自宅でLet'sNote M1RにWin2Kをインストールして使っています(Win98とデュアルブート)。結構満足して使っているんですが、液晶モニタが明るすぎるのがちょっと気になっています。厳密には輝度が高いというより、トーンカーブが明るい方に寄っていて、暗部のグラデーションが無いという感じです。
Web画像など作る時に、あまりに明るすぎる(Macより明るいです…)ので、なんとかしたいんです。
このノートのビデオカードはNeoMagic社のものみたいですが、会社で使っているノートのATIのドライバのように、調整機能がありません。
前置きが長くなってしまいましたが(笑)、何か汎用のガンマ調整ツールのようなものはあるのでしょうか。Vectorなど主要なところを見て回ったんですが、発見できませんでした。ご存知の方は教えてください。Win2Kで動けばベストですが、98環境でも構いません。

あと、Win版のPhotoshopにはガンマ調整のプログラムがついているんでしょうか。Mac版ではガンマ調整コントロールパネルってのがあったと思うのですが(最近触っていないので記憶が曖昧…)。もしご存知の方がいたら、あわせて教えてください。

A 回答 (1件)

私は汎用ガンマ補正ツールを知りません。


多分、ビデオチップごとに異なっていて汎用的なものは無いのではないかな。

次の例は質問者の環境では参考になるのではないでしょうか。
実行する場合は、お決まりの自己責任でお願いします。

NeoMagicのMagicMedia256AV(NM2200)には通常ガンマ補正は行えません。
しかし次のようにすると、ガンマ補正が行えるようになります。
グラフィックチップ(最新)ドライバをダウンロードなどして用意します。
それを展開して、nmgc5.infをメモ帳で開きます。
「HKR,DEFAULT,GammaCorrectionSupport,1,00」の部分を見つけ、最後の
0を1に変更し、上書き保存。そしてそのドライバに更新。再起動後に画面の
プロパティのNeoMagicの項目からカンマ補正を行えます。

Photoshopでもガンマ補正できたと思いますが、それは、あくまで
Photoshopで表示している画像に対してのみだと思います。
その上、Photoshop上で適正なガンマってことは印刷すると
変なガンマってことになりそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。自宅で実際に試してからと思いまして。
ご指摘の通り、ドライバをダウンロードしようとして、探したんですが、該当するものが見つかりませんでした。が、代わりに新しいバージョン6のドライバを発見しまして、そちらではガンマ補正が正式な機能としてついていました。
本当にありがとうございました。助かりました。
Neomagic自体はOEMメーカーとして生きているようで、会社のサイトでドライバを配布していないんです。それで、いったんはあきらめてこちらで質問したんですが、教えていただいた情報のおかげで、真剣にあちこち探したのが、結果的に良かったということですね。
同様の問題に突き当たった人のために書いておくと、見つけたのは、
http://www.windrivers.com/
というサイトです。

Photoshopの話は、最悪Photoshop上で調整された状況で見られれば、Web画像のパーツレベルでの確認はできるなと思ったからでした。やはりPhotoshop上でしか確認できないんですね。まぁでも、ドライバレベルの補正ができるようになったので、OKです。

お礼日時:2001/03/15 01:09

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ