本日は皆既日食がありましたが、過去に起きた時・場所と今後起きる時・場所を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

どうぞご覧ください。



参考URL:http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~x10553/
    • good
    • 0

理科年表、天文年鑑に詳しく載っています。

調べられては?
    • good
    • 0

http://blog.eclipseguide.net/?eid=944245

ご参考までに。

私も、「日食」関連の質問をして、教えて頂きました。

来年(西暦2010年)は、イースター島で「皆既日食」が見られるようですよ。
「行ってみよう」
と思うには、「か・な・り」遠い場所ですけど・・・。
(^^;
    • good
    • 0

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいつ金環日食がどこで起きるのか、いつおきるのかがわかる無料アプリありませんか? 金環日食に限定しなく

いつ金環日食がどこで起きるのか、いつおきるのかがわかる無料アプリありませんか?

金環日食に限定しなくても大丈夫です!!!

Aベストアンサー

国立天文台のサイトには、そういった情報が網羅されて載っていますよ。日本以外のものも含めて。
http://www.nao.ac.jp/astro/phenomena-list.html

Q宇宙のビッグバンについて。何も無いところでビッグバンが起きたなら、どうやって起きたんですか?何も

宇宙のビッグバンについて。
何も無いところでビッグバンが起きたなら、どうやって起きたんですか?
何も無いのに起こるんですか?
何も無いって言われてもどんなのか想像もできないし、物質とか空気とかそういうのがないならビッグバンできないと思いました

Aベストアンサー

アインシュタインは、「空間の重力ポテンシャルエネルギーの符号は負であり、それは物質(正エネルギー)の分布に比例するから、全宇宙のエネルギーの総和は常に0である」と指摘した。
つまり、存在と空間が同時に生じる場合は、先入的なエネルギーは不要である。

全ての存在は、量子的な不確定性に基づいており、無限に詰め込むと存在確率の山が平らになって、無と等しくなる。
この「絶対無=不確定性無限」において、その無限の闇に認識体の仮定断面(潜在的認識可能性)の運動(時系列化=プランク定数hの収束=物体収縮=宇宙膨張)を想定すれば、相対的に無の風は光になり、認識体はその光(感受表面(潜在的認識可能性)での量子相互作用パターン)の向うに、自己の補完(相補的不確定性)としての宇宙を認識するのだ。
自我仮説(記憶=時間の流れ=過去=超光速)と空間仮説(予測=空間の広がり=未来=光速下)の相補分化。

相対性理論の四次元時空の方程式において、時・空軸は虚数関係にあり、空間軸と時間軸の等距離点で相殺され、“ゼロの面(界面原点)”が生じる。
それが「ライトコーン」、すなわち光量子子の形成する面であり、光速以下の領域(未来)と超光速の領域(過去)を分ける界面原点なのだ。
そこにおいて、存在の階層現象性において超弦(量子定常波=光速)に還元される時、存在の依存する時空的広がり=非光速性は、物事を階層現象表面的に(=いい加減に)捉える事で二次的に派生している幻想だと言える。
(不確定性原理において、存在を確定化しようとすると無限不確定に発散する=いい加減に捉える事で有限な値(存在性)が可能になる事に通じる)

即ち、「何か有るんじゃないの?」という疑問(自我仮説)の相補として生じた時空仮説に対して、「本当はないんだけどね」という無の射影として、量子=存在は生じていると言える。
無いとは分からない事が有なのだ。

アインシュタインは、「空間の重力ポテンシャルエネルギーの符号は負であり、それは物質(正エネルギー)の分布に比例するから、全宇宙のエネルギーの総和は常に0である」と指摘した。
つまり、存在と空間が同時に生じる場合は、先入的なエネルギーは不要である。

全ての存在は、量子的な不確定性に基づいており、無限に詰め込むと存在確率の山が平らになって、無と等しくなる。
この「絶対無=不確定性無限」において、その無限の闇に認識体の仮定断面(潜在的認識可能性)の運動(時系列化=プランク定数hの収...続きを読む

Q皆既月食のとき月が赤くなることと普段の赤い月

今日の皆既月食に 月が赤くなるという現象は ネットで見てわかったのですが、普段でもときどき 赤い大きな月が地平線の近くで見えることがあると思うんですが、これらがすべて月蝕と関係するんでしょうか?月蝕ではなくても月が赤くなることはあるんでしょうか?

Aベストアンサー

空気中の汚れや水分の中を通って来る光は、波長の短い色は吸収されて波長の長い赤色だけが強調され、月や太陽、或はその周りの雲が赤い色に強調されて見える事が有ります。
見える角度が低い位置の時の月や太陽は、より長い距離地球の空気中を通過してくるために、空気の汚れや水分の中を通過する現象が強くなり、天空に有るときの太陽や月より赤く見える事が有るのです。
太陽は大変強い光でそれほどわかりませんが、太陽光の反射だけで見える月はその影響を強く受けるので、なおさら赤い月として見える事が有ります。

皆既月食時に月が赤い赤銅色に見えるのは、通常は太陽の光を直接反射している月が地球の陰に隠れて太陽の光を直接反射できず、地球の大気の中を通過した太陽光が僅かに反射して見えるので、波長の長い赤色だけの反射で赤い色に見え、それを見ている人はさらに空気中の汚れで薄黒い赤銅色と成って見えるわけです。

以上の様な理由で、「月蝕ではなくても月が赤くなることはあるんでしょうか?」のご質問のお答えとして、「条件がそろったときには良く有る事です」と言う答えに成ります。

Q金環日食の影

金環日食のとき、太陽が三日月のようになった状態で、木漏れ日を確認すると、食分の度合いが木漏れ日の光となりますよね。
そのとき、三日月ではなくリング状の状態では、木漏れ日はどう見えるのですか?

Aベストアンサー

リング状になります。
画像検索すると2012年のものがたくさん出てきますよ。
http://www.asahi.com/special/2012annulareclipse/gallery/001-nakanishi/014.html
http://www.astroarts.jp/photo-gallery/photo/1828.html

Q【宗教・五行】土星・木星・火星・金星・水星は五行に対応しており、太陽と月も陰陽に対応している。 こ

【宗教・五行】土星・木星・火星・金星・水星は五行に対応しており、太陽と月も陰陽に対応している。

これって陰陽師の陰陽五行だと思うのですが、五行の各5つの土星・木星・火星・金星・水星の意味を教えてください。

あと陰陽の2つの太陽と月の意味も教えてください。

この陰陽と五行は掛け算ですか?それとも足し算で別々の意味として陰陽と五行は扱うものなのでしょうか?

5×それぞれに2通りの全???通りという多数のパターンで扱うものなのでしょうか。

Aベストアンサー

土星=堅実、勤勉、忍耐力、農業
木星=発展、成功、幸運、名誉
火星=情熱、勇気、闘争、セックス
金星=愛、美、芸術、快楽
水星=知識、情報、機知、商才
太陽=活力、栄光、威厳、快活
月=感受性、母性、神秘、ロマンス

陰陽と五行は2×五行で10通りです。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報