コニカU-BIX 2125を今日まで快適に使っておりましたが、しかし突然印刷できなくなりました。ちなみに機械は買取いたしております。そのためメンテナンスをしてもらえません。修理業者か修理方法をご存知の方助けてください!!!!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

機械は買い取りでも販売店もしくは管理店で修理はしてくれるはずです。


もちろん保障期間が過ぎれば有償です。
でも2125は古い機種なので壊れた個所によっては部品がないかも?

ちなみにメーカーに依頼する場合は最寄の「コニカビジネスマシン」
の電話番号を調べましょう。
    • good
    • 0

この回答を書く前に、KONIKAさんのホームページを少し覗いてきました。


下のアドレスに各営業所の連絡先が乗っていました。

先の方も書いていますが、リース又はレンタル、買い取りの何れでも、通常回答は得られます。このマシンが譲り受けたものでも修理のための適正価格は示されるはずでしょう。

とにかく、メーカーさんに連絡を入れてみることだと思います。

参考URL:http://www.konica.co.jp/kk/copy/index.html
    • good
    • 0

買取であろうとリース、クレジット、譲渡でもメンテナンスが受けられます。


1度だけの修理ですと費用がかかりますので、
今後継続して使用するのであれば1年間のメンテナンス契約などをされたほうが
安くなる場合もあります。

メンテナンス会社によって契約の種類が異なりますので、
十分確認してから依頼されたほうが良いでしょう。
    • good
    • 0

取扱い説明書にあるそのメーカーのサービスセンターにご連絡されてみては如何でしょうか?適切な価格で修理してくれると思います。


たぶん、買取か?を気にされているのは、リースかレンタルかの問題で気にされているのでしょうけど。メーカーのサービスセンターならそんな問題もないはずです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ありがとうございました。メーカーにTELしてみます。

お礼日時:2001/03/13 18:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリース機器の買取

法人契約のリース機器が期間満了になります。
社員がその機器を買取りたいと言っています。
その際の金額はどのように決めたら良いのでしょうか?
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

kokaneeさん、こんにちは。リース会社に買取価格の見積(FAX等)を貰い、その金額で問題なければ成立ですが。※その前に期間満了機器の転売の可能性があるので買取出来るか確認が必要です。

Q有給休暇の買取

今まで勤めていた会社を7月15日付けで退社しました。
理由としては昨年末からの給料の遅配と2月分からの給料が支払われていないことです。遅配に関しては、『支払えるようになったら分割してでも払う』という事を、社長・取締役に確約を頂きました。
退社理由も『会社都合』にしてもらったのですが、退社した社員(4月~7月までの間に私を含め6人います)は生活も儘ならない状態まで勤務を余儀なくされた為、有休を全く消化できず退社をしました。
この場合、有休を買い取っていただくことは可能でしょうか。
就業規則には有休の買取についての記載はありません。

Aベストアンサー

会社次第でしょう

買い取りについては退職時に話し合いできるでしょう

会社が承知すれば買い取りも可能でしょう
労働監督署もやむを得ない有休買い取りは認めています

ただ、『支払えるようになったら分割してでも払う』

まともな給与も支払えない状態だと話し合いも困難です

権利が有ることと支払って貰えるかどうかは別の話です

Qリース物件の買取

諸事情があり現在リースしているコピー機を契約期間の途中で解約することにしました。
その時、残リース期間分の違約金が発生するようですが、それらを支払うつもりです。
 ですが、そのコピー機をその後も使用したいので、リース会社に買取の相談をしたところ
税務上所有権移転リース取引と判定される恐れがあるためできないと言われました。
 どうして、リース契約を解除したあとに中古価格で買い取ることができないのでしょうか?
こちらとしは、違約金を払い契約を解除し他のお店で別のコピー機を購入するのと同じではないかと思うのですがいかがでしょうか?
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

商法ですね。
リース業はトラブルになりやすいので、細かな規制があります。理不尽なようですが、一度リース商品として提供されたものは契約期間が無事終了してはじめて販売可能になりますが、この場合「中古品」扱いです。中古品を販売するには古物商の免許が必要です。
契約途中での解約でその商品を販売すると二重販売になります。二重販売は避けたい、中古品を販売する権利がない、ということではないでしょうか?

Q買取とリース

会社で消耗品等のリースを考えています。今まで車、コピー兼ファックスなどすべて買取(自社所有)してましたが、リースも考え始めました。もちろん会社の規模、使い方、使い道、資産状況、社長等会社の考え方などでどちらがいいかは一概には答えられないと思いますが、一般論としてどちらの方がいいと思いますか?

Aベストアンサー

◆ リース料率と会社に借入があるなら調達金利の比較
◆ 資金需要が今後予想されるが、銀行借入枠に不安あり → リースが有利
◆ 保険など管理上のコストがかかる資産が対象 → リースが有利
◆ 法人税法等の優遇を受けるなら一般に購入の方が恩恵があるケースが多い
◆ 購入初期にできるだけ経費処理したいのなら購入し減価償却
◆ 上記の逆でできるだけ期間費用を平準化したいならリース

これらを総合的に勘案して決定します。

QHPの買取

2万人程度の会員数を有するHPを買い取ることを検討しています。
この場合、経理処理はどう処理すればよいのでしょうか?
取得価額をソフトウェア?繰延資産?どう処理すれば良いのでしょうか?また買い取り価額について注意すべき点等を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

HTML言語で記述されたプログラムとしてのHPが目的ではなく、会員組織を目的として取得するのだと思われますので、ソフトウエアや繰延資産はそぐわないと思います。その会員組織に相応の超過収益能力があると判断したからこそ買い取るのだろうと思われますので、そのネームバリューが暖簾に相当し、営業権として計上すべきではないかと思われます。
買い取り価格については、その価値を測定した上で需要と供給のバランスのもとに当事者間で決めることであり、実態を知らない者にはなにもわかりません。
一般人の無責任な見解ですので、会計士、税理士などの専門家に確認することをお勧めします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報