株の勉強をしていて円高と円安を理解しました。

(1)輸入輸出会社の株を検討中なんですが、代表的な(有名な)輸入会社と輸出会社(株式公開企業)を教えて下さい。

(2)円高円安を理解してればスイングトレードとか可能ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1、商社、トヨタ、ソニー、ホンダ


詳しくは
http://quote.yahoo.co.jp/
    • good
    • 1

輸入会社・・・石油の電力会社、穀物の食品会社、貴金属の会社



要は日本で取得・生産出来ないもの。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円高&円安と輸出&輸入の関係

一般的に日本の輸入や輸出企業は、円高や円安が収益に大きく影響するということは知っているのですが、この原因はすべての輸出がドル建てで行われているからでしょうか?

例えばアメリカへの車を輸出で考えてみると、

日本輸出企業とアメリカの輸入企業が「車一台1万ドルで売買しましょう」のようにドル建てで金額を提示したとします。
そうすると、日本企業にとっては105円の円高の時は105万円が、120円の円安の時は120万円が手元にくるわけでその時に為替によってだいぶ収益が変わってきますよね。一方で輸入するアメリカの企業は1万ドルさえ支払っていれば円が105円だろうが120円だろうが、払うのは1万ドルですよね。

ということは、アメリカは為替の影響を全く受けないということですか?

そう考えると、逆に日本の輸出企業が「車一台100万円売買しましょう」と円建てで提示すれば、円高円安で利益が増減するのはアメリカで、日本企業は円高円安に関わらず確実に100万円を手に入れることができるわけですよね。

それとも、輸出輸入はドル建てでなくてはいけないとという決まりのようなものがあるのでしょうか。


非常にわかりにくい質問ですみませんが、宜しくお願いします。

一般的に日本の輸入や輸出企業は、円高や円安が収益に大きく影響するということは知っているのですが、この原因はすべての輸出がドル建てで行われているからでしょうか?

例えばアメリカへの車を輸出で考えてみると、

日本輸出企業とアメリカの輸入企業が「車一台1万ドルで売買しましょう」のようにドル建てで金額を提示したとします。
そうすると、日本企業にとっては105円の円高の時は105万円が、120円の円安の時は120万円が手元にくるわけでその時に為替によってだいぶ収益が変わってきま...続きを読む

Aベストアンサー

そんなに単純ではありません。
まず、昔はドルが取引通貨として使われることが多かったのですが、今はユーロを使う場合もあります。(ユーロ-円の直接)
とはいえ、全体量ではまだドルを基軸にすることが多いです。
この場合、アメリカとのやり取りでは単純に円-ドルになりますが、たとえばイギリスと取引する場合には、決済はドルだけど、互いに自国通貨とドルを交換して決済することになります。

つまり日本の輸出とすればまずイギリスがポンドをドルに変えて、ドルで日本が支払を受ける、日本ではそれを円に変えるという仕組みです。
輸入はその逆です。

さて、問題はその取引価格です。
たとえば、原油を購入する場合は、原油のそのときの価格はドルで決まりますので、円高になれば、原油は安く買えます。円安になれば原油を買うには沢山の円が必要になります。

では広く一般的な取引商品になるとどうなるのでしょうか。これは実はまちまちです。ただ世界的に広く取引されているたとえば小麦とかそういったものは、二国間だけで決まるものではないから、ドルで決まる相場価格があり、その相場価格にて購入しなければなりませんので、結局円高であれば安く買えるということになります。

一方で主に二国間だけで取引される商品だとどうなるでしょうか。
少なくとも売る側には最低限これくらいの値段で販売しないと赤字になるというラインがあります。それは自国通貨でどれくらいという値段が決まるわけです。
あとは自国通貨の値段をドルに換算すると、最低ドルでこの程度の値段で販売したいという話があるわけです。
問題は、たとえば日本で販売しようとしたときには、最終消費者は円で支払うので、そこで円高であれば、円での価格は安く出来ます。なので、もし円での価格が安すぎると思えば値段を上げれば利益が増えます。いくら値段を上げればよいのか。それは日本の市場での競争相手の値段とか、あるいは需要と供給で決まる価格などで適正な価格が決まるわけです。これらは為替の影響を直接受けるというものでもないので、結局売り手の利益は円高であればあるほど増えるわけです。逆に非常に円安ということだとほとんど利益が出ないということもありえるわけです。
赤字を避けるために価格を上げても、その分個数が出なくて売上は落ちるということも起きるでしょう。

日本が他国に輸出する場合も全く同じです。

ちなみに日本の場合は資源を輸入して加工品を輸出するという仕組みの関係で、円高は輸出には打撃ですが、原材料は安くなるので、単純に利益がへるのかというと必ずしもそうとはいえません。

そんなに単純ではありません。
まず、昔はドルが取引通貨として使われることが多かったのですが、今はユーロを使う場合もあります。(ユーロ-円の直接)
とはいえ、全体量ではまだドルを基軸にすることが多いです。
この場合、アメリカとのやり取りでは単純に円-ドルになりますが、たとえばイギリスと取引する場合には、決済はドルだけど、互いに自国通貨とドルを交換して決済することになります。

つまり日本の輸出とすればまずイギリスがポンドをドルに変えて、ドルで日本が支払を受ける、日本ではそれ...続きを読む

Q円高時、円安時、の、輸出企業の株

A:
<円高>になると、<輸出企業>の株は、売られる。
<円安>になると、<輸出企業>の株は、買われる。
・・と、言われます。

B:
<輸出企業>とは、なんでしょうか?
輸入するより、輸出する金額の方が多い、企業、・・のこと、ですか?

C:
A、は、なぜそうなる
(<円高>になると、<輸出企業>の株は、売られる。
<円安>になると、<輸出企業>の株は、買われる。)
・・のですか?

どなたか、おわかりになる方、教えていただけませんか?
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

A
円高とは1ドル120円が115円になることです。
つまり、ドルに対して円が強くなり、ドル建てで輸出した場合に受け取る円が少なくなります。
したがって、輸出企業は同じ価格で輸出すると収益が減ります。そこで株価は下がります。

円安になると反対の現象が起きますから、1ドル115円が120円になります。
輸出企業は同じ価格なら、受け取る円が多くなり収益が増えますから、株価が上がります。

いずれの場合も、今までの水準で収益をあげるには、価格を上げたり下げたりで調整しなくてはならないので、価格競争力が下がり、収益にも影響し株価にも影響が出ます。

B
輸出企業とは国内販売より輸出額が多い企業のことです。
電気・自動車・半導体・工作機械メーカーなどです。

Qトランプ♠️さんが 大統領になったら 日本は 影響ありますか? 株下がりますか?円安? 円高?

トランプ♠️さんが
大統領になったら 日本は
影響ありますか?
株下がりますか?円安? 円高?

Aベストアンサー

トランプ氏がどう言おうが「アメリカがくしゃみしただけで相場は動く」というくらい経済動向は誰にも予測出来ません。トランプ氏は実業家で経済のプロですからばかはしないでしょう。

Qなぜ日銀のマイナス金利で証券会社の株が買われているのか理解出来ません。なぜ証券会社の株が買われて

なぜ日銀のマイナス金利で証券会社の株が買われているのか理解出来ません。

なぜ証券会社の株が買われているのですか?

不動産株が買われているのは納得出来る理由がありますが、銀行が証券会社に日銀に預けていたお金を運用委託することはないですよね?

Aベストアンサー

銀行の経営に不安を持った人たちが、銀行預金から、株の保有に切り替えるだろうという予測から、=これからは証券会社が儲かるという推測。

Q株のスイングトレード

株式投資を始めて以来、長期投資しかやったことがありません。会社の決算を読みあさり、企業の営業活動、経営者の理念等で判断し購入。そのために、日商簿記1級も取りました。ほぼ役に立ってませんけど……。
それでも損失はあまりなく、少なくて+8%~15%、最近だと+97%の利益がでました。
それはそれでよろしい話なのですが、資金の回転率が低すぎて嫌気がさしています。
そこで、手元資金から1千万位をスイングトレードに回して運用しようと思います。その際、読んでおくべき本など何かありましたら教えてもらえないでしょうか?

一度、全てを真似てみて自分なりに改良しようと思います。

Aベストアンサー

株のスイングトレードと言っても投資期間が色々とあります。
数日間、数週間、数か月などの期間の違いによって、投資方法
も違って来ると思われます。
まず、投資期間を仮定して本を探したほうが良い気がします。

また、短い期間で売買を繰り返す場合、一つの方法として
チャートを使うスタイルがあります。
チャートを勉強し、その中から自分に合ったモノを使うのが
良いと思います。
チャートによる売買では、複数のチャートを組み合わせる事によって
勝率を高くする事が可能です。

もう一つのスタイルは業績を重視して売買する方法です。
こちらは長期投資で成功されているので、少し視点を変える事で
短期売買にも通用する方法が見つかるのではないでしょうか。

一応、プロが書いた2冊の本を紹介します。
立花義正箸、「あなたも株のプロになれる」
板垣浩箸、「プロが教える株式投資」の2冊ですが古い本なので
手に入るか分かりませんが、参考になれば幸いです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報