どなたかお知恵をお貸しください。

 現在、財務企業分析をホームワークで行っているのですが、貸借対照表の時点でつまづいています。。
 貸借対照表から資産の部、負債の部など必要数字を引き抜きたいのですが、どこをどうみても、繰越資産の文字が見当たりません・・。
 連結貸借対照表をみていますが、1.流動資産2.固定資産 しか表に入っておりません。この場合繰越資産の数字は、どこを見るべきでしょうか?

 また、純資産の部で、評価・換算差額項目、新株予約権 少数株主持分は、書いていなければゼロでいいのでしょうか。
 流動・固定負債の内、仕入債務 有利子負債 未払金・未払費用については、短期借入、長期借入をプラスしたものでしょうか?

いろいろ質問が多くてすみませんが、教えてください。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> どこをどうみても、繰越資産の文字が見当たりません・・



繰延資産のことと思いますが、必ずしも繰延資産が計上されているとも限りませんので、ゼロということも十分あり得ます。

> 1.流動資産2.固定資産 しか表に入っておりません。

とのことですので、そもそも繰延資産は無いのでしょう。

> 純資産の部で、評価・換算差額項目、新株予約権 少数株主持分は、書
> いていなければゼロでいいのでしょうか。

書いていなければゼロでいいでしょう。

> 仕入債務 有利子負債 未払金・未払費用については、短期借入、長期
> 借入をプラスしたものでしょうか?

このご質問が「???」な感じなのですが、元となるB/Sがどうなっていて、そこからどのような数字を取り出したいのでしょうか?

ちなみに、ここに出てきた科目を大ざっぱに申しますと・・・

・仕入債務・未払金・未払費用は、通常は、流動負債で無利子負債です。

・短期借入金は、流動負債で、有利子負債の場合と無利子負債の場合があります。

・長期借入金は、固定負債で、有利子負債の場合と無利子負債の場合があります。


財務企業分析のホームワークというのがどのようなものか存じませんが、財務諸表や勘定科目の入門書を読まれると良いかと思います。

この回答への補足

度々すみません。
私の質問が意味不明となっていたことに改めて気付きました。。

流動・固定負債の内訳として、仕入債務、有利子負債、未払い金・未払費用をそれぞれ知りたかった という意味です。
貸借対照表の中には直接そう記載はされていなかったので、どの項目を足した分にあたるのかと思い質問していました。

社債と長期借入と退職給付引当を足したものが有利子負債と手持ちの本には載っているのですが、よくわかりません…。

補足日時:2009/07/20 19:29
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
繰延資産でした、誤字すみません。
2つの企業を比べて分析する宿題なので、繰延資産の部分がないのに戸惑っていました。企業の財務諸表を見ていますが、2つある貸借対照表のうち連結というほうを見ています。

有利子負債が、長期と短期借入を足すのかな?と思っていました。ちょっと質問の意味が分かりづらくて申し訳ないです。。

お礼日時:2009/07/20 17:43

おそらく、何らかのB/Sが示されていて、そこから「仕入債務 有利子負債 未払金・未払費用」を算出するという課題かと思うのですが、元のB/Sの内容がちょっと分からないので、現状では勘定科目や財務分析の本を見てみて下さいとしかアドバイスできません。

。。

もし可能なら、そのB/Sの負債の部がどのようになってるか教えて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なんとか自己解決しました。
今はROA含む財務分析のエクセル計算式にて苦戦しています。
テンプレとかないものなんですね。

企業によって表の項目も違うし、素人の私からしたら、全部同じにしてほしいなって思いました。

お礼日時:2009/07/21 03:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記3級試験で出題される『貸借対照表』について教えて下さい。 『貸借対照表』に、例えば、建物(もしく

簿記3級試験で出題される『貸借対照表』について教えて下さい。
『貸借対照表』に、例えば、建物(もしくは備品)の減価償却累計額を記入する場合の書き方ですが、①【減価償却累計額】と、②【建物(備品)減価償却累計額】のどちらが正しいでしょうか?又、その理由をわかりやすく教えて頂けないでしょうか。
ちなみに、過去問問題集の解答例を見ると、①②両方の書き方が示されており、「どちらでも良いのかなぁ」と思っていたら、ネットで色々検索すると、「①が正しい」という意見がいくつかありました。
本件に詳しい方、お教え願います。

Aベストアンサー

例えば決算整理後残高試算表に建物500、建物減価償却累計額100、備品100、備品減価償却累計額20があります(金額は適当です)。
貸借対照表は以下の通りになります。
(※累計額は減価償却累計額)
建物 500
累計額 △100 400
 ̄ ̄ ̄
備品 100
累計額 △20 80
 ̄ ̄ ̄
減価償却累計額は評価勘定の1つで、対応する有形固定資産(建物や備品など)の金額を減額する役割があります。だから勘定科目は「○○減価償却累計額」となっていますよね。しかし貸借対照表では建物や備品の下に減価償却累計額と記載しておけば「何に対していくら減価償却累計額がある」というのはわかりますから、わざわざ建物や備品などと付ける必要がないと思います。ですから私も①がいいと思います。
ただ、貸借対照表や損益計算書など、財務諸表には記載方法が色々ありますから、どちらが正しいというよりはどちらの方法もある、ということでしょうか。
簡潔でない上に伝わりにくかったらすみません。できる限り補足はします。

例えば決算整理後残高試算表に建物500、建物減価償却累計額100、備品100、備品減価償却累計額20があります(金額は適当です)。
貸借対照表は以下の通りになります。
(※累計額は減価償却累計額)
建物 500
累計額 △100 400
 ̄ ̄ ̄
備品 100
累計額 △20 80
 ̄ ̄ ̄
減価償却累計額は評価勘定の1つで、対応する有形固定資産(建物や備品など)の金額を減額する役割があります。だから勘定科目は「○○減価償却累計額」となっていますよね。しか...続きを読む

Q1簿記3級の貸借対照表の作成において、資産欄に売掛金(受取手形)と貸倒

1簿記3級の貸借対照表の作成において、資産欄に売掛金(受取手形)と貸倒引当金、そして建物(備品)と減価償却累計額の金額はなぜ金額欄の左側に記入しますか?(ほかの科目は金額欄の右側に記入するのに対して)

2また、(売掛金-貸倒引当金)の差額と(建物―減価償却累計額)の差額を金額欄の右側に記入するのはどういう意味なのでしょうか。なんだか貸倒引当金と減価償却累計額は資産のマイナスのイメージになりますが。

3ところで、受取手形と備品の場合は(受取手形―貸倒引当金)の差額と(備品―減価償却累計額)の差額も金額欄の右側に記入することでしょうか?受取手形と貸倒引当金は関係ない気がしますけど。どなたか簿記に詳しいかたいませんか、御回答お願いします:)どうもありがとうございます。

Aベストアンサー

 一言で答えれば、「企業会計原則」という明文化された会計のきまりにしたがっているからです。
 売掛金は回収不能の可能性を考慮して自前の保険のように貸倒引当金を用意します。私はヘソクリの純資産と呼んでいます。受取手形も不渡手形と言って、手形が換金できないことがあるのでヘソクリが必要です。そうして、名目の債権額と実質的な債権額とを一目で分かるように差し引きした形(控除式)で書くように決まっています。
 同様に建物や備品も名目の金額(取得価額)と、中古品として目減りしている分も考慮した評価額(残存価額)とを並べて示すために、減価償却累計額を集計し控除式で書くように決まっています。

Q簿記3級、試算表や損益計算書に貸借対照表。何がどうつながってるの?!

簿記3級の試験に向けて勉強をしている27歳社会人です。
問題は機械的に解けるようにはなりました。
しかし、いまいち理屈っていうかわからないところが多々あります。

1.精算表
2.損益計算書
3.貸借対照表
4.(合計残高)試算表

といろいろありますが、イマイチ実務でどれをどう使うのか。この4つの表がどのようなつながりがあるのかわからないのです。

僕が思うには、日々の仕訳をしていって完成するのが試算表で、一年などの期間を経て試算表がつながっていったものが精算表で、そこから損益計算書と貸借対照表にわけるのかなぁ?!
と思っていますが、全然見当はずれな事を言っているのかも知れません・・。

よく問題に「精算表から損益計算書と貸借対照表に転記しろ」という問題が出ます。その問題自体は解けるのです。しかし、これらのれっきとした違いや、つながりが理解できてないのです。日々の日計業務で、どれがどう絡んできて、どういう順序でなぜこれらのたくさんの表が出てくるのかなどがわかりません。

なんとも妙でわかりにくい質問ですみません・・。だれかわかりやすくこれらのつながりを教えて下さい・・。

簿記3級の試験に向けて勉強をしている27歳社会人です。
問題は機械的に解けるようにはなりました。
しかし、いまいち理屈っていうかわからないところが多々あります。

1.精算表
2.損益計算書
3.貸借対照表
4.(合計残高)試算表

といろいろありますが、イマイチ実務でどれをどう使うのか。この4つの表がどのようなつながりがあるのかわからないのです。

僕が思うには、日々の仕訳をしていって完成するのが試算表で、一年などの期間を経て試算表がつながっていったものが精算表で、そこから損益...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

【日々の手続】
(1) 取引・・・商品の売買、備品の購入など
 ↓
(仕訳)
 ↓
(2) 仕訳帳・・・取引を発生順に記録
 ↓
(転記)
 ↓
(3) 総勘定元帳・・・仕訳帳の記録を各勘定口座へ記録(転記)


【決算の手続】
(1) 決算整理前残高試算表・・・総勘定元帳を元にした、期中の取引の一覧表
               (合計試算表、残高試算表、合計残高試算表)
 ↓
(決算整理仕訳)
 ↓
(2) 決算整理後残高試算表・・・決算整理事項(売上原価の算定、有価証券の評価替え、支払・収益の修正など)を
                加えた、最終的な取引の一覧表
 ↓
(決算振替仕訳)※各勘定口座を次期に繰り越すための締め切り
 ↓
(3) 損益計算書・貸借対照表・・・当期の収益項目を損益計算書に、
                当期までの資産・負債・純資産を貸借対照表にまとめる

※清算表は、決算整理開始から損益計算書と貸借対照表までの、決算整理事項一連の流れをひとつの表にまとめたもので、
 金額の間違いや整理事項の入れ忘れなどを防ぐために、確認のために作成されます。
決算整理におけるチェックリストのようなものです。

こんにちは。

【日々の手続】
(1) 取引・・・商品の売買、備品の購入など
 ↓
(仕訳)
 ↓
(2) 仕訳帳・・・取引を発生順に記録
 ↓
(転記)
 ↓
(3) 総勘定元帳・・・仕訳帳の記録を各勘定口座へ記録(転記)


【決算の手続】
(1) 決算整理前残高試算表・・・総勘定元帳を元にした、期中の取引の一覧表
               (合計試算表、残高試算表、合計残高試算表)
 ↓
(決算整理仕訳)
 ↓
(2) 決算整理後残高試算表・・・決算整理事項(売上原価の算定、有価証券...続きを読む

Q貸借対照表

貸借対照表の問題をやっていて

 元帳
開業費 650,000
 
 決算整理事項
開業費償却高 開業のために支出した広告宣伝の費用¥700,000について、
5年間で毎期均等額を償却している
 
 回答の式には
560,000-700,000÷5=420,000
 となっているのですが
いまいちこうした問題の解き方がわかりません
どうしてこうなるのか
初歩的な質問で申し訳ないのですが
どなたか教えてもらえないでしょうか

Aベストアンサー

#2です。追記します。

開業した時に¥700,000を支出し、その年の決算で¥14,000償却したので、
2年目(問題の決算時)は残高が¥56,000になっています。

お悩みの式は
残高-(開業費の全額÷償却年数)=償却していない開業費
という意味です。

参考URLは、繰延資産についてです。

参考URL:http://www.kcs-net.or.jp/bp/d/68.htm,http://www.rakucyaku.com/Koujien/M/E04/E400800

Q簿記 貸借対照表

2月の簿記試験に向けて独学で勉強を始めました。
問題集の最後の最後、決算整理前残高試算表から損益計算書と
貸借対照表をつくる問題でつまづいてしまいました。
損益計算書はできるのですが、貸借対照表の作成方法がわかりません。
大原の参考書を使っているのですが、あまり詳しく載っていません。
貸借対照表の金額の貸方と借方の分け方等わかりやすく詳しく
説明の載っているもの、サイト等教えてください。

Aベストアンサー

ここなんかわかりやすいと思います^^

参考URL:http://www.bookkeep.info/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報