山田詠美、高樹のぶ子、谷村志穂、江國香織のなかで、
一冊読もうと思っているのですが、
おすすめの小説をご紹介いただけるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

山田詠美さんは作品によって傾向が違います。


自分は最近のものは読んでいませんが、

『晩年の子供』
『放課後の音符』
『ソウルミュージック・ラバーズオンリー』
『フリークショウ』
『トラッシュ』
『24・7』(トウィエンティフォー・セブン)

このあたりであらすじや書評などを探してみてはいかがでしょうか。
『晩年の子供』と『ソウルミュージック~』は全然違う雰囲気です。
こっちは好きだけど、こっちはちょっと、という人も中にはいるのではないかと想像します。
私はどちらも好きですけれど。
(いずれにしても『晩年の子供』は良いと思います)
上記のものはどれもお勧めです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高樹のぶ子さん

高樹のぶ子さんの代表作は何ですか?

Aベストアンサー

今晩は。
判断基準が分かりませんが。
『光抱く友よ』芥川賞 受賞作
『透光の樹』谷崎潤一郎賞 受賞作
『水脈』女流文学賞 受賞作
このあたりでは。
個人的には『百年の預言』が好きですが。

Q江國香織さんの本でオススメを教えて下さい。それと、江國香織さんの作風に似てる作家さんがいれば、教えて

江國香織さんの本でオススメを教えて下さい。それと、江國香織さんの作風に似てる作家さんがいれば、教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

江國香織さんの作品で好きなのは「きらきらひかる」です。
これは映画にもなった作品で、映画の方もとても良いですよ。

私が勝手に江國さんと近い感じを受ける作家さんは山本文緒さんです。
山本さんの作品は「プラナリア」「眠れるラプンツェル」「ファースト•プライオリティー」「みんないってしまう」あたりが面白かったですよ。

Q山田詠美、高樹のぶ子、谷村志穂、江國香織

山田詠美、高樹のぶ子、谷村志穂、江國香織のなかで、
一冊読もうと思っているのですが、
おすすめの小説をご紹介いただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

山田詠美さんは作品によって傾向が違います。
自分は最近のものは読んでいませんが、

『晩年の子供』
『放課後の音符』
『ソウルミュージック・ラバーズオンリー』
『フリークショウ』
『トラッシュ』
『24・7』(トウィエンティフォー・セブン)

このあたりであらすじや書評などを探してみてはいかがでしょうか。
『晩年の子供』と『ソウルミュージック~』は全然違う雰囲気です。
こっちは好きだけど、こっちはちょっと、という人も中にはいるのではないかと想像します。
私はどちらも好きですけれど。
(いずれにしても『晩年の子供』は良いと思います)
上記のものはどれもお勧めです。

Q唯川恵、村山由佳、石田衣良、江國香織さんの小説

唯川恵、村山由佳、石田衣良、江國香織さんの小説で
おすすめ小説をおしえてください。
多くの方よりご回答いただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

村山由佳さんについて出てないので…

やはり映画にもなった「天使の卵」や「きみのためにできること」
それから「すべての雲は銀の…」や「翼」「野生の風」などがおすすめです。

最大の代表作は「おいしいコーヒーのいれ方」になると思いますが、シリーズ開始から15年経って冊数もかなりの数になるので、いきなりこれに入るのはどうかとも思います。まだ未完ですし。

Q芥川賞の綿矢りささんと金原ひとみさん

綿矢りささんと金原ひとみさんの本はまだ読んでいないのですが、書評を見ると綿矢りささんの「蹴りたい背中」は良かったという声が多い反面、金原ひとみさんの「蛇にピアス」は酷評が多いです。

なぜでしょうか?

Aベストアンサー

どちらかというと、金原ひとみさんの方は、年配の方々やエリート級の生活をなさっている方々からみると、「読みたくもない作品」に自動的且つ強制的に分類されてしまうのだと思います。

しかし、綿矢りささんの方はちょっと違う理由もあるみたいです。
ある雑誌を見ていて、綿矢さんのことが書かれていたので読んでみたことがあるのですが、「女子高生、女子高生」と世のおじさん達が囃子立てているような変な文章でした。一つの記事なんてそう文字数は無いのに、「女子高生」という言葉が5つも入っていました(^_^;) そのときの僕の反応は

「女子高生」--そうそう!女子高生なんだよね!
「女子高生」--うんうん。
「女子高生」--いや、分かったから、、、
「女子高生」--いや、それさっきも言ったじゃん!
「女子高生」--バチっ(閉じました。その雑誌。)

という感じでした。僕もそんな「おじさん」にならないよう、気をつけたいと思います(^_^;) サクラコさんも、「おじさん」にはお気をつけて。もし「蹴りたいおじさん」があなたの前に現われたら、、、、我慢して下さいね。

どちらかというと、金原ひとみさんの方は、年配の方々やエリート級の生活をなさっている方々からみると、「読みたくもない作品」に自動的且つ強制的に分類されてしまうのだと思います。

しかし、綿矢りささんの方はちょっと違う理由もあるみたいです。
ある雑誌を見ていて、綿矢さんのことが書かれていたので読んでみたことがあるのですが、「女子高生、女子高生」と世のおじさん達が囃子立てているような変な文章でした。一つの記事なんてそう文字数は無いのに、「女子高生」という言葉が5つも入っていました...続きを読む

Q江國香織の短編小説の題名がわからない

以前読んだ江國香織さんの短編小説の題名がわからないので、ご存じの方は教えてください。

内容は、

・主人公は女性(多分若い女性)
・彼氏との電話の内容を回想している
・回想の合間に現在の出来事(確か姪?のスクールの送り迎えをしている場面)がはさまれている
・彼氏との電話は、彼が自分の見た夢の内容を主人公に話しているもの
・夢は、クリスマスツリーの電灯(?)がどうとか…
・主人公の女性は、彼がその夢の話をしたことで、別れを決意する

というような内容だったと思います。かなりうろ覚えですが。


大学の講義でこの短編小説だけ取り上げられてプリントで読んだので、この短編小説が収録されている本についての情報はわかりません。

Aベストアンサー

「江國香織 電話 クリスマスツリー」で調べてみました。
「号泣する準備はできていた」かもしれません。
同名の文庫本に収録されています。
http://d.hatena.ne.jp/tetu-eng/20080809
http://ameblo.jp/classical-literature/entry-11439725578.html

Q金原ひとみ「蛇にピアス」に感動!お勧め本は?

最近、金原ひとみ「蛇にピアス」を読みました。夢中になって読んでしまいました。こんな私にお勧めの本ってありませんか?

Aベストアンサー

「蛇にピアス」と同時に芥川賞を受賞した「蹴りたい背中」(綿矢りさ)はいかがでしょうか。

参考URLには、「蛇にピアス」を買った人は、こんな本も買っています……ということで、五冊の本が紹介されていますが、その中にも「蹴りたい背中」はちゃんとありました。そこをクリックすると、「蹴りたい背中」の詳しい紹介文も見ることができます。

ご参考までに。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087746836/250-5017369-0195456

Q村上春樹、赤川次郎、ちょっとだけ、吉本ばなな、山田詠美、太宰治、夏目漱石。

私の好きな作家は、村上春樹、赤川次郎、ちょっとだけ、吉本ばなな、山田詠美、太宰治、夏目漱石。エッセイだけなら、林真理子が好きです。

この中で、好きな作品がある方、おしえて下さい。ちょっとした内容も教えてもらえますか。
最近、本を読んでいないので、前にどんなのが良かったかなあ、と思いまして。
ちなみに、そういう理由で、ここ最近の作品はちっとも読んでいません。もちろん、お気に入りの作品があれば、新しいものも紹介してください。

いま思いつくのは、
吉本ばなな「哀しい予感」
 森で、時間がゆっくり流れるイメージ。姉弟の、甘いけど、遠い関係が私には印象に残ってます。

吉本ばななはこれと「キッチン」くらいしか印象にありません。「サンクチュアリ」くらいから読まなくなりました。
山田詠美は、「僕は勉強ができない」だけでしょうか…。
林真理子は「美女入門」
夏目漱石「こころ」

村上春樹は、当たり前の「ノルウェイの森」「ねじまき鳥クロニクル」とか、デビュー作とか、いろいろ。エッセイも好きです。
赤川次郎は、読みやすいけれど、私にとっては独特の好きな世界があります。
太宰治は、意外につぼにはまります。こういう系統はほとんど読まないのに。
今思い出せるのは、作家も作品もこれくらいです。いろいろ忘れているのでは、と思います。

お願いします。

私の好きな作家は、村上春樹、赤川次郎、ちょっとだけ、吉本ばなな、山田詠美、太宰治、夏目漱石。エッセイだけなら、林真理子が好きです。

この中で、好きな作品がある方、おしえて下さい。ちょっとした内容も教えてもらえますか。
最近、本を読んでいないので、前にどんなのが良かったかなあ、と思いまして。
ちなみに、そういう理由で、ここ最近の作品はちっとも読んでいません。もちろん、お気に入りの作品があれば、新しいものも紹介してください。

いま思いつくのは、
吉本ばなな「哀しい予感」
...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
村上春樹、大好きです
おすすめは「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」2つの世界(世界:穏やか、ハードボイルド:ちょっとSF)が絡みあいながら展開し、ちょっとハラハラドキドキもありです。
最近「海辺のカフカ」も文庫化されましたね。あれも面白かったです。いま思えば、「カフカ」と「ハードボイルド」構成がよく似ています。読み比べると楽しいかもです。

Q金原ひとみ「蛇にピアス」の文学的価値

こんにちは。

芥川賞の受賞した金原ひとみ「蛇にピアス」はどこに文学的価値があるのでしょうか?私には理解できませんでした。

「面白かった」という人がいたら、ぜひその理由を教えて欲しいのです。お願いします。

また、この作品の文学的価値についても教えてください。

Aベストアンサー

この作品に関して言いたいことがあったので良い機会と思い投稿します。
数回前の確か四国の学校の先生が芥川賞を取った作品
といいこの作品といい、通常の人間はしないようなセックスを描くことに何か意味があるのかなあ。
おまけにこの「蛇に・・」ではとうとう放送禁止用語まで書いてある。文学というのが何か書きたい、表現したい内的欲求があってその表れの一形態だとしたらこれは19歳20歳の「女の子」の表現方法としては
稚拙だし私は嫌悪感しか持てない。選考委員の感覚に
疑問を持つ。多分半分以上が作者の実体験なんだろうけど、この子はこのあと何を書くのだろう。
「蹴りたい背中」もそうだが、およそ通常の人間との交流を拒み、自ら狭い世界に閉じこもり、異常セックスか暴力(刺青や背中を蹴る行為)でしか
相手と触れ合えないというのは悲しい。
そういう「異邦人」がかつて小説のテーマになってはいたが(三島や遠藤周作や吉行淳之介や村上春樹など)他人の背中を蹴ったり、舌にピアスを入れる行為が、金閣寺に放火した行為と同等とはとても思えない。

Q山田詠美さんの本の中で・・・

山田詠美さんのファンなのですが、
詠美さんの作品の中で『グッチのエンヴィ』について『エンヴィって~っていう意味なのよ』というフレーズが出てきた作品ってありましたか??
あったような気もするのですが、どの作品を探しても見付かりません…。
知っていらっしゃる方いたら教えて下さい。また、そのフレーズも教えていただけたら幸いです。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。
オーデコロンの「グッチのエンヴィ」ですね。

恐縮ですが、オーデコロンつながりで思い当たりましたが、これは「ジャン・パトゥのミル」ではないですか。「ミルって、千っていう意味なのよ」
「そうなの、おまえと千回くらいこうしたいよ」という恋人同士の会話が出てきます。

「放課後の音符(キーノート)」という連作短編集です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報