この3人の方の名前の読み方がお分かりになる方、教えて下さい。

白川道さんは、作家さん。

平野威馬雄さんは、仏文学者で平野レミさんのお父上。

佐藤美子さんは、おそらく声楽家で、平野レミさんの先生。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

回答は出ているようですが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「白川道 Shirakawa Toru」
http://webcat.nii.ac.jp/
(Webcat)
ここで「著者名:平野威馬雄」と入れて検索⇒詳細表示
・ヒラノ, イマオ

ご参考まで。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/naokiaward/senkoh/sen …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
助かりました。

お礼日時:2003/04/04 08:32

白川道   いらかわとおる



平野威馬雄 ひらのいまお

佐藤美子  さとうよしこ

白川道は間違いありません。
ふりがなを打った本が手元にありますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答、ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/04 08:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q湊川理恵さん(BL作家さん)の作品

こんにちは。よろしくお願いします。
湊川理恵さん(BL作家さん、角川ルビー文庫等で過去に出版されてます)の作品が大好きで、読みたくて探しています。

特に「春ちゃんシリーズ」が読みたいです。
文庫本で出版された三冊(春いちばん、秋色の女神、クリスマス・ラブ)と、もう一冊(作家さんの話)は購入済みです
角川書店のHPでみても、それ以降の作品は出版されていないようなんですが、もう春ちゃんシリーズはこれで終わりなんでしょうか?
それとも文庫本化されずに、どこかの商業誌でご活躍なさってるんでしょうか?

少しでも情報をお持ちの方、よろしくお願いいたします。
もちろん他の作品の情報もお待ちしております。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も春ちゃんシリーズ、第一巻を図書館で借りて読んだことがあります。
なので図書館のインターネットOPACで調べてみましたが、この方の作品は1999年~2000年にかけてしか出版されていないみたいです。


【ちなみに、以下が出版本】
春いちばん/角川ルビー文庫
秋色の女神/角川ルビー文庫
クリスマス・ラブ/角川ルビー文庫
キスがご褒美/角川ルビー文庫
素直になれなくて/クリスタル文庫


Googleでこの作家さんの名前を検索してみましたが、ほとんどありませんね。
多分、今は商業誌活躍されていないのではないでしょうか?
雑誌で商業誌活動されているのであれば、何件かヒットさせるはずですので・・・。
もしかしたら作家名を変えて活躍されているとも考えられますが(だたの推測でしかありません)、湊川理恵さんについては作品数も少なく良く分からないのが現状です。

春ちゃんシリーズの方は直接出版者様に問い合わせてはいかがでしょうか?
情報らしい情報でなく申し訳ありません。

Qカーツ佐藤さん

カーツ佐藤さん(佐藤克之さん?)の本を読もうと
思い、古書サイトを検索してみたのですが不思議なほど
情報が集まりません。出している本も1冊しか
わからない始末です。どのような本を書かれているのか
教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

すいません、どうしたのでしょう??
要するに amazon サイトで「佐藤克之」さんを検索すると
5~6冊ヒットします。やってみて下さいね。
http://www.amazon.co.jp

参考URL:http://www.amazon.co.jp

Qレ・ミゼラブル(佐藤朔 訳)わかりやすく解説した、HPなんてないでしょうか?

レ・ミゼラブル読んでます。が難しい~..となかなかページが進みません。邪道かもしれませんが、わかりやすく解説した、HPなんて無いでしょうか?どなたか教えて下されば幸いです。

Aベストアンサー

こんばんは。

こちらの個人サイトは、レ・ミゼラブルと
映画の「逃亡者」をなぞらえて
わかりやすく解説しています。

参考にどうぞ。



参考URL:http://www9.plala.or.jp/caminante/fugitive/mujou.htm

Q佐藤惣之助の『西遊記の一節』という詩を読みたいのですが…

佐藤惣之助の『西遊記の一節』という詩を読みたいのですが、どこでどういうふうに探せば良いのか分かりません。
本人の詩集、もしくはアンソロジー(現代日本人のユーモア文学3)で探したのですが、繁華街にある大きな本屋でも、図書館でも見つけられませんでした。
ネット上で通販できる、ここの図書館・本屋にならば置いてある、青空文庫のようなサイトで読める、等々の情報をご存じの方、ぜひぜひ教えてください。

Aベストアンサー

国立国会図書館の書誌を調べると、確かに「現代日本のユーモア文学第三巻」に載っていることがわかります。ただ、1980年の出版で、立風書房刊となると、まず新本での入手は不可能でしょう。
手に入れるやりかたとしては、
(1)「日本の古本屋」などの古本屋の総合検索サイトから探してみる。あればその古本屋に注文すればよいし、なければ「探求書」として登録しておけば見つかることもある
(2)単に読みたいということであれば、国立国会図書館にあることは確かなので、可能なら実際に行ってみるか、サイトから複写を申し込むという手もある
くらいでしょうか。神田神保町の古本街を一日ほっつき歩くというやり方もありますが、かなり運がよくないと難しいでしょう。

Q作家

南原英志さんという作家さんを知っている方、どなたかいらっしゃいますか?ペンネームなのか本名なのかはわかりませんが。

Aベストアンサー

国立国会図書館の蔵書検索で「南原英志」を著者名にして検索しましたが、1件もヒットしませんでした。
日本で一般に流通している書物は、必ず国会図書館に納めることになっています(100%納められているとは限りませんが)。そこに1冊の蔵書もないということは、著作物をものして生計をたてている「作家」ではないのでは?(同人誌の作家さんとか)
あるいは、お名前の一部が間違っているとか……?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報