アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

手形を取引先からもらいました。(金額は、\150,000)
そして、取引先から領収証と手形送付代金を送ってくれ。
と言われています。初めて、手形を扱うのでどうしたらいいのか、わかりません。とりあえず、領収証と送付代金を
送ろうと思うのですが、領収証の出し方さえわかりません。助けてください。 まず、領収証の紙(用紙)は、市販のものであればなんでもいいんですか?あと、但し書きには、なんと記入するのですか?ちなみに、\150,000なので、収入印紙は\200でいいですか?会社のはんこは、住所・法人名・代表取締役名+角印でいいのですか?
何個も質問してすみませんが、どなたか丁寧に教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2の追加です。


>取引をしている銀行とは、弊社の取引銀行ということですか?

そうです。

>あと、裏面に裏書して渡すというのは、法的に、債務保証するということとは、違うのですか?

債務保証とは違います。  
裏書とは、手形の裏面に手形の移動の経過を記載するものです。
それと同時に、その手形が不渡りになった場合は、受取人や取立を依頼した銀行に返済する責任が生じます。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~VR5J-MKN/112-1.htm
    • good
    • 0

手形で受け取っても、現金で受け取っても、領収書の記入方法は同じです。


市販の用紙で問題ありません。

領収書の但書きの欄には、「商品代として、○○年**月**日付約束手形にて受領」などと書きます。

割り引かない場合は、遅くても、手形の支払期日の1週間ほど前までに、取引をしている銀行に取立の依頼をします。
その場合、約束手形の裏面の裏書欄に住所・法人名・代表取締役名を記入して、銀行取引印を押します。

印紙は、受取金額によって違いますが、15万円であれば200円の印紙を貼ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
取引をしている銀行とは、弊社の取引銀行ということですか?
あと、裏面に裏書して渡すというのは、法的に、債務保証するということとは、違うのですか?

お礼日時:2003/04/04 18:17

こんにちは、


手形は、現金をもらった場合とまったく同じで
考えてください。
ただ違うのは、現金になるには何日もかかりますが。
銀行で現金に替えてくれます。手形のサイトによって
割引料も変わります。
領収書の書き方は、貴方の言う通りです。
印紙も¥200円でよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
そうですか、現金と同じで考えればいいのですか。
領収証の書き方ですが、但書きの欄には、なんと記入したらいいのでしょうか?現金と同じということは、〇○のロイヤリティとして と記入したらいいんでしょうか?(約束手形という言葉はいらない?)
あと、割引かない場合は、弊社の取引銀行に今すぐ預ければいいのですか?それとも、手形に記入されている銀行に
預ければいいのですか?
お願いします。

お礼日時:2003/04/04 17:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q約束手形の領収書の書き方(源泉所得、送料)について

請求額21万円に対して、
源泉所得2万円、手形の郵送料580円が差し引かれ
189,420円の約束手形を受け取りました。
この場合、領収書の金額や但し書きは、
どのように書けばよいのでしょうか?

詳しい方、ご教授のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

領収証は、実際に受け取った金額を書けば良いだけで、余計なことを書く必要はありません。
ただし、手形の場合は、決済日と決済銀行名を付記しておきます。
不渡りになった場合はこの領収証も無効ですという意味です。

領収証
平成23年4月3日
領収金額 189,420円
△△県△△市△△町△-△-△
△山△郎
ただし、約束手形、期日平成23年8月3日、△△銀行△△支店

ところで、余計なお節介かも知れませんが、どんなお仕事でしょうか。
個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

領収証は、実際に受け取った金額を書けば良いだけで、余計なことを書く必要はありません。
ただし、手形の場合は、決済日と決済銀行名を付記しておきます。
不渡りになった場合はこの領収証も無効ですという意味です。

領収証
平成23年4月3日
領収金額 189,420円
△△県△△市△△町△-△-△
△山△郎
ただし、約束手形、期日平成23年8月3日、△△銀行△△支店

ところで、余計なお節介かも知れませんが、どんなお仕事でしょうか。
個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴...続きを読む

Q小切手・手形を受け取った時の領収書発行について

基本的な質問で申し訳ありません・・・。
支払いで手形・もしくは小切手を受け取り領収書を発行する時に収入印紙は必要なのでしょうか?
また、但し書きに「手形にて受け取り」or「小切手にて受け取り」と書いていますが正しいのでしょうか?
何かそれ以外にも注意事等ありましたら教えて下さい・・・。

Aベストアンサー

収入印紙は、現金をもらった場合と同じ扱いになります。3万円、100万円などを境目に印紙の額は変わりますね。

ただし書きについては、小切手の場合は「小切手」ぐらいでよいでしょうが、手形の場合はもっと詳細に記す必要があります。
手形は、期間も長く不渡りになる危険性が大きいので、領収証はあくまでも、
「無事決済されるまでの一時預かり証」
ぐらいのニュアンスでもって対処しましょう。

・手形種類
・決済日
・決済銀行
・裏書手形であれば最初の振出人

Q手形の受領時に、領収書を先に発行する行為

当社では、手形の受取時に、取り引き条件として、「領収証の先送り」というのがあるのですが、経理の実務上このようなことをされている会社はありますか。

Aベストアンサー

逆の立場からですが、請求書と領収書を同時に要求しています。
取引の力関係もあるのでしょうが、大抵は一緒に貰っています。
理由は、現金や手形の支払いではなくて原則相手先の銀行口座へ
指定期日までに支払う条件です。

大抵はと言う事は、当然拒否する相手もいます。その場合には、
後から領収書を貰うか銀行振り込みの計算書で代用する場合もあります。
支払い件数が多く後から領収書を貰っていたのでは、突合せ処理が大変
だからです。

問題は手形の場合はどうするかと言うことですが、手形は有価証券で
現金ではありませんから、現金と引き換えに領収書発行していると
違和感があります。上述の銀行振り込みと言う一種の口約束よりも、手形
と言う有価証券を受け取るのですから、問題ないと思います。

不渡りになったら、手形の遡及手続きをする事になります。その時に
手形と引き換えに、現金を貰うか貰えない場合は請求権利のある手形が
手元に残るので問題ないように思います。

Q約束手形の領収書

私の会社では約束手形で支払いを受ける際は、振出日を発行日とする領収書を発行していますが、社内の法律に詳しい人から、受領書であるべきとの指摘を受けています。法律的な見地から、またはごく一般的な観点からどちらの主張が正しいのか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

「受領書」「領収書」「受取書」などは、金品などを受け取った証拠として発行するもので名前が違っても同じ性質のものですから、名称にこだわることは有りません。

又、基本的には手形の振出日ではなく受け取った日付で発行します。

Q約束手形を受取りました。領収書には3万円以上収入印紙を貼るのですか?

小さい町工場の経理をしています。はじめて約束手形を受け取りました。が当社が領収書を発行するにあたり3万円以上の手形だった場合、は領収書に収入印紙を貼るのでしょうか?前に手形の場合、収入印紙は不要と聞いたことがあるのですが。

Aベストアンサー

>領収書を発行するにあたり3万円以上の手形だった場合、は領収書に収入印紙を貼るのでしょうか?

金銭又は有価証券の受取書や領収書は、印紙税法の17号文書に相当しますので
収入印紙を貼付する必要があります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/7105.htm
http://www.taxanswer.nta.go.jp/7141.htm


>手形の場合、収入印紙は不要と聞いたことがあるのですが。

手形の収入印紙と領収書の収入印紙
  手形 10万円~100万円 200年
  領収書 3万円~100万円 200円
手形金額が5万円の場合、手形には印紙は要りませんが、領収書には必用です。
 このあたりと混同されているのではないでしょうか。

Q受取手形を取立手数料を払わずに換金するにはいつ銀行に持ち込めばいいですか?

お世話になります。よろしくお願いします。

受取手形を取立手数料を払わずに換金するには銀行にいつ持ち込めばよいでしょうか?
ネットで少し調べましたら原則「支払期日前日、当日、その後の2営業日の4日間」みたいな感じだったのですが、それで正しいでしょうか?

「支払期日を過ぎたその後の2営業日」に手形を持ち込むことには全くペナルティなどは生じませんか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

零細企業で経理を担当している者です。
私も手形管理していますが取立手数料を取られるのは馬鹿らしい
ですよね?
ですので御社の口座のある支店振り出しの手形でしたら
期日当日に持ち込めば即入金されますし、近郊でしたら1日前、
遠方でしたら2日前に銀行に持って行けば取立手数料は要りません。
ただ御社の取引のある銀行の窓口に行って聞くのが一番だと思いますが。
弊社の取引銀行でも交換所の関係でどうしても取立に出さないと行けない手形もありますが・・・・
期日前に持ち込んだ場合期日に即資金化は出来ませんが取立手数料
は掛かりません。
ご参考までに。

Q小切手と手形の領収書?

夫の個人事業の経理を担当している、経理初心者です。
取引先から、代金の半分を手形で、残りの半分を小切手で受け取ることになりました。
明後日、手形と小切手を持参してくれるとのことなのですが、その際、こちらから領収書を発行するように言われました。
この場合、どのような領収書を発行すればよいのでしょうか?
領収書は1通で、手形分と小切手分の合計金額の領収書を発行すればよいのでしょうか?
それとも別個に発行でしょうか?
また、領収書の日付は手形と小切手を持参してもらう日の日付でよいのでしょうか?
金額が大きいので、当然印紙も必要ですよね・・?
今まで、同じ取引先から手形は受け取ったことがあるのですが、領収書を発行したことはありませんでした。
小切手は、恥ずかしながら今まで見たこともありません(w。
こんな風に、まったくどうしたらよいのかわからず困っております。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

>領収書は1通で、手形分と小切手分の合計金額の領収書を発行すればよいのでしょうか?
>それとも別個に発行でしょうか?

一般的には、領収書は1通で合計金額を記載します。
内訳にそれぞれ「小切手・・・円、手形・・・円」と書きます。
相手によっては、別個に発行してくれと言われるかもしれませんので、両方用意しておくほうが良いでしょう。

>また、領収書の日付は手形と小切手を持参してもらう日の日付でよいのでしょうか?

受領した日を書いてください。明後日であれば平成16年4月22日です。

>金額が大きいので、当然印紙も必要ですよね・

合計金額に対しての収入印紙を貼ってください。
3万円以上100万円以下200円
200万円以下400円
300万円以下600円
500万円以下1000円
1000万円以下2000円
これ以上は税務署のサイトでも調べてください。

Q振込と約束手形で支払をして貰った場合の印紙の金額及び領収書について。

振込と約束手形で支払をして貰った場合の印紙の金額及び領収書について。
売掛金¥1,200,000を
振込 ¥ 200,000
手形 ¥1,000,000
で受けとりました。
この場合、¥400の収入印紙を貼って、受取額は¥1,200,000
内訳として振込額と手形の額を記入しています。
この方法が1番正しいのか、手形金額だけで領収書を発行する事の方が一般的なのか教えて下さい。
近頃100万200万といったキリのいい金額の手形を受け取る機会が多く、
手形の金額だけで領収書を発行した方が印紙代の節約になるような気もします。
混合している場合はトータルの金額で記入した方が、双方が分かりやすいと思って現状はこの形なのですが、一般的なケースを知りたいと思い質問します。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

領収証というのは、金額も大事ですがそれ以上に受領日はいつかということが大事です。

仮に 20万が振込でなく小切手 (もちろん現金でも同じ) だったとして、小切手と手形を同時に受け取ったのなら、領収証は 1枚でそこに内訳を明記しておけばよいです。
手形と小切手を別々にもらったのなら、領収証も別々です。

さて、振込の場合ですが、振込に領収証は必用ありません。
支払い側の手元に残っている振込票の控えで支払の証拠となるからです。
しかも、ネットバンクでない限り、3万円以上の振込には印紙税相当が含まれています。
200円の印紙税相当に消費税 10円のおまけまで付いて。
下手に領収証を書くと、印紙税を 2度負担することになるのです。

それでも領収証を要求されるなら、手形受領と同時ということは考えにくいですから、手形分と振込分とは分けて書くべきでしょう。

Q約束手形の受取日は、振出日?振出日以降?

顧客への売上金が約束手形で払われます。
私の感覚ですと、手形振出日の1~2日前ほどに郵送し、手形振出日には相手先に到着しているものと思っているのですが、現在(転職後)の顧客は、振出日に郵送しており、受取日が数日遅れ(土日を挟むと特に)です。

それでいて領収書も発行し、送付する必要があるので、領収書日付は手形振出日が一般であるため、どうもしっくりしません。

一般的には、手形振出日は、顧客が手形を振り出す日で、郵送などで受け取る日ではないのでしょうか?その場合、遠方の顧客であれば、受け取りまで数日かかりますが、それは普通なのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的には、手形振出日は顧客が手形を振り出す日です。
手形振出日は予め注文書や契約書によって定められた日となっています。

ご指摘の通り郵送すれば受け取りまでのタイムラグが生じます。
じゃあどう捌くかってことになりますが
1)振出日に受け取った物とする
 領収証も入金処理も振出日で行うケースです。
2)入金日を手形受取日で処理する
 筋道からすれば、よりこちらが正確な処理です。
どっちの処理が多数かは統計でも取らない限りは解りませんが実体験では
1)のケースが圧倒的だと思います。

ただ振り出したものの何時までたっても送ってこない会社の場合は
受入日を入金日として会計処理を行うケースもあります。

手形に関する見解は下の方の書いてる通りでしょう。

Q手形の実物を見たことないので教えてください

簿記の勉強をしているのですが
実物の手形を見たことがないので教えてほしいのですが
約束手形や裏書手形や受取手形は支払手形は同じ用紙なのでしょうか?

用途が違うだけで呼び方が違うだけで実際の紙は同じなのですか?
それとも
約束手形は赤色、裏書手形は青色、など違うのでしょうか?

Aベストアンサー

できるだけ正確にいくぜ。


手形の形式は、法律で定められている。形式には2種類あって、ひとつが約束手形、もうひとつが為替手形だ。「用紙」は、法律では定められていない。

形式が2種類ある手形はいずれも、手形を発行する者、手形を受け取る者、手形代金を支払うこととなる者が必ずいる。約束手形は、手形を発行する者と手形代金を支払うこととなる者が必ず同一となる。為替手形は、両者が同一でも別人でもよいが、別人であることが多く、この場合には手形を発行する者、手形を受け取る者、手形代金を支払うこととなる者の3者が登場することになる。

手形は通常、銀行を通じて決済される。「通常」というのは、法律で定められているわけではないからだ。個人が手形を受け取って、個人で決済しても構わない。ただ、信頼感などから、銀行を通すのが当たり前となっている。

各銀行は、処理をしやすくするため、「用紙」を定めている。2種類ある手形の形式にあわせて、この「用紙」も2種類用意されている。
http://www.zenginkyo.or.jp/education/free_publication/pamph/details/pamph_04b.html

ということで、「約束手形」は、2種類ある手形の形式のひとつだ。「用紙」は、銀行が用意しているものであり、手形の形式に対応してやはり2種類用意されている。


手形を受け取る者は、原則として手形代金を受け取ることとなる者でもある。手形代金を受け取ることとなる者は、手形代金を受け取る権利のある事実を「受取手形」として認識する。手形代金を支払うこととなる者は、支払う義務のある事実を「支払手形」として認識する。

なお、手形の決済は、現金・預金に限られていない。「現金、または預金をもらう権利」「現金、または預金を支払う義務」という回答は、不正確だ。

「受取手形」と「支払手形」は、簿記の仕訳や決算書で出てくる勘定科目と思っていいぜ。


2種類ある手形は、決済されるまでに転々流通させることができる。手形を受け取った者は、他の者へ手形を譲渡することができるということだ。譲渡する際には、法律上、裏書という形式を用いることになっている。手形の裏面に必要事項を記入するため、裏書と呼ばれている。

裏書という形式で手形を受け取った者は、原則として手形代金を受け取る権利も譲り受けたことになる。こうして裏書という形式で譲渡された手形は、裏書手形と呼ばれる。

裏書手形はほかに、裏書で手形代金を受け取る権利を譲り受けた事実に基づいて仕訳をする際に、勘定科目として用いられることもある。ただ、いまの会計基準では用いないことになっている。勘定科目で裏書手形を用いた場合には、決算書を作成するときに振替仕訳で消す必要がある。

裏書手形は、裏書で流通させた手形の呼び名ということだ。その他に、仕訳で用いられる場合もあるってこった。

できるだけ正確にいくぜ。


手形の形式は、法律で定められている。形式には2種類あって、ひとつが約束手形、もうひとつが為替手形だ。「用紙」は、法律では定められていない。

形式が2種類ある手形はいずれも、手形を発行する者、手形を受け取る者、手形代金を支払うこととなる者が必ずいる。約束手形は、手形を発行する者と手形代金を支払うこととなる者が必ず同一となる。為替手形は、両者が同一でも別人でもよいが、別人であることが多く、この場合には手形を発行する者、手形を受け取る者、手形代金を支払...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報