『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

古いアンプなんですが、取っ手といいますかゴム製の持ち運び用のハンドルが劣化して折れてしまいました。
代わりのハンドルを取り付けようと思いネットで探してますがなかなか見つからず、唯一見つけたところははSold Outでした。
探しているハンドルは、普通アンプによく付いているゴムのやつで両側が金具の中に引っ込んで平らになるやつです。
もとのやつと違ってもいいんで、とにかくハンドルがないと持ち運びが不便で困ってます。

こんなことで楽器屋へ注文に行くのも面倒だし、できれば通販で済ませたいです。
売っているサイトご存じないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

楽器のメーカーではありませんが機構部品のメーカーのHPのURLを挙げておきます。



栃木屋
http://tochigiya.jp/catalogue/item_detail.php?mo …
http://tochigiya.jp/catalogue/item_detail.php?mo …
スガツネ工業
http://www.takigen.co.jp/jp/contents/eyesearch/s …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごいざいます。一度メーカーに問い合わせてみます。
ただちょっと耐加重が足りないかも、です。

お礼日時:2009/07/15 21:26

#1です。


ごめんなさいスガツネ工業では見つけられませんでした。
スガツネ工業としてあるリンク先はタキゲンになります。
お詫びして訂正します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、お気になさらないでください。

お礼日時:2009/07/15 21:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須となるが、実際の使い心地は分からない。
・10W以下は厳しいと思うが使えた例はあるのか知りたい。

ライブハウスとしてはキャパが100人程度以上の所で
ロックとかポップスの音楽だと思って下さい。

ステージ側での音響状態とPA側の感想が知りたいです。

おそらく回答は少ないと思いますが、実体験を伴わない一般論は不要です。
サイトリンクでも内容が合っていればOKです。


質問した理由としては、可能な限り小さいアンプを持ち運びたいのですが、
どこまで小さいのが使えるのかを知っておきたいためです。
自宅練習であれば5Wでも十分な場合は知ってますけど、
今回はライブでの使用を検討しています。

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須...続きを読む

Aベストアンサー

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…

客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリスト本人が、どれほど自分のアンプの直接音を聞きたがるか…については、私の拙い延べ5~600人程度の経験値でも本当に千差万別で、全て本人次第としか言いようがないです。特にアマチュアギタリストの場合は、個人差が大きすぎるくらい大きい。

猫の額のようなステージでも、無理無理大型アンプ持ち込んで、自分のアンプ音をガンガン浴びないと「俺のプレイができねぇ」と宣う人もいれば、ちょっと質問の主旨からずれますが、持ち込みのPodからD.I.直のノーアンプで、モニターだけで全く問題ない人も居ますので。(いずれもドラム、ベースの入るロック系のケースにて)

PA通さずアンプ生音で客席に…というケースだと、本当に現場の環境次第なので、ますます一概には言えないですね。
この点については、既に同様の回答もありますが、まずはギター音がドラムと拮抗して客席後尾にまで届くかどうか…に付きます。こいつが場所によって随分違うので悩ましい。

今までの経験の限りでは、野外で背後に建物の壁面等の音の跳ね返りが有る場合なら、チューブ、ソリッドにかかわらず50W以上、できれば100W無いと拮抗できなかった事の方が多いです。ボーカルだけPA噛ませて、客席はステージ前15メートル以内。

背面に跳ね返りがない場合なら、チューブなら30Wくらいでなんとかなるケースの方が多いかなと。

これらは、ひとえにドラムの音量がキーになります。
ドラムがなければ、いずれの場合も体感音量半分くらいでも十分にギターは活きます。
15Wくらいでも半径10~15ートルくらいは、十分にライブ感が出る事も。

屋内の場合は、おおむね上記の「野外で背面から跳ね返りがある場合」に近いイメージです。音的にはだいぶ違うのですが、やっばりドラムがキーになります。
その点では、ステージの奥行きがそこそこあったり、天井高が高いか天井材質があんまりカンカンとドラムを反響しない屋内だと、小型のアンプでも客席にズバッと音が通るセッティングにはしやすいです。
ステージの間口や奥行きが狭くて、ステージ内で反響しまくったドラム音が客席に飛び出していくような場所(学校の体育館などが良い例)では、ギターアンプも相応の電気パワーで対抗しないと拮抗しませんね。

なので、キャパ100人のライブハウスで想定でどうか…となっても、私程度の経験値だと、現場見てみないと正直判断できません。
うちの地元のライブハウスでも、小体育館的な設え(見た目も音響も)のところもロフト改造の天井高の高い(吹き抜け)音的に野外に近いコンディションの所もあります。

ちなみに、私が素人PAやるような現場で、こっち側(もちろんPAスタッフ=私のバンドメンバーという関係)でアンプを用意する時は、キャパ100人台ならチューブ30W、ソリッド60Wが定番です。
それしか持ってないって事情もありますが、最悪ギターアンプにPA通せない時に、ギリギリ生音で何とか格好が付く…という経験則も含めての選択です。
キャパ200人超なら、ギターは100Wのスタック持って行きます。

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…

客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリ...続きを読む

Qアンプ用にフットスイッチを自作したいです!

マーシャルとかJCアンプとかにフットスイッチを使ってチャンネル切り替え等したいのですが、そのフットスイッチの自作方法を教えていただけないでしょうか?

そういったサイトを探していたのですが見つかりません。
いちばん求めてるのに近かったのが
http://homepage3.nifty.com/qatf/elect/20040311/20040311.htm
です。

ただ、抵抗の値テキトーであったり
ちょっと不安なので・・・

あと上記サイト内に下のようにあるのが、噛み砕いて教えて頂けないでしょうか?
「フットスイッチは6端子あって2回路入りのものを使っていますが、実際は1回路しか使っていません。」

それにしてもフットスイッチ自作のページとかって結構ありそうな感じがするのですが無いですね。単純すぎるからでしょうか。

部品パーツ屋の店員に聞けば、必ず答えてもらえるくらい単純なのでしょうかね・・・

Aベストアンサー

(1)LED付のon,offスイッチには電池がいりますか?

必要ありません。
>これはアンプからコードを通じて電気を得られるからでしょうか?
そのとおりです。

質問者様が参考に上げられているページの回路図を見てください。
SW1が上側になっている時は、SW1のルートには電流が流れないため、
アンプからJ1を通して供給されている電流は、R1、D1を通って
またJ1に戻ってアンプへ帰っていきます。このときにD1が発光します。
この状態の時は、抵抗があるので回路内で電圧が降下します。電流もさほど流れないでしょう。

図と同じようにSW1が下側になっているときは、J1→SW1→J1のルートに電流が流れます。
このルートの抵抗が0ですので、抵抗のあるR1、D1側にはほとんど電流は流れなくなります。
したがってD1は光りません。
この状態のときは、無抵抗なので回路内で電圧は降下しません。

で、R1の正しい抵抗値についてですが、
アンプからどのような電圧、電流が供給されているかは調べないと不明ですし、
アンプごとに異なるかもしれませんので私には答えられません。
なので、LEDを抜いて、単純に電流が流れる流れないのスイッチにした方が楽ではないか、
というのが最初の回答の趣旨です。

(2)フォーンプラグを繋げるジャックに…
エフェクターはジャックに電源スイッチの役割をもたせることが多いですが、
今回の切り替えスイッチには不要です。
わからないのであれば、作例と同じように簡単なジャックを使ったほうがいいでしょう。
エフェクターの電源スイッチについては、こちらを参考に
http://homepage3.nifty.com/ichian/analog/tips/tips_sw.htm

ジャックに関しては、実際に入手してしばらく眺めるなり、
安いテスターでいろいろ試してみるなりすればすぐわかります。

私もろくに電気の勉強をせずにちゃんとした知識もないままに、
今まであれこれ手を出してきた人間なので、他人のことは言えないのですが、
ここでいろいろとご質問されるよりも、
一度本を買われるか、いろんなページを読み漁るかして基礎的なことを学ばれた方が早いかと思います。

(1)LED付のon,offスイッチには電池がいりますか?

必要ありません。
>これはアンプからコードを通じて電気を得られるからでしょうか?
そのとおりです。

質問者様が参考に上げられているページの回路図を見てください。
SW1が上側になっている時は、SW1のルートには電流が流れないため、
アンプからJ1を通して供給されている電流は、R1、D1を通って
またJ1に戻ってアンプへ帰っていきます。このときにD1が発光します。
この状態の時は、抵抗があるので回路内で電圧が降下します。電流もさほど流れない...続きを読む

Qシールドのプラグの品質の違い

シールド(ケーブル)の音の良し悪しは聴いてはっきり分かるほど顕著ですが、それに使用するプラグってどれほどの差があるのでしょうか。
自分が今使っている楽器用のシールドはほとんど自作です。ケーブルはベルデン9395か8412が中心で、プラグはスイッチクラフトやノイトリックの他に1個80円のCLASSIC PRO製もたくさん使っています。
しかし同じ長さ、同じギター・アンプで直接続、同じフレーズという条件で弾き比べても、正直スイッチクラフトなどの所謂「良い」とされるものと80円プラグとでは自分の耳では音の差は全く感じられません。

L型プラグもよく使いますが、ちなみにサウンドハウスの通販でスイッチクラフトのL型プラグは1個450円、CLASSIC PROは1個80円です。パッチケーブルを5本作ったとするとその差は3700円にもなります。その価格差ほどの性能差が実感できないのです。

そこで教えて頂きたいのですが、これらのプラグの違いというのはどういった条件下で現れてくるものなのでしょうか?自分は最近はライブをほとんどやってないので過酷な現場での使用はあまりなく自宅かスタジオが主です。またシールドを自作しはじめて4~5年なので、もっと長期的に見ないといけないのかもしれません。そのあたり経験上で差を体感された方がいらっしゃいましたら是非教えてください。
よろしくお願いします。

シールド(ケーブル)の音の良し悪しは聴いてはっきり分かるほど顕著ですが、それに使用するプラグってどれほどの差があるのでしょうか。
自分が今使っている楽器用のシールドはほとんど自作です。ケーブルはベルデン9395か8412が中心で、プラグはスイッチクラフトやノイトリックの他に1個80円のCLASSIC PRO製もたくさん使っています。
しかし同じ長さ、同じギター・アンプで直接続、同じフレーズという条件で弾き比べても、正直スイッチクラフトなどの所謂「良い」とされるものと80円プラグとでは自分の耳では...続きを読む

Aベストアンサー

アマチュアで、バンド活動や素人PAをやっている者です。
自分の楽器用のモノは、見栄も含めてちょっと有名どころのケーブルを使っていますが、素人PAでは、ほとんどカナレのケーブルをリール買いして、XLRはノイトリック、フォンの2Pや3PはCLASSIC PROのコネクタを自分で半田付けして使っています。

フォンでは、一部のちょっと気を遣うケーブルにはスイッチクラフトやノイトリックのコネクタを使っていますが、そんな高価な機材を持っていないこともあり、コネクタによる音の違いというのは、感じたことは無いですね。
むしろ、自分の半田付けの善し悪しの方が、音の違いを感じます。音響用高級半田で会心の半田付けができたものと、急いで板金用半田で適当に作ったケーブルでは、やはり音が違います。といっても、微々たるものですが。

ただ、さすがにスイッチクラフトのコネクタは、精度が良く、頑丈で、きちんと作っている限りは、かなり無茶をしても断線の心配がほとんど無いですね。CLASSIC PROは、精度はまぁまぁですが、圧倒的に材質が柔らかく脆く、無茶をすると曲がったりします。
といっても、価格が安いので、痛んだら取り替えればよいし、半田のノリが良いので作業はとっても楽。普通に使っていれば、特に弱点がある訳じゃありません。
強いて言えば、CLASSIC PRO はメッキが薄く錆びやすい面はあります。しかし、アマチュアレベルの使用頻度なら、そんなに気にすることもないですね。

というわけで、高級コネクタが真価を発揮するのは、やはりプロの過酷な環境においてだと、私は思います。プロ現場は無茶はするわ断線などもっての他だわ・・・ですから、頑丈さは金で買える安心ですね。

アマチュアで、バンド活動や素人PAをやっている者です。
自分の楽器用のモノは、見栄も含めてちょっと有名どころのケーブルを使っていますが、素人PAでは、ほとんどカナレのケーブルをリール買いして、XLRはノイトリック、フォンの2Pや3PはCLASSIC PROのコネクタを自分で半田付けして使っています。

フォンでは、一部のちょっと気を遣うケーブルにはスイッチクラフトやノイトリックのコネクタを使っていますが、そんな高価な機材を持っていないこともあり、コネクタによる音の違いというのは、感じたこと...続きを読む

Qギターアンプの音質・音量改善(Fender Princeton Reverb)

Fender USAの'65 Princeton Reverbを使用しています(新品で購入し、半年ほどストックのままライブ等で使用)。
改善したい点は、下記の通りです。

・歪ませたときの低域のボヨンボヨンした音をもっとタイトでカリッとした音にしたい。
・現在ヴォリューム6~7くらいからかなり歪んでしまうが、できるだけ歪みにくくしたい。
・もっと音量が出てほしい。

ヴォリューム4~5くらいのクランチの音は文句なしの音なので、
それがそのまま大きくなってくれればいい感じです。
別の言い方をすると、全体の方向性としてはツインリバーブに近づけたい感じでしょうか。。。

スピーカーの12インチ化か(現在はジェンセンのC10R)や、
真空管の交換などで改善できるものでしょうか?
また、スピーカーを12インチ化すると、バッフルボードの加工も必要でしょうか?

とにかく金が無いのでできるだけ自分でパーツを入手して取付けまでやりたいのですが、
経験者の方、あるいはお詳しい方、どんなことでも結構ですのでアドバイスをいただければ幸いです。

Fender USAの'65 Princeton Reverbを使用しています(新品で購入し、半年ほどストックのままライブ等で使用)。
改善したい点は、下記の通りです。

・歪ませたときの低域のボヨンボヨンした音をもっとタイトでカリッとした音にしたい。
・現在ヴォリューム6~7くらいからかなり歪んでしまうが、できるだけ歪みにくくしたい。
・もっと音量が出てほしい。

ヴォリューム4~5くらいのクランチの音は文句なしの音なので、
それがそのまま大きくなってくれればいい感じです。
別の言い方をすると、全体...続きを読む

Aベストアンサー

良かった1
お金の件で手持ちのアンプ併用を連絡したかったところです。
昔から大きなところではツインでも二台併用(増設アンプはメインのIN2に接続して)で使われていました。

私もプリンストンを使っていて後にバイブロラックス、ツイン等に変えて来ました。

要はそれぞれ良いところをうまく使い決して無理(音色的に)を要求しない使いこなしがポイントです。
場合によってB等を絞って結果的に腰を出してやります。

Qスピーカーユニットのファストン端子の代替?

表題の件、そんな物って有るんでしょうか?

ごっついSP端子、ケーブル類は圧着端子で接続、としながらユニットへはファストン端子。
私のウーファーは端子(レセプタクル)が脆化して割れたり、他のユニットも接続がぐらぐらです。
全部最近の物に換えましたが、なんか食いつきが悪いような。食いつきが良すぎて、外すときタボの付いてるベーク板?が割れたりと良いイメージが有りません。JBLはプッシュ式の端子、これも良いのかなあ。
半田付けはほかに影響が有りそうで、やりたく有りません。まだギボシのが良い感じです。

Aベストアンサー

確かに最初は困惑する場合も多く折角の着脱機能を「外せない・・・」等の事例も多いのは事実です。
質問文中の様に基部を押さえて保護する必要もあります。
この問題に対処した製品もあります。http://www5.mediagalaxy.co.jp/nichifu/product/g/explan.html
残念ながらニチフではスピーカーで採用されているサイズの#205が抜けています。
ファストンは接触部分が多く緩い組み合わせの場合も微量にレセプタクル側を整形してやると問題なく機能します。
被覆ホールドの囲い込みも同時に出来る圧着工具が現在はまだ高価ですがいずれ廉価で普及して欲しいものです。


人気Q&Aランキング