礼日時:2009/07/14 22:24

#1です。


他者回答もいろいろあって、正解がないというのもご理解いただけるかと思います。本当にこればかりはギタリストの数だけ解釈はあると思います。

ネックのロッドについては、通常、弦のテンションとバランスを取っているとは考えていません。弦とのバランスを取っているのはネックそのものだと思います。

ネックというのは弦のテンションよりも温度湿度の影響を受けやすいので、またそれによって順反り逆反りを繰り返しますので、その時はロッドを用いて微修正してやる、というのが私の考え方です。

ですからネックに関して言えば1音2音よりもベロベロに緩めた方がより理想的だと思いますが、アーチの場合、それだとブリッジが動いてしまいますからおすすめできません。ご参考まで。

ただ175に12-52程度の細いゲージなら、毎日弾くのなら緩める必要はないと思いますしトップ落ちの心配も普通はないと思います。3日以上弾かないことが前もって分かっているなら1音程度緩めるだけでいいと思います。先回答はあくまでレギュラーゲージ以上のテンションをかけることを想定していましたので。
ただフラットトップなら012-052のライトゲージでも私なら演奏の都度2音程度、低音弦はもう少し緩めるようにしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もすみません。ネックはロッドで弦とバランスを取っているわけではないのですね。
けっこうそういう意見が多いし、ソリッドギターなどでは.010などのテンションの弱い弦を張りますが、これですら緩めると逆反りの元になるので、それぐらいトラスロッドの反発力は強力なのだと思っていました。
私の張っている.012程度なら1音ぐらいダウンでいいとのこと、また、トップ落ちの心配も無いとの事で安心しました。これまでのやり方でとくに問題はなさそうですね。ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/15 10:28

使っている楽器の特性に合わせた取り扱い、価値観による対処をすれば良い。


シェープ重視ならベロベロにする。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>使っている楽器の特性に合わせた取り扱い、価値観による対処をすれば良い。

た、たしかに・・・。ある意味究極の回答ですね。

お礼日時:2009/07/15 00:43

しばらく使わないなら楽器、弦、双方に対して緩めた方が良い。


日常的な道具としてはある安定状態を保つ為、即応状態にして置く。
表板の変位は弦の張力の他、湿度の影響が大、日本に於いてはこの問題が大きい。
私の'67年175DN(リアルタイム購入)もsunk top(sinkの過去形、海外FORUMでやっと教えて貰った「トップ落ち」の言い方)ですが音色は益々好調、コレクターでも無いので実益実利第一、同型のライセンス生産モデル(国産、外観は極上)は全く変位無しですが最初から全く鳴らない(深みが無くペンペン音)体得した事は「変位する位で無いとあの音色は出ない」で納得させています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいます。
書かれている主旨がいまひとつはっきりしないのですが、つまり、いつも弾くギターならいつも弾ける状態にしておくのが現実的、それによって多少の狂いが出てきたとしても、「すぐに弾ける」という実用性のほうが大事。
しかし、やはり強いテンションはボディへの影響が大きいので、しばらく弾かないのが分かっているときには緩めておくに越したことは無い、ということでしょうか?
いわば実用性(即応性)と楽器の耐久性を考えた折衷案ということですね。

本文にも書いていますが、現在はほぼこのような感じで運用しています。
やはりアーチトップギターは、できるだけ緩めるに越したことはないのですね。

お礼日時:2009/07/14 23:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギター(セミアコ フルアコ)のギターの保管、弦を緩める 緩めない?

ギター(セミアコ フルアコ)2本の保管なのですが
自分は週に1回~2回(週末)ほどしか弾きません。
それも弾いている時間も1時間以内です。

そして一つギターを弾いたら また来週もそのギターを弾く事が多いので
もう片方のギターは2週以上弾いていない時もよくあります。
弾き始めるとしばらくの期間どちらか一方に偏ります。
大体このようなパターンが多いです。

検索しても
弾いた後は、
弦を緩めない方が良い、
緩めた方が良い
とか書かれてます。
検索すると 同じような質問があるのですが
結局 結論がよくわかりませんでした。

自分の場合、
1週間ぶりにギター触ると 何か久しぶり感もあり、
長い間弾いてない感覚もありましたので
今まで 自分は弾いた後は緩めてました。
それと
楽器店で弾いたら緩めてねって言われたので。。。
(これはベースギターを買った時でしたが,,)

とにかく
長期の場合は緩めた方が良いのはわかるのですが
では 長期とはどこからが長期なのでしょうか?
1ヶ月以上からでしょうか?
そして
自分のように1週間~2週間弾かない場合もあるパターンでは
やはり緩めないのでいいのでしょうか?
2週間後また弾くから ずっと緩めなくて 
でもまた弾いても短時間なので そう考えると
何か1年中緩めてないのと同じ様な感じを思ったのですが..
要するにギターを弾く事(弦を少しでも鳴らす事)
があれば緩めなくて良いと言う事なのでしょうか?

あとしばらく弾かない場合ハードケースに入れてあることもあるんですが
ハードケースはやはり立て置き 横置き(倒しておく)どっちがいいとかあるんですか?


一応20万以上のギターでしたが、あまり気にした事がなかったので、
ちょっと保管方法も気になり、
ギターに詳しい方にご意見を聞いてみたくなりました。
どうぞよろしくお願いします。

ギター(セミアコ フルアコ)2本の保管なのですが
自分は週に1回~2回(週末)ほどしか弾きません。
それも弾いている時間も1時間以内です。

そして一つギターを弾いたら また来週もそのギターを弾く事が多いので
もう片方のギターは2週以上弾いていない時もよくあります。
弾き始めるとしばらくの期間どちらか一方に偏ります。
大体このようなパターンが多いです。

検索しても
弾いた後は、
弦を緩めない方が良い、
緩めた方が良い
とか書かれてます。
検索すると 同じような質問がある...続きを読む

Aベストアンサー

趣味でギター製作をする者です。
私はフラットトップ派(鉄、ガットとも)ですが、ライトゲージ以下であれば構造的に緩める必要性を感じていません。ただし使用している木材の質や乾燥度合が良くない場合は別ですが。
張りっぱなしで反るようなネックは、私はそのまま反らせてしまいます。落ち着いたころ合いに調整できれば調整、リセットならリセット。修理不能ならそれは不良品なので手放します。

ただし質問者様の場合はアーチドトップのようですので、ネックだけでなくボディ側も気を使う必要があります。
ボディ中央部がソリッドのものや、ブリッジ下にブロックが入っているものならさほど気にすることはありませんが、ブランコテールピースでブリッジ下に何もないものはいずれ陥没する可能性があります。この構造のギターは、フラットトップのようにブレーシングが頑丈に何本も使われていません。
もしお使いのギターがそのような構造であれば、毎回気持ち程度(ペグ2回転程度)でもゆるめることをお勧めしておきます。

Q【ベース】1弦を弾くとき親指は3弦、2弦を弾くとき親指は4弦

ベース初心者の高校生です。(指弾きです。)

よく教則本に、
「4・3弦を弾くときは親指をピックアップ上に、
2弦を弾くとき親指は4弦上あたりに、
1弦を弾くとき親指は3弦上あたりに移動する」
とあるんですが、
なかなかうまく親指をスムーズに移動できません。

何かコツがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

実際のところはNo.1の方のおっしゃるとおりなんですが、初心者が少しずつ技量を高めていく上での「中間的な練習方法」としては、教則本の方法でも弾ける様に『指の動きを鍛えておく』のは悪い事ではありません。
多分、教則本の練習深度の上では、まだ速いフレーズを弾く段階での話ではないと思います。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが…
親指を「力の支点」として、弾指を親指に力を込めて引きつける様な弾き方をしていると、親指自体に力が入りすぎてしまうので、弾弦が変わる時に親指がスムースに移動できません。
今の練習の目的は
・親指と弾指の「位置と距離」の関係を、どの弦を弾く場合でも一定に保てるよう、その感覚を『右手に覚え込ませる』
→そのことで、どの弦でも弾指を一定の力でしっかり弾ける感覚を養う
・親指は右手指全体の「位置決め」として添えるだけで、弦は弾指の力だけで鳴らす感覚を掴む
→親指にはほとんど力は込めずにピックアップまたは弦に添えるだけ
という練習だと考えればよいです。

もちろん、初心者にはこれはこれで難しいので、できるよう引き続きの練習が必要でしょうが、最終的には「どんな状態でも一定の力で弦を弾ける」ようになるための基礎練習…と考えるのが大事かと。
親指は位置決めのために(教則本指定位置に)力を入れずに添えるだけで、弾く力は弾指だけに入れる…という感覚がわかったら、親指の移動は苦もなく自然にできるようになります。

それができるようになったら、その次の段階として、親指をいちいちあまり大きく動かさずとも、どの弦でも弾指さえ届けば自由に弾ける様になり、No.1の方の「実践での指使い」に近づけられる…という段取りです。

がんばって下さい。

実際のところはNo.1の方のおっしゃるとおりなんですが、初心者が少しずつ技量を高めていく上での「中間的な練習方法」としては、教則本の方法でも弾ける様に『指の動きを鍛えておく』のは悪い事ではありません。
多分、教則本の練習深度の上では、まだ速いフレーズを弾く段階での話ではないと思います。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが…
親指を「力の支点」として、弾指を親指に力を込めて引きつける様な弾き方をしていると、親指自体に力が入りすぎてしまうので、弾弦が変わる時に親指がスムースに移...続きを読む

Qクラシックギターの弦、保存時にはどのくらい緩めればよいですか?

クラシックギターをハードケース内で保管する際には、どのくらい弦を緩めればよいですか?また、毎日1時間弾いて保管する場合と、数週間弾かずに保管する場合とでは緩め具合はどのくらい帰ればよいですか?
保管場所はハードケース内です。

Aベストアンサー

私の場合ですが。
毎日弾くような状況であれば、いちいち緩めません。
張りっぱなしですといわゆる「ネックのソリ」を気にされていることと思いますが、クラシックギターの場合は特にある程度、弦がはってあった方が楽器の為にいいという考えもあります。

数週間弾かないようであれば、場合によればわずかに緩めてもいいでしょう(ただしペグで1回転くらい)。
実際問題としてハードケースにしまったままで、数週間置いておく場合、弦の問題よりも内部の湿気の影響のほうを考慮すべきと思います。
本来ならばこまめにケースをあけて風通しをした方がいいです。

参考URLにこの問題についてフォーラムがありますので、参照して下さい。

参考URL:http://delcamp.net/forum/ja/viewtopic.php?t=314

Qギターの弦を交換して3日しか経っていませんが、1~3弦が黒くなってきたので弦交換したほうがいいですか

ギターの弦を交換して3日しか経っていませんが、1~3弦が黒くなってきたので弦交換したほうがいいですか?

Aベストアンサー

3日くらいなら、まだ、全然変えなくても大丈夫です。

但し、使用頻度や状況にはよりますけれど。

頻繁に、ライブで2時間くらいのステージをこなしていれば、変えた方が良い。
弦自体は、張ってすぐよりも何日か少したってからではないと、安定した物にはならないと思います。

Qベースを弾く時の押弦するほうの手の形は?

ベースを弾く時、押弦するほうの手はどのような形になるのが正しいのでしょうか。

僕の場合は、(とくにスラップの時に)ヘッドの近くを弾くと
手首が無理な形に曲がってしまい、すぐに痛くなります。
かといって、手首を曲げないようにすると指が開かなくなります。

どうしたら今の状況を改善できるでしょうか。

Aベストアンサー

左手親指は中指の後ろに置いて、後は卵を掴むような形が良いと良く言われています。
ですが、手の大きい人なんかは(黒人に多い)ネックを握って左手親指で4弦をミュートしたりします、大概の日本人には不可能です。
人は手の大きさも腕の長さも違います、効率的な形はありますが、最終的には自分で工夫していくしか無いと思います。
上記を基本として、色々工夫してみて下さい。

それと、気になるのがスラップの時に手首が痛いとのことですが、指弾きやピック弾きの時とスラップの時では、ネックの角度を変えているのですか?
スラップの時は弾きづらいから、ボディを持ち上げてしまっているんじゃないですか?
当然、体からネックが遠ざかるので手首の角度はきつくなります。
対処としては、ストラップを短くするのもありますが、カッコ悪いですよね。
他の方法としては、TMスティーブンスの様に弦に対してほぼ直角に右手親指を当てる方法があります。
これだと、ストラップが長くとも右手はきつくないですし、指弾きとの連携も素早く出来ます。
試してみてはいかがでしょうか?

http://www.youtube.com/watch?v=bNQrYQ5Uu5s

左手親指は中指の後ろに置いて、後は卵を掴むような形が良いと良く言われています。
ですが、手の大きい人なんかは(黒人に多い)ネックを握って左手親指で4弦をミュートしたりします、大概の日本人には不可能です。
人は手の大きさも腕の長さも違います、効率的な形はありますが、最終的には自分で工夫していくしか無いと思います。
上記を基本として、色々工夫してみて下さい。

それと、気になるのがスラップの時に手首が痛いとのことですが、指弾きやピック弾きの時とスラップの時では、ネックの角度を変えて...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報