最新閲覧日:

松の木の枝にコブができて、その先の枝が葉の色が黄色になってきました。
ハリガネが巻きついていて、それが原因らしいけど、どうしたらいいですか。

A 回答 (1件)

葉が黄色になっているということは、


その枝の日当たりに問題があるのかもしれません。
マツは日光を充分に受けられない枝を落としてしまいます。

もしそうでないのであれば、針金を取り除いた方がいいでしょう。
マツは傷口から樹脂(松ヤニ)を出し、
それで雑菌の侵入を防ぐという性質を持っています。
だからヤニと皮とでこぶを作りやすいのです。
針金を除去するために、幹を削ったとしても、
松ヤニがしみ込んだ幹は、腐ったりしません。
ヤニが多くなった木質部は、いずれ枯死に近い状態になりますが、
枯死しても松ヤニの効果で腐ったりせず、
その上を皮(形成層というらしい)が覆って生長します。
盆栽をやっている人達は、えぐり気味に剪定します。
ちなみに直径5cmくらいの枝を枝打ちすると、
10年たってもまだ傷口の形跡を見ることができますが、
こぶの下は松ヤニまみれの木質部で覆われています。

なんでこんなこと知っているかというと、
陶芸の登り窯で使う薪を作っているからです。
登り窯では火力が強いマツの薪を使います。
ちなみに、今日割った木は、60年を経たアカマツで、
16年前に枝打ちされた跡がありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速に、メールをいただきありがとうございました。
コブは直径10cmくらいあるのですが、工作用のノミで、少しずつ削っています。
とても硬くて、柔なわたしでは少々時間がかかりますがやってみます。
でも、ハリガネまで到達するでしょうか。

お礼日時:2001/03/14 13:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ