マンガでよめる痔のこと・薬のこと

最近アスファルト舗装上にミミズが出てきて自殺?しているような現象が起きてます。自分が田舎で育った時はそのような現象は目撃しなかったし、もしミミズが出てきたら鳥が素早く持ち去りました。ここ二三年
ミミズが舗装下から出てきてわざわざ干からびていることに気がつきました。どうしてか納得できませんのでどなたか教えてください。

A 回答 (4件)

こんばんは.



私も質問者様と同じような経験を幾度も見ております.
その原因はこれまで推測しておりましたが,
なにせ自然の生物が相手のため,
容易に確認ができませんでした.

実は私の研究室の小さな庭に花壇兼用の畑を作っています.
その畑に腐葉土を作る目的で,
山から広葉樹の落ち葉を多量に採集して,
畑の片隅に積んでいます.

そこでミミズを使用した『ミミズ堆肥』をおこなっています.
現在ミミズの数を数える事はできませんが,
相当多量の数までに自然繁殖しているようです.

その畑からちょくちょくミミズが這い出すと,
畑から飛び出るように隣接したコンクリート製階段でミイラ化していたのです.

そこでご質問と同じような疑問が以前から湧いていたのです.

ご質問者さまや他の回答者さまが既にお話の様子は,
昔から自然界でもこの現象を私自身も確認しています.

ところが我が家の場合,畑と腐葉土が乾燥すると当然多量に散水します.
それでもミミズが出てきたことは,一度も確認されていません.

夜に畑を観察していると,
一匹のミミズが急に地表に飛び出す事がこれまで何度もありました.
まるで逃げるように急いで地表を移動しているのです.
これが疑問を解く重要なポイントでした.

それまで,夜の畑の観察で,
『コウガイヒル』が何匹も確認していたのですが,
ミミズの天敵であるため,正常な腐葉土作成に害を及ぼす生物として
発見のたびにガストーチで焼却していました.
その焼却の理由は,捕殺しようと移植ゴテなどでコウガイヒルの体を切断すると,
切断・分断した数だけ,元の一個体にまで『再生』する能力があるからです.

ところがそのミミズの地表出現と,
コウガイヒルの出現に何か因果関係が有るように思えるようになり,
今夜確認のため,観察をしていたところ,
先ほどミミズが突然畑の地表から飛び出してきたのです.

先ほどの仮説を確認する好い機会と,
そのままミミズの出た所を注視していると,
添付画像で示すように,コウガイヒルが出てきて,
ミミズが這った後を追いかけるように移動しているのです.
その後ミミズに追いついたコウガイヒルが,
ミミズに絡まるようにしているのをこれまでに何度も確認しています.

結論を申しますと,
確かにミミズは多量の雨水が,巣穴に流入し酸欠状態になると,
地表に出てくる可能性はありますが,
私のこれまでの観察から導いた仮説を基にした今夜の事実確認では,
『コウガイヒル』の攻撃から逃れるために,
一時的にミミズにとって危険な地表に出てくることが確認されました.

ちなみにコウガイヒルは,明るい時間帯には活動はせず,
石や植木鉢の底にとどまっています.
そのため夜間の観察で目に付くのでしょう.

なお「雨水等の流入で巣穴が酸欠状態で地表に出る」との意見についてですが,
我が家の畑は地下1メートルほどまで腐葉土層であるため,
排水能力は他の山地や畑などと同様に論ずる事はできません.
つまり,他のミミズの生息環境と比較すると,
散水や降雨で巣穴が浸水しても,
当然雨水は地下に速やかに流亡するために,
酸欠状態に差があることも事実です.

つまり,巣穴の酸欠状態から逃れるための理由のほかにも
コウガイヒルの捕食攻撃から逃れる事も,
地表に出る原因の一つともと考えられます.

この回答が,
ご質問者さまの疑問解消の一助になれば幸いです.

先の回答で画像添付ができませんでしたので,
再度画像添付を試みます.

画像の状況を説明すると,

コウガイヒルの頭部は画像の右下です.
左上端が先にミミズが出てきた穴の位置に当たります.
ミミズが出てきてしばらくして,
ちょうど穴からコウガイヒルの体が半分以上出たときに撮影したものです.


参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%9F% …
「なぜミミズは自殺するのか?それを鳥も食わ」の回答画像4
    • good
    • 30
この回答へのお礼

ありがとうございました。コウガイヒルの存在など今まできずきませんでした。これで疑問が90%は解決したように思います。ちなみにミミズが雨で酸欠になるためというのは納得できません。なぜなら素掘り側溝の底部にもミミズが住んでいたことが記憶にあるからです。いずれにしても地球環境が変わってきた何かがあるのでしょうか?環境回復に努力するよう心がけます。

お礼日時:2009/07/27 22:24

大雨が降る→土中の酸素量が減る→(しょうがないので) 外に出る→(たまたま) アスファルトの上に乗ってしまう→(雨が上がっても) 土に潜れない→死ぬ


じゃなかったかな? #2 でも言われてますが, 「最近」ということでもないですね.
    • good
    • 5

スズメが激減してカラスが増えて生態系が崩れているとか、集中豪雨が増えて、土中の酸素量が減りやすいとか、土中の震動が増えて逃げているとか、


いろいろな要素があるのですが、
一番の原因は、日本人が地面に目を向けるようになったこと。

環境保護意識の向上、有機農法などによる健康意識。不況で下を向いているのもあるし、残業が減って地面を見る時間ができたのかもしれない。
年齢がわかりませんが、バブルの時代にゴキブリとハエ、蚊以外の身の回りの小動物の生態なんて気にしたことありました?
考えないから、土をアスファルト舗装できるし、森をマンションにし、川をダムにできたのです。

あとマナーにうるさくなったので、悪いものをチェックする能力が強くなっています。
喫煙者がポイ捨てできたのは、汚れる道路を見て見ぬふりできたからですし、立ち小便やガムのポイ捨て、犬の糞の不始末なども本当になくなりました。
個人主義と自己主張を良しとする結果、現代人は見て見ぬふりが苦手で、とても神経質になっています。
日本人は確実に足下を見直すようになっているのです。

昔から地面をよく見ている人間からすると、気温が急に上がったり、雨降りの後には必ずミミズはアスファルトで死んでいるもので、特に増えたとは思いません。
    • good
    • 8

こんばんは。


よくそんなことに気がつかれますねー(笑)。

私の経験では、昔からあるように思います。
で、だいたいは朝。朝散歩などしていると、道や土の硬いところでのたうち回っているミミズを発見しました。
鳥に持って行かれるところは、あまり見たことがないのですが、ミミズが地表に出てくる原因として、私なりの考えでは、条件の良いところへの移動のためだと思います。夜の間に地表に出てきて移動する。しかし、腐葉土の軟らかいところに行き着けないままに、朝を迎えてしまう。太陽光線は強力ですから、またたく間にミミズの体から水分を奪い、運動能力を奪ってしまう。とまあ、そんなことを考えました。

モグラに追われて地表に出てくることも考えられますね。

いずれにしても、命がけで地表に出なくてはいけない「ミミズの事情」があるのでしょうね。自殺行為のようには見えますが、自殺のためではないでしょう。
    • good
    • 8

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミミズが地上に出てくるのはなぜ?

最近、ミミズがコンクリートの上で干からびているのをよく見かけます。朝方だとコンクリートの上を這っているのもよく見ます。
土の中にいれば死ぬこともないのにと思うのですが、ミミズにはミミズなりの事情(?)があるんだと思います。
どんな事情なんでしょうか?

Aベストアンサー

何かの本で読んだのでうろ覚えですが・・・

ミミズってーのは水分が多い生き物で、極端な話水の中に入れたら自分の体液がどんどん外に放出していくそうです。

だから朝露が多い時期は水分が多いので地上に出てきて、水分のないコンクリートの上に行くそうです。 でも戻れない・・・・
なんか可愛そうな生き物ですが、そんな事を本で読みました。

Q籾殻の発酵について教えてください。

籾殻の発酵・分解について教えていただきたくお願い致します。

保管している籾殻(屋根はない)が水分を吸収してしまいました。

籾殻は水分だけで、発酵・分解することはありえるのでしょうか?
また、そのことによって籾殻成分が流出することは考えられますか?
水分で発酵・分解したとして、そのとき、籾殻成分以外のほかの物質が発生することは考えられますか?発酵・分解する条件として温度などわかりましたらお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは.
私も籾殻が無料で大量に入手できますので,
土壌改良の点で腐葉土つくりに毎年使用しています.
そこで経験上の知識を述べておきたいと思います.

>籾殻の発酵・分解について教えていただきたくお願い致します。
>保管している籾殻(屋根はない)が水分を吸収してしまいました。
>籾殻は水分だけで、発酵・分解することはありえるのでしょうか?
>また、そのことによって籾殻成分が流出することは考えられますか?

私の場合籾殻単体での使用はありません.
毎年秋になると山に散策を兼ねよく車で出掛けますが,
その際に広葉樹の半分程度腐葉土化した落ち葉を土嚢袋で収集し持ち帰ります.
その後,自宅畑の隅に積み重ねる時に,鶏糞と菜種油粕と,
近くの農協の精米所から分けてもらった籾殻を適度に混ぜ合わせ放置します.
比率については適度に量を調整しているために計量はしておりません.

春を迎える半年後には完熟していない部分も残っていますが,
畑の土に多量に混入して使用しています.
よく言われる「発生するガスによる根の被害はありません」

この件については,籾殻を含む畑の土は水捌けが非常に好く,
散水の際に多量に散水し,
土壌中の空気の入れ替えが行われている物と認識しています.
反面多量の水遣りによる『肥料成分の流亡』が考えられるので,
『鶏糞』『菜種油粕』の有機質肥料を元肥として施肥しています.

現在のその腐葉土投入の畑の状態を示すために,
添付画像として投稿しています.
画像内の植物は『赤芽の里芋』の茎の部分で,
白線○の中は,形状を残す『籾殻』が複数固着した状態の部分です.
広葉樹の落ち葉は,少し原型が残っています.
里芋は,8枚の葉が茂っており茎元は直径15cm,高さ1.5mほどで,
小芋も4~5個ほどついており順調に生育しております.

籾殻の成分(主に珪酸)の流失については知識がありません.

>水分で発酵・分解したとして、
>そのとき、籾殻成分以外のほかの物質が発生することは考えられますか?
>発酵・分解する条件として温度などわかりましたらお願い致します。

他の発生物質としては,先述したように腐熟過程で有害ガスの発生が考えられますが,
現在まで栽培上の問題として体験・認識した事は一度もありません.
良好な腐熟過程の条件としては,自然に任せた放置であるため
冬の期間に野積みしているのだけであり考えた事はありません.

春の植え付け前の畑に腐葉土を投入する場合,
腐葉土の中に多量のミミズが観察されます.
現在の畑を暗くなって明かりで照らすと,
表土から身を乗り出していた多くのミミズが,
急いで土の中に逃げるのがあちこちで観察されます.

このようにミミズが多量に居るために,
時々野生の狸が畑を掘り起こすなどの被害もあります.
ただし現在まで狸が土を掘り起こす際に,
苗や作物を掘り起こすなどの直接の被害はありません.

さらに,ミミズを餌とする『コウガイヒル』も多量に発生し,
毎夜に時間を見て畑の表土にいるのを焼殺しています.

『コウガイヒル』に追われてミミズが表土から飛び出して逃げ惑うのを,
毎晩観察しています.http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5147487.html

ミミズは年間を通し『落ち葉の腐葉土化』と,『糞による土の団粒化』,
『表土の転地換え』の作業をしてくれる最も優れた畑の生物です.

自然に任せたこの腐葉土化の作業が,私にはもっとも適しているように感じ,
これからも同じ作業を繰り返す予定です.

この的外れとも思える回答が,
ご質問者さまの参考の一助になれば幸いです.

こんばんは.
私も籾殻が無料で大量に入手できますので,
土壌改良の点で腐葉土つくりに毎年使用しています.
そこで経験上の知識を述べておきたいと思います.

>籾殻の発酵・分解について教えていただきたくお願い致します。
>保管している籾殻(屋根はない)が水分を吸収してしまいました。
>籾殻は水分だけで、発酵・分解することはありえるのでしょうか?
>また、そのことによって籾殻成分が流出することは考えられますか?

私の場合籾殻単体での使用はありません.
毎年秋になると山に散策...続きを読む

Q雨がたくさん降るとどうしてミミズが道路に出てくる?

雨がたくさん降るとどうしてミミズが道路に出てくるのですか?気持ち悪いです。もしよろしければ教えてください。

Aベストアンサー

恥ずかしいのですが、初めに申し上げて措きます、今回ばかりは「ミミズの生態」、殆ど知りませんでした。
其れ丈けに、何とか調べ上げてみよう、過去Q&Aにも素晴らしい物は無いかと漁(あさ)りました。
然(そ)うしましたら、斯(こ)うゆう立派な先人の「論文?」に出会えました、私自身の薀蓄(うんちく)にも成りそうです、此れも偏(ひとえ)に、或る意味、質問者さんの御蔭だと思って居ります、逆に有難う御座居ました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q138481398 回答の中の[参考URL]、此れが又素晴らしいのです、「ドラえまん」さんの労作ですね、読み応えが在ります。若(も)し既にして御存知でしたらスルーして下さい。
更に詳しく御知りに成りたかったら、メールアドレスで御連絡取られてみては如何でしょう?
[参考URL]中の下、「みみずのあれこれの最初に戻る」も併せて御読み下さい。
又、「なんでも研究室メニュー画面に戻る」には、昆虫、他の生物に就いての情報満載です。理科、生物好きには堪らないのでしょうね1?

恥ずかしいのですが、初めに申し上げて措きます、今回ばかりは「ミミズの生態」、殆ど知りませんでした。
其れ丈けに、何とか調べ上げてみよう、過去Q&Aにも素晴らしい物は無いかと漁(あさ)りました。
然(そ)うしましたら、斯(こ)うゆう立派な先人の「論文?」に出会えました、私自身の薀蓄(うんちく)にも成りそうです、此れも偏(ひとえ)に、或る意味、質問者さんの御蔭だと思って居ります、逆に有難う御座居ました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q138481398 回答の中の[参考URL]、...続きを読む

Q夏のミミズたちの路上自殺はなぜ?

夏のミミズたちの路上自殺はなぜ?
毎年真夏になると、毎日、路上でたくさんのミミズが死んでいます。なぜ彼らは、地中で避暑ができないのでしょうか?

Aベストアンサー

かなり詳しく調べられているサイトがありました。

参考URL:http://www.geocities.jp/at_mocha/mimizu/mimizu04-00.htm

Qミミズ採集方法

今度釣りの餌としてミミズを使用したいんですが、どうすれば採集できると思いますか?

釣り具屋に行ったらミミズは置いていたのですが、3cmくらいの細いミミズでしたのでもう少し大きくて太いミミズを探しています。また、この時期ミミズはいるのでしょうか?
なにかご存じの方おられましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

多分、田んぼ脇の土を盛り上げた土手のような所など、粘土質の土の場所を掘って探せば、今でもミミズは獲れるかと思います。でもおそらくこういった所に居るミミズは、釣具屋さんで売っているような、小さなミミズです。

大き目ということであれば、ドバミミズになると思います。ドバミミズは一般的に6月~9月末あたりが最盛期のようで、その時期には僕もヤマメ釣り用に探しに出かけます。中には20cmを越える、小さな蛇のような?ドバミミズも獲れます。笑

しかし今の時期はあまり取れないという話をネットでよく見ます。記憶ではこの時期は既にドバミミズは死んでおり、卵の状態で越冬する?のだとネットで見た記憶もあります。従って、たとえ今の時期居たとしても、じっくり探さないと採集は難しいんじゃないでしょうか?

最盛期にドバミミズがよく居る場所としては、川の周りの堤防です。夏場などは夜中に堤防から下の道路に物凄い数のドバミミズが這ってきて、日中に太陽の光で干からびて死んでしまいます^^;。昼間にその干からびた光景を見ると、一体夜中にどれだけ這い出ていたのか、気持ち悪くなるほどです^^;。今は冬場ですから、そんなことは起こらないと思いますが、堤防は日当たりも良いし、今の時期も居るかもしれません。

以上、不明確なことばかり書いてしまいましたが、何かの参考になればと思います。

多分、田んぼ脇の土を盛り上げた土手のような所など、粘土質の土の場所を掘って探せば、今でもミミズは獲れるかと思います。でもおそらくこういった所に居るミミズは、釣具屋さんで売っているような、小さなミミズです。

大き目ということであれば、ドバミミズになると思います。ドバミミズは一般的に6月~9月末あたりが最盛期のようで、その時期には僕もヤマメ釣り用に探しに出かけます。中には20cmを越える、小さな蛇のような?ドバミミズも獲れます。笑

しかし今の時期はあまり取れないという話をネットでよ...続きを読む

Q庭のもぐらを放置するとどうなるか

軒先の土の庭にもぐらが住みはじめたようです。
直径5~10cmくらいの柔らかい土コブがたくさんあります。
庭にはチューリップ以外なにも植えてないので今は困ってませんが、
ゆくゆく何か育てる気分になるかも知れないのと、
山や田畑が近いので根絶駆除をあまり期待できなさそうで
どうしたものかと考えています。

このまま放置するとどうなりますか?ご存知の方教えてください。
また、以下の疑問にも御知見いただけたら幸いです。

(1)ミミズや虫が減るメリットがあるのか
(2)モグラ自身が増えすぎたりしないか
(3)縁の下とかまで来たりしないか
(4)チューリップは食べられたりしないか
(5)もし同じ庭で犬を飼ったらどういうことになるか

Aベストアンサー

モグラの好物は植物ではなくミミズで、モグラ達はミミズを求めて穴を
掘り進みます。地面が盛り上がったりするのは、モグラがミミズを求め
て掘った証拠です。モグラが居るって事は、その場所にミミズが多いと
言う事で、ミミズが多いって事は土が良く肥えている証拠です。
ミミズがいなくなればモグラも来なくなり、これが(1)のメリットに
なるかも知れません。ミミズは土を作ってくれますから、ミミズが居な
い土地では作物や植物は育ちが悪くなり、ミミズが居た方がメリットは
良くなると思います。

モグラ退治では色んな方法がありますが、これまでに僕が試した方法を
幾つか書きます。ます水攻めですが、穴にホースを突っ込んで水を流せ
ば穴の中が水浸しになるかと思いましたが、良く考えて見れば水は土に
浸みこみますから、いくら流しても効果がないと気が付き止めました。
次に煙で燻し出そうと思い、発煙筒や昼花火の煙玉を穴の中に入れまし
たが、煙は奥まで届かないので止めました。
ペットボトルや板で作った風車は、振動を土中に伝えて近づけないよう
にする方法ですが、これは一時的に有効でもモグラが慣うと効果が無い
ので、これも使用は止めました。
モグラ捕獲器ですが、これを設置したからと必ず捕獲が出来るとは限り
ません。捕獲器の中に好物のミミズを入れると効果は絶大ですが、その
ミミズを見つけるのが大変で、結局あきらめました。
一番効果的なのは進行を遮る物を設置する事で、ポリカ波板を50cm幅
に切り、土が盛り上がった位置を中心として波板を埋め込む方法です。
これだとモグラが前に進めないため、モグラは引き返す事になります。

(2)は統計がないので良く分かりませんが、極端に増える事はなさそ
うです。(3)は先ほどの波板と同じで、基礎が深いので侵入は無いと
思います。また床下にミミズが潜んでいるとは考えられないので、床下
まで侵入する事はないと思います。(4)ですが、ミミズが主食ですか
ら球根は食害する事はありません。(5)ですが、土が盛り上がってい
る部分を面白がって掘る事はありますが、突然にモグラが飛び出す事は
ありませんから、植物を痛めさせない程度に遊ばせて下さい。ただ犬の
尿や糞は植物に害を及ぼします。犬の尿や糞は肥料にはなりませんから
注意して下さい。

モグラの好物は植物ではなくミミズで、モグラ達はミミズを求めて穴を
掘り進みます。地面が盛り上がったりするのは、モグラがミミズを求め
て掘った証拠です。モグラが居るって事は、その場所にミミズが多いと
言う事で、ミミズが多いって事は土が良く肥えている証拠です。
ミミズがいなくなればモグラも来なくなり、これが(1)のメリットに
なるかも知れません。ミミズは土を作ってくれますから、ミミズが居な
い土地では作物や植物は育ちが悪くなり、ミミズが居た方がメリットは
良くなると思います。
...続きを読む

Qミミズなどを捕獲したい

釣りをする為に庭を掘ってエサを探しているのですが、
全然エサが見当たらなくて困っています。
河川敷で釣りをしますが、河川敷を掘ったらミミズなどは出てきますかね?
ミミズが出現しやすいポイントを教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。
#2さんも言われていますが、みみずは腐葉土のあるところにいます。
河川敷の土は、場所にもよりますが、川の氾濫で腐葉土が流されがちになりますから、みみずを探す場所としては、あまりいい場所とは言えません。
長らく氾濫もなく、木が繁り、日陰でじめじめしたところがあればいいのですが…。

ねらい目は、神社の森とかですね。
畑に古い畳など積み上げてあれば、そこを掘らせてもらうと可能性大なのですが。シマミミズはこんなところにいますね。神社の境内だと、太い学名「ミミズ」が多いと思いますよ。

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q舌の先などにプツッとした痛いできもの

舌を噛んだり傷つけたわけでないわけではない時に、時々舌の先等に、小さい見えるか見えないか程度のプツッとした凄く痛いできものができます。あれはなんですか?

よく、食べ過ぎたりして胃が悪い時に出来る、と祖父母なんかに聞かされた気がしますが・・・。

実際、出来たときは、疲労時というか、心身どちらか一方でも過度に疲労したかな?少し食べ過ぎ?と思い当たることもあります、が、毎回ではありません。

あれは何で、どんな時に出きやすくなりますか?
また、予防策、出来てからの対処法など教えて下さい。
病院に行くほどひどくならないので、これまでそれで病院に行ったことはなく、だいたい1週間程度で治りますが、出来るととても痛いです。

Aベストアンサー

口内炎が舌にできたものだと思いますよ。私も子供のころからしょっちゅうできます。舌にできるとものすごく痛いんですよね(T_T)

原因はストレス、栄養の偏り(特にビタミンB不足)、睡眠不足、口の中の不衛生、胃の不調や風邪の時などの体調不良時などさまざまだと思います。
私はできてしまったら薬を塗って早めに就寝して睡眠を十分にとること、食事後や口の中が痛いときなどとにかくうがいをして口の中を清潔に保つこと、ビタミンBを取ることを心がけています。

よくできるならひどくないと思ってても一度医者に行ったほうがいいかもしれません。薬をくれるので次にできたときにも便利ですし原因もわかるかもしれませんよ。

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング