オススメの作家さんを教えて下さい。
ちなみに僕がすきなのは 
乙一・伊坂幸太郎・三浦しをん・重松清・東野圭吾・森見登美彦 などです
合わないのは
宮部みゆき・林真理子・村上春樹・吉本ばなな などです

メッセージ性はあまり強くなくていいので、娯楽小説のようなものがいいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

重松清」に関するQ&A: 重松清系の本。

A 回答 (4件)

・ハードボイルドでよければ、馳 星周さん


お勧め:「不夜城」

・もう少し軽い感じで、真保裕一さん
お勧め:「奪取」

・さらに軽い感じで、浅田次郎さん
お勧め:「壬生義士伝」「プリズンホテル」

かなり、私個人の感想ですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

真保裕一さんと浅田次郎さんは他の作品を読んだことがありました。
特に浅田次郎さんは読みやすい文章だったので紹介していただいた作品にも挑戦してみたいです。
ハードボイル小説というのを読んだことが無いので、素直に楽しめるかどうかわからないですが、読まず嫌いはいけないので一度読んでみたいです。

お礼日時:2009/07/21 18:52

気に入られるかはわかりませんが・・・。



有川」浩・西尾維新・坂木司 とかが私は好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有川浩さんは『阪急電車』と『今昔ラブコメ』を読まして頂きました。ただ、『図書館戦争』シリーズがどうしても肌に合わず少し疎遠になっていました。が、この前新作を出したということでそれを読んでみたいと思います。
西尾維新さんはまさに読んでみようかな~、と思っていた作家さんでした。
坂木司さんは確か『ホテルジューシー』の作家さんでしたよね?。だとしたら、西尾さん同じく何度も読んでみようと思っていた方でした。
今度まとめて図書館で予約したいです。

お礼日時:2009/07/21 19:07

金城一紀さん


桜庭一樹さん
奥田英朗さん
加納朋子さん
京極夏彦さん

がオススメです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

桜庭一樹さん(初期)、奥田英朗さんは好きで、何作か読みました。
『イン・ザ・プール』を含めたあの3作品は最高ですよね。
京極夏彦さんはもちろん知ってはいたのですが、あの分厚い本に気後れしてしまって、まだ1作品も読んだことがありませんでした。
『魍魎の匣』とかを読んでみたいです。
残りの金城一紀さん、加納朋子さんは存じ上げていませんでした。
でも、一番最初に名前が挙がるということは結構オススメってことですよね。
今度読んでみたいです。

お礼日時:2009/07/21 19:00

私個人の意見ですが、



村山由佳、関口尚、垣根涼介が読みやすくて面白いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

村山由佳さんは一作だけ読んだ記憶があります。
ただ、他のお二方は初見なので今度読んでみたいです。
オススメのがあったら教えてください。

お礼日時:2009/07/21 18:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q森見登美彦さんという人物

森見登美彦さんってどう思う?

個性的ですさまじく強烈な文脈で、考えて読むに値する

現代の文学に独特の影響を与えてる?ように思うんだ。

ってそう思ってるおれ自身自信がない・・・

とにかく難しい、回りくどい、めんどくさい、うっとしい表現で

伝えてる(というか惑わしてる)と思うから。

皆さんで森見登美彦さんを知っている方、印象なんかお聞かせください

ませ。。。

Aベストアンサー

難しいことはわかりませんが・・・森見さんの作品は好きです。
森見さんの作品は独特の雰囲気が魅力ですよね。

私の森見作品との出会いは「太陽の塔」です。
当時は、ちょっと注目されてる若い作家のデビュー作という知識だけで何となく購入し、読後の感想は「面白いが、私の好みではないかな。」という程度でした。

しかし、その後新作が出版される度に気になって仕方がなく、全作読破してきた次第です。
いつのまにか森見さんの世界にドップリとはまっていたようです。
こういった流れで作家を好きになる事はあまり無いので、自分でも不思議でした。

すごいのか、ものすごいのか、とてつもなくすごいのか、はよくわかりませんが、私にとっては「とてつもなく気になる作家」でしょうか。

最近は同じく京大出身「鴨川ホルモー」「鹿男あをによし」の万城目学さんと比較される機会が多いようですね。
万城目さんの作品もまた独特の雰囲気が漂っていて面白いのですが、これは森見作品を読んだ下地があったからこそ楽しめた部分も多いのではないかな、なんて感じたりもしました。

さほど読書家では無いので文学的影響などはわかりませんが、静かに面白い波を起こしている人かな、とは思います。
なんだかまとまらない回答になりましたが、こんなのでよかったでしょうか。

難しいことはわかりませんが・・・森見さんの作品は好きです。
森見さんの作品は独特の雰囲気が魅力ですよね。

私の森見作品との出会いは「太陽の塔」です。
当時は、ちょっと注目されてる若い作家のデビュー作という知識だけで何となく購入し、読後の感想は「面白いが、私の好みではないかな。」という程度でした。

しかし、その後新作が出版される度に気になって仕方がなく、全作読破してきた次第です。
いつのまにか森見さんの世界にドップリとはまっていたようです。
こういった流れで作家を好きに...続きを読む

Q伊坂幸太郎 おすすめ

伊坂幸太郎著書の本を読もうと思っているのですが、
全作品の中でおすすめの本と、映画化されていない作品の中でおすすめの本を教えてください。

Aベストアンサー

お勧めは
「鴨とアヒルのコインロッカー」
「ゴールデンスランバー」
「陽気なギャングが地球を回す」
ですね。

映画化されていない中では
「グラスホッパー」
です。

Q結婚生活、理想と現実

結婚したい!結婚したい!結婚したい!と言い続けていた友人が、婚活の努力が実ってとうとう結婚しました。
それは良かったのですが、結婚から1年が経ち、今度は結婚生活に対して文句ばかりです。
しょせん、結婚とはそんなものなのでしょうか。。。

結婚したい!結婚したい!結婚したい!と婚活を頑張って結婚した皆さん!
幸せな結婚生活を送っていますか?

Aベストアンサー

こんにちは。40代既婚女性です。

私は離婚歴があり、再婚もしましたので、結婚2回してます。
結婚に関して一家言があると自負しております。

NO.4様のご回答の通りです。
いつも、NO.4様の「道なき道を、あいてのしがらみ全てを背負って歩いていくのが・・・」という部分。
「そうそう!そうなんだよおおお!私は1回目の結婚で、
その覚悟や自覚がなかったから、離婚になってしまったのよ~!」と
しみじみ拝見しています。

私風の言い回しに変えるとすれば、
これは、私が今の夫に出会い、強く思ったことなんですが
「この人の人生が欲しい!」ということです。
「神様!私にこの人の人生をください!」と願いました。
それは今の夫のいい所、悪い所
夫の生きてきた道、そして生きていく道
体のすべて、手の指一本一本
髪の毛の一本
何もかもすべてを「私にください!」と強く思ったのです。
それを実現しようとしたら、
手っ取り早い方法が、「結婚」でした。
夫の人生の全てが欲しいと思ったら
夫の人生の今後の困難までも
引き受ける覚悟がいるのです。
病気にもなるだろうし、老いても行くでしょう。
うるさい親戚はどこいもいます。

それでもなお、この人の人生の全てが欲しい!
この人の最期に目にうつす人間が
私でいたいと思ったのです。

結婚は日常生活です。
夫は妻は、日常生活を共にする
この世で一番の味方でありたいし、相手心と体を自分のそれ以上に大事に思える
そういう関係を常に努力で築き上げるのです。

結婚式を挙げて、籍を入れたから
ハイ夫婦!ではありません。
法的には「夫婦」という名前がついて、法の庇護が出来ただけ。
真の夫婦になるには
365日、24時間のたえまないお互いの努力が必要なんです。
籍を入れて夫婦になったから、お互い何を言ってもいい、
何をしても遠慮はいらない
傷つけてもいい、罵倒してもいい
自分の都合をおしつけてもいい
そういう相手ではないのです。

一番いたわり、尊敬し、ほめ、たたえ、
協力を惜しまないお互いでい続けることです。

夫婦はそれ一人で
「父であり母であるもの、兄であり弟であり
姉であり妹でもある。師匠であり、弟子でもある。
そしてライバルで、親友で、最愛の恋人である。」すべてを兼ね備えてくれるものです。

私は特に婚活はしていませんでした。
1回目は21歳で、当時交際していた人と結婚しただけ。
(交際=結婚すべきと言う時代、動物園のパンダとそう変わらない。
そこに、男女がいたら、とりあえずつがいにしてみろ。という時代。)
2回目は、離婚後たまたま夫と出会って、今度は熟慮の末、再婚しました。(37歳)
1回目は結婚の意味も解っていなかったら、世間知らずもいいところですね。
1回目の結婚生活は、結婚生活とは自分の思い通りの空間で
全部自分が支配できる生活の事だと思っていました。
(夫に文句は言わせない。かかあ天下がいいと思っていた。
いい意味のかかあ天下ができず、ただの小言が異常に多い妻に成り下がった。)

私は今の夫にメロメロ、ベタぼれで
好きで好きで好きで(人生が欲しいと思ったぐらいだから)
結婚したので、
9年目でも幸せで怖いぐらいです。
「結婚したい!」というよりも
「この人と一生を共にしたい!」という気持ちがまずありましたね。
その結果が結婚だったということです。

こんにちは。40代既婚女性です。

私は離婚歴があり、再婚もしましたので、結婚2回してます。
結婚に関して一家言があると自負しております。

NO.4様のご回答の通りです。
いつも、NO.4様の「道なき道を、あいてのしがらみ全てを背負って歩いていくのが・・・」という部分。
「そうそう!そうなんだよおおお!私は1回目の結婚で、
その覚悟や自覚がなかったから、離婚になってしまったのよ~!」と
しみじみ拝見しています。

私風の言い回しに変えるとすれば、
これは、私が今の夫に出会い、強く思ったことなん...続きを読む

Q遅ればせながら東野圭吾の本を読み始めました。

遅ればせながら東野圭吾の本を読み始めました。
第一弾が「白夜行」で、今は「分身」を読んでいます。
次にオススメの本は何でしょうか?

Aベストアンサー

2番の方の回答を見て、やっぱり人によって感覚が違うので面白いなと思いました。
20冊以上は読みましたが、私にとっては白夜行は、トップクラスです。
幻夜は、まあ続きということで・・・というぐらい。

流星の絆は、珍しくほのぼのとして好きです。
逆にさまよう刃は、とても重いけれどそれはそれでよかったです。
秘密はとてもよくできたストーリーだと思います。
新参者は、発想がとてもユニークです。
赤い指も好きな方です。
手紙は、映画の方がどちらかというとラストの感動は大でした。

ちょっと変わったところで仮面山荘殺人事件はコテコテのサスペンス劇場っぽくて
好きです。

というぐらいですが、どれからでもいいのではないかと思いますよ

Q結婚へのあせり

はじめまして33歳の男性です。最近、結婚を意識するようになりました。自分はまだ独身の方がいいかなと思いますが、年齢が上がるほど結婚相手の選択肢が狭まるので今、結婚すべきかなと漠然と思います。結婚したくなった時が結婚適齢期という人もいますが、僕の場合、結婚したくなった時(今なのかな?)を待っていたら40代になってしまうような気がします。そこでみなさんの意見を聞かせてください。結婚された方はどうして結婚されたのですか?本当に理想の人だから結婚した?年齢的にも結婚しなければと思って結婚した?周りの目を気にして結婚した?独りでは寂しいから結婚した?なんでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。女性です。私は今の旦那とは6年くらい同棲していたので、別に結婚して籍を入れる必要はなかったのですが。。。
結婚した理由は、6年前に同棲する時に「婚約者」という名目で入って、2年ごとの更新の3回目にさすがに「婚約者」って書く事が嫌になったこと、結婚式したかったこと、そしてこれが一番大きな理由ですが、私は体調を崩してフルタイムで働けなくなったので、健康保険を旦那の扶養家族として入りたかったからです。パートで収入もないのにあのバカ高い保険に入るのはどうしても嫌だったので(笑)
こんな理由ですみません。何かの参考になれば幸いです。

Q東野圭吾の加賀恭一郎シリーズが好きな方に質問です。

東野圭吾の加賀恭一郎シリーズが好きな方に質問です。

新参者の最後に「加賀は警視庁捜査一課にいたが、ある殺人事件の裁判で、弁護側の情状証人として出廷したため異動させられた」という一文がありましたが、これはどの本のことをいっているのでしょうか?
加賀刑事が出てくる本は全部読んでいたつもりですが、思い浮かばなくて・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も東野圭吾さんの本が大好きです。
加賀恭一郎シリーズもしっかりチェックしてます。

>新参者の最後に「加賀は警視庁捜査一課にいたが、ある殺人事件の裁判で、弁護側の情状証人として出廷したため異動させられた」

こちらの文章ですね、私も気になりました。
それで多分なのですが・・
加賀恭一郎が好きになったバレリーナのお話がありました。(眠りの森)
その好きになった女性が罪を犯してしまい、加賀さんが解決するけれど、
女性をこれから弁護して守っていく・・という流れの結末だったと思います。

それが、「弁護側の情状証人として出廷した」なのかなぁ・・と想像しました。
いかがでしょうか。

Q結婚しない理由(30歳以上)

結婚できない男というドラマを見てて
結婚しないのかできないのか・・と登場人物を
見てて思いました。
そこで、みなさんの結婚しないのかできないのかの
いろいろな理由が知りたくなりました。

1 結婚したいと思ったことはありますか?
2 なぜ結婚してないのですか?
3 答えなくてもいいですが・・
 結婚しない 結婚できない どっちですか?

自分も答えておきます。
結婚したいと思ったこともありますが、つきあってた
人とのタイミングがずれました。
結婚にがつがつしてないので結婚できない派かもです。

Aベストアンサー

30代前半男です。

1、あります

2、人付き合いが苦手であったり、自分を否定しているので他人を受け入れる余裕が無いとか自信がないとか、よく分かりませんが・・・。

3、しない・できない、どちらなんでしょうね?これもよく分かりません。それなりに女性と縁もあり、経済的にも可能ではありますが、前述したような感じなので・・・。周りから見れば「結婚しない」で、自分から見れば「結婚できない」といったところでしょうか。
私って病んでます?

Q伊坂幸太郎のこの文章を、三文雑誌のエロ小説みたいな文章と言ってる人がいたのですが

伊坂幸太郎の小説の一部の文章です。「兄の贔屓目で言うのではなく、弟の外見は人並み以上だった。鋭さを備えた眼に、官能的な曲線を描く涼しげな眉、鼻は高く勇ましさもある。寡黙でありながらも敏捷な獣、たとえば豹さながらの力強さが滲んでいる」
性的描写はほとんど無い普通の小説ですが、そういう風に思えますか?

Aベストアンサー

#5欄にいただいた「捕捉質問」とは下記2点のことでしょうか。

>まあ、この小説をお読みになっていなければ答えようがないかもしれませんが、この文章だけ、エロっぽいだけで、他の文章はまともという事もありますよね?

はい、他の文章はまともという事もありますよ。前回、そう示唆したつもりです。ただし、三文が「まともでない」とは一言も言っていませんが。

>上手い文章ではありませんが、三文は言い過ぎでは?(笑

上手い文章ではないんですか? 私は、三文っぽさを出した上手い文章だと思いますし、前回も前々回もそう書いたつもりです。三文は「言い過ぎ」なんですか? 文脈から察するに、「三文は、けなし過ぎでは」と、あなたは質問していらっしゃるのですよね? その質問は、その批判を言った人に聞いてください。その人がどんな憎しみを込めて言ったのかは私にはわかりません。私は三文な感じが嫌いではないので、「けなし過ぎ」かと聞かれても困ります。

どうも、私の文章力が乏しいせいで、これまでの私の回答の真意がうまく伝わっていないような気がします。できるだけお役に立ちたくて、今日一日、どう答えるべきか考えていたのですが。

#5欄にいただいた「捕捉質問」とは下記2点のことでしょうか。

>まあ、この小説をお読みになっていなければ答えようがないかもしれませんが、この文章だけ、エロっぽいだけで、他の文章はまともという事もありますよね?

はい、他の文章はまともという事もありますよ。前回、そう示唆したつもりです。ただし、三文が「まともでない」とは一言も言っていませんが。

>上手い文章ではありませんが、三文は言い過ぎでは?(笑

上手い文章ではないんですか? 私は、三文っぽさを出した上手い文章だと...続きを読む

Q既婚、離婚経験者の男性に質問です!結婚と恋愛は別?

結婚されてる方、もしくは離婚経験者の方に質問です。

結婚って恋愛の延長からするものだと私は思ってましたが、私の廻りの既婚男性何人かに奥さんと結婚するきっかけになったことは何だったのか?聞いたところ、相手が結婚適齢期に入り結婚しなくてはいけない雰囲気になり結婚してしまったとか、親に結婚はまだかとせかされ当時付き合ってた彼女と結婚したとか、自分に逆らうような事はしない(おとなしい)彼女だったから結婚したとか・・・

私が思うような、恋愛の延長でこの人と生涯共に生きたいと思ったから結婚したという回答がありませんでした・・・
(そんなこと恥ずかしくて言えなかったのかも知れませんが・・・)

こんな話をしていて出てきたのが、恋愛と結婚は別だよね!という言葉でした。

男性の方で恋愛と結婚は別って思って結婚された方っているのでしょうか?

既婚者が浮気したり、不倫に走るのも、恋愛と結婚は別と思って結婚したから外で刺激を求めたくなるのですか?

Aベストアンサー

私は離婚経験者つまりバツ1です。

恋愛と結婚はやっぱり別ですね。

私の場合、被虐待児でしたので、恋愛も、結婚も、愛情に飢えているという面では同じです。

ですが、際限なく求めていける彼女、に対して、愛情を与えていく事も求められる(妻もですし、特に子供ですね)のが家庭を持つという事であり、一定の精神の妥協が必要なものが、結婚だと思います。

「恋愛は理想でするもの、結婚は妥協でするもの」

どっかの哲学者の言葉ですが、あながち間違いではないと思います。

でも、「この人なら結婚したい」と強く思える人がいるのも事実です。

最近、再婚を強く意識できるようになって、自分の中では「この前の人で懲りたんじゃないのか?」という意識と、「この人なら愛してくれる、愛情を、色んな形で示せる、愛情のやりとりができる」そういう不思議と確信めいたものがあって、自分の中でも混乱気味です。

生涯を共にする覚悟。これは、結婚する前にするものです。できるという予測がなければ結婚は成立しません。
つまり、「生涯を共に生きたい」という願望レベルではなく、それを乗り越えて、覚悟、意志が必要なんだと思っています。

因みに、浮気、不倫は、結婚とは別物です。
オスは、「とにかくたくさんのメスを孕ませる」のが本能の根幹にあるので、そういう衝動、性癖が強い人はいます。

結局、恋愛という流れを経て、「結婚できるか、しても本当にいいのか」という「ふるい」にかけられてクリアできると、結婚という流れではないでしょうか。

私は離婚経験者つまりバツ1です。

恋愛と結婚はやっぱり別ですね。

私の場合、被虐待児でしたので、恋愛も、結婚も、愛情に飢えているという面では同じです。

ですが、際限なく求めていける彼女、に対して、愛情を与えていく事も求められる(妻もですし、特に子供ですね)のが家庭を持つという事であり、一定の精神の妥協が必要なものが、結婚だと思います。

「恋愛は理想でするもの、結婚は妥協でするもの」

どっかの哲学者の言葉ですが、あながち間違いではないと思います。

でも、「この人...続きを読む

Q吉本ばなな氏推薦と書いてあった本さがしてます!

2ケ月程前、イトーヨーカドーの本屋で見つけた本ですが、タイトルを忘れてしまいました。(気の本)というような、題名だったと思います。帯に、吉本ばななさん推薦と書いてありました。立ち読みで、チラッと読んで、今度買おうと後日探したのですが、どうしても見つかりません。自分の気持ちの持ちようで生活、人生を変える事ができる、のような内容です。誰か知ってるかな?

Aベストアンサー

安田隆さんの
『誰にでもできる「気」のコツのコツ』
だと思います。(参考URL)

参考URL:http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30544408


人気Q&Aランキング