忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

最近、黒鯛のダンゴ釣りをやっていますが、釣れたためしがありません!周りでは、結構大物を釣っている人もいるんですが、配合が悪いのか、団子の作り方が悪いのか????
配合の方は、チヌパワー+紀州マッハ+サナギ粉を使用しています。
釣り場は、愛知県の豊浜です。
ダンゴを作った時の状態がわるいのでしょうか?
すいませんが、こんな自分にも、簡単にできるダンゴの作り方等ありましたら、是非、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

偶然ですが私も紀州マッハ1P+細びきサナギ粉900g1P+チヌパワーなし~200cc前後+海水800~900ccでダンゴ釣りをしています。

水深6m前後の浅場です。これで大きいダンゴサイズで強く握って1分、極力小さくにぎって15-30秒の割れ具合です。最初はチヌパワーなしの水800ccで始めて、早割れしたり底まで持たない時にチヌパワーを少しづつ足していきます。それに応じて海水も少量づつ足してゆきます。このレシピでチヌパワー200ccも入れるとかなり粘りが出てスーッと割れにくくなるので注意です。ものの本に書いてあるより海水量が多いと思いますが、私はこれが一番握りやすいです。こんなダンゴで、基本浮きトップは水面ぎりぎりで割れると浮くという風にしています。ウキが浮いて直後~15秒位までにクロダイが当たることがほとんどす。大抵、前あたりのツンッという小さい鋭い動きの直後にウキが消しこむので直後に合わせています。口に針がかりしていることが多いのでちょうどいいようです。早合わせして釣れたことがないので、最近は早合わせしていません。ウキが数秒間も途中まで沈んで止まるのは居食いの可能性があり合わせますが。釣れない時はウキ下を少しづつはわせるように長くしてゆきますし、流す時間も多くします。エサは私は理由のない自分勝手なこだわりがあってオキアミとサナギベースの練り餌(自作)、コーンしか使いません。オキアミ→サナギ→コーンと餌取り状況に合わせてローテーションしています。上級者ではないですが、潮や天候がクロダイに悪くなければ半日の釣行で3回に2回は釣れます。クロダイが釣れなくてもメジナやカサゴはおかず程度には釣れますのでおかずのボーズはほとんど無いです。ちなみに、餌が底を這わない方がクロダイ以外にはいいようで、日和見して何でもいいから釣れてくれというときは這わせません。この辺がクロダイ釣り師としては失格ですが、五目釣り師がダンゴでクロダイメインに釣りをしているというイメージです。参考になるでしょうか?
    • good
    • 7
この回答へのお礼

大変ありがとうございます。
まだまだ初心者の自分には、大変に参考になりました。
特に、チヌパワーを入れると粘りが出てくるとは、気づきませんでした。ただ、闇雲に入れて混ぜん込んでました。
本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/22 17:58

はじめまして。



黒鯛をメインに磯釣りを楽しんでいる者です。

普段は、一年を通しウキフカセメインなのですが、梅雨明けぐらいから秋までの間は、
エサ取りの多さからダンゴ釣りに切り替えて釣りをしています。

ダンゴ釣りで大事なのは、ダンゴの割れ具合です。
ダンゴが柔らかすぎてもいけないし、硬すぎてもいけません。

ダンゴのベースには、各メーカーで販売されている集魚材を基本として
その他に粘りを出すものと、バラケさせるものを用意します。
これらの材料を全てメーカー製集魚材で用意するのもいいですが、
それですと結構お金が掛かりますので、私は砂や米ぬかなどを使用します。
砂は、近くの海岸で採取します。
次に米ぬかは、近所のお米屋さんで5kgや10kg単位で購入しています。
あと、エサ取りをかわすため、押麦も使います。

メーカー製ダンゴ用集魚材:1袋
メーカー製荒引きさなぎ :1袋(バラケ系)
アミエビ :4~6kg(粘り系)
米ぬか :適量(粘り系)
砂 :適量(バラケ系)
押麦 :1~2kg

米ぬかと砂の量は、何時間の釣りかにより分量を変えて下さい。
また、両材料は、ダンゴの硬さ調整用に多めに持っていって下さい。
アミエビは、集魚目的で多めに入れますが、入れれば入れるほど粘りが強くなるのを覚えておいて下さい。
砂は、バラケさす為の材料なので、晴の日に行って乾いた砂を採取して下さい。

釣り始めは、柔らかめのダンゴで魚を寄せます。
ある程度魚が寄ってきたら硬めに握って下さい。(寄った魚がダンゴを割ってくれる為)

あともう一つダンゴ釣りで大事なのは、タナの設定です。
ダンゴが割れた時に、ツケエが海底に留まるのが理想です。
いわゆるハワセです。ご自身が、ダンゴの割れた時が分かって、尚且つ、魚がツケエを
喰ったときのアタリが分かるハワセにタナを調整して釣りをして下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
頑張ってチャレンジしてみます。

お礼日時:2009/07/29 22:29

禁止のところもありますが、赤土がいいですよ。

にごりが出てそれが良いらしいです。
私の父は赤土とさなぎ粉だけの団子に、生ミックという冷凍練り餌をつけ餌で数、型ともに結構釣ってましたよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
赤土を使用する人もいると聞いてはいるのですが、何を混ぜているか分かりませんでした。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/07/26 11:39

自分の場合、和歌山なので紀州釣りですが・・・



自分のダンゴの配合は

米ぬか   5
砂     3
サナギ粉  1
麦     1

これが基本です。

あとは、好みで集魚剤を入れて下さい。

でも、自分は集魚剤は使いません。
使わなくても釣れるので・・・。
集魚効果を上げたい場合は麦とサナギ粉を増やします。
それだけで十分!

バラケやすくするには砂を増やし、
水深が深い場合などは、アミエビを入れ粘りを出し割れにくくします。

でも、ダンゴはそんなに関係ないと思います。
それよりも釣果に直結する、重要なことがあります。

それは、ダンゴとさしエサとの同調です。

ダンゴ釣りは、これだけです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます。
機会がある時に教えてもらったダンゴ配合にチャレンジしてみます。

お礼日時:2009/07/22 17:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安くつく撒き餌

できるだけ撒き餌を安くするには何を使えばよいでしょうか?
やはりアミエビやオキアミのブロックを使うのが一番安いですか?

Aベストアンサー

コマセの金額は切実な問題です。
高いの買えば釣れるというわけでもありませんし。でも釣具屋さんにいくと高いほうが釣れる気がしてくるし…。

釣具店を利用するということを前提で

まず安く買えるところを探す。オキアミブロック(3kg)の値段はピンからキリまであるので一番安い所で購入する。
当方では、650円~1000円ぐらいが相場で、大型店で安く購入できます。
集魚材も割引率の良い所で購入する。もしくは安い集魚材を使用する。
付け餌はブロックから取る。
すると、オキアミ3kgと集魚材1袋で半日分として、1000円ちょいで用意できます。

でも、クロダイ狙いの時など、集魚材にさなぎミンチにアミにオキアミやなんやかんやブレンドしたりして幾つも買って、付け餌でオキアミに練り餌にコーンetcなどなど、気づいたら餌にいくら使ってんのって感じです。

まきゃいいってモンじゃないですけどね。

自分の餌代より高いですし(笑)
重いの背負って一日かけて、で、その釣果は…(泣)
家に帰れば、魚屋さんで買ったほうが安いジャンみたいな…。

たまの釣りなので、ついついとお金かけちゃうんですよねー。

すみません。このようなところで愚痴がでてしまいました(笑)

本当に餌代安くて釣れるのが理想ですね。
回数を重ねると、餌代かけずに釣れるようになるとおもいます。

コマセの金額は切実な問題です。
高いの買えば釣れるというわけでもありませんし。でも釣具屋さんにいくと高いほうが釣れる気がしてくるし…。

釣具店を利用するということを前提で

まず安く買えるところを探す。オキアミブロック(3kg)の値段はピンからキリまであるので一番安い所で購入する。
当方では、650円~1000円ぐらいが相場で、大型店で安く購入できます。
集魚材も割引率の良い所で購入する。もしくは安い集魚材を使用する。
付け餌はブロックから取る。
すると、オキアミ3kgと...続きを読む

Qチヌだんご釣りについて

だんご釣りとはエサとり対策に効果大と聞きました。
簡単なだんごの作り方/効果的な方法をご存知の方教えてください。
サバのエサとりが多く難儀しています。

Aベストアンサー

ダンゴ作り
1、ダンゴの配合種類
米ヌカ、砂(なるべく細かい砂)、チヌパワー、オカラダンゴ、荒びきサナギ
2、配合 (2~3時間分)
米ヌカ:砂 3:1、チヌパワー、オカラダンゴ、荒びきサナギ、各半袋
3、ダンゴの硬さ
ダンゴの硬さは潮の流れ、餌取りの状態等により違います。
目安は"耳たぶ"の硬さです。(人によって違いがありますが・・・)
ダンゴを10回程握り、親指で押すと2つに割れるぐらい、もしくは、握った後の手にはダンゴの残りがついていますので、両手で叩くと手についているダンゴの残りが全て取れてしまうのが適当だと思われます。軟らかいと沈下途中で自爆する事が多く、逆に硬すぎるとなかなか割れないダンゴになるでしょう。少しパサパサしている様な感じにします。

ダンゴ釣りのタックル
竿ですが、先調子で1.8メートルの物を使用します。自分は櫻の西海3号(グラス製)、大物狙いに櫻伊勢6号を使っています。先調子で、綺麗な弧を描く様な曲がり方をするので、特に愛着があります。最近は、カーボン製が主流ですが、曲がりすぎて、"弧"というよりもコの字に曲がっている物が多く、貧弱に見えて好きになりません。(これは、個人の自由です)
リールはバイキングST-44を使っています。ガン玉のBでもスムーズに落ちるように改良しています。リールはどんなタイプでも構わないのですが、上向きの両軸受けリールより下向きのリールの方が幾分誘いやすい様に思います。
 ラインは東レのLハード1.7号、2号を使用しています。もっと細くなければ釣れないと言う人もいますが、これぐらいの太さでも十分に釣果があります。他のメーカーのラインで、色がついている物がありますが、自分は特にこだわっていませんが、白色より茶色が良かったと言う結果が出るかも知れませんので、試してみるのも、1つの勉強でしょう。
 オモリはガン玉の3B~5号を使用しています。潮の流れが速いときは3B~2号、流れが遅い時は2号~5号、流れがほとんど無い時は5号かオモリ無しにしています。アタリが小さい時は、1つづつ小さいオモリに替えていきます。オモリの位置は針から10~30cmぐらいにして、アタリが小さければ小さいほど針に近づけていきます。近づけても10cmまでにします。
 針は3号~5号を使っています。軸の細い物を選んでいます。偶々かもしれませんが、色は銀系より黒系の方が釣れている様な気がします。
 仕掛けはサルカン等を使わずに道糸ハリス通しにしています。サルカン等を使うと結束力が若干落ち、高切れなどが発生する可能性があります。
 餌ですが、主に川エビ(シラサエビ)を使っています。生きた元気な川エビを死なせない為に軸の細い針にチョン掛け、内掛けにしています。死んだ川エビを使うと食いが格段に落ちます。他にオキアミ、アケミ貝を使っています。

釣り方
 次に釣り方を説明しますが、これで絶対釣れるわけではないので、100通りある内の1つだと考えてください。
 まず、釣り座を決めたらダンゴを10個ほど撒きます。撒くといっても、ただがむしゃらに撒くのではなく、自分を基点として扇状に撒きます。撒いた後に仕掛けを準備します。仕掛けの準備が出来たら、餌を針に付けダンゴに包みます。ダンゴを握る時10回程握ります。そして静かに海へ落とします。ダンゴをドボン、ドボンと投げ捨てる人もいますが、音を立てる事が嫌いな人もいますので、他人に迷惑にならないように気を配ってください。ダンゴが底に着いたら、穂先にダンゴの負荷が少しだけかかる様にして、竿受けに置き、ダンゴが割れるのを待ちます。(底に着いて20~30秒位で割れるのが、理想です。)ダンゴが割れると、穂先が一旦上に上がり、オモリ負荷分また、下がります。10秒位待ってアタリがなければ、餌を底につけたままで、潮下にゆっくり動かし誘います。1メートル位誘い、アタリが無ければ仕掛けを上げ、後は繰り返します。
アドバイスとして、ダンゴがなかなか割れないときは少し水を入れてみるか、ダンゴを握る時の回数を少なくしてみましょう。沈下途中で割れてしまう時は、少しずつオカラダンゴか米ヌカを足してやりましょう。
アタリと合わせ
 アタリは千差万別。その時その時によって違います。今回はこの釣り方の代表的なアタリとアワセ方をご紹介しましょう。黒鯛と餌取りとのアタリを比較すると長続きする光景がよくあります。最初はコツコツ、その後グーッと海中に穂先が入るアタリは、グーッと入った瞬間にアワセます。最初からゆっくりスゥーッと入るアタリは、20センチ位送り込んでから一気にアワセます。穂先がコツコツあった後、曲がっていた穂先が、フワッと上に上がるアタリは、食い上げなので即、アワセます。他にも色々あるのですが、表現が難しいので、これ位にしておきます。黒鯛が釣れた時のアタリを覚えておくのが一番いいでしょう。(黒鯛のアタリだとわかっていてもアワセずに見ておくのも良い勉強です)冗談は置いといて、初心者の人はどんなアタリでもアワセ、魚のアタリを覚えていくのが上達の早道でしょう。また、わからないことは、人に聞いて見るのも良いでしょう。
意外と教えてくれるもんですよ。「聞くのは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥」
最後に
 釣り終わって帰る時、足元周辺にはダンゴで汚れています。次の人の事を考えて綺麗に水で流しておきましょう。"立つ鳥後を濁さず"
 筏やカセに乗る時は、他の人も乗る場合があるのでエチケット、マナーを守り、釣りの輪を考えて、トラブルの無い楽しい釣りを心がけましょう。知らない人と話をしていて勉強になる時もあります。
 筏やカセに乗り、他人に迷惑がかかる事は絶対にやめましょう。
http://www.daiwaseiko.co.jp/fishing/expert/koikejsp/dango.html
PS参考になるかと思い参考サイトを張ります参考に、なれば幸いです

参考URL:http://www5.nsk.ne.jp/~macchan/page007.html

ダンゴ作り
1、ダンゴの配合種類
米ヌカ、砂(なるべく細かい砂)、チヌパワー、オカラダンゴ、荒びきサナギ
2、配合 (2~3時間分)
米ヌカ:砂 3:1、チヌパワー、オカラダンゴ、荒びきサナギ、各半袋
3、ダンゴの硬さ
ダンゴの硬さは潮の流れ、餌取りの状態等により違います。
目安は"耳たぶ"の硬さです。(人によって違いがありますが・・・)
ダンゴを10回程握り、親指で押すと2つに割れるぐらい、もしくは、握った後の手にはダンゴの残りがついていますので、両手で叩くと手についてい...続きを読む

Q黒鯛釣りの人にとってのだんご釣りって?

ダンゴ釣りを数回経験して黒鯛ダンゴ釣りにはまりそうな初心者です。少し気になることを小耳にはさんだので教えていただきたく質問させていただくことにしました。まず、「ダンゴ釣りは嫌われる」というようなことを聞いたのでそのことから・・・流れのあまりない貯木場などでのダンゴ釣りは誰にかはちょっとわかりませんが、嫌われているからあまりやらない方が良いというようなことを聞きました。貯木場でよくつれるということを聞いたので、今度大量のダンゴを手に絶対釣りに行こうと楽しみにしていた矢先の情報なので少し不安になってしまいました。少し調べると落とし込みをやっている人もいるようで、その人達に迷惑なのでしょうか?それとも、その近くの工場の方に迷惑なのでしょうか?私は堂々とダンゴ釣りを楽しんでよいのでしょうか・・・?一般的にダンゴ釣りを嫌がる場所や、条件みたいなものなどはあるのでしょうか?
もう一つお願いします。以前「ダンゴに赤土は禁止」というようなことを聞いたことがあります。単純な私は赤土を混ぜると釣れるんだ!などと思っていましたが、どうやら違うらしいことが判明いたしました。なぜ赤土は禁止なのですか?
変な疑問ですみません。ぜひ教えてください。お願いします。

ダンゴ釣りを数回経験して黒鯛ダンゴ釣りにはまりそうな初心者です。少し気になることを小耳にはさんだので教えていただきたく質問させていただくことにしました。まず、「ダンゴ釣りは嫌われる」というようなことを聞いたのでそのことから・・・流れのあまりない貯木場などでのダンゴ釣りは誰にかはちょっとわかりませんが、嫌われているからあまりやらない方が良いというようなことを聞きました。貯木場でよくつれるということを聞いたので、今度大量のダンゴを手に絶対釣りに行こうと楽しみにしていた矢先の情...続きを読む

Aベストアンサー

近くでフカセなどをやっている人がいるのなら、一番嫌われるのはダンゴ投入時の音だと思います。足元ではなく数m先にポイントを作る場合だと、どうしても「ドポン」という音がしてしまいます。ダンゴ投入用の先にカップのついた竿を持参すればマシになりますが。

流れのない場所でのダンゴ釣りが嫌われる、というのなら、「釣り場が荒れる」という理由かもしれません。特に赤土はヘドロ状に堆積して海底を覆ってしまいます。本来砂地であった所が赤土で覆われると、従来いた生物がいなくなってしまい、その為に魚も集まらなくなってしまうわけです。海釣り公園などでは赤土は勿論、集魚剤の使用も禁止している所が少なくありませんが、主に海底が体積ヘドロで汚れるのを嫌っている為だと思います。

赤土を混ざる理由は、主として「にごり」を出す為です。ダンゴまわりが澄み切っているよりはもわ~っと濁っているほうがチヌの関心を引くということです。
また、赤土の重さと粘り気でダンゴがまとまりやすいという点も理由のひとつです。

特に禁止されているのでなければ、堂々とやって良いとは思います。

蛇足で、なおかつ大きなお世話のお話を。
貯木場というのは木についた虫が落ちてくる為なのか、私の地元でも良い釣り場でしたが、同時に奇形が多い事でも知られていました。材木に振り掛けられた農薬の類いが溶け出して魚にワルサをしている、という風評がありました。まあ、ずいぶん昔の話ですし、現在は貯木場そのものが亡くなりましたので真偽のほどはさだかではありませんが。

近くでフカセなどをやっている人がいるのなら、一番嫌われるのはダンゴ投入時の音だと思います。足元ではなく数m先にポイントを作る場合だと、どうしても「ドポン」という音がしてしまいます。ダンゴ投入用の先にカップのついた竿を持参すればマシになりますが。

流れのない場所でのダンゴ釣りが嫌われる、というのなら、「釣り場が荒れる」という理由かもしれません。特に赤土はヘドロ状に堆積して海底を覆ってしまいます。本来砂地であった所が赤土で覆われると、従来いた生物がいなくなってしまい、その為...続きを読む

Q紀州釣りダンゴを30秒以内で割れる配合

紀州釣りダンゴを30秒以内で割れる配合

ボール24型 ヌカ7杯砂3杯 粗引きサナギ半袋 オカラダンゴ一袋でダンゴを作るとエサ取りが全くいない状態で割れるまで2分近くかかってしまいます。

よく15秒くらいで割れるようにしている人などがいるみたいですが、どんな配合にすればそんなに早く割れるのでしょうか?

Aベストアンサー

ダンゴの割合は個人の経験と試行錯誤の「必殺レシピ」と思いますので、このレベルでコントロールするような人は恐らく誰も教えてはくれないでしょうね。。。

ただバラける素材の割合を増やすと割れやすくなります。しかしバラける素材(砂など)は集魚効果が薄いものが多いのが難点ですよね。なので私的に便利と思ってるのは「フカセ釣り用の配合エサ」です。チヌ用は深場までエサが届くように固まりで落ちていきやすく匂いがきつい物が多いです。グレ用は浮かせる為に比重が軽く程よく纏まるがバラけやすいという配合のものが多いです。でも、これらは釣りの性質上、海水とまざるとバラけ易いです。

それから「押しムギ」。これは固めてもバラけません。殆どの配合えさに含まれていてチヌには非常に効果的です。

最後は「握り加減」「水加減」です。如何なるダンゴもこの加減次第でいろんな変化をするでしょう。

後はチヌがすきそうな色んな物、色んな釣りを見て使えそうなものをを配合して丸めて海水に漬けて試行錯誤するとよいです。

Q紀州ダンゴ釣りのダンゴの投入コツは

港湾内周辺防波堤でのダンゴ釣り(水深約6m)を棒ウキ使用で楽しんでいます。
1年ほどたちますが杓投げで遠投するコツがなかなかつかめません。
書籍にもここは詳細に触れていないようですが。
ダンゴの着水位置付近にウキを落とす何かコツはありますか?
ちなみにダンゴの手前にウキを落とすのは簡単ですが。
筏釣りや舟釣りなら問題はありませんが、防波堤ですので、
やはり遠投がいいようです。

Aベストアンサー

>>ダンゴを投げる体勢にした時、竿は当然ほぼ水平に位置させるかと思いますが(しゃくる為)道糸は相当たるませていますか>>
自己流ということで話します。最初は本でみた通り道糸をかなりたるませていましたがウキがやたら手前に落ちるので,思い切って道糸のたるみをほんのちょっとだけにしたらうまく飛ぶので今はそうしてます。サオを水平ちょっと上向きぐらいな感じで構えてダンゴの入った柄杓を振りかぶるときに道糸が張らないぎりぎりよりよりほんのちょっとだけたるむ程度です。サオ長+数十cmくらいでしょうか。あとはダンゴが着底した直後にサオを大きくしゃくってダンゴのところまでウキを飛ばすイメージです。
>>リールはレバーブレーキ式のほうがしゃくり上げた時指を離す具合が取り易いでしょうか。まだ一般のスピニングリールですが>>
私は左利きのくせに最初に付けたリールの向きが右利き向きだったのでそれに慣れてしまい,そのまま逆でやっています。そのため道糸を指でかける動作が人と違って特殊です。それでもスピニングリールで全く問題ないので,どちらでも大丈夫と思います。それよりも,中通しサオのほうがしゃくったときのライントラブルがなくスムースですので,最近は中通しサオしか使っていません。上級者であれば1号とか1.5号のサオを使うのでアウトガイドでしょうが,私のようなレベルでは中通しのほうがかえって釣りやすいです。

>>ダンゴを投げる体勢にした時、竿は当然ほぼ水平に位置させるかと思いますが(しゃくる為)道糸は相当たるませていますか>>
自己流ということで話します。最初は本でみた通り道糸をかなりたるませていましたがウキがやたら手前に落ちるので,思い切って道糸のたるみをほんのちょっとだけにしたらうまく飛ぶので今はそうしてます。サオを水平ちょっと上向きぐらいな感じで構えてダンゴの入った柄杓を振りかぶるときに道糸が張らないぎりぎりよりよりほんのちょっとだけたるむ程度です。サオ長+数十cmくら...続きを読む

Qチヌパワーの配合について

チヌのコマセでチヌパワーという商品があります。

裏の配合例をみるとチヌパワー+アミエビ のほかにも2種類ほど違うコマセの商品を混ぜろと書いてあるのですが、全部混ぜないと効果はうすいのでしょうか?

Aベストアンサー

全くそんなことはないですよ。

私もチヌ釣りの際はこれをよく使いますが、いつもオキアミ2角にチヌパワー1袋
これに釣用押し麦を1袋混ぜて使います。
チヌパワーはコマセの中でも特に臭いが強く集魚効果の高い超寿命商品です。
更に効果を出したかったら濁りの強いオカラだんごや濁りだんごなどをブレンドすると
濁りに強く反応するチヌには最高のマキエになりますよ。
http://www.marukyu.com/marukyu/esa_kurodai_chinu/fukase_base.html#Anchor-23522

Qインターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインの磯竿1.5号を初めて使いました。
確かにガイドに糸が絡まなくて、最初は調子よかったのですがそのうち海水が絡んできたのか
糸が重たくなって、ほとんど糸がでなくなりノベ竿と同じでした。

メーカー名は書きませんが、量販店で聞いたところ安物ならそういうこともある、と言うことで大枚を払ってン万円の竿を購入したのですが、聞いていた症状と同じでして。

明日、竿の中をクリーニングするつもりですが、何か良い方法を教えてください。

それとも1.5のインターラインを買うなんてバカヤローだったのでしょうか。

道糸は昔のリールに付いていたナイロンの1.5です。

これもバカヤローだったんでしょうか。

以前からテレビでインターラインを見ていて、欲しかったのですがやっと購入して今日夜釣りにいってきました。

釣果は別として、糸が出て行かないのでたかが10mほど先のポイントに投入するのに全力投球です!

友人からはインターランイなんて止めておけと言われたのに買ってしまった、バカヤローですが後悔しても買ったものを捨てられないし。。。。。。。。

このバカヤローに良きアドバイスをお願いします。

インターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインの磯竿1.5号を初めて使いました。
確かにガイドに糸が絡まなくて、最初は調子よかったのですがそのうち海水が絡んできたのか
糸が重たくなって、ほとんど糸がでなくなりノベ竿と同じでした。

メーカー名は書きませんが、量販店で聞いたところ安物ならそういうこともある、と言うことで大枚を払ってン万円の竿を購入したのですが、聞いていた症状と同じでして。

明日、竿の中をクリーニングするつもりですが、何か良い方法を教えてください...続きを読む

Aベストアンサー

私は
インターラインが出た当時から愛用しています。
今はシマノの極翔が3本とBB-X XTが2本です。
磯のフカセ釣りと渚のチヌ釣りです。

浮はグレックスのG2中から2B中を使っています。
道糸は、皆さんが嫌うPE2号です。
高場からなら30mぐらいなら遠投出来ます。
私の行く所は足元から遠投20mぐらいの所ですので、問題ありません。
渚釣りは1号自立棒浮きですので、20~25mは楽勝です。

毎回使用後に水道水を通し、乾燥させます。
2~3回使ったら撥水スプレーを行います。
晴れた日なら問題ありません。
その代わり、雨の日は糸が出ません。
でも私の行く釣り場が足元からですので、10mも飛ばせば釣りは出来ます。

流行のスルスル釣りとか、
道糸を出して行く流し釣り?とかだと不向きだと思います。

いつも行く釣り場で使い分けするとか、
天気の確認とか、制約されることはあります。
よくやる竿先を水面に付けて糸を出すとかはやってはいけません。
一応竿ケースには
普段使うインナー1.5号と予備の2号とアウトガイド1.5号の竿を入れています。

最近はやらなくなりましたが、
夜釣りとか風の強い日のライントラブルはほとんど無かったです。

欠点より利点が目立つ様に上手に付き合うようにしてあげてください。

私は
インターラインが出た当時から愛用しています。
今はシマノの極翔が3本とBB-X XTが2本です。
磯のフカセ釣りと渚のチヌ釣りです。

浮はグレックスのG2中から2B中を使っています。
道糸は、皆さんが嫌うPE2号です。
高場からなら30mぐらいなら遠投出来ます。
私の行く所は足元から遠投20mぐらいの所ですので、問題ありません。
渚釣りは1号自立棒浮きですので、20~25mは楽勝です。

毎回使用後に水道水を通し、乾燥させます。
2~3回使ったら撥水スプレーを行います。
晴れた日なら問題ありません。
その代...続きを読む

Qふかせ釣りで、軽い仕掛けで流れが早い時は・・・

ふかせ釣りを始めて20年近くになります。
一昨年から軽い仕掛けでふかせ釣りを行うようになりました。
数年前から「B」以下の仕掛けでしたが、
「G2」ぐらいの浮きを使うようになり、
去年からは浮き負荷「0~G2」で全遊動などのハリスには「G2~G5」ぐらいの錘だけの仕掛けで行っています。

昨日も磯釣りに行ったのですが、
あいにくウネリがあり、潮の流れがかなり速く流れるように動いていました。

そこで本題ですが、
流れるように早い潮の場合、軽い仕掛けだと釣りたいポイントに入れれません。
流れが速く仕掛けが浮いてしまい餌の有る棚が分かりません。
こういう場合、皆さんはどうしていますか?

私は「へたれ」なので波が高い時など怖くて行かない様にしています。
渡船なので、安全な所でないと降りませんし、地磯などに降ろしてもらいます。
昨日は、たまたまあまり乗らない磯に何年かぶりに乗りました。

Aベストアンサー

#1さんの補足の沖で浮き上がるのは#1が言われるようにサラシの湧き返しによる湧昇流のためですね。

湧昇流に乗ってしまうならその流すラインは絶対に外すべきですね。
これはサラシがきつい時に良くあるケースですが、この場合だとマキエとツケエも同調せず
いくら沈めても湧昇流の方が強いので浮き上がってきます。

そのような状況ですと水中での仕掛けの流れ方もかなり速くなりますから、この低活性時には
よりマイナスな要因のみになります。

磯全体が湧昇流と言うことはあり得ませんから、どこかに潮の壁やヨレがあるはずです。
それがサラシの左右か、湧昇流の先の30m付近かは磯の形状や潮の状況にもよって違いますから
自分を中心に半径30m近くの海面の状況で、サラシの影響がなく尚かつゆるやかに潮が流れている
場所を見つけ出すのが先決ですね。

どこかにはそんな場所があって、そんな場所では水深があっても結構早いタイミングで
グレはマキエに反応して浮き上がってきてツケエを喰うものです。

海面は全く同じような状況に見えても15m先は強い横流れだけど20m以上は僅かに斜め沖に
流れていたりしてそこまで遠投して流し出すと嘘のように釣れたりするのは良くあることです。

活性の高い時は1カ所でもかなりの数のグレがマキエに反応して湧き上がったりしますが
低活性時は個体数も少ないので1、2匹続いて釣れてもパッタリ喰わなくなったりよくします。
こんな時はちょっと離れた位置の潮の良さそうな場所にマキエを打つとフレッシュな魚が
反応してまた何枚か釣れると言うことが良くありますから、あっちゃこっちゃ釣法も私は良くしますよ。

ガン玉の6号、7号は良く使いますね(8号はごく緩い時で低活性時のアタリの出にくい時)
6号から8号は調整用ではなくほとんどが口オモリです。
常に仕掛けの流れ方を見て、ウキからツケエまでがより綺麗な「ノ」の字になっているように
ツケエが浮きすぎない、中間のガン玉によってハリスがL字にならないように最大の注意を払っています。

私はド近眼のド老眼なんですが、小さなガン玉もメガネを外して目ん玉に入るぐらいの近さで
きちんと噛みつけていますよ。
この僅かな努力をするか、しないかで釣果が大きく変わったりしますからね。
ですからガン玉はすべて買ってすぐ一つずつめいっぱい綺麗に爪で開いてケースに入れています。

それと気になったのがG3のウキにG5のガン玉という点ですね。
これでは設定浮力以下でウキがより海面に浮きますから、風の影響も受けやすくなりますし
グレがツケエを含んだ時にも強い抵抗感を感じますから、ツケエを離すケースも出てくると思います。

通常は設定通りでも更に余浮力がありますから、私はその余浮力も極力減らし出来る限り
口に含んだときに抵抗感がないように気をつけていますね。

#1さんの補足の沖で浮き上がるのは#1が言われるようにサラシの湧き返しによる湧昇流のためですね。

湧昇流に乗ってしまうならその流すラインは絶対に外すべきですね。
これはサラシがきつい時に良くあるケースですが、この場合だとマキエとツケエも同調せず
いくら沈めても湧昇流の方が強いので浮き上がってきます。

そのような状況ですと水中での仕掛けの流れ方もかなり速くなりますから、この低活性時には
よりマイナスな要因のみになります。

磯全体が湧昇流と言うことはあり得ませんから、どこかに潮の壁...続きを読む

Qチヌ竿と磯竿の違い

磯釣りを始めてすでに20年以上経ちます。

竿は磯竿を使っています。
チヌ竿は使ったこと無いです。

今は、ダイワのメガディス競技1.5-520・DXRメタルトップ1.5-530で
ほぼ全ての磯釣りテトラなどふかせ釣りを行っています。
渚釣りと夜釣りにはNFTのIG-ハイスピード極翔1.5-530を使っています。(かなり古いです)

そこで質問ですが、
チヌ竿と磯竿はどう言った違いが有りますか?
使ったことが無い(チヌ竿の必要性を感じない)ので、違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

私の回答はウザイかもしれませんが、質問者さんの質問内容とかけ離れた回答が多いので
私の知っている範囲でちょっと説明させていただきます。

一般的にメーカーの言う磯竿と言うのは基本的にグレ釣りに適した竿を言い(上級機種と
万能竿に近いような1万円以下では違いますので、あくまで中級クラス以上)
#2から#3竿を支点として曲がるいわゆる7:3調子ぐらいが大半だと思います。

それにもうちょっと#3、#4に張りを持たせて積極的にロッドワークで短時間にグレを浮かせる
競技会向けの8:2調子の竿など(がまかつグレ競技SPECIALなど)の先調子の竿も少数ながらあります。

同じグレ竿でも尾長専用になると、積極的に竿尻を肘に当てて軽やかにロッドワークでなど
無理なので6:4調子の胴調子ながら非常に反発力があり、尾長の突進に両手でタメていると
徐々に魚が浮いてくる調子もありますが、大半は7:3調子がメインになっています。

対象魚のグレとチヌは今さら説明するまでもないと思いますが、グレは岩礁やテトラなどの
くぼみや穴に基本的な住み家をを持っているいわゆる根に着く魚ですが、チヌは海底付近にはいますが
決まった住み家は余り持たず、回遊しながらいろんなエサをあさっている魚なので深い岩礁にもいますが
海岸や河口の極浅い1m以内のシャローにもごく普通にたくさんいます。

グレはこうした住み家からマキエで浮上させて釣るので、針に掛かった魚は一気に自分の住み家に
戻ろうとして下に突っ込みますから、柔らかい竿では瀬切れしたり根に張り付かれたりしますから
ある程度ロッドワークで主導権を取って浮かせないと切られてばかりになりますから上記のような
先調子の竿が多くなっています。

対してチヌはハリ掛かりするとゴンゴンと首を振ってハリを外そうとするような行動を取り
竿が強く硬いとよりゴンゴンと激しく抵抗しますから、先調子の張りのあるグレ竿ですと
手元への負担も大きくなり、魚が暴れるので海藻に巻かれたり、カキに触れてハリス切れなどを
起こしやすくなります。

ですからチヌ竿はこのゴンゴンと言う衝撃を吸収して魚にも優しく暴れさせないように竿全体を
曲げて柔らかいやり取りをして魚を浮かすように6:4調子や5:5調子のように胴調子の竿が多く
チヌは大型でもグレのように根に張り付いたりせずに、根に沿って走ったりしますから、柔らかい
竿を思い切り曲げてゆっくりと泳がせながら徐々に浮かすというやり取りに向くように設計されています。

そのように、対象魚の性質に合ったように専用設計されていますから、#2さんが言われるように
メーカーが勝手に言っている訳ではなく、落とし込みや前打ちロッドは(落とし込みは随分夢中になって
竿も当時のリョービの上級ロッド3本を使い分けていました)目印やラインのほんのちょっとの
変化を鋭く掛け合わせて瞬間的にヘリやテトラから引き離すように9:1調子に近いような
非常に先調子の掛け調子で、魚が突っ込むとそこから徐々に曲がっていくような、やはり
専用設計された竿で、ガイドだけが違って元竿は同じなんてことはありませんね。

私の回答はウザイかもしれませんが、質問者さんの質問内容とかけ離れた回答が多いので
私の知っている範囲でちょっと説明させていただきます。

一般的にメーカーの言う磯竿と言うのは基本的にグレ釣りに適した竿を言い(上級機種と
万能竿に近いような1万円以下では違いますので、あくまで中級クラス以上)
#2から#3竿を支点として曲がるいわゆる7:3調子ぐらいが大半だと思います。

それにもうちょっと#3、#4に張りを持たせて積極的にロッドワークで短時間にグレを浮かせる
競技会向けの8:2調子の...続きを読む

Q堤防での釣り。風速何mまでなら問題なくできますか?

こんにちは。
女だけのグループで釣りに行き、その楽しさにはまってしまった者です。
今年もグループで釣り(堤防で投げサビキ)に行くことになりました。
候補のひとつの釣り場の風速予想は5~7mとのこと。
しかし5~7mと言ってもどの程度の風なのかわかりません。

と、言うのもl昨年、風のとても強いときがありました。
風で仕掛けが作りにくかったり、軽いものが飛んでいってしまったり結構たいへんでした。
そのときの風速値を帰ってから見ておけば良かったのですが…
あの風は何mだったのか数字でわかりません。
気象について詳しい人もひとりもおらず…(^^ゞ

あのときのような風ならば、またたいへんな思いをするだけなので今回は行くのは止めようということになっています。

風の感じ方は人それぞれと思いますので一般的なご意見で構いません。
5~7mの風とは支障なく釣りができる風速でしょうか?
何mを超すと釣りに支障があるのでしょうか。
ちなみに陸から海への追い風です。

やさしく教えていただければうれしいです(*^_^*)
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

植木の葉っぱがずーとバタバタと揺れている、旗がずーとバタバタと揺れている
台風来たの?と思うようなのが風速5mです。

防波堤に置いた物が風で飛んでいくのが5m

海に落ちそうになるのが7m

普通は、釣りに行ってはいけない風速です。

風速1.5mの天気予報まで待ちましょう


人気Q&Aランキング