プロが教えるわが家の防犯対策術!

私は大学4回生で、1年のアメリカ留学経験しかありません。
只今、学生のアメリカ人と婚約して1年がたちます。
彼の帰国についていきアメリカの航空会社で就職したいのですが、
何をどうすればいいかなにもわかりません。

グリーンカードは取得できるのですが、就職にはシングルでなくてもよいのでしょうか?

日本で就職活動していて日本で既婚者は不利だと聞いたのですがアメリカでは違うのでしょうか?

又、私の英語は日常会話レベルで、日本の大学の卒業です。
TOEIC何点以上などありますか?

日本で申し込むパターンより現地採用のほうがなりやすいと聞きました。

ベースにはこだわりないのですが、2,3年彼についていって英語の勉強してからでもと考えていたのですがお金の面でも、卒業してから申し込むまでブランクかでてくるのでどうなのでしょうか?

みなさんの経験、アドバイスなどお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以前外資系客室乗務員を目指していましたので、知っている範囲でお役に立てればと思います。


まず、アメリカの航空会社客室乗務員に応募するためには、グリーンカードが必要になります。ですから、日本に在住されてる留学経験が1年程度の普通の日本人の方にはほとんど応募資格がありません。この点で、質問者様はグリーンカードを取得されるようですから、問題なく受験できることになります。
アメリカでは新卒などという考えも無く、むしろ社会経験のある人を好みます。また、既婚者が不利などということもありません。ただ、アメリカの航空会社に就職するための英語は相当高いレベルのものが必要です。目安ですが、TOEIC900以上は最低でも必要とされると思います(英語圏以外の外資系航空会社でもこの程度持っていらっしゃらないと難しいです)でも、会話力の方が面接を突破するためには必要だと思います。アメリカ系ですとジョークを理解できる、或いは自分も言える程度じゃないと面接での会話も弾まないような気がします。

アメリカにおいては、現地採用の方が確かになりやすいようです。日本ではひとつの航空会社の募集が出ると、相当数の応募があり、倍率がもの凄く高くなるのですが、アメリカだとそれほどの人気職種でもないようですし、日本語が話せる方は重宝されると聞いたことがあります。
それと、普通航空会社にはベースというものがあり、指定された都市にすまなければならないなどの条件があるのですが、アメリカ系の場合には会社にもよるかもしれないですが、皆さん好きな都市に住まわれているそうですよ。そのあたりも魅力的ですよね。
    • good
    • 7

私の友人が客室乗務員となり外国で暮らしています。


彼女は外資系航空会社に就職し、ベースはその航空会社の本拠地なので引っ越して行きました。

私はオーストラリアに留学していたんですが、カンタス航空に関して聞いたのはオーストラリアビザがなければ就職出来ない、とのことでした。

アメリカだとユナイテッド航空とかコンチネンタル航空とかですが、なかなか厳しいようですし、英語力も日常会話レベルでは難しいかもしれませんね。
ECCなどには客室乗務員のための専門学校もあります。
客室乗務員を目指す人の為の雑誌も出ています。読みましたか?

目指す人たちは何年間も努力して勉強してくるんだそうです。
わざわざ航空会社の予約センターや空港でアルバイトをして情報を集めている人もいます。
それでも何十社と落ちて、何年も受験し続ける人もいます。

現在4回生ということですが、就職活動はしていますか?
今から航空会社を受けてもいいと思うんですが、かなり厳しいと思います。
彼についていって現地の専門学校や短大の観光コースに入ってみてはいかがですか?お金はかかっちゃいますが・・。
そこを卒業したら新卒みたいなもんですし、語学力も上がりビザもあれば可能性は広がるかもしれません。
    • good
    • 1

結婚して米国に住むということですね。


米国のCAはなり手が少ないのです。私が何度か長期出張したインディアナのガソリン・スタンドのオバチャン、客室乗務員がガソリンスタンドのオバチャンかで、後者を選んだそうです。理由は9時5時勤務とか、労働の過酷さだそうです。
先ずは米国へ行って英語の勉強をして、航空会社の試験を受けることです。
米国社会は人種差別はありませんが、話せないのはダメです。
米国人と同様に流暢な英語が出来て、マニュアルを理解できて、健康なら採用されます。独身か子持ちかの差別もありません。
国際線となるとフライトする国の言葉も要求されるかも知れませんね。
日本語が出来るから、太平洋線の勤務ならバッチリですね。
夢が実現しますよう、お祈りしています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCAの専門学校へ通い、就職活動に失敗した方。

22歳社会人です。
高校生の頃にキャビンアテンダントを夢見て、専門学校へ見学へ行ったところ、元キャビンアテンダントの先生方による熱烈なお 誘いを受け専門学校へ入学いたしました。
今思えば嵌められた感満載です。
200名程いるキャビンアテンダント科からキャビンアテンダントになれたのは5~6人程度。
その他の学生の就職先は空港検査員、ラウンジスタッフ(良くない噂ばかりです。)、グリーンアテンダント、アパレル接客業等です。
私に関しては、卒業の半年前には先生に諦められ、就職活動さえ何の助言もしてくれなくなりました。
そのまま就職先がないまま卒業し、ハローワークへ通い詰め、県の運営する新卒者向け就職活動研修を紹介され、半年間就職活動を続けました。
そこで紹介された会社(かなり小さい会社の営業事務)として今も働き続けております。
私は一応正社員ですが、日によって暇な時があり、このままで良いのかと思うようになってしまいました。
仕事自体はたのしいですしやりがいも感じます。人間関係も良好です。
しかしあと二年程したら転職をしようと思います。
その為に今からTOEICの勉強もし直しております。
しかし、専門学校卒の為、受験資格に満たない場合が多々あり、相当の劣等感を感じます。
大卒資格も考えましたが、意味がないというような話も多々伺います。

どうしたらこの劣等感は消えるのでしょうか。
毎日毎日、専門学校を選択してしまった後悔と学歴コンプレックスに苦しいしいです。

就職活動の時の焦りや孤独、不安を思い出すと今でも涙が止まりません。
私にとって就職活動失敗は人生で一番の大きな挫折でした。

同じようにキャビンアテンダントを目指して叶わず、(大多数だと思いますが。)専門学校を選択したことを後悔している方、またそれを乗り越えられた方はいらっしゃいますか。
是非アドバイスをいただきたいです。
よろしくお願いします。

22歳社会人です。
高校生の頃にキャビンアテンダントを夢見て、専門学校へ見学へ行ったところ、元キャビンアテンダントの先生方による熱烈なお 誘いを受け専門学校へ入学いたしました。
今思えば嵌められた感満載です。
200名程いるキャビンアテンダント科からキャビンアテンダントになれたのは5~6人程度。
その他の学生の就職先は空港検査員、ラウンジスタッフ(良くない噂ばかりです。)、グリーンアテンダント、アパレル接客業等です。
私に関しては、卒業の半年前には先生に諦められ、就職活動さえ何の助言もし...続きを読む

Aベストアンサー

あなたはまだ22歳でお若いのですから焦らずにしっかり将来を考えましょうね。

私は男性で、企業では採用の面接官をしてきました。
高校生の頃にキャビンアテンダントを夢見て専門学校に行ったことはいい経験だと思います。それは決して失敗ではありませんよ。
現在の就職は厳しいので仮に大学に行ったからといってどんどん就職できるわけではありません。
「私にとって就職活動失敗は人生で一番の大きな挫折でした」と書かれていますが、決して失敗ではありませんよ。一流会社で働いている人たちも毎日が楽しいわけではありません。あなたの現在は幸せなのですよ。
ただ、あなたには何か夢があるのでしょうね。その夢が書かれていないので分かりませんが、これからでもその夢に向けて調べてみてはいかがでしょうか。
その場合でも注意しなければいけないのはよく実態を調べることです。
例を挙げますと、歯科技工士という職業があります。インターネットで検索すると歯科技工士が夢のような素晴らしい職業とたくさん出ています。しかし、そのネット情報のほとんどは歯科技工士の専門学校が掲載しているのですね。実際の社会では歯科技工士は余っていて仕事が無い状態です。たまたま仕事があってもとても給料が安いのです。このようにある情報だけを信用するのではなく、その先の実態までをしたべることが必要です。
あなたは今幸せな状況ですので、あまり焦って学校や再就職を決めず、落ち着いてじっくりと時間をかけて調べていきましょうね。
何も焦る必要はありませんよ。

あなたはまだ22歳でお若いのですから焦らずにしっかり将来を考えましょうね。

私は男性で、企業では採用の面接官をしてきました。
高校生の頃にキャビンアテンダントを夢見て専門学校に行ったことはいい経験だと思います。それは決して失敗ではありませんよ。
現在の就職は厳しいので仮に大学に行ったからといってどんどん就職できるわけではありません。
「私にとって就職活動失敗は人生で一番の大きな挫折でした」と書かれていますが、決して失敗ではありませんよ。一流会社で働いている人たちも毎日が楽しいわ...続きを読む

Q外資系航空会社への就職について

現在専門卒2年生であり、来年ヨーロッパ系航空会社の客室乗務員として新卒入社を目指している男性です。
外資系は既卒採用が大半ですが、イギリスのヴァージン・アトランティック航空は新卒も可能との事で志望しております。
そこで質問ですが、イギリスの航空会社を目指す場合、どのくらいの英語力を有すれば認められるでしょうか?TOEICや英検だとどのくらいあれば好ましいでしょうか?
また、上記の二つ以外に取っておいて損はない資格などはあるのでしょうか?

宜しくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。英国ではありませんが、欧州で客室乗務員として働いている男性です。

私の場合は学部留学中に現地採用試験を受け、学生FAとして働き始めました。現在は大学院に通いながら飛んでいます。会社が学業と両立できるように配慮してくれるので、学生でFAというのは珍しくありません。ちなみに日本の大学を中退してこちらに来たので採用試験時の最終学歴は高卒。FA自体、欧州では典型的なブルーカラーに当たる職種ですので、ローカルクルーですと大卒の方が少ないですね。恐らくイギリスでも同じかと思います。

視力は他社に比べ厳しく裸眼0.3以上となっています。ただレーシック手術は認められていますし、裸眼さえパスすれば眼鏡での乗務も可能です。これは身長同様、法律で決められている事なので仕方がないですね。私も裸眼視力はギリギリなのでコンタクトが手放せません。普段の生活なら問題ないですが乾燥した機内ですと本当に辛いです。裸眼での仕事も不可能ではないですが、お客様や席番号を見間違えたりしては大変ですので…。

英語に関してはコミュニケーションがストレス無く行える程度、だと認識しています。いくら英語圏の会社でもネイティブ並みの能力を求める事は無いと思いますよ。また英語と同じぐらい大事なのは日本語と日本人らしさ。ヴァージンや弊社が日本路線専門の日本人を用意するのにはそれなりの理由があります。やはり細かい言葉の使い回しや言葉の裏に込められた思い、そこから生まれる独特の気遣いなど、日本人でなくては分かりにくい(気付かない)ものなんですよね。またそれらをローカルクルーに説明し、理解させ、時には彼らを説得するのも大切な仕事。日本語が話せるだけの人が欲しいのなら日本語を学習したローカルクルーを乗せればいいだけですから。私が採用試験を受けた時も在住歴10年以上で現地語、英語ともにネイティブ並みの方が何人かいらっしゃいましたが、やはり日本人離れした部分が目立った方とは一緒に内定を頂く事はありませんでした。弊社ではそれらを最重要視し、日本学や心理学の専門家と共に日本人リージョナルクルーの採用試験を行っているようです。

資格は外国語と手話、運転免許で出しましたが、トピ主様のMedicはとても魅力的だと思いました。いちFAとして同じクルーに医療従事者がいればこれほど安心な事はないですよ!私も一時期こちらでパラメディックのコースに通おうかと考えていました(時間的に無理でしたが…)。あと資格ではありませんが、日本での接客経験は面接でもかなり重要視されていました。

何だか偉そうに長々と書いてしまいました…。
いつか成田でお会い出来る日を楽しみにしています!!
頑張って下さい!

こんにちは。英国ではありませんが、欧州で客室乗務員として働いている男性です。

私の場合は学部留学中に現地採用試験を受け、学生FAとして働き始めました。現在は大学院に通いながら飛んでいます。会社が学業と両立できるように配慮してくれるので、学生でFAというのは珍しくありません。ちなみに日本の大学を中退してこちらに来たので採用試験時の最終学歴は高卒。FA自体、欧州では典型的なブルーカラーに当たる職種ですので、ローカルクルーですと大卒の方が少ないですね。恐らくイギリスでも同じかと思い...続きを読む

Qアメリカン航空っていいの?

アメリカン航空という航空会社はいいんですか?
あまり聞いたことがないのです。
乗られた方の感想や一般的な評判など聞かせていただければ
幸いです。

Aベストアンサー

アメリカン航空は、デルタ航空、ユナイテッド航空を含む米国3大航空会社のひとつです。本拠地はテキサス州のダラスですが当然ながらダラス発の便が多くなっています。日本への便は日本航空とコードシェアしてから運行開始しており、日本人にとっては余りなじみがないかもしれませんが、米国内では上記3航空会社の評判が最も高いようです。仕事で米国に足掛け8年居りましたが、この3大航空会社を利用する機会は大変多く(というかそれらにほぼ固定していたと言っても良いです。)
3社に共通して言えることはスチュワーデスの平均年齢は日本の航空会社に対しかなり高いこと、機内サービスは日本の航空会社に比較してべたべたしたところがなく極めてビジネスライクで小生は好きでした。 ビジネスライクというとサービスが悪いように感じられるかもしれませんが、それは全くの誤解であり真のサービスとは何なのかを本当に理解している点です。 例えば大声で話して周りに迷惑をかけている乗客がいたとします。 それこそ毅然とした態度で小声ながらきっぱりと静かにしてください。と注意するとか、暴れるアルコール依存症の乗客の始末の手際の良さとかを目撃したことがあります。 小生の経験ではアジア系の航空会社の乗務員の方が真のサービスを知らない場合のほうが多いと思われます。
これは男尊女卑がまだ残っているせいでしょうか?

アメリカン航空は、デルタ航空、ユナイテッド航空を含む米国3大航空会社のひとつです。本拠地はテキサス州のダラスですが当然ながらダラス発の便が多くなっています。日本への便は日本航空とコードシェアしてから運行開始しており、日本人にとっては余りなじみがないかもしれませんが、米国内では上記3航空会社の評判が最も高いようです。仕事で米国に足掛け8年居りましたが、この3大航空会社を利用する機会は大変多く(というかそれらにほぼ固定していたと言っても良いです。)
3社に共通して言えることはスチュ...続きを読む

Qもうすぐ29歳、客室乗務員はもう無理!?

大学卒業後、航空でも貨物輸送系の会社で仕事をしていました。
最近、前の会社の後輩が欧州外資系の客室乗務員に採用が決まり、その報告のメールを受け取りました。
もっと国際的な仕事がしたい、転職を考えているとは聞いていましたが、客室乗務員と聞いて驚きと同時に、昔のCAという職業への思いが蘇ってきてしまいました。
アメリカの大学を卒業し帰国したのが25歳目前だったため、年齢と身長(158cmです)が足りないし無理だわと思い、航空でもカーゴ方面の仕事を選びました(航空会社ではないですが・・・)
結婚を考えている彼氏もいるし、仕事も問題なくすごしていたところに後輩の報告メール。
思わず29歳で未経験でもだいじょぶかな?とネットで検索してしまいました(汗)
こんな境遇の方いるんでしょうか。30目前にしてこんな質問恥ずかしい限りですが・・・
若くないしあきらめてこのままカーゴ方面にいて彼と結婚して平和に・・・がいいのかなとか、かなーーーり運良く慣れたとしても不規則がために彼と別れてしまうかな・・・(妄想しすぎですが)とか考えたり。

こんなバカげた内容で見てくださった方に時間を無駄にしたと思われるのは承知ですが、こんな私にアドバイスを頂ければ幸いです。

大学卒業後、航空でも貨物輸送系の会社で仕事をしていました。
最近、前の会社の後輩が欧州外資系の客室乗務員に採用が決まり、その報告のメールを受け取りました。
もっと国際的な仕事がしたい、転職を考えているとは聞いていましたが、客室乗務員と聞いて驚きと同時に、昔のCAという職業への思いが蘇ってきてしまいました。
アメリカの大学を卒業し帰国したのが25歳目前だったため、年齢と身長(158cmです)が足りないし無理だわと思い、航空でもカーゴ方面の仕事を選びました(航空会社ではないですが...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは☆
まず気になさっている年齢の事ですが、全くダメというわけではありません。アジア系の航空会社は比較的若い人材を求めますが、欧米系は30代前半の方も採用されています。
しかしやはり経験者が有利です。ただし、全部が全部経験者というわけでもないようです。そこに残るためには何か会社へアピールできるもの(英語力・接客スキルなど)が必要ですよね。

質問者さまは、英語も大丈夫そうですし、航空関係に携わっているので可能性はなくはないと思います。

外資系を目指すにあたっては、身長が少し心配です。
おそらくNWの機内通訳(FAではありません)は身長の基準がなかったように思いますので参考になさって下さい。

彼と離れたくないようなので(?)日本ベースの会社を希望されるかもしれませんが、そうなると多少門戸は狭くなると思います。日本ベースであっても外資系であれば、訓練期間は海外で過ごす事になります。

客室乗務員の仕事は見た目は華やかかもしれませんが、最近は労働条件も厳しかったりしますし、体調管理、度重なる訓練など、たいへんな面も多いようです。よく考えてみてくださいね。

最後にご存知かもしれませんが、航空関係の受験者が多く集まるサイトを貼っておきますね。

参考URL:http://www.crew-jp.com/

こんにちは☆
まず気になさっている年齢の事ですが、全くダメというわけではありません。アジア系の航空会社は比較的若い人材を求めますが、欧米系は30代前半の方も採用されています。
しかしやはり経験者が有利です。ただし、全部が全部経験者というわけでもないようです。そこに残るためには何か会社へアピールできるもの(英語力・接客スキルなど)が必要ですよね。

質問者さまは、英語も大丈夫そうですし、航空関係に携わっているので可能性はなくはないと思います。

外資系を目指すにあたっては、身...続きを読む

Qアメリカでビザがおりる仕事はなんですか?

アメリカで、自分で生計を立てながら暮らしたいと考えています。

しかし問題になるのは就労ビザだと思います。

どのような仕事なら、就くことができるでしょうか。思いついたのは日本語教師の仕事なのですが。
その他にありますか、おしえてください。

よろしくお願いいたします。


25歳 男性

Aベストアンサー

H-1Bは6年の短期就労ビザで、専門職に従事する外国人に発給されますが、「学士号以上を持ち、大学で専攻した専門知識・技術を必要とする分野で働くこと」という厳しい条件があります。

高卒の場合、実務経験3年で大学教育1年に換算する項目があるので、IT技術者などならば12年以上の経験があれば有資格者となりますが、現状では認めて貰うのはかなり難しいです。

Hビザの申請は、雇用者ではなく雇用主が行いますので、まずビザ・サポートを引き受けてくれる就職先を見つける必要があります。雇用主は、給与額や労働条件を明記した労働条件申請書を労働省へ提出して認可を受け、その後、移民局に必要書類を提出してビザの申請を行います。H1-B申請には、雇用者が2000~4000ドルの弁護士費用を払うのが一般的です。

ただし、今年の分のH1-Bビザは定員に達して締め切られてしまいました(大学院卒用の枠はまだ少し残っています)。来年分の申し込みは2006年4月から、実際に働けるのは2006年10月からになります。

就労ビザは、申請者の学歴と職歴、米国で不足していて外国人をわざわざ雇う必然性などの諸条件を移民局が個別に審査するため、「絶対に取得できる」と言えないんです。

比較的取得しやすいのは、大学院卒の専門職全般、大卒ならエンジニア、IT技術者、バイオ、金融などです。もちろん、殆どの職種でビジネスレベルの英語は不可欠です。
日本の看護師は州の資格試験と英語テストにパスするのが大変だそうです。

残念ながら、日本経済の沈下で、日本語教師の需要は余りありません。日本で学位を持ち日本語教師資格試験に通っていたとしても、ビザ・サポートをしてくれる就職先を見つけるのは絶望的です。

他の方法としては…
・最も簡単な方法は、アメリカ人と結婚することです。
・アメリカで投資額5000万円以上のビジネスを起業すれば、Eビザが取得できます。
・世界的に有名なアーティストや運動選手、僧侶や牧師、および茶道などの先生、宮大工、柔道や剣道の高有段者など特殊技能者には別のビザがあります。
・「J-1ビザでインターンして海外就職」と宣伝する業者がありますが、移民局の締め付けが厳しくなって、Jビザ取得はかなり困難です。
・たとえば、アメリカに支店を持つ日本の寿司屋で5年くらい修行し、L-1ビザで派遣して貰うという方法があります。
・体力に自信があれば、米軍隊に入隊するというのもありますけどね(笑)。

結局は、H1-Bビザが最も簡単に就労できる道ですが、とにかく就職活動して、ビザ・サポートしてくれる会社を自力で見つけるしか方法はありません。
参考サイトに日系人材バンクのリンクがありますので、どんな仕事があるかを見てください。

厳しいようですが、現在のアメリカがビザを出してまで欲しい人材は「国に貢献できる専門職」であり、高卒や短大卒は門前払いです。観光ガイドや店員など、誰でもできる仕事で就労ビザを取ることはできません。

テロ以降、アメリカの入国は非常に厳しくなっており、「アメリカは自由の国」というのは今ではお題目なんですよ。

参考URL:http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/travel1.html

H-1Bは6年の短期就労ビザで、専門職に従事する外国人に発給されますが、「学士号以上を持ち、大学で専攻した専門知識・技術を必要とする分野で働くこと」という厳しい条件があります。

高卒の場合、実務経験3年で大学教育1年に換算する項目があるので、IT技術者などならば12年以上の経験があれば有資格者となりますが、現状では認めて貰うのはかなり難しいです。

Hビザの申請は、雇用者ではなく雇用主が行いますので、まずビザ・サポートを引き受けてくれる就職先を見つける必要があります。雇用主は、給与...続きを読む

Q海外でのフライト・アテンダントという職業の社会的な評価・地位について

友人から「アメリカではスチュワーデスは水商売と同じぐらいの職業だと思われている」という話を聞きました。
本当でしょうか?
フーターズのエアラインならまだ理解できるのですが、大手航空会社は知的で洗練された女性が働いているように思います。

また、その他の国ではいかがでしょうか?

また、男性フライト・アテンダントはどのような見られ方をしているのでしょうか?

Aベストアンサー

欧米先進国ではスチュワーデスは水商売と言うかウェイトレスのような存在ですね。 男性の場合は所謂ボーイです。 航空会社によって、高級ホテルのウェイトレス/ボーイとファミレスのそれとの違いくらいは有るでしょうが、基本的に高級ブルーカラーと言う評価・地位ではないでしょうか。 後進国ほどフライト・アテンダントの社会的評価・地位は高くなります。

QANA CAの採用人数がちょっと多すぎる・・・

ANAは今年(13年)に、既卒新卒合わせて800人のCAを採用しました。

ちょっと待てよ?

ANAは保有機数200機台の前半でしょ。詳しい数字は知りませんが。また、日本ベースのCAの総数は5000人超といったところですね。

ということは、いかにも多すぎる感覚を持ちます。
まあ、寿退社もあるだろうし、立ち仕事だし、気圧の変化はあるし、重労働だし、つまりさほど長くは続けられない仕事であることは理解できます。

しかし年明けの1月にまた既卒者募集がかかるそうです。800人採っておいて、また・・・・

何なんでしょう?

それに今年の秋に、入社後3年間は契約社員待遇だったCAを、今後は最初から正社員として遇すると発表しましたね。

客乗担当の執行役員が、CAの質の問題が経営課題になって来ていた(日経)と語ってました。

何か一般的には、倍率の高い採用試験、なかなか合格するのは至難・・・とか言われつつ
実態は、通年採用?に近くなってきている。

矛盾です。

Aベストアンサー

昨年8月中旬、NYにANA Fに乗ったとき、キャビンアテンダントの一番えらい方に、
「ANA 採用たくさんとるんですよね」と話したら、「そうですね。でも・・・」と少し重い感じで、「いままで、ずっと条件付採用で大変だったのに・・・」「会社の方針ですね」と話していました。今まで、条件付で、コンビニくらいの値段で働いてきた職員もいるので、現場では、かなりそうしたところで、不満になっているんだと感じました。

新人さんばかりの飛行機も不安ですね。

Qハワイアン航空地上職の方!!!

こんにちは。ハワイ在住でハワイアン航空勤務に憧れます。
先日ハワイアン航空地上職員求人を見つけました。
でも、旦那や友達が大変だよーといいます。
やはり早朝シフト、夜シフト、週末勤務当たり前の世界でしょうか。
そう思うと、よく求人が出ている旅行会社でお客様を出迎え、
お送りする空港勤務(ほとんど午前中だけ)の方がいいのかなーなと思ったりします。。。?

どなたかハワイアン航空で働いている方、シフト勤務の詳細、
(パートタイムとありますがネットで見ると週30-39とあります),
ご経験談やご意見などどうか情報とアドバイスをおねがいします。

また旅行会社の空港職でお勤めの方もアドバイス頂けたら幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本にある日本語による掲示板でこういった質問をされても実情を知る方からフォローを得られる確率は限りなく0に近いでしょう。
少し考えれば分かること。。。

ハワイアン航空のサイトにある求人情報を確認し、その上でわからないことは社に電話して確認されるのが適当と思います。

Q学位とか、学士とは(bachelor degree)

学位とか学士とよく聞きます。いったいどういうことを学位、学士と呼ぶのでしょうか。。。(ばかですみません、)
大学を卒業すれば学士なんでしょうか?それともなにか試験をうけて
合格する必要があるのでしょうか。
いま 外国人に、(Do you have bachelor degree or master?)
ときかれていて。私は短期大学を普通に卒業しただけなのですが。。
わかりやすく説明おねがいします・

Aベストアンサー

2年生の学校を卒業すると、準学士(Associate)の資格を得ることができます。
4年生では学士(Bachelor)、大学院に進学、卒業すると修士(Master)、さらにその上に博士(Doctor)と、資格を得ていきます。卒業さえ無事にできれば、誰でも学位を得られますよ。

Q高卒→就職(事務職)→CAにはなれますか?

私は高卒で地元に就職した19歳女です。今年2年目を迎えるのですが私はずっとキャビンアテンダントになりたいという夢があります。そこで質問させていただきたいのですが。。。
大学へは家庭事情で行くことができなかったのですが、(1)高卒の私はCAにはなることはできないんでしょうか?大卒短大卒の経歴がないとだめなんですかねぇ??><

資格のほうは英検準2級までしかないのでTOIEC受けてみようと考えています。しかし高卒から全然英語に触れていなかったのでブランクもあります・・・(2)だいたい準2級だとTOIEC何点にあたるのでしょうか?最低550点ないとCAの受験しかくすらないと聞いたのですが。><
ご存知の方アドバイスよろしくお願いいたします!!!

Aベストアンサー

ご質問のお答えいたします。
国内大手二社の子会社というのは、
JALで言いますと、
JALウェイズ・JALエクスプレス・日本トランスオーシャン航空・日本エアコミューター
などのことを指します。

ANAで言いますと、
エアーニッポン・エアーネクスト・エアージャパン・エアーセントラル
などのことを指します。

独立系と言いますのは、JAL系でもANA系でもなく、独自の経営や路線運行を行っている航空会社のことで、
北海道国際航空(エアドゥ)・スターフライヤー・スカイマーク・スカイネットアジア航空
などのことです(まだまたたくさんあります)。

厳しい言い方をするようですが、これらのことはご自分でお調べになってもすぐわかることです。CAはチームワークも去ることながら、自分で考え自分で行動する自主性と責任も求められる仕事です(外資系は特に)。人に聞けばわかると思わずに、まずはご自分でネット検索をする、参考書籍を見るなど、行動なさってください。航空業界が現在どのような状況にあるのか把握していれば採用試験の傾向と対策も立て易いはずです。

ご質問者様は、なぜCAになりたいのですか? ご自分のどのような資質がCAに向いていると思われますか? CAとしてどのような満足感をお客様に提供できますか? 
CAはドラマの中のような世界では決してありません。人が思うより楽な仕事でも、優雅な仕事でもありません。
それでも現職を辞してまでCAになりたい理由を、漠然とした憧れだけでなく具体的に考えてみてください。

いつかご質問者様と空の上でお目にかかれますことを楽しみにしております。

ご質問のお答えいたします。
国内大手二社の子会社というのは、
JALで言いますと、
JALウェイズ・JALエクスプレス・日本トランスオーシャン航空・日本エアコミューター
などのことを指します。

ANAで言いますと、
エアーニッポン・エアーネクスト・エアージャパン・エアーセントラル
などのことを指します。

独立系と言いますのは、JAL系でもANA系でもなく、独自の経営や路線運行を行っている航空会社のことで、
北海道国際航空(エアドゥ)・スターフライヤー・スカイマーク・スカイネットアジア航...続きを読む


人気Q&Aランキング