グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

コロナ社の「電気工学基礎」という本の23ページにある「問1・19」の問題は答えがあっていますか?
何度計算しても違う数値が出てきて,試しに答えの数値を問題に代入しましたが,おかしなことになっています.
[E2=-5]というのが[E2=5]なら,この問題と答えが合うのですが・・・
 

A 回答 (3件)

電位の基準をb点(0V)とすればa点は+5Vになりますね。


>おそらくキルホッフの法則により I1-I2+I3=0 です.
b点の電位をE2とおき、上の式の電流を電圧の式に書き換えると
(12-E2)/2-(E2+5)/2+(20-E2)/10=0
(この式は#2さんの式の全体を符号を変えただけの式になります。a点から流れ出す電流の総和が0ということなので、本質的には同じ方程式ですね)
となり、これをE2について解けば
E2=5Vが出てきます。
従って、marimmo-さんの答えで合っています。

本の答えの方が間違っている(誤植)だと思います。

昔、私もコロナ社の本を使っていましたが、良く解答が違っていたことを思い出しました。あまり校正をしないで、著者が気が付かないまま出版してしまったのでしょう。判を重ねて改定版になると訂正されるかと思いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
何度解いても正解にたどり着かなかったので心配しました.
誤植ならあの答えでも納得です.
これからもよろしくお願いします.

お礼日時:2009/07/24 12:35

答えは、点bを基準点として点aの電圧は+5Vとなります。


点aの電圧をVaとすると、
(Va-12)/2+(Va+5)/2+(Va-20)/10=0
を解けばよい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
となるとVa=5で本が間違っているのですか?
これからもよろしくお願いします.

お礼日時:2009/07/24 12:34

問題の掲載する本がないので問題を書いて頂けませんか?


間違いの解答も一緒に...。

この回答への補足

ありがとうございます.
文章で書くならこうです.
「長方形をかきます.そして上下の1組の対辺の中央に1つずつ点をとり,上の方をa,下のほうをbとします.点aから反時計回りに長方形をたどって点bに続く岐路をB1,点aから点bに直線を引いてできる岐路をB2,点aから時計回りに長方形をたどって点bに続く岐路をB3とします.

B1上には点a側に2Ωの抵抗,点b側には+極(記号で線が長いほう)を上にして起電力12Vの電源があり,点aに電流I1が流れ込んでいます.

B2上には点a側に2Ωの抵抗,点b側には+極(記号で線が長いほう)を下にして起電力-5Vの電源があり,点aから電流I2が流れ出ています.

B3上には点a側に10Ωの抵抗,点b側には+極(記号で線が長いほう)を上にして起電力20Vの電源があり,点aに電流I3が流れ込んでいます.

おそらくキルホッフの法則により I1-I2+I3=0 です.」
わかりづらいところは質問してください.
これからもよろしくお願いします.

補足日時:2009/07/23 16:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング