「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

ヤサシイエンゲイなどでカイエンナッツ(パキラのナッツ)はある種の危険性があるため食用にされていないと書かれていますが、具体的にはどのような危険性があるのかわかる方はいらっしゃいますか?

このような書き出しから察すると麻酔効果(あるいは覚せい剤的)な作用があるのかと思ったのですが、そのような作用を持つことを知られている植物(西洋あさがおなど)もたくさんあるので、その他の危険性があるのかなぁとも思いました。

どのような危険性があるために食用にされていないのかご教授よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ソラニンでしたか・・・。
パキラはアオイ目でじゃがいもはナス目ですから、ソラニンはアントシアニンなどと同様に幅広く分布している成分なのですね!

お礼日時:2009/07/16 22:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q好きなナッツ、珍しいナッツ

好きなナッツは何ですか? あと、いろいろ食べてみたいので珍しいナッツをご存知でしたら教えてくだっさい(笑)

Aベストアンサー

入手困難な上に、ナッツと言えるかどうか分からないのですが、パラミツと言う果物の種を煎って食べた事があります。

パラミツと言う果物は、台湾の知人の話しによると60キロ以上にもなる事がある果物らしいのですが、私が買ったのは、5キロ程の小物で、食べた後の種を知り合いに蒔いてもらおうと思っていたのですが、果肉は余り美味しくなく、種を知り合いにお願いした所、全部煎って食べてました(涙)。
仕方なく一緒に食べましたが、煎ったせいもあり、果肉より美味しく頂けました。

国内ではドリアンより入手困難かもしれません。私は那覇空港の売店で買いましたが、後にも先にも、それ以来売ってあるのを見た事ありません。


人気Q&Aランキング