dポイントを20倍にするたった2つの方法

今現在の金利の上限は18%ですよね?
29.2%の金利で50万借り入れたのですが、3年2ヶ月経つのに未だに金額が45万から減りません。カード会社に電話したら金利を今現在の金利に計算しなおしてくれるのでしょうか?そういう相談は弁護士か司法書士などを通さないと打つ手はないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

現在の金利の上限、これは利息制限法という法律によって定められおり、18%というのは10万以上~100万未満の借り入れの際の金利です。

それよりも借り入れが大きければ15%、小さければ20%が上限金利です。

あなたが過払い金返還請求を行う場合、ご自身で電話しても門前払いがオチです。司法書士に依頼されるのがよいと思います。司法書士の方が一般的に安いためです。

ご参考:過払いとは?
http://www.earth-shiho.com/kabarai/index.html
    • good
    • 0

#5です。

補足します。

 利息制限法第四条について、私の回答は何も記載していません。延滞については質問に何も書かれていないためです。延滞しているなら自分で条文を読んでください。Googleで検索すれば見れます。

 先の私の回答に書いたのは、任意整理についてです。債務整理には他にも特定調停、民事再生、自己破産がありますが、これらは総て裁判所が関係します。任意整理は裁判所に関係なく出来ます。それぞれに得失がありますが、最終的に(債務整理をやらないを含め)どうするかは、質問者様の意志によります。

 どのような手法をとるのが一番良いのかは、裁判所を介入させる前に、法律家に相談することです(先の回答でも第一にお勧めしてますが)。地域の法律相談など、無料で法律家に相談できる機会はあります。そうすれば、それぞれの違い、質問には書かれていない貴方の事情なども含めて、相談に乗ってもらえるでしょう。契約内容、返済履歴、延滞の有無などを出来る限り整理して相談してみてください。それすら嫌なら先の回答の通り完済してください。

 但し、相手にした「専門家」が、貴方がこの質問に書かれた内容を言っただけで、この質問には書かれていない貴方の事情も聞かず、いきなり自信ありげに「裁判所に行け、自力で解決できる、特定調停しろ。」と言い出したら、逃げた方が良いです。世の中には色々な専門家がいますので。経験的に、中にはいいかげんな「専門家」も居ましたし、ロクロク話しを聞かずに判で押したような処方をするだけの「専門家」もいましたのでご注意ください。おかしな「専門家」の話しにウカウカ乗ると、不本意な結果を招きかねませんので。

 すでにお解りとは思いますが、今までそれしか返せなかったのなら、無謀な借金でした。これは法律以前に、生活をしていく上でやってはいけない事でした(知恵を絞って、借金せずにやりくりする手段を考えるべきでした)。相談すれば、厳しいことも言われるかも知れませんが、覚悟はしてください。先の私の回答はその趣旨で書かれているのであしからず。目先の返済だけでなく、根本からお金に対する考え方を改める必要があると思います。少し厳しい目に遭った方が、貴方のためになるでしょう。そして良い専門家なら、お金に対する貴方の考え方まで考慮に入れて相談にのってくれれるでしょう。すくなくとも軽々しく他人に「裁判所にいけ」だの「一般人が誤解している」などとは言わないものです。もっとも人物を見抜く力量も質問者様によりますが。
    • good
    • 0

一般人の方が、参考意見として回答しているが、それは誤解しているので、再度回答いたします。

借入れ利息は利息制限法に基づき18%の計算、遅延損害金が26.28%(法改正により18%の1.46倍)で計算されます。これまでの取引経過が分からなくても、兎に角最寄の簡易裁判所窓口に行き、相談してみてください。申立用紙、書き方、費用(格安)など説明してくれますし、民事調停委員が仲介し(弁護士、司法書士などに依頼しないで)自分だけで解決できます。
    • good
    • 0

>今現在の金利の上限は18%ですよね?


 今も、貴方が借りた3年2ヶ月前も、利息制限法上の上限金利は18%、出資法の上限金利は29.2%で変わってません。

>3年2ヶ月経つのに未だに金額が45万から減りません。
 50万円を年利29.2%で借り、3年2ヶ月の間、只返済していただけなのに残債45万円なら、毎月1.3万円程度の返済しかしていなかった計算になります。利息は月1.21万円もつくのにそれしか返してなかったのですね。減らないのは当たり前です。

>カード会社に電話したら金利を今現在の金利に計算しなおしてくれるのでしょうか?
 電話一本でそんなことしてくれるカード会社はありません。
 大体、上記の返済なら、年利18%で計算しても残債が22万円以上あります。ですから、年利18%にしてくれと言うのは、任意整理を申し込むのと一緒です。

>そういう相談は弁護士か司法書士などを通さないと打つ手はないのでしょうか?
 必要な力量があれば、法律家に頼らなくても任意整理を申し入れ、交渉できるでしょう。ですが、ここでこのような質問をする人物に、それだけの力量があるとは思えません。法律家に相談するか、このまま完済するかをお勧めします。

>今は自己破産してもブラックリストに載らないと聞いたのですが間違いですかね?
 間違いです。

>勉強不足で申し訳ないです。
 50万円を29.2%の利率で借りて、毎月1.3万円の返済なら、完済まで9年半、返済総額は148万円を越えます。月1.3万円しか返せないなら、返すことも考えずに借りたとしか思えません。普通に考えて50万円を借りるために98万円を払うなんて愚か者だと思います。誤る前に自身のやっていることを自覚された方がよろしいでしょう。
    • good
    • 0

> 今は自己破産してもブラックリストに載らないと聞いたのですが間違いですかね?


どういう意味で言っているのかによります。
ブラックリストなどというものは存在しないから、存在しないものに載ることは無いということなら、そのとおり。
でも、債務整理をすれば、「ブラックリストに載ったらどこも貸してくれなくなる」と言う状態にはなります。
    • good
    • 0

50万円借り入れの法定利息は、18パーセントです(返済を遅滞した場合の遅延損害金のレートは26.28%)。

それでひき直し計算することになります。いつ何円借りてそれをどのように返済しているのか取引履歴を金融業者に求めて計算してみてください。計算方法が分からない場合は、その資料を持って最寄の簡易裁判所窓口に行って相談してみてください。特定調停手続きを教えてくれるはづです。弁護士、司法書士に依頼すると多額の費用がかかります。民事調停委員が解決にあたってくれます(費用は少額ですみます)。
    • good
    • 0

> 今現在の金利の上限は18%ですよね?


今でも、年利29.2%はブラック金利では有りません。
来年6月までに施行される法律が施行すれば、違法になります。

> カード会社に電話したら金利を今現在の金利に計算しなおしてくれるのでしょうか?
大抵は、計算してくれません。
たとえ計算してくれて残金が減っても、それは任意整理を行ったことになるので、ブラックリスト殿堂入り状態となって以後は色々と不利になることが考えられます。

> そういう相談は弁護士か司法書士などを通さないと打つ手はないのでしょうか?
過払いなら自分でやる説明を行っているさてとは色々有るが、3年の取引では過払いになっていないと思われるので、自分でやるのは難しい。
特定調停か、弁護士や司法書士を通すのが順当と思われる。

この回答への補足

返答ありがとうございます。
利息の計算を促して金利が減った場合、ブラックリスト殿堂入りとありますが今は自己破産してもブラックリストに載らないと聞いたのですが間違いですかね?勉強不足で申し訳ないです。

補足日時:2009/07/15 20:44
    • good
    • 0

>今現在の金利の上限は18%ですよね?



正確に言えば、今現在も上限は18%ではありません。29.2%がまかり通っていた根拠である、出資法(29.2%以上は罰する)と貸金業法(利息制限法を超えた利息をとっても色々と要件を踏めばOKとする、みなし弁済)のその部分はまだ改正施行されていないんですよ。確かもうすぐのはずですが・・・・。

>カード会社に電話したら金利を今現在の金利に計算しなおしてくれるのでしょうか?

してくれる所としてくれない所があります。取引履歴は出してくれますから、原則、自分で計算する必要があります。また、計算の仕方に色々解釈がありすので、カード会社の計算は当然、カード会社側が有利に計算してきますよ。

>そういう相談は弁護士か司法書士などを通さないと打つ手はないのでしょうか?

いえいえ。弁護士等に頼まず自分でやっちゃう方法もあります。過払、ひき直し計算の仕方が書いてある書籍やHPが沢山ありますから、ご自身で勉強してやっちゃう事だって全然出来ますよ。

この回答への補足

返答ありがとうございます。
↑の方にも言われたのですが、もし利息計算しなおしでブラックリスト入りになるようであるならば、頑張って一気に返済して元金を減らしていこうと思います。

補足日時:2009/07/15 20:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローンの金利計算

こんにちは。
住宅ローンの金利計算のことで教えてください。
3年固定、5年固定、10年固定など当初の金利は安いけど、固定金利の期間が終わったら変動金利になるローンがありますよね。
そのとき変動金利の計算はどのようにされるのか?
5年ごとに見直されるとか、月々の支払いは25パーセント以上あがらないとか・・・ややこしくて・・・
変動になった場合、金利を想定して月々の支払額をシュミレーションできると安心なんですけど。
どなたか計算方法をご存知の方がありましたら、お手数ですが、教えていただけると安心でき助かります。

どうぞよろしくお願い申しあげます。

Aベストアンサー

1.固定期間終了時の元金を残期間で元利金等返済したときの返済額になります。(金利はその時点の変動金利利率です…特別に金利を計算する訳ではありません。その時の約定金利です)

2.変動金利はいろいろありますが、4月時点での金利水準を元に7月から、10月時点の水準を元に、1月から変わるとか。
 金利が変動すれば、その次の月から変わるとか、いろいろです。また、5年ごとの見直しは、返済額です。5年は一定なんですが、5年後に金利が上がっていれば、返済額を引き上げなければいけません。だけど、25%以上引き上げるのは負担が大きく、25%まで上げるに留めようという事なんです。
 しかし、これが過去困った事態を引き起こしました。金利がどんどん上がったのです。そうすると、元利均等返済で期間も長い場合最初金利ばかり払っていて元金が減っていない、金利は上がってきている、その時点で返済は金利ばかり、5年経って見直しの時期が来た25%しか上げれない、そうすると元金も減らない、計算してみると、当初予定していた返済期間(例えば25年)では返らない。と言う事態が過去バブルの頃(金利が非常に高くなったころ)発生しました。そんな場合、元金を一部内入してもらうか、最終回に皺寄せしたか(そのあたりちょっと忘れましたが)結構トラブルになったようです。
 それと、元利均等の計算方法はややこしいので、手計算せず、いろんな銀行でシュミレーションサイトがあるのでそれを使ったほうが良いです。
今低金利ですから、おそらくシュミレーションすれば多く借りられる計算になると思います。銀行も、ある程度、審査の時は金利上昇を見込んで(例えば5%になるとか)返済比率を計算して審査しますから、その点今の時点での返済は楽なはずです。ですから、5%で返済していると仮定して、返済額を計算して実際の返済額との差は貯蓄に回す等にして、金利上昇時にはその溜まった預金で内入するとかして返済負担の軽減を図ることが重要になると思います。
先ほどの例は、バブル期に実際起こったケースです。あの時は、金利は毎月のように上がっていましたし、住宅ローンの金利も10%近くまでになった時期でしたからいわば想定外ではあったケースです。今後の景気回復の状況で金利も変化してきますから、余裕を持った返済計画は必要でしょうね。

1.固定期間終了時の元金を残期間で元利金等返済したときの返済額になります。(金利はその時点の変動金利利率です…特別に金利を計算する訳ではありません。その時の約定金利です)

2.変動金利はいろいろありますが、4月時点での金利水準を元に7月から、10月時点の水準を元に、1月から変わるとか。
 金利が変動すれば、その次の月から変わるとか、いろいろです。また、5年ごとの見直しは、返済額です。5年は一定なんですが、5年後に金利が上がっていれば、返済額を引き上げなければいけません。だけど、2...続きを読む

Q消費者金融でお金借りると銀行で借りれないのですか?

聞いた話なのですが、
消費者金融やサラ金でお金を借り、借りた経験があると
銀行の住宅ローンやフリーローンが借りれないと聞きました。

1、本当に銀行から借りれなくなるのですか?

2、銀行のフリーローンやカードローンも同じ消費者金融から
借りたことになるのですか?

銀行のカードローンだと安心のような気がするのですが。

Aベストアンサー

こんにちは(*^_^*)以前、法律事務所で働いていましたので、わかる範囲で、お答えできればと思います。

>1、本当に銀行から借りれなくなるのですか?
消費者金融からお金を借りたといっても、ちゃんと返済をしていれば、銀行からの借り入れも可能ですよ。

銀行等からお金が借りれなくなるのは、「ブラックリストに載ったとき」です。(お金の返済を滞納した場合…等)

また、No,1様のおっしゃる通り、「債務整理」をした時にも、ブラックリストに載ってしまいますので、借り入れは出来なくなります。債務整理は、「自己破産」「任意整理」「個人版民事再生」「過払い金返還請求」等をいいます。

次に、
>2、銀行のフリーローンやカードローンも同じ消費者金融から借りたことになるのですか?

銀行のフリーローンやカードローン等は、確かに、借り入れ自体は貸金業者の中の「銀行系」から借り入れたことになると思います。そのため、貸金業者の「消費者金融系」から借り入れたことにはなりませんが、もし、「銀行系」からの借り入れであったとしても、そのローンで滞納等をしてしまうと、ブラックリストに載ってしまいますので、住宅ローンは組めなくなってしまいます。

消費者金融からの借り入れに限らず、信販系、銀行系のうち、どこから借入をしても、ブラックリストにのってしまえば、住宅ローンは組めなくなってしまうと思います…。

逆に言えば、借入をしても、きっちり返済していれば、ブラックリストに載ることはありませんから、消費者金融から借り入れをしたとしても、ちゃんと返せば、住宅ローンを組むことは可能だと思いますよ。

お役に立てればいいのですが…^^;

こんにちは(*^_^*)以前、法律事務所で働いていましたので、わかる範囲で、お答えできればと思います。

>1、本当に銀行から借りれなくなるのですか?
消費者金融からお金を借りたといっても、ちゃんと返済をしていれば、銀行からの借り入れも可能ですよ。

銀行等からお金が借りれなくなるのは、「ブラックリストに載ったとき」です。(お金の返済を滞納した場合…等)

また、No,1様のおっしゃる通り、「債務整理」をした時にも、ブラックリストに載ってしまいますので、借り入れは出来なくなります。債...続きを読む

Q円定期金利優遇キャンペーン

三菱東京UFJ銀行の円定期金利優遇キャンペーンについて
(旧UFJ支店)

「初回お預入時のみの適用となります」と書いてあるのですが、これはどのような解釈をすれば良いのでしょうか。
今回のキャンペーン金利の適用される預入の初回分のみという解釈で宜しいのでしょうか。

Aベストアンサー

『表示金利は平成19年9月3日現在の適用金利で、初回預入時のみの
 適用となります(金利は原則として毎週見直しを行います)。』
http://www.bk.mufg.jp/info_cam/200707_enteiki/index.html

これですね。

参考URL中段あたりに「満期日以降の定期預金金利について」と記載が
有りますので、それを見ると判りやすいと思います。

預入期間は最短で3ヶ月ですから7/25~9/28のあいだにネット預入を
行うと、満期日時点では優遇金利キャンペーンは終了しています。
例えば、預入時に「自動継続」などの設定をしていた場合は、次回の
金利は満期日当日の普通のものが適用になるということですね。

つまり、期間内に複数口の定期をネットで預入しても、すべて優遇金利
が適用されます。 適用されるのは設定した預入期間のあいだだけで、
満期日を迎えた以降は今回の優遇金利は適用されません、ということ。

>なので今回オンラインで預入は初めてになるのですが、優遇金利が
>適用されるということで良いのですか。

旧UFJ支店のネット口座をお持ちのようですから、ログインし、新規で
定期預金口座を作成し、普通口座から振替処理を行えば、今回の優遇
金利が適用されます。

『表示金利は平成19年9月3日現在の適用金利で、初回預入時のみの
 適用となります(金利は原則として毎週見直しを行います)。』
http://www.bk.mufg.jp/info_cam/200707_enteiki/index.html

これですね。

参考URL中段あたりに「満期日以降の定期預金金利について」と記載が
有りますので、それを見ると判りやすいと思います。

預入期間は最短で3ヶ月ですから7/25~9/28のあいだにネット預入を
行うと、満期日時点では優遇金利キャンペーンは終了しています。
例えば、預入時に「自動継続」などの...続きを読む

Q本日、どうしてもお金が必要だったため消費者金融にて初めてお金を借りまし

本日、どうしてもお金が必要だったため消費者金融にて初めてお金を借りました。
金額にして3万円ほどです。
兄にそのことを話すと怒られてしまいました。
金融で一度でもお金を借りると将来家などを購入する際などにローンを組みたくても
信用してもらえないなどと言われてしまいました。
実際お金は借りましたが、金額が金額なので給料日には全額返済でき、今後借りようとは思っていません。
たった一回の融資を受けただけで今後将来、クレジットカードを作る際や何かローン等を組む際に
不利になるんでしょうか。
そんな事は考えず、安易な気持ちで借りてしまいとても不安です。
どなたか昔は借りていたが現在は一切借りておらず、なにも不自由していない方などいらっしゃいますでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>一回の融資を受けただけで今後将来、クレジットカードを作る際や何かローン等を組む際に不利になるんでしょうか。

なりません。

過去に(過払い請求を含む)金融事故歴がなければ、サラ金を利用した事を原因とした審査落ちはありません。
時々「カードを持っているだけで(利用しなくても)審査に落ちる」という回答も見た事がありますが、都市伝説に過ぎません。
融資枠は、既存借金額ではありません。

質問者様の兄が述べているのは「サラ金の多重借入・多重債務者予備軍」となった場合の事を心配しているのでしよう。
一社又は複数のサラ金から借入・返済を繰り返している場合は(返済事故がなくても)要注意ですよ。

Q韓国政策金利の推移

韓国の政策金利の推移がわかるサイトはありますでしょうか?
2006年2月から現在までの推移が知りたいです。
政策金利でなくとも、長期金利や銀行の預金金利など、推移がわかるものであればよいのですが、どなたかご存知でしょうか?
自分でWeb上で検索したり、OKWaveの過去の質問を検索しても見つけられませんでした。
何卒よろしくお願い申し上げます。
(為替のカテか債券のカテか迷い、こちらのカテで質問させていただきました。不適切でしたら申し訳ございません。)

Aベストアンサー

もしよろしかったら、韓国のサイトになりますが、どうぞ^^;

グラフでは青い線が定期預金の金利の金利です。

その下の図では日付の隣にあるのが定期預金の金利です。

参考URL:http://bank.naver.com/index/account.nhn

Q消費者金融上限金利について

時間がなかったので、関連する質問等は調べずに質問させていただきます。
最近、ニュース等で消費者金融の上限金利等が引き下げられるという話がよくでてきますが、これが決まった場合、新規の顧客のみ引き下げられた金利が適用されるということなのでしょうか?
それとも、現在、消費者金融で27~29%で契約してる人も引き下げられた金利の適用を受けるようになるのでしょうか?
既存の顧客の適用金利が引き下げられた場合、新規融資はストップということもあるのでしょうか?

上限金利が引き下げられた場合、消費者金融の既存顧客がどのような扱いを受けるのか、適用金利、融資、支払い等々、考えられることを教えてください。

大雑把な質問で大変恐縮です。

Aベストアンサー

少額取引にはグレーゾーンの金利を認めるなどの例外規定が検討されているという話しもありますが、そういった例外を考えないケースで回答いたします。

罰則規定がなかった利息制限法に罰則を設けるわけですから、全ての契約において金利引き下げを受けることになるでしょう。

過払い金訴訟では現在でも、利息制限法を上回った利息分の返還はほとんど認められていることからも、全契約になることはほぼ間違いないでしょう。既に一部大手信販会社などは金利の引き下げを行っています。

高金利は貸し倒れリスクのためでありましたから、金利引き下げでその分違うところでリスク回避をする必要が出てくるはずです。それが新規貸付時の審査厳格化や既存顧客の再審査ということになってくるでしょう。

ご質問にある既存顧客への影響は、企業のさじ加減ひとつですが、新規融資ストップや融資枠の減少などは考えられます。支払い方法は変わらないでしょう。

Q個人間の出資法の上限金利の年109.5%

借用書の相手の住所や名前のところには会社の住所、役職名などが書いてあります。(相手は小さい個人経営の代表です)
これは個人間の出資法の上限金利の年109.5%は適用されるのでしょうか?

貸す時は相手の方から利息を年120%払う(貸したお金の10%を毎月払う)と言いました。(この時私は上限金利のことは知りませんでした)
利息は借用書には書かれておらず口約束ですが、なかなか返済されないので途中で話し合いをしたときなどの会話は録音しています。
お互いが合意していても出資法の上限を上回ると違法でしょうか?
また、違法でも上限までは請求できますか?

長い付き合いだったので、貸した当初は元金だけでも帰ってくれば利息は結構と言うつもりでいました。しかしこの2年間で帰ってきたのは元金の0.5%だけで、返す気がないと感じています。
相手は車も家もあり、いい生活をしています。家庭も持っていますが、おそらく他の女も作っています。(決定的ではないですが証拠もあります)
何度も返してと言いましたが、お金がないの一点張り。
本当に腹が立っていますのできちっと利息も含めて返してもらおうと思います。
何かいい方法はありますでしょうか?

借用書の相手の住所や名前のところには会社の住所、役職名などが書いてあります。(相手は小さい個人経営の代表です)
これは個人間の出資法の上限金利の年109.5%は適用されるのでしょうか?

貸す時は相手の方から利息を年120%払う(貸したお金の10%を毎月払う)と言いました。(この時私は上限金利のことは知りませんでした)
利息は借用書には書かれておらず口約束ですが、なかなか返済されないので途中で話し合いをしたときなどの会話は録音しています。
お互いが合意していても出資法の上限を上回ると...続きを読む

Aベストアンサー

貸主が個人か業者かの違いです。
借主が個人化業者かではありません。

Q6件も消費者金融から借りてるのにこれ以上融資可能な消費者金融会社ってありますか?

いつもお世話になります。
私の後輩の話なのですが、6件の消費者金融会社から合計で300万円近く借りてるのに、まだこれ以上借りようとしています。しかも支払いが遅れているそうです。私はそれ以上は無理だと彼に断言したのですが聞きません。
それどころかまだ貸してくれるところを探している模様です。こんな馬鹿な後輩の面倒は見たくないのですが、実際に貸してくれるような(ヤミ金を除く)ところってあるのでしょうか。彼に教えるような事はしませんがなんとなく私も気になるので質問してみました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

騙してでも弁護士の所へ連れて行って、
自己破産手続きをさせましょう。
ヤミ金に手を出したら人生終わります。
彼のためです。
一肌脱いでみては?
               

Q定期預金の金利について、ある信託銀行のキャンペーンで、利率が0.55%

定期預金の金利について、ある信託銀行のキャンペーンで、利率が0.55%・元本保証とかあったんですけど、ゆうちょのキャンペーンと比べてもすごく差があって不思議です。元本保証でこんなに利率が違うのはどうしてなのでしょうか?何か落とし穴?とかあるんでしょうか?経済オンチですみません。

Aベストアンサー

 住友信託銀行のキャンペーンですね。http://www.sumitomotrust.co.jp/BP/campaign/kinriup_2010autumn/index.html
 なにかと抱き合わせとか、特別な条件や落とし穴があるわけではありません。営業政策上、金利を高くして、お金を集めたいのでしょう。
 どういう営業政策かは、察するに、とりあえずお金を集めて、満期時に、投資信託とか外貨預金とか、銀行にとってうまみの大きい商品に預け替えてもらえることを期待しているのではないでしょうか。満期になったからといって即、大きな金額のお金を引き出してしまうのは、心理的に抵抗がありますし、次の行き先を考えるのもめんどくさくて、そのままその銀行の商品で預け続けちゃう人は少なくないと思います。ただ、条件ではありませんので、満期時に、心を鬼にして、引き出してしまっても全く問題ありません。食い逃げみたいなもんですが、銀行も、そうしたお客さんに対しては、どうセールスしても意味ないことはわかっていますので、去る者は追わずで、簡単に出金に応じてくれます。
 あと、もともと信託銀行とかは店舗数が少ないので、電車賃かけてまで来てもらうためには、少しでも条件を良くしておかないと、お客さんは都銀や郵便局に行っちゃいますよね。

 住友信託銀行のキャンペーンですね。http://www.sumitomotrust.co.jp/BP/campaign/kinriup_2010autumn/index.html
 なにかと抱き合わせとか、特別な条件や落とし穴があるわけではありません。営業政策上、金利を高くして、お金を集めたいのでしょう。
 どういう営業政策かは、察するに、とりあえずお金を集めて、満期時に、投資信託とか外貨預金とか、銀行にとってうまみの大きい商品に預け替えてもらえることを期待しているのではないでしょうか。満期になったからといって即、大きな金額のお金を引き出して...続きを読む

Q世界の消費者金融の金利は何%?

友人が消費者金融に借金をし、返済のたいへんさにあらためて驚きました。そのとき思いました。日本で普通に暮らしている人が、普通の感覚で上限の年利29%の借金をします(もちろんその人数は少ないと思いますが)。コマーシャルもあたりまえのように流れてきます。そこで、教えてください。闇ではなく、堂々と?借りられる金利で、日本は異常ではないのですか?例えば主要先進国と言われる国々も、無担保ローンの金利の上限は日本と同じなのでしょうか。

Aベストアンサー

米国は個人向けローンが日本以上に発達してて、消費者金融会社が数多くありますが、ヨーロッパでは、英国以外には消費者金融は少なく、銀行やカード会社が個人向けのローンを行なっています。
金利についてはわかりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報