人気雑誌が読み放題♪

 13世紀だったと思いますが、後鳥○(正確な名前忘れました)天皇がたぶん京都にいて、そして関東にある鎌倉幕府と、同じ日本で二つの支配層があるような政治形態だったと思います。

 その天皇が統幕を企てるも、戦争に敗れ、勝者としての幕府と、応援した武家たちが、西日本に大挙として押し寄せた。どうやら、褒美として西日本の政治的・経済的な支配権をそうした武士達に与えるという趣旨だったようですが、そもそも西日本は天皇側の京都もあり、戦争に勝ったとはいえ、にらみを利かせる意味で武家を幕府が配置したのでしょうか?

 関東から西日本に行くというよりは、行かされる(縁のない地域に住んで自分の代から子供や孫までその地域に住む覚悟だったと思います)という気持ちはなかったのでしょうか。各々の武家は、何を基準に、西日本の地域のあるところは、武家Aで、またこちらの地域は武家Bという風に決まったのでしょうか。サイコロですか?

 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

承久三年(一二二一)後鳥羽上皇がかつがれておこした「承久の乱」ですね。



制圧した鎌倉幕府は「応援した幕府たち」への恩賞として上皇方旧領の地頭職を与えました。
その配分規準は知り得ませんが、上皇に加担した武家の地位と、その旧領へ送り込む幕府方の武
家の功績とのバランスをみて決めたと思われる例が多いようです。
また、そのとき「にらみを利かせる意味で」京都に設けられたのが、六波羅守護(六波羅探題)です。

頼朝の「平家討伐」のときも、東国武士たちに西国の平氏没官領が与えられています。
もともと東国などに地頭職をもっていたので、初め代官を送って支配に当たらせた例もあったようで
すが、庶家(分家)が増えれば東国の本領だけでは扶養しきれません。
やがて、新所領に移転して支配に当たるようになりました。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 なるほど、私の先祖は 神奈川県の武家のようで、京都や大阪に近い西日本の一帯に、同じ苗字の農家がたくさんあります。

 ただ、藤原という名前だったのが、その武家の苗字に変わったりと、色々と、本来の苗字から、そのいわば輸入した苗字に江戸時代前期かそれ以前に変わっている可能性もあります。

 回答ありがとう、分家を養うためなら、ある意味、西日本に行ってゆったりと暮らすのも良かったでしょう。

お礼日時:2009/07/17 21:28

1 後鳥羽上皇です



2 新補地頭で恩賞をもらった
→初期には、代官みたいなのがいっていたが、代官も分家だったりする。
元寇の段階で、対元防衛のためにちゃんと赴任しろとされた。
毛利家はもともと相模の国で大江家が毛利の荘をもらっていたが、分家が安芸の国に行った。大分の二階堂酒造の先祖は、鎌倉の二階堂からの分家。

3 江戸時代のように、国替えで移動ではなく、分家が広がるという形で、その形式は平安時代から、武家には普通のこと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう。

先祖を調べていて、1800年までは遡れたのですが、残る情報は限られています。どうも神奈川県の相模からやってきた武家で、家紋も同じです。

1800年ごろに、私の6代先祖が生まれていますが、すでにあたり一体の大地主でした。特別の権利を得ない限り、そのようなな地位は不可能です。

私から数えて5代先祖までは、そうした商人?的な立場だったので、いつの時代から何をきっかけに、武家から商人?に変化したのかとそこが知りたいです。

お礼日時:2009/07/17 21:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鎌倉・室町、戦国、江戸時代の天皇 権威はあったの?

鎌倉・室町、江戸時代の天皇は権力がなく、室町時代や戦国時代は食べるものに困るほど貧窮した暮らしをしていたと思うですが、その時代には天皇の権威はあったのでしょうか?
あったとすれば、それは祭司王としての権威でしょうか?過去に作られた神話をもとにした権威でしょうか?古代の神(同時に鬼としても)信仰があったのでしょうか?ピースメーカーとして機能していたの?
権威があったのならあの時代、貧窮しなかっただろうし、江戸時代も皇位継承を幕府に握られるようなことはなかったと思うのですが。。。
そこらへんを詳しく解説していただけると助かります。

Aベストアンサー

<参考>
 日本史において、『中世~近世の天皇が、いかなる存在であったか』は、相当重要なテーマでありながら、過去の歴史家に見過ごされてきました。

 最近になって、この点を独自に掘り下げて、続けて論文・著書を発行し、この問題についての歴史的第一人者とみなされているのが、今谷明氏です。
 以下の著書を参考にお読みになればどうでしょうか。

『天皇家はなぜ続いたか 対談集』(新人物往来社 1991.12)
『日本国王と土民』集英社版日本の歴史、1992年)
『戦国大名と天皇 室町幕府の解体と王権の逆襲』(福武書店、1992年/講談社学術文庫、2001年)
『信長と天皇―中世的権威に挑む覇王』講談社現代新書、1992年/学術文庫、2002年)
『武家と天皇―王権をめぐる相剋』岩波新書、1993年)
『天皇と天下人』(新人物往来社、1993年)
『象徴天皇の発見』文春新書、1999年)
『象徴天皇の源流 権威と権力を分離した日本的王制』(新人物往来社、2011年)

 今谷氏は、女性宮家創設の是非について、日本政府から公式に意見を聞かれたりもしています。

<参考>
 日本史において、『中世~近世の天皇が、いかなる存在であったか』は、相当重要なテーマでありながら、過去の歴史家に見過ごされてきました。

 最近になって、この点を独自に掘り下げて、続けて論文・著書を発行し、この問題についての歴史的第一人者とみなされているのが、今谷明氏です。
 以下の著書を参考にお読みになればどうでしょうか。

『天皇家はなぜ続いたか 対談集』(新人物往来社 1991.12)
『日本国王と土民』集英社版日本の歴史、1992年)
『戦国大名と天皇 室町幕府の解体と王権...続きを読む

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む


人気Q&Aランキング